You my Daddy(19)

 こんばんは!
 ご無沙汰してます、てか、
 やべー、下手したら11月終わっちゃうよ!

 毎年、11月は更新少ないんですよねえ。ちょうど現場が始まる時期だからねえ。
 今年の下請けさんは、32歳のお洒落さん。ピアス付けた下請けさん、初めてです。
 監督員さんは、25歳の草食系男子。若い子に挟まれて、おばちゃん、嬉しいような、目のやり場に困るような。
 いやあのね、
 けっこうなイケメンくんコンビなのですよ、この二人。
 片方は現場の人間だから色黒で細マッチョ、もう片方は役所職員だから色白で細面、髪の毛さらっさらの眼鏡男子。(たまにコンタクト) 現代っ子らしく二人とも170センチオーバーでスタイル抜群。腰の位置が高くて足が長い。
 その二人が触れんばかりに顔を近付けて一つの図面を覗き込んでいるのは、テレビドラマの一場面のようです。てか、
 これ、腐女子が見たらすげー騒ぎになると思うよ?
 薪さん限定腐女子のわたしですら、ちょっとドキッとしましたもん。

 ちなみに、
 下請けさんの32歳は、先月第1子が誕生しました。女の子だって♪ パパ、おめでとう♪
 役所さんの25歳は、来月結婚式なんだって♪ 12月20日からハワイに新婚旅行だそうです。お幸せに♪


 
 すっかり忘れられちゃった自信ありますけど、お話の続きです。
 コメントのお返事も、1月遅れですみません(^^;)
 書いても読んでもらえないかもですけど、書かせてくださいね。自分が楽しいから。<こら。


 それと、連日、たくさん拍手いただいてます。ありがとうございます。
 おかげさまで8万5千を超えまして +゚。*(*´∀`*)*。゚+  あ、お礼SS……どうしましょう(゚△゚;ノ)ノ
 書きたいなあって思ってる話はあるんですけど、12月8日に経営審査があって、それが終わったらプロット立てますね。コメントのお返事ともども、気長に待ってやってください。ヾ(・∀・)ノ





You my Daddy(19)





「よかったですね、ミハルちゃん。大したケガじゃなくて」
 祝いの言葉を添えて差し出された書類を受け取り、薪は軽く頷いた。青木から情報が入ったのだろうが、相変わらず岡部は耳が早い。
「まだ小さいから、背中の傷も残らないだろうって医者が言ってた」
 女の子だから傷が残ったら可哀想だ、と言いながら薪は書類に目を落とす。無味乾燥な文章と数字が並んだ書面を、お気に入りの女優の写真集でも眺めるように微笑んで、「よかった」と呟いた。

「ミハルちゃんが退院したら、ヒロミさんたちは飯田橋のアパートに戻るんでしょう? これでやっと青木が落ち着きますね」
 バサッと音がして、見れば薪が書類を床に落としている。拾うのかと思いきや、それを足で踏みつけようとするから、慌てて岡部は床に屈んで薪の靴先から書類を取り返した。
「ちょ、何するんですか!」
「あ、すまん。つい」
 書類仕事が苦手な岡部が苦労して作った書類を足蹴にするなんて、薪らしくない。なんなんですか、と水を向ければ、おそらくは誰かに胸の内を打ち明けたかったに違いない彼の、くちびるより饒舌な亜麻色の瞳が「聞いてくれるか」と岡部に語り掛けていた。

「初めてヒロミたちを家に連れて帰った日、青木と彼女たちと3人で夕飯を作ってるのを見てたんだ。それが本当に仲の良い親子そのものって感じで……正直、焦った」
 何を言い出すのかと思えば、と岡部は思わず肩が落ちるほどに脱力する。
 薪は鋭い勘と卓越した推理力の持ち主だが、それを発揮できるのは事件の時に限られていて、日常的なこと、特に恋愛方面に於いては常人に劣るというかいっそ中学生かと突っ込みたくなるくらい純情かつ鈍い。
 家を追い出された青木の憔悴ぶりを見ていた岡部には、薪の言動は身勝手極まりなく思えた。彼女たちを自分で家に上げておいて、勝手な話じゃないか。

「だったらなにも、あの母娘をご自分の家に置くことなかったじゃないですか。ホテルの部屋でも借りてやって、裁判所の禁止命令が出るまで保護してやれば」
「それじゃ、青木が彼女に会いに行くのを止められないだろ」
 はあ? と岡部が間の抜けた声を出す。「分かってないな、岡部は」と愚痴って薪は、マホガニーの机に肘をついた。
「相手は僕より20歳も年下の女だぞ。本気で来られたら勝ち目がない」
 分かってないのはどっちなんだか。青木はあなた以外の人間なんか目に入ってませんよ。ほとんどが昆虫、いいとこ爬虫類です。
「もともと青木は、ああいう女が好みなんだ。黒髪で、気が強くて頭がいい」
 それって雪子先生のことですよね。青木は全然興味無かったみたいですけどね。
「しかも彼女、Dカップだぞ」
 それはあんたの趣味でしょ。
「細身のくせにDカップなんて反則だ。岡部もそう思うだろ」
 同意を求められてもすみません、反則の基準がわかりません。

 岡部は書類を順番に揃えて机の上に置き、バリバリと短く刈った頭を掻いた。
「だから青木を追い出したんですか?」
「ホテルに泊まるって言い出したのは青木の方だけど。敢えて留めなかった。……青木、ちょっとがっかりした顔してた」
 それはヒロミさんに会えなくなってがっかりじゃなくて、薪さんが引き留めてくれないから、てか、一番はあんたの鈍さにガッカリだよ、青木のやつ可哀相にっ。

「それは薪さんの誤解ですよ。青木は決して」
「岡部は知らないからそんなことが言えるんだ!」
 誤解を解いてやろうとする岡部の心遣いは、薪の一喝に阻まれた。
「ヤバかったんだぞ。青木のやつ、僕と一緒にいてもずっと上の空だし」
 まさかそんなことが?
「ヒロミたちが来てから一度だけ、アフターにデートしたんだ。ついでに買い物に寄ったんだけど、僕が車から降りても後を付いてこなくて。挙句の果てに途中で帰っちゃうし。僕を道端に置いてだぞ」
 それは恋人としてというよりボディガードとして失格ですよね。
 青木の行動が解せなくて、よくよく話を聞いてみれば、帰宅途中でヒロミたちにばったり出くわせたらしい。青木は気を利かせたつもりだったのだろう。
 岡部がそう言うと、薪は眉間の縦皺をますます深くして、
「そんなことあるもんか。ミハルと一緒に遊ぶのも楽しいし、ヒロミの手料理も楽しみだって、青木が自分で言ったんだぞ」
 それはそう言うしかないだろう。岡部もそうだが、青木もまたつい最近まで、ヒロミたちが薪の肉親だと信じていたのだから。

 あまりにも青木が不憫で、岡部は青木の気持ちを薪に説明してやろうという当初の目的を翻す。代わりに彼は、ちょっと意地悪な質問で意趣返しをした。
「そんなに青木が信用できませんか」
「……そうじゃない」
 小さく首を振って、薪はバツの悪そうな顔をした。
「青木を信じてないわけじゃないけど……不安なんだ。自信がない。僕は結婚もできないし子供も産めない。形のあるものは何もやれない。いつだって戦々恐々だ」
 両の手首を百合の花の蕾のように内側に折り曲げて、薪はそこに鼻先を埋める。本当は言いたくない、他人には聞かせたくない、でも吐き出したくて堪らない想いを解放するとき、人はこんな表情になるのかもしれない。困り果てた、子供のような貌に。
「おまけに十も年上だし。策を弄さずにはいられない」
 沈んだ声と同じに伏せられていた睫毛が、岡部の顔色を窺うように開かれる。上目遣いのその顔は無敵の花貌。青木が見たら腰砕け確定だ。

「軽蔑するか」
「いいえ」と岡部は答え、にこりと笑った。
「それぐらいのテクニックは必要です。男は誘惑に弱い生き物ですからね。その調子でガッチリ捕まえておくことをお勧めしますよ」
 本当はそんなもの、全く必要ないと岡部は思った。だけど、これは良い傾向だ。薪が積極的に、青木を自分のものにしようとしている。
 いつもいつも何かに遠慮して、一緒に暮らし始めてさえ青木を独占することに消極的だった薪が、彼の愛を自分に留めおきたいと願い、控えめながらもそれを行動に移した。赤飯でも炊いてやりたい気分だ。

「では所長。予算の件、よろしくお願いします」
「却下。福利厚生費の増額理由、こんなありきたりの要因じゃ通せないから。やり直し」
 ……承認印をもらってから話を聞けばよかった。
 突き返された書類を受け取って、岡部は大きな背中をしょんぼりと丸めた。



テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

You my Daddy(18)

 こんにちは!
 いつの間にか月が変わっちゃいました☆
 水道の現場が一つ終わったので、竣工測量と書類をしてたんですが、オットが本調子じゃないので、スムーズに行かなくて~。夢中になってるうちに、また放置しちゃってました。ごめんなさい。



 前記事に、たくさんの「お帰りなさい」をありがとうございました。
 それぞれの立場からの励まし、労り、助言をいただきました。
 びっくりしたのが、ご自身や身内の方、お友だちが経験者です、と言う実体験を語ってくださった方が、複数いらしたこと。すごく勇気付けられました。
 感謝の徴と言うのもアレなんですけど、「ご心配かけました」の記事に、その後の経過を追記しておきました。ついつい長くなってしまったので、読まなくても全然大丈夫なんですけど、心配してくださった方には、少しでもお気を楽にしていただきたいです。


 コメントの方は、少しずつ、書いてくださった方のお気持を噛み締めながら、お返事させていただいてます。
 書きながら、SSとはまた別種の幸福を味わっています。
 やっぱりわたしって、幸せ者です。
 全部書き終えるまでにはまだ時間が掛かりそうですが、もうしばらくお待ちくださいね。
 

 先に、お話の続きです。
 章の途中で切ってたんですね。我ながら、鬼畜な切り方だな(^^;






You my Daddy(18)





「大丈夫ですよ。ミハルちゃんは強い子です。なんたって薪さんのお孫さんですから」
「孫じゃない」
 え、と薄暗がりの中で改めて薪を見たら、ものすごく蔑んだ眼で見られた。これはあれだ、MRI捜査で証拠を見逃した部下の心をめった刺しにするときの鬼上司の眼だ。

「ヒロミは僕の子供じゃない。病院で彼女が言ってただろ、自分はO型だって。僕の血液型はノーマルのABだ。Cis―ABじゃない」
 親がCis-AB型という特殊な血液型の場合、低確率ではあるがO型の子供が生まれることがある。薪は普通のAB型だからO型の子供が生まれることはない、それは青木にも分かる。だが。
「ちょっと待ってください。薪さんて、A型じゃなかったですか? だって去年オレが刺された時、薪さんはオレにご自分の血を全部くださるって」
「あれは取り消しだ。公式のプロフで発表されたからな。どうにもならない」
「……そういう変更って物語としてどうなのかなあ」
「いいんだよ、二次なんだから。原作優先で」
「ああ、ますます話がグダグダに」
 慨嘆する青木を尻目に、薪は片脚を抱えた。湯船の背もたれに背中を預け、覚えの悪い生徒に講義をする教師の口調で、一連の騒動のおさらいを始める。

「よく思い出してみろ。僕が一度でもおまえに、ヒロミは僕の娘だと言ったことがあるか」
「今日、さんざん聞きましたけど」
「あれはあの男を牽制するために言ったんだ。おまえに言ったんじゃない」
 以前にもその言葉は聞いたことがある、と青木は思い、コンビニの事件を思い出す。青木は遠目に見ていたから気付かなかったけれど、あの時ヒロミに絡んでいたのもあの男だったのか。

 それじゃ、オレの勘違い? いやいや、薪じゃあるまいし。
「言われましたよ。いつだったかは忘れましたけど」
「おまえには言ってない」
「いや、確かに……あれっ? あれれ?」
 ここ1月ばかりの薪との会話を思い出してみて、青木に対する説明は何もなかったことに気付く。ただ「落ち着き先が見つかるまで生活の面倒を見ることにした」と言われただけだ。
「それならそうと、言ってくれればいいじゃないですか」
「だって訊かれなかったから。分かってるもんだと思ってた」
 薪の言葉足らずは今に始まったことではないが、今回ばかりは性質が悪い。一緒に住むと言えば、普通は肉親だと思うだろう。

「で、でも。ミハルちゃんには、ご自分のこと『おじいちゃん』て何度も教えてましたよね?」
「ミハルには、そう信じさせてやりたいから」
 ぽつりと零した薪の声音は、彼の弱気を雄弁に物語る。今さらながらに気付いてしまった恐ろしい疑惑にぞっと背筋を寒くしながら、青木は尋ねた。
「薪さんの子供じゃないなら、ヒロミさんは誰の子なんですか」
 しばしの沈黙が訪れ、やがて薪の口から驚愕の事実が語られた。それはこの仄暗い闇の中でもなければとても口にできない、禁断の事実であった。
「ヒロミは笹原亜由美と、彼女の夫であり彼女を殺した笹原健二の子供だ。そしてミハルは、笹原健二が実の娘を暴行した挙句に産ませた子供だ」
「まさか」
 青木の耳に、ミハルの舌足らずな喋り方が甦る。同年代の頃の舞に比べるとひどく未熟に思われたミハルの幼さは、軽い知的障害の症状でもあった。混ざる血が濃すぎると、その傾向が増えると聞く。ミハルと接してみてそれを察知した薪は、当初からその疑いを持っていたのだ。
 それは、DNA鑑定をするべきだと青木が薪に進言した時、薪が返してきた言葉に現れていた。
『血縁関係ってそんなに大事なのか』
 あれは、血のつながりがないことを言ったのではない。逆の意味だったのだ。

「そんな……だったら余計に、生まれてくる前になんとかしなきゃいけなかったんじゃないんですか。その頃はまだ、母親のアユミさんもいたはずでしょう」
「堕胎手術をすべきだったと?」
「それが大人の責任です」
 青木が強く言い切ると、薪は、ふ、と軽く息を吐いた。
「そうだな、それが正しいんだろう。……でも、想像してみろ」

 長い睫毛を伏せて、薪は語る。
 人間は痛みに弱い生き物だ。普通の人間はそれに屈服することしかできないし、その状態に長く晒されることは大きなストレスになる。彼女たちもきっとそうだった。
 度重なる暴力に、気力も正常な思考力も奪われ、ヒロミもその母親も、精神を蝕まれていった。父親と同じように、彼女たちも正気を失っていたのだ。
 あの家は、狂人たちの棲み処だった。そこに生まれてきた新しい命。
 赤子を前に、大人たちはどうしただろう。虐待を? 否。それならとうにミハルはこの世にいない。彼女が元気で生きてきた事実が、すなわち正解を示している。
「狂気の中で生まれてきた子供が、彼女たちを正常な世界へ導いてくれたとは考えられないか」
 子供は親の庇護がなければ一日たりとて生きられない。ミハルは、それを改めて教えてくれた。そのおかげで彼女たちは、人としての在り方を思い出すことができた。

 そこまで薪に聞かされて、青木はやっと4年前の殺人事件の真相に辿り着いた。
 だからこそ、ああ、だからこそ、生まれた悲劇だったのだ。
 親は子供を守るもの――ヒロミを守ろうとして、母親は死んだのだ。

 黙り込んだ青木に、薪が小さな声で語りかける。その声の儚さは、彼が自分の意見を正しいとは思っていない証拠であったが、さりとて誤りと断ずることもできない不明な人間の愚かさでもあった。
「すべての堕胎に反対してるわけじゃない。レイプ被害者が犯人の子供を身籠ってしまった場合、生んで育てるべきだなんて、そんな非常識なことは思わない。だが」
 薪はお湯の中で身じろぎし、両脚を曲げて両手で抱え込んだ。まるで子供のように、大切なものを守ろうとするように、自分の二つの膝を抱きしめる。
「こうして、何の疑いもなく親を慕う子供がいて、その子供を愛し、守ろうとする親がいれば、それは立派な親子じゃないのか。ヒロミたちと他の親子、いったいどこが違うんだ」
 ゆらゆらと揺らめく焔を映す、愁いを帯びた亜麻色の瞳に訴えかけられれば、青木はもうそれ以上の言葉を持たない。
 つつがなく世界を回すために必要な良識を否定するつもりは毛頭なく、でももっと大事なものがこの世にはある。青木にとってはそれが薪で、ヒロミにとってはミハルなのだ。
 人として、生きていくために必要なもの。例えそれが人の道に外れていても、人間は人として生きるためには何かが必要なのだ。自分の中にたった一つでいい、揺るがないものが必要なのだ。

「それでも」と薪はいっそう密やかに、まるで散った花弁が息を潜めて地に落ちるがごとくに独白した。
 それでも遠い将来。ミハルが本当のことを知る時が来るだろう。どれだけ巧妙に匿っても、真実が真実である以上、その可能性はゼロではない。
 その時に、ヒロミの親は僕だと。薪剛という祖母の昔の恋人なのだと、ミハルの記憶に残すことが必要なんだ。
 嘘でもいい、幻でもいい。絶望に飲み込まれようとする時、人には縋るものが必要なんだ。それがあれば人は生きられる。
 永遠と思えるほど、時間は掛かっても。
 生きて、絶望から抜け出すことができる。
「――僕がかつて、鈴木の幻に縋って生き延びたように」

 青木が我慢できたのは、そこまでだった。鈴木の名前が出た時点で、彼はもう己が衝動を止められなかった。
 伸ばした両手で薪の身体を抱き寄せ、自分の胸に押し付けた。ざぶんとお湯が波立って溢れ、キャンドルの炎を掻き消した。
 真っ暗になった浴室で、薪は何も言わず。ただ黙って青木に抱かれていた。

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
毎日たくさんの拍手をありがとうございます。励まされてます。
おかげさまで、しづは元気で仕事してます。(10/28)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: