ミッション(1)

 予告のお話の前に雑文をひとつ。

 これ書いたの2年以上前なんですけど、あまりにもくだらない内容なのでお蔵入りにしておいたら、次の東照宮SSの中にこの話がないと何のことやらな部分があって、仕方ないので引っ張り出してきました。
 そんな経緯なのであんまりデキのいい話じゃないです、すみません。 しかもRなので、苦手な方には二重にすみませんです。 どうか広いお心で。




 
ミッション(1)






 
 薪が、またおかしなことを始めた。
 
 牛ヒレのカットステーキを口に運びながら、青木は疑問が顔に出ないように注意して向かいの席を見た。
 青木の恋人はダイニングテーブルの下で優雅に足を組み、シャンパングラスを傾けている。こくりと白い喉を鳴らし、取り澄ました顔でグラスをテーブルに置くと、青木の視線に気づいてにっこりと笑った。
 ……悪寒がする。
 いや、視覚的に気持ち悪いわけじゃなくて。

 自分の恋人の自慢になってしまうから出来る限り控え目に言うと、薪はこの世で一番可愛くて美しい。断っておくが、これはふざけている訳ではなくて、本気で控え目に表現しているのだ。
 遠慮なしに言わせてもらうなら、疑うべくもなく宇宙一。さらに本音を言わせてもらえば、この世が始まってから滅亡するまでの間に、彼以上の美しい生物は生まれ得ないと断言できる。彼を見た後では、世界三大美女ですらただのおばさんに見える。
 勿論これは青木の主観であって、一般論とは大きく隔たりがあるが、青木の中では紛れもない真実だ。そうでなければ、このややこしい性格の男を恋人にしたいなんて思わないだろう。

「美味いか?」
「あ、はい。とっても美味しいです」
 これは青木の主観ではない。薪の料理の腕前はプロ級だ。彼の料理が舌に合わなかったと言う人間には、未だお目にかかったことがない。
「良かったら、僕の分も食べるか?」
 やさしそうに微笑んで、薪は自分の皿を青木の方へ差し出した。
 ――気持ち悪い!

 薪は意外とやさしい、でもそれは表面に現れることは滅多となく、ましてや言葉に表れることは絶対に無い。態度はぶっきらぼうだし言葉は乱暴だし、何か余計なことを言わないと気が済まない性格だし。こういう場合は「そんなに意地汚くしてると、そのうち餓鬼に取り付かれるぞ」なんて嫌味の一つも添えるのが普通だ。
 あまりにも普段と違う薪の態度に、青木は薄ら寒さを覚える。これまでの経験が教えてくれる、このひとが自分にやさしくしてくれるときは、必ず裏に何かあるのだ。

「どうした?」
「いえ。なんか、胸がいっぱいで」
 遠まわしに薪の好意を断ると、薪はこの上なく美しく微笑んで、
「遠慮しないで。君のために作ったんだ。たくさん食べなさい」
『君』? 『食べなさい』……?
 言葉遣いまでヘンなんですけど!! 絶対になんか企んでるよ、このひと!

 薪は、こんな喋り方はしない。青木のことは『おまえ』もしくは『バカ』と呼ぶ。職場でも家でも丁寧語なんか使われたことがない。青木は部下だし、それが普通だと思っていたが、こうしてデスマス調で話されると想像を絶する気持ち悪さだ。どうしてだか夢中で謝りたくなってきた。
 だいたい薪が自宅でシャンパンなんて、何かの記念日でもなければありえない。床に胡坐で日本酒がこのひとの飲酒スタイルだ。それは確かに薪の見た目を甚だしく裏切って、でも見慣れるとこの上なく可愛くて、青木は薪のそんな姿を見るのがとても楽しみだった。
 今、目の前にいる薪は優雅で穏やかで、その麗しい外見からもたらされるイメージを髪の毛一筋も損ねることなく完璧に振舞っている。それは神が造りたもうた奇蹟のような彼の造形にはとても相応しい所作だと思うし、政界の重鎮とも会合を持つ立場にある彼には、必要欠くべからざる技能のひとつだ。

 でも、今はプライベイト。
 堅苦しい職務の反動か、家にいるときは自堕落一歩手前までリラックスする、そんな薪を知っている青木に迫ってくるのは、圧倒的な違和感。吐き気がするくらい気味が悪い。何だか肉の味が分からなくなってきた。

 居心地の悪い食卓を早く離れたくて、青木は薪にもらった肉を急いで頬張る。その様子を薪は、穏やかな瞳でじっと見守っていた。



テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: