イラストを描いていただきました♪

 このお話を読んでくださってる方が、うちのあおまきのイメージで、イラストを描いてくださいました(≧∇≦)
 公開の許可をいただきましたので、貼らせていただきます。

 Mさま、ありがとうございました!!


 このシチュは、『竹内警視の受難』の冒頭で購入していた野菜のサラダをふたりで食べているところ。
 女王(薪)×奴隷(青木)  のイメージだそうです。


 まさしく、うちのふたりの関係ですね(^^)







ピンクのサラダ




 キライなニンジンを無理矢理食わされる青木くんと、大好きなブロッコリを口に入れてもらう薪さん。
 M「遠慮しないで、食べろよ・・・・」(笑)



 まさかうちのふたりの設定から、こんなに らぶい イラストを描いていただけるとは、夢にも思いませんでした。
 だって、ピンクですよ、ピンク!
 恋人同士の色ですよ!

 なんだ。
 ラブラブじゃん、おまえら(笑)



 Mさま。
 本当にありがとうございました。
 秘密の同人誌、お待ちしてますからね(^^

詩を書いていただきました

 うちに来てくださってる、舞耶さまとおっしゃる方が、詩を書いて下さいました。

 感激です。(//∇//)
 秘密ファンのみなさんは、本当にやさしくて才能溢れる方ばかりで。
 うちのへっぽこ小説を読んでいただいて、原作から遠く離れたオヤジ薪さんを見逃していただくだけでもありがたいのに、このような心に響く詩をいただけるなんて。

 コハルさんには本に載せていただいたし、K24さんとMさまにはステキなイラストを描いていただいたし。
 うちの薪さんは幸せです。 作者はもっと幸せです。(;∇;)


 とても素晴らしい詩だったので、是非みなさまにも読んでいただきたい、と思ったのですが。
 舞耶さまは、ご自分のブログをお持ちじゃないそうで。
 ならば、こちらで記事にさせていただいてもよろしいですか?と図々しくもお願いしましたところ、寛大にもお許しをいただきました。
 舞耶さま、ありがとうございました。
 お言葉に甘えて、公開させていただきます。(^^


 この詩は、2061.5『デート』の中の、薪さんの夢から着想していただいたそうで、薪さんの苦悩を謳っています。
 (あんなイタグロヘンタイシーンがどうしてこんなに格調高くなっちゃうのか、しづにはサッパリわかりません・・・・・この辺が、詩が書けない原因かと)

 題名はいただかなかったので、捏造しちゃいました(^^;
 舞耶さま、もしも題名を付けられましたら、ご連絡ください。





『夢』



―――人は夢を見る。

生きながら死ぬ心の錆び付いた男も、夢を見る。 



向けられた眩しい微笑み、肩に乗せられた温もり。

懐かしい、愛おしいと思うには傷は未だ新しく、男は疲れ切っていた。



けれど記憶の中で絡める指から伝わった震えは海馬を中心として波打ち、意識を千々に掻き乱す。 



夢と言うものは覚えておく為に見るだとか、忘れる為に見るだとか、様々に聞いた。

これほど克明に覚え続けなければならないものか、と微睡む意識の中で男は嘆く。



だが。

忘れたいとも思わない。



忘れられない。 

愛したことを。

殺したことを。 



今宵も良い夢を。

現実に絶望する為に。




いただいちゃいました♪

 
 コハルビヨリさんに、イラストをいただいちゃいました♪

 ずっと以前に描いてもらったものなんですけど、このたび当ブログへの掲載許可をいただくことができたので、公開しちゃいます。
 こんなきれいなもの、独り占めしたらバチが当たるもん。


 まずは、ちょびっと季節は過ぎちゃいましたが、桜の中の薪さん。
 うちの薪さんなので、ちゃんとネクタイを締めてます。


yokan.jpg
 
                     『 予 感 』

 コハルさんによりますと、こちらは、

 青木さんに恋をする前の薪さんです。
 桜舞い散る春の風に、これから起こる何かを感じて、ふっと空を見上げる。 そんな一瞬を切り取ったもので、青木くんとの未来を予感している場面です。
 
 
 薪さんの瞳とくちびるが、ありえないくらいきれいだと思います
 桜はうちのあおまきさんにとって、始まりの風景であり、(青木くんが薪さんに最初に恋をしたのは桜の下でした) 恋人同士になる直前の告白の舞台でもあり、とても大事なアイテムで・・・・・・・・すみません、イラストのイメージを小説で壊してます、すみません。 





 続きましてこちら、
 拙作全体のイメージイラストとして描いていただきました。

 一番の理解者だった鈴木さんを殺めてしまい、真っ暗闇の人生を歩んでいた薪さんを、青木さんが救いあげる、というシチュエーションだそうです。
 後ろのきれいなお月さまは鈴木さんで、
 薪さんは青木さんにも鈴木さんにも守られているんだよ、というコハルビヨリさんの愛情がたっぷり詰まってます。



gekkkou.jpg

                      『 月 光 』 



 ふたりの間にある何とも言えない空気が、その甘やかさが、揺るぎない想いが、伝わってきます。
 そして、彼らを見守る鈴木さんの化身のような月の光が、温かく二人を包み込む。
 ・・・・・・・・・・・さいこー・・・・・もう、言葉がありません。


 こんなきれいな絵を一記事にするのはもったいないので、トップ固定してあります「はじめまして」の記事の追記に追加して、いつでも見られるようにしておきますねっ。


 コハルさん、ありがとうございました。
 うちの話はこんなにステキなイラストをいただけるような、ロマンチックな話じゃないんですけど(^^;
 ギャグだし、薪さんはオヤジだし・・・・・・本当にすみません・・・・・・。

 コハルさんの美麗イラストに相応しいブログになれるように、精進します。
 ありがとうございました。


プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
メロディ6月号、読みました。
一言感想 「どひゃー……」
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: