FC2ブログ

若いってこわい ~あとがき~

 薪さんの昔話にお付き合いくださって、ありがとうございました。

 昔の薪さんは可愛かった、というご意見をいただきまして、とてもうれしかったです。
 そうです。
 すっかりオヤジになってしまったうちの薪さんですが、本来はこんなに可愛い人だったんです。皮肉屋で意地悪で自己中は変わってませんけどね。(笑)

 此処にこの話を持ってきたのは、メロディ8月号の影響もありますが、実は時系列どおりなんです。
 もともと「告」の次はこの話を入れるつもりでした。
 自分の中に青木くんへの気持ちが生まれつつあるのを自覚しながら、彼を受け入れることができない薪さんの心理には、鈴木さんのことをここまで深く想っていた過去が関係している、という展開にしたかったので。



 さて。
 つぎのお話は、ああ、これか!
 エロネタ全開、エロオヤジ、AV、フーゾク、武勇伝、金髪美人とやりまくり、あ、石が飛んできた。

 M 『だから、僕に何させる気だ!?』

 うふふ。
 わかってるくせに。

 厳しいご意見、お待ちしております(^^

テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Uさまへ

Uさま、こんにちは。

アクセスの不具合について教えてくださったの、Uさまだったのですね。 失礼しました。 
というか、もしかするとYさまが正しいのでしょうか? 重ね重ね、失礼しましたっ。(>_<;)


ご連絡いただき、ありがとうございました。
普通に閲覧できるようになったとのこと、ひとまず安心いたしました。 

警告の内容は、セキュリティに関するものだったのですね?
となると、記事の内容は関係なくて、FC2側の問題だったんですかね?

いつも見ているホームページに、いきなりそんな警告が現れたら、びっくりしますよね!
しかも、個人情報の流出が懸念される、なんて、恐ろしい思いをされたでしょうに、それでも夕方、確かめてくださったんですね。 ううう、ありがとうございます。
不安になってしまいますよね。 ご心配かけてすみません。 この事は、FC2に報告しておきますね。 回答が来たらご報告します。


それで、

> 12月ころにぐうぜん見つけたMakiさんというすごく綺麗な、絵心のない私から見れば原作の絵にそっくりな薪さんたちを描く方のブログもアウトで、しづさんのお話とMakiさんの絵に癒されてる私としてはプチパニックでしたよ(ToT)

これ!
maki9さんの、『秘密ートップシークレットー』というブログさんではないですか?
最近お声を掛けていただきまして、リンクさせてもらったところなんですけど。 

ねーっ、似てますよね!! あれだけ描けてどこが不満なんだ、って。(笑)
羨ましいですよね、絵が描けるひとって。 自分であんな風に描けたらどれだけ楽しいだろう、って思います。きっと陰で、たくさん努力されてるんですよね。 漫画やイラストは、本当に時間のかかる作業だから。(←20年くらい前は描いてたので、よーく分かります。 身体的には小説の方がずーっと楽です)



鈴木さんについて。
その通りだと思います。
これってすずまきすとさんにはエラク厳しい意見なんですけど、事実を並べたらそうとしか。(^^;
確かに、いくら美しく飾っても過去は過去、なんですよね。 美しいほどに切ないですよね。 鈴薪さんは、そこがいいとこなんですけど。



漫画を読ませてもらえなかったなんて、Yさまのお家、厳しかったんですね。
でもって、Yさま、とっても素直。 純真で、いい子だったんですねえ。 大学生の時のエピソードは、思わず微笑んでしまいました。 
漫画は文化、だと思いますよ。(^^
芸術とか格調とか、難しいことは分かりませんが。 漫画って、誰でも読めて簡単に理解ができる。 その中で、大事なことも自然に学んでいける。 優しさとか思いやりとか、友情の大切さとか命の尊さとか。 
とりあえず、読んで涙が止まらないほどに感動できたら、それは文化と呼んで差し支えないと思います。 漫画なんて、と言う大人たちに、ワンピース読ませたいです。(←『秘密』じゃないのか!?)

今の子供、漫画読まないんですか?
えー、ワンピで台詞長い、とか言ってたら、『バクマン』や『銀魂』はどうなるんだ~(@@)
そうですか、ゲームは音声があるから……
でも、本は自分のペースで読めるでしょう? 確認したいことがあったら遡ることもできるし、いったん本を閉じて先を想像することもできる。 だからわたしは子供のころから、ゲームやアニメよりも漫画や小説が好きだったんですけど。 今の子供は違うのかな。


ところで、
すみません、せっかくのYさまのURL、何故か確認できなくて……。
コメント欄のURLに入力いただくと、お名前から飛べるはずなんですけど、それがどうしてかできないの~~。

大変申し訳ないのですが、もう一度入力して送信していただけませんか?
お手を煩わせてすみません。 お暇な時で結構ですので。

どうかよろしくお願いいたします。

鈴薪だぁ。

しづさん、こんばんわ。
先日は、ブログにコメント頂きありがとうございます。
まさか、しづさんからコメント頂けると思ってなかったので
嬉しくて舞い上がってしまいました。
ありがとうございます。

あの、破壊力のある絵で楽しんで頂けて本望です。
まだ第2弾、第3弾ありますので・・・

「若いってこわい」
二人とも若いなぁ。可愛いなぁ。初心だなぁ、薪さん。

鈴木さんへの想いを止められない薪さん。
でも、鈴木さんも自分で気が付いてないだけで、
最初から薪さんのこと好きだったと思うんですよ。
だって、甘やかしすぎだもん、薪さんのこと。
薪さんに言われて彼女と別れるって・・・
どんだけ薪さんの言いなりなの・・・可愛い鈴木さん。
まぁその彼女のことも、そんなに好きじゃなかったんだろうけど。
いや・・彼女より薪さんのことが大切だったんだろうなぁ。

酔った勢いとはいえ、薪さんなんて積極的なのぉ。
ドキドキしちゃう~。
痛みより鈴木さんと一つになれてこれ以上はないってくらい
幸せを感じたんだろうなぁ。

次の日の朝、薪さんのお世話をやく鈴木さんもほんと
優しくていいなぁ。
鈴木さんは薪さんに果てしなく優しいですもんね。

薪さんにとっては、初恋ですもんね。
すごぉく好きになりすぎて、もうなんにも手につかなくて
その人のことばかり考えちゃうって、そういう時期ありますよね。
若い時って。若いからできるんですけどね。
ほんと、若いってこわいですよねぇ。
でも、幸せな時期だよなあ。若いってこわいけど、いいですよねぇ。


でもこんな幸せな時期を夢にみて泣いちゃうなんて・・・
いやなことも一緒に思い出してしまったのね、薪さん。
泣かないで~。

まだ、自分が青木に惹かれていってることを認めたくないんだぁ。
認めろよ~。薪さんはほんと頑固ちゃんですよねぇ。
自分の答えは保留してるのに、雪子さんと幸せになってほしいだなんて。
ほんと、素直じゃないんだから、薪さん。
これから、時間がかかるけど、素直になっていく薪さんを
楽しみに、また先を読んでいきたいと思います~。
ちょっとずつだけど、素直になっていく薪さん、かわゆくて楽しみです。

これからも、ゆっくりコメントさせて頂きますので、
よろしくお願いします。

旦那様、重度の花粉症とのこですが、今の時期ツラいですね。
お大事になさってくださいね。

ひろっぴさんへ

ひろっぴさん。

ひろっぴさんのブログ、楽しいですよ。和みます(*^。^*)
そして、画はわたしも人さまを笑える立場ではないのですが……すみません、思わず笑ってしまいました☆


>二人とも若いなぁ。可愛いなぁ。初心だなぁ、薪さん。

二人も若かったんですが、わたしも若かったんですよ(笑)
すでにアラフォーでしたけど……老いらくの恋ってやつですね!←いくらなんでも。

これを書いたのは薪さんにハマり立ての頃でしたから、恋の炎ゴウゴウの時期で。
そのまんま、薪さん→鈴木さん に当てはめて書いたから、こんな感じに。
いや別に、薪さん襲いたいとか思ってたわけじゃ、すみません、思ってました。


>でも、鈴木さんも自分で気が付いてないだけで、最初から薪さんのこと好きだったと思うんですよ。

言われてみれば。
うちの鈴木さんが薪さんへを好きになったのって、いつなんでしょうね。あの夜からでもあるような、最初からでもあるような。
彼女より薪さんを優先してる時点でアウトって気もしますが(笑)
無自覚に、その気持ちは育って行った、ということでしょうか。

原作の青木さんも、きっと同じなんでしょうね。
男性に恋愛感情を持つなんて考えも及ばないから、自分の気持ちに気付かないまま。本当は、とっくの昔に好きだったことに後から気付く。


>薪さんにとっては、初恋ですもんね。

原作もそうですよね!
ジェネシスを読む前でしたけど、そうだと思ってましたよ♪


>でも、幸せな時期だよなあ。若いってこわいけど、いいですよねぇ。

ホント、いいですよねえ。
若い頃の恋愛って、勢いがあるんですよね。
アラフォーになると、日和見になるじゃないですか。視野が広がって、色んなことに気付くようになるから、その分純粋でいられなくなる。でも恋する気持ちは同じなんですよね。ときめきも切なさも、同じ。



>まだ、自分が青木に惹かれていってることを認めたくないんだぁ。

ど、どうなんだろう?
単純に、鈴木さんに似てるから拒否れないだけじゃ(^^;


>ちょっとずつだけど、素直になっていく薪さん、かわゆくて楽しみです。

ツンデレ100:1がうちの薪さんの基本ですが(笑)
楽しみにしていただいて光栄です。

ひろっぴさんのまたのお越しをお待ちしております。

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: