深夜のバレンタイン(1)

 こちら「官房長の娘」のエピローグです。

 もともとひとつのお話だったんですけど、カラーが違うので分けてみました。
 素直に自分の気持ちを認められない薪さんのモノローグです。 よろしくお願いします。
 





深夜のバレンタイン(1)






 研究室で伝票の整理をしながら、青木は時計を気にしている。

 医者嫌いの上司が、風邪を引いて入院した病院を自主退院してきた。自宅でゆっくり休むならともかく、仕事中毒の彼は、夜の職場に出て来てしまった。
 ここに来てから2時間近く経つのに、まだ室長室から出てこない。時刻は10時を回った。病み上がりの身体には休息が必要な時間だ。
「室長。まだ帰らないんですか」
「やってもやっても終わらないんだ」
 机の上に山と積まれた書類は、半分は第九の職員の努力で、半分は室長への意地悪だ。
 この機会を逃すなとばかりに、昔の捜査の書類点検から何から、至急扱いではないものもだいぶ紛れ込んでいる。いつかは処理をしなければならないものだが、べつに今でなくとも良いものだ。
「普段から少しずつやっとけって、いつも言ってるのに」
 あいつらこんなに溜め込みやがって、とぶつぶつ言いながらも、室長の手は淀みなく動く。3日間の強制的な休暇が、薪の体を元気にしてくれたらしい。が、病み上がりの事実に変わりはない。この辺で休ませないと、また風邪がぶり返してしまうかもしれない。

「急ぎの書類はないって、岡部さんが言ってましたよ。放火事件の所見は岡部さんが代理で付けてくれましたし。それより室長」
 薪を吊るエサは用意してある。青木の読みが正しければ、一も二もなく飛びついてくるはずだ。
「風呂に入りたいんじゃないですか? 病院では入れなかったんでしょ?」
 薪が病院から第九に直行してきたことは、服装ですぐにわかった。室長という立場上、身だしなみには気を使う薪が、3日前と同じネクタイをつけていたからだ。

 青木の提案に薪の手が止まる。右手を口元に当てて少し考え込む。
 頭の中で、書類と風呂が天秤にかかっているに違いない。ここでもうひと押し。
「一番は室長に入ってもらおうと思って、まだ誰も使ってないんですよ」
「そうか、僕が入らないとみんなが遠慮して使えないのか。仕方ない。入ってやるか」
 ひねくれた言い方だが、ひどく嬉しそうだ。
 自分が好きだと告げたときも、このくらいうれしそうな顔をしてくれたらいいのに、とユニットバスに嫉妬してしまった青木である。

「お湯を溜めないとな。蛇口は直ったんだろうな?」
「はい。もう沸かしてありますよ」
 スキップでもしそうなほど軽いフットワークで、薪は室長室から出て行った。
 薪は本当に風呂好きだ。温泉にでも連れて行ってやりたいくらいだ。だめもとで一度、誘ってみようか。断られる確率が高いが、山水亭のような例もある。あとで雪子に相談してみよう。

 3日前とは別人のように元気な足取りで研究室を出て行く上司の背中を見ながら、青木は先刻の薪のうれしい勘違いを思い出している。

 青木のアパートに来た薪が、クローゼットに入っていた薪の上着を青木の彼女のものだと誤解して、なんとヤキモチを妬いてくれた。同情でキスをしてくれるより、ずっとうれしい出来事だった。
 仕事はとてもデキるのに、捜査以外では勘違いや思い込みが多く、とんちんかんな誤解ばかりして自分を振り回す困った上司のことを、青木は微笑ましいと思っている。

 薪に告白してから4ヶ月。
 返事は保留のままだが、少しずつでも自分のことを好きになってくれているのだろうか。

「そろそろ、答えてくれないかな」
 薪の気持ちを確かめたい。自分のことをどう思っているのか、はっきりと聞いてみたい。
 返事はいつでも良いとは言ったものの、薪の場合このまま永久に棚上げという可能性もある。とにかく勝手な人なのだ。

 青木は苦笑して机の上の伝票を片付け、車のキーを手にした。
 薪が風呂から上がったら、車で自宅まで送り届けなくては。湯冷めでもして、また風邪を引いたりしたら大変だ。

 久しぶりに見た薪の嬉しそうな笑顔を思い出して、青木は誰もいない研究室でひとり幸せそうに微笑んでいた。


テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

深夜のバレンタイン(2)

深夜のバレンタイン(2)






 3日ぶりに自宅に帰った薪が一番にしたことは、花瓶の水を取り替えることだった。

 何年か振りに、風邪なんてつまらない病気で寝込んでしまった。しかも、入院なんて大げさなことになってしまって。おかげで書類が山のように溜まってしまった。
 あれをやっつけるには、1週間は掛かる。来週いっぱいは、深夜の帰宅が続きそうだ。

 リビングのサイドボードの上と寝室の枕元。それぞれに花瓶に差した白百合が飾ってあって、親友の写真が置いてある。
「ただいま、鈴木。僕がいなくて寂しかったか?」
 部下にはついぞ見せたことのない、蕩けそうな笑顔で親友に笑いかける。それからそっと写真にキスをする。これは部下たちには絶対に見せられない。

 第九に新設されたユニットバスで風呂は済ませてきたから、あとはもう寝るだけだ。パジャマに着替えて、ベッドに寝転がる。枕もとの棚に置いてある写真を手にとって、薪は恒例の報告業務を遂行する。
 毎日こうして、薪は親友に語りかけている。薪の1日は『おはよう鈴木』で始まり『おやすみ鈴木』で終わるのだ。

 薪は写真に向かって独りで語り始める。他人が見たらかなりイタイ光景だが、本人はこの時間をとても大切にしている。
「あの花は、青木がくれたんだ。あいつ、僕がこの花が好きだと思い込んでるんだ。百合はおまえが好きな花なのにな」
 小野田父娘と食事をしたこと、第九にユニットバスが設置されたこと。風邪を引いて入院した病室に、岡部が顔に似合わない百合の花を持ってきて、看護師に笑われたことまで事細かく報告して「3日も僕に会えなくて、さびしかっただろ」と笑った。
「そうだ、鈴木。ちょっと待ってろ」
 写真なのだから待っているに決まっている。
 しかし、毎日この独り芝居を続けるうちに、こういう言い回しがクセになってしまった。半分あちらの世界に足を突っ込んでいるとしか思えないが、薪はこうすることによって、ようやく心の均衡を保っている。

 鞄の中からきれいにラッピングされた平たい箱を取り出し、鈴木の写真に供える。ピンクのハートマークのシールつき―――― もちろん、中身はチョコレートだ。
「ごめんな、鈴木。手抜きしちゃって。今年は寝込んじゃったから作ってる暇がなくてさ。でも、愛情だけはたっぷりこもってるから。許してくれよな」
 これを買うときだって恥ずかしかったんだぞ、と薪は自分の苦労を親友に訴える。もてない男が見栄を張るために、自分でチョコを購入することがあるらしいが、薪にはそれは無縁の行為だ。

 毎年この日は鈴木にせがまれて、チョコレートケーキを焼いていた。
 雪子の分も合わせて2つずつ、どうして男の自分がと思いながらも、食い意地の張った男女に両側からねだられて、半ば強制的に作らされていたのだ。
 昨年からは、その必要はなくなった。
 誰に言われたわけでもないが、薪は自発的にケーキを焼いて、翌日雪子に渡した。「雪子さんの分も焼いたから」と、それで聡明な彼女は薪の行動を理解したようだった。

「チョコレートっていえば参っちゃったよ。香ちゃんがさ」
 香の『白馬の王子様』論を辟易した口調で語りながら、薪は自分で包みを開ける。中に入っているのは、鈴木が好きだったマキシムドパリのダークチョコレートだ。
「妬くなよ。相手は中学生だぞ。青木のバカじゃあるまいし」
 ひと欠片のチョコレートを折り取って、自分の口に放り込む。甘いものはそれほど好きではないが、今日だけは特別だ。いつもこうして鈴木に付き合って、一緒にケーキを食べた。甘いものが大好きな鈴木は、ケーキが大好物だった。
「そういえば青木のやつさ」
 ジャケットの話をしようかどうか、少し迷うが敢えて報告しないことにする。
 鈴木の気持ちを考えたら、言わないほうがいい。

「あっちはもう少し経てば収まりそうだから、安心してくれ。前にも言ったけど、僕はおまえだけのものだから」
 ぎゅうっと胸が押しつぶされそうになる。声が詰まって、鼻の奥が痛い。

 好きだと思うたびに、どうしてこんなに哀しくなるのだろう。
 鈴木が生きていたときも、この世からいなくなった今も、ちっとも変わらない。どちらにせよ鈴木は僕の手の届かない処にいて。僕を抱きしめてくれないことに変わりはなくて。

 時々、耐えられないほど淋しくなることがある。
 それこそ相手かまわずベッドに誘って、人肌のぬくもりを確かめたくなる。鈴木を裏切るような真似はしたくないから、そんな夜はつい、鈴木のことを想って自分を慰めてしまう。
 幸せだったあの頃のことを思い出して。夢中で求め合った夜を思い出して。
 鈴木の手が自分にしてくれたように、自分の手で自分自身を愛して……そのあとはよけい淋しくなると分かっていても、やっぱり止められなくて。

「いいだろ。僕はおまえだけなんだから。たまには思い出してもいいだろ。おまえには迷惑かもしれないけど、僕にはおまえしかいないんだから」
 ありったけの想いを込めて、物言わぬ恋人にくちづける。
 ガラスの冷たい感触。暖かい口唇にくちづけたいと思うことは、許されない。
「愛してる……髪の毛1本まで、全部鈴木のものだよ」
 いつの間にか、頬に涙が伝い落ちている。
 鈴木のことを想うだけで、こんなに泣ける。泣けることが嬉しくもある。哀しみに浸るのはいっそ気分がいい。自分はまだこんなにも深く鈴木の事を愛しているのだと、誇らしくさえある。

 忙しさに取り紛れて、鈴木のことを忘れていくのではないかという不安を、薪はいつも抱いている。鈴木への想いを、自分の罪を、過去に埋もれされてはいけないと、必死で自分に言い聞かせている。

 青木が自分の前に現れてから、いくらか自分は変わってしまった。

 青木はその真っ直ぐな心根で、薪の気持ちを掻き乱す。鈴木と同じ顔をして、でもぜんぜん違うアプローチで、自分との距離を縮めてくる。
 最初は鈴木に似ているあいつの中に、ずっと鈴木の影を探していた。けれどもこの頃は、あまり鈴木と重なることはなくなってきて。やっぱりこいつは鈴木とは別の人間なんだ、と思うようになって。
 鈴木の面影に惹かれてあいつを見ていたはずなのに、いつの間にか鈴木にはなかったあいつの無鉄砲さとかに目を奪われて。

 それまで片時も忘れたことなどなかった鈴木のことを、最近ほんの少しだけ失念してしまうことがある。
 例えばあの冬の休日とか、先月のアレとか。今回だってあの上着のことで、さんざん腹を立てて、でも持ち主が自分だと分かって、うれしかっ……。

 薪は慌てて頭の中からその考えを追い払う。それは認めてはいけない感情だ。
「大丈夫だよ、鈴木」
 溢れ落ちる涙を拭おうともせず、薪は恋人を安心させようと力強く言い切る。
「僕はおまえしか愛せないし、あいつはもうすぐ目を覚ますから」

 青木がなぜ自分にあんな感情を抱いたのか、やっとその理由がわかった。
 青木は自分のことを誤解している。いや、自分に騙されている。
 素直で他人の言うことを何でも本気にする青木は、以前警察官になったばかりの新人に公僕としての心構えを説いた、薪の高説を本気にしているのだ。
 あれは違う。
 口から出任せというわけではないが、自分がいま第九の仕事に夢中になっている理由の8割は、私情によるものだ。
 それを勘違いして、薪のことを社会正義のために自分を捧げている高潔な人間だと思い込んでいる。その尊敬の念が、青木の中にもともとあった薪への憧憬を、あんなおかしな感情へと育て上げてしまったのだろう。
 薪のことを聖人君子のような人格者だと思い込み、警察官の鑑のような人物だと信じている。つまり、青木の気持ちは大部分が精神的(プラトニック)なものだ。小野田のきわどいジョークに、過敏に反応してしまうのはそのせいだ。

 だから―――― あれはもう、時間の問題だ。

 同じ職場で仕事をしていれば、相手の人となりは自然にわかってくるものだ。そのうち青木にも、自分がそんな大層な人間ではないことが分かって、幻滅して、そうしたらあんな気持ちは消えてなくなる。
 しかし、自分はすでに青木の前ではかなりの醜態をさらしているような気がするが。
 目の前でぼろぼろ泣いてしまったこともあったし、今日だって青木に冤罪をかけた挙句に取り乱して、女のヒステリーみたいに喚き散らして……まあ、青木はバカだから。気付くのに時間がかかるのだろう。

 青木が正気に返ったら、今度こそ雪子のとの仲を取り持ってやろう。それでみんな丸く収まる。
 雪子さんは青木と幸せになって、そうしたら鈴木は永遠に僕だけのものだ。僕は鈴木さえ手に入ればいい。他は何もいらない。
 未来も命も、全部いらない。

 この世で自分がしなくてはいけないことは2つだけ、と薪は肝に銘じている。
 第九の地位を確立させることと、雪子の幸せを見届けること。

 第九のほうは、大分落ち着いてきている。短い期間なら岡部で十分室長の役割が務まるようになってきたし、他の職員も腕を上げてきて、薪がいなくともいい仕事をするようになった。薪がいなかったこの3日間に上がって来た書類に、その進歩ははっきりと顕れている。
 あとは雪子のことだが、これは青木に任せれば大丈夫だ。
 青木はまだ若いが、一途に人を愛する心を持っている。あの性格は一生変わるまい。
 いったん雪子の魅力に気付けば、惹かれていくに決まっている。鈴木の恋人でなかったら、自分だって好きになっていたかもしれないくらい、素晴らしい女性なのだから。

 その2つの仕事が片付いたら。

「逢いに行くからな、鈴木」
 ぼたぼたとガラスケースに水滴がしたたり落ちる。
 理由の分からない涙は、あとからあとから湧いてきて、薪はもう鈴木の顔がぼんやりとしか見えない。
「おまえがいつまでも迎えに来てくれないから。こっちから行くしかないだろ」

 迎えに来てくれるまで、待とうと思っていた。
 でも、もう待てない。
 待ち続けることがこんなに辛いとは思わなかった。いや、何より自分の気持ちが変化していこうとは、予想もつかなかった。

 僕は……青木に惹かれ始めて……。
 ちがう、そうじゃない。

 でも、たしかにあいつと過ごす時間が増えて、鈴木のことを考える時間が減って。
 このままでは、僕は鈴木を忘れていく。
 そんなことは許されない。ぜったいに許せない。
 まだこうして鈴木を想って泣けるうちに、自分の心を止めてしまわなくては。心を止められないなら―――― 強制終了するまでだ。

 そんなに長く生きようとも思わないし、幸せな人生などすでに望んではいない。
 ただ、自分が殺した親友の思い残したことを成し遂げたい。それが済むまでの時間だけをもらって、薪はこの世に生きている。薪の人生はそれだけのために存在している。
 その自分が。
 鈴木以外の他の誰かに心を奪われるなんて。ほんの少しでもその誰かと過ごすことで、幸せな気分になるなんて。

 鈴木はどう思うだろう。
 鈴木だって雪子さんとの結婚が年内には決まっていて、幸せの絶頂だったのに。それを奪った人間がその事実を忘れて、他の誰かと幸せを育んだりしたら。
 僕だったら呪い殺してる。自分を殺した人間もその相手も、皆殺しだ。
 だって許せない。

 自分だけ冷たい地面の下で、ひとりぼっちで、痛くて辛くて淋しくて。
 なのに、自分を殺した相手はのうのうと恋人まで作って、この世の春を謳歌してるなんて。

 薪には寛容の心がない。
 他人のことも許せないし、自分のことも同じように許せない。許せないことが多すぎて、正直生きるのがつらい。
「待っててくれるよな。もう少しだからな」

 薪は、自分の気持ちをまだ完全には把握しきれていない。
 生涯の恋人と心に決めたひとを想って流しているはずのこの涙は、諦めなければならない新しい想いを葬り去ることへの涙なのかもしれない、という可能性には気づいていない。
 それは薪にとっては、決して認めてはいけないことだから。
 認めてしまったら―――― 明日を生きる資格もなくなってしまう。

 だから、薪は自分の心をリライトする。
 わずかに生まれた光には気付かない振りをして、心の中を鈴木のことでいっぱいに満たして。鈴木の夢が見られるよう、祈りながら眠りにつく。

 薪の夢は今日も、切ない。




 ―了―



(2009.2)


テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
毎日たくさんの拍手をありがとうございます。励まされてます。
おかげさまで、しづは元気で仕事してます。(10/28)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: