Dog not to eat it (1)

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年中は大変お世話になりました。ブログの更新ができない日も、ご来訪、過去作への拍手、コメント、ありがとうございました。みなさんにたくさんのエールをいただいたおかげで、元気に1年を終えることができました。
 未熟な管理人ですが、今年もよろしくお願いします。

 とか、しおらしいこと言っておきながらコメント溜めてすみませんー!!
 お正月休みの間にはお返事しますので! 少し待っててくださいねっ!
 

 ナマケモノの言い訳も済んだところで(おい)
 新春SSは青薪さんです。
 と言ってもお正月は関係なくて~、
 本年も広いお心でお願いします。








Dog not to eat it (1)






 ガゴンッ、と響いた派手な音に、職員たちは反射的に振り向いた。この反応は物見高さではなく、つまりは刑事の習性で、しかし彼らは一瞬で自分たちの性質を呪うことになる。
「電源切っとけって言っただろ! 何度も同じことを言わせるな!」
 あの騒音は曽我の携帯電話が薪の手によってゴミ箱に投げ込まれた音、そして薪は無茶苦茶機嫌が悪い。
「今こっちを振り向いた者。残ってデータの整理とバックアップ」
 前にも全く同じことがあったのに、なぜ振り向いてしまったのだろう。振り向いただけでアウトなんて、道端で眼が合ったと慰謝料を要求してくるチンピラよりも厳しい判定基準だ。

 薪がドアの閉まる激しい音と共に室長室に入ってしまった後、泣きながらゴミ箱を漁っている曽我を横目に、小池は、隣の席の後輩に小声で話しかけた。
「仕方ねえな、曽我のやつ。ま、今日はみんなで仲良く残業ってことで。あ、青木おまえ夜食何にする?」
「オレ、見てませんから」
「え」
「残業は、いま振り向いた人だけでしょ。オレは見てませんから」
「見てないっておまえ」
 そんなことはあり得ない、と小池は思った。
 青木は気が付くと薪を見ている。それはもう、蹴り飛ばしたくなるくらい頻繁に。
 だからと言って、青木の勤務態度が不真面目というわけではない。小池が仕事中モニターから目を離してちらっとお気に入りのアイドルの生写真を見て英気を養うように、青木は室長の顔を見てやる気を出している。それだけのことだ。
 その青木が薪の怒声をスルーなんて。そもそもこういう場合、美味いコーヒーを淹れて薪の機嫌を直すのは青木の仕事ではないか。
 室長室のドアが乱暴に閉められるのは、第九職員にとっては凶兆だ。未だロッカーを蹴る音こそ聞こえてこないが、薪は時間と共に怒りが増すタイプ。その怒りが自分たちに降り注ぐことは火を見るよりも明らかだ。
「青木。薪さんにコーヒー」
「今日は飲みたくないそうです」
 懐柔案を途中で遮られて、小池はようやく青木の異常に気付く。薪と違って顔に出すタイプではないから話してみるまで分からなかったが、青木も相当に機嫌が悪い。
 二人して機嫌が悪くて、青木は薪を見ない。この状況はつまり。

「……カンベンしてくれよ」
 小池は口の中で呟いた。
 犬も食わないなんとやら。俗に言う痴話喧嘩だ。

 この二人が特別な関係にあることは第九職員全員が知っている。薪はバレてないと信じているらしいが、9年も一緒に仕事をしているのだ。この世にそんなおめでたい職場仲間がいるものか。
 なんて傍迷惑な連中だろう、と小池は頭を抱える。プライベートのいざこざを職場に持ち込むなんて、非常識もいいところだ。ケンカなら他所でやってください、と室長に直談判したいくらいだ。命が惜しいからやらないが。

 小池はそっと席を立ち、前の席に移動した。ゴミ箱から携帯電話を救助して、壊れたところがないか確認している親友に、こそっと話しかける。
「薪さん、青木とケンカしたみたいだぞ」
「ああ、それでおれの携帯が犠牲に」
「それはおまえのせいだろ」
「いいや。携帯を投げる力がいつもより強かった」
 曽我の被害者面が癇に障ったのか、隣から岡部が口を挟んできた。
「仕事中に能天気な着メロ響かせてるおまえが悪い」
「もも○ろクローバーとか、あり得ないから」と前を向いたまま宇野が言い、2つ隣の席から今井が、
「それに、注意されるの3回目だろ。少しは気を付けろよ」
 とばっちりはこっちに来るんだからな、と全員が口を揃えると、曽我は済まなそうに坊主頭を掻いた。

「まあ、長くは続かないだろ。ケンカ相手が青木だから」
 曽我とは親友の小池が、少しだけフォローをしてくれる。一番最初に曽我を責めたのも彼だが、庇うのも彼だ。
「そうだな」と宇野が相槌を打つ。曽我と小池と宇野と青木は年が近いせいもあって仲が良い。この4人はアフターでも飲み仲間で、青木が薪の専属運転手を務めるようになってからは大分回数が減ったが、それでも週に一度は行きつけの店で顔を合わせている。
「ケンカは一人じゃできないからな」
「青木も今はまだ怒ってるみたいだけど、青木だからな」
「今日一日、持つかどうか」
「いいとこ昼までだな。あいつのことだ、昼飯食ったら忘れちまうだろ」
「青木が薪さんと上手く仲直りできるように、食堂のSランチでも奢ってやるか」
「迷惑かけられてるのはこっちだぜ。奢ってもらいたいくらいだよ」
「それもそうだな」
「やった、今日はSランチだ」
「いや、曽我はその権利ないだろ」
 室長が自室にこもってしまったのをいいことに、職員たちは仕事を中断して昼食の算段する。満場一致でスポンサーに選ばれた職員に皆が一斉に目を向けると、彼はファイルを携えて立ち上がるところだった。

「警察庁に行ってきます。戻りは2時予定です」
「え。青木、昼メシは?」
「研修センターとのランチミーティングなんです。すみません、買い出し係はだれか他の方にお願いします」
 当てにしていた財布、もとい後輩がモニタールームを出て行くと、部屋には何となく白けた空気が流れた。みんなでカフェテリアに繰り出す計画は急に色褪せ、いつものように弁当で済ませることになった。
 誰か青木の代わりに弁当買ってこいよ、と岡部が言うと、
「曽我、おまえ行ってこいよ。みんなに迷惑かけたんだから」
「冷たいやつだな、小池。おれは今、室長に怒られて傷ついてるんだよ。『好物の酢豚弁当奢ってやるよ』くらい言えないのか」
「なに甘えてんだ。おまえが携帯の電源切り忘れたからおれたちまで残業する羽目に」
「それはみんながこっちを見たからだろ? おれのせいじゃないよ」
 食いしん坊の曽我のこと、Sランチを逃したのがよっぽど悔しかったに違いない。開き直ったように彼は声を張り上げ、さらには「そもそもの原因は青木じゃないか」と此処にいない職員にすべての責任を押し付けようとした。

「元はと言えば、青木が薪さんと喧嘩なんかするから」
「僕が行って来てやる」
 後ろから聞こえてきた声に、曽我は本日二度目の地獄を見る。恐怖で固まってしまった身体を無理やり動かして振り返ると、小脇に分厚い大判封筒を抱えた薪が立っていた。亜麻色の髪に奥ゆかしく隠された秀麗な額には、青い筋が3本、いや、4本。

「仕事も手に付かないほど昼の買い出し係で揉めるなら、僕が買ってきてやる」
 何が食べたいか言ってみろ、と地の底から聞こえてくるような陰鬱な声で室長に言われて、はいそうですかと注文ができるほどの勇者は第九にはいない。それは勇気ではなく単なる危険予知能力の欠如だと知っているからだ。
 押し黙った部下たちの前で、薪は昂然と顎を反らし、
「なんだ、誰も何も食べないのか。だったら昼休みなんか要らないよな? じゃあ午後のミーティングを繰り上げよう。岡部、この資料をみんなに配ってくれ」
 室長室から出てくる際に資料を持ってくる手際の良さ。これを狙っていたに違いない。転んでも只では起きない人だ。
 渡された資料を手に、職員たちは心の中で深いため息を吐きながら、この場にいない青木と、今日は非番の山本を羨ましく思った。




*****

 全然めでたくない内容ですみません~!


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Sさまへ

Sさま。

あけましておめでとうございますー!
素敵な年賀状、ありがとうございました。
押し花って、こんなに綺麗に色が出るものなんですね。Sさん、すごいー!
わたしがやると茶色くなっちゃうのは乾いたんじゃなくて枯れたのか、そうか。

昨年はお会いできて嬉しかったです。
短い間でしたが、お話しできてとても楽しかった(^^) 貴重なものも見せていただいたし。あれはホント、家宝ですよね(〃▽〃)

また機会があったらお会いしたいです。
本年もよろしくお願いします。

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
毎日たくさんの拍手をありがとうございます。励まされてます。
おかげさまで、しづは元気で仕事してます。(10/28)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: