FC2ブログ

侵食

侵食



侵食される
甘い毒に
やさしさという 厄介な媚薬に

惑わされる
おまえの笑顔に
希望という名の 信じてはいけない幻に

惹きよせられる
真っ直ぐな想いに
禁忌すら恐れない 無鉄砲な愚かさに

絡めとられる
情熱を帯びた瞳に
自分に向かう 素直な憧憬に


過去へ向かう僕と
未来を渇望する僕が
このからだをバラバラに割り裂いて
魂だけが 夜の闇に浮遊する


そして

包み込まれる
強い腕に
穏やかな草原のような広い胸に

蕩かされる
甘やかなくちびるに
ピアニストのような 巧みなゆびさきに

狂わされる
激しいリズムに
からだの奥をうがつ おまえの熱に

やがて

満たされる
僕のすべてが
おまえのすべてで

背筋が凍りつきそうな 幸福感の中で




*****

 ・・・・わたし、詩の才能はないみたいです。(小説もヘタレだけど、こっちはもっとひどい・・・・・)
 もう、二度と書きません(恥)

コメントの投稿

非公開コメント

Kさまへ

こちらに鍵拍手いただきました、Kさまへ

・・・・・・・・・切腹したいです。
ものすごく恥ずいです、詩は・・・・・・・ああ、マジでダメ、ダメ、です(><)

なんでこんなん書いちゃったんだろう、わたし・・・・・・このとき、メロディ発売前で、気がおかしくなってたんだよ・・・・・・・正気じゃなかったんだよ・・・・・・・。
そうだ、削除・・・・・・・って、うあああ、いつの間にか拍手が増えてるうう!!

すいません、すいません、すいません!(みーちゃん、これ貸して!)
許してください、反省してますから・・・・・・。

>この詩、とっても素敵です...薪さんの心の全てが詰っているように切なくて、喉の奥がチクチクしてきました。

あ、ありがとうございます・・・・・・。
ごめんなさい、マジでこれ以上、言葉が出てきません・・・・・・。
恥ずかしいよお・・・・・。

Aさまへ

Aさま、コメントありがとうございます。

だ~か~ら~、
詩はダメだって言ってるじゃないですか~~~(埋まりたい)


詩は本当に難しいですね。 書かれる方を尊敬します。
言葉選びに使う神経が半端じゃないです。  
小説の方が言葉が多い分、ごまかしが利くんですね(^^;


青木さんの無鉄砲さは、はい、彼の大きな魅力だと思います。
勝ち負けの問題じゃないですけど、敢えて鈴木さんに勝るところを挙げるとしたら、その無鉄砲な行動によって薪さんの壁を壊す、若さゆえの情熱だと思います。


>姉夫婦惨殺事件は青木の心に大きな影を落としたと思いますが(;;)そんな青木の為に悪夢に泣きながらも頑張ろうとする薪さん(><)

っ、もう・・・・・めっさツボです。
陰ではあんなに泣いてるのに、『ちゃんと僕が見るから』って・・・・・ひたすら青木さんを気遣う薪さん・・・・・「あああああ!」ってなりました。(マトモな感想書けなくてすみません)


>青木には自力で這い上がって薪さんを逆に引き上げて欲しいです!!

そうですね。 それが望ましいのかもしれませんね。 
薪さんもいっぱいいっぱいみたいだし。

でもね、きっと薪さんは、青木さんのことを守らなきゃ、って思ってると思うんです。
だからあれほどの悪夢に打ちのめされても、立ち上がれるんじゃないでしょうか。 現在の青木さんは、一見薪さんの負担になっているように見えて、実は彼の原動力だと思うのです。
なので、個人的には、『がんばる薪さん』の展開を望んでます。
青木さんを救い上げたときに、彼の贖罪も終わるような気もします。 青木さんに鈴木さんを重ねてるのは、そういうこともあるのかなって。
1巻のヘリコプターの中みたいに、青木さんに鈴木さんの笑顔が重なる日が来るんじゃないかと・・・・・少しだけ期待しています。

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: