ドライブ(5)

 こんにちは。

 青薪さんの楽しい(?)ドライブ、こちらでお終いです。
 読んでくださってありがとうございました~(^^






ドライブ(5)




 ――疲れた。

 瞑目して、薪は心の中で呟いた。青木が運転する車の助手席である。
 スポーツタイプのツーシーターだから、正直、乗り心地は公用車ほど良くはない。風雨に晒されてひび割れたアスファルトの凹凸をダイレクトにタイヤが拾う感じで、長時間乗っていると腰にくる。それをシートの柔らかさと、ツーシータータイプでは珍しいフルフラットに倒れる座席で補っている。
 薄目を開けると、目的地までは残り約15分の地点。山と樹木と田んぼの風景が延々続いている。5分ほど走って横道に入り、下って行くとそこがやなだ。

 薪は相手に気付かれないように、隣の男を見た。車の運転が大好きな青木は、運転中はまあまあ見られる顔をして――思いかけて首を振る。誰が聞いているわけでもないのに、見栄張ってどうするんだ。
 運転席の彼は、無意識のうちに見惚れてしまうくらいカッコイイ。オールバックの額が知性を感じさせて、顎の形が男らしくて。鼻筋は通ってて、口元は引き締まっている。「青木は意外とモテるんですよ」と以前小池が言っていたが、意外でも何でもない。エリートで高身長で性格もいいのだ。モテて当たり前だ。
 20代の頃は坊ちゃん坊ちゃんしていた顔が、30を越したら急に大人っぽくなってきて。時々、色気を感じてドキッとする。まさか青木に欲情する日が来るとは思わなかった。
 でも、性格は相変わらず素直で真っ直ぐ。乗れと言われてトランクに乗るくらい、まったく可愛いったら。犯人を追い掛けていた時は、あんなに頼もしかったのに。
「……ぷっ」
 窮屈そうにトランクに収まった青木を思い出したら、横隔膜がひくひくした。なんですか? と青木が前を向いたまま尋ねるのに、何でもないと言い返す。いつもの、少し意地悪で平和なやり取り。

 あの引ったくり犯を捕まえるのは、薪では無理だった。
 追跡に協力してくれた少年たちも、青木のテクニックに感服していた。元来、警官には反発心のある彼らが自分たちに好意的だったのは、彼の技術のおかげだ。
 薪は捜査の指揮は執れるが、それは机上のこと。実際に犯人を追い詰めることはできない。それから、あんな風に罪を悔い改めさせることも。

 青木は平等なのだ。犯人にも被害者にも。そこが自分との大きな違いだと思う。
 薪は絶対的に被害者の味方だ。どんな理由があっても犯罪は許されない。例え小さな罪でも、犯人には厳しくあたる。そうしなかったら。
 また、あの悲劇が繰り返されるかもしれない。そう思うと、見逃すことなどできないのだ。

 自分は未だ恐れている。あの男の呪縛から逃れられないでいる。
 年端もいかない少年まで震え上がらせてしまう、その偏狭さに、自分の恐れと未熟が表れている。
 青木の柔軟な精神が羨ましかった。

「薪さん」
 薪が起きていることを知った青木が、薪に話しかける。話題は彼らに誘われたツーリングのことだった。
「行っちゃダメですよ。何処に連れ込まれるか分かったもんじゃないんですから。薪さんがお強いのは存じてますけど、集団で来られたら」
「40過ぎのオヤジを連れ込んで何するって言うんだ」
「そんなの決まってるじゃないですか。バイクに乗せてあげたお返しに薪さんに乗らせてくださいとか言われて、薪さんたら妙に義理堅いところあるから断りきれなくて言いなりになっちゃうとか、そんなことになったらオレ泣きますからねっ」
「おまえと一緒にするな。彼らに失礼だろ」
 薪が言い切ると、青木は口の中で噛み殺すように、
「あああ、もうどうして自覚してくれないんですか何度も同じような目に遭ってるのになんで学習しないんですかバカなんですか」
 聞こえてるぞ、こら。

 誘われたのは薪だけれど、行きたいのは青木の方だろう。薪は車窓から風景を眺めるのは好きだが、あの風圧に耐えて走る感覚は苦手だ。風との一体感を感じられると彼ら言うが、車に比べたら乗り心地も悪いし、何よりカーブの度に身体が傾くのがいただけない。あれは怖い。
 でも青木が行きたいなら。付き合ってやってもいい。
 彼らと一緒ではなく二人きりでと彼が言うなら、乗っかってもいい。人目を憚らずに彼に抱きつけるの、ちょっとだけ嬉しかったし。

 やなの私道に入ったのか、舗装が切れて砂利道になった。坂道の傾斜角度も大きくなり、青木はスピードを落として慎重に進んだ。
 地球の重力とそれに反抗するブレーキの拮抗を身体に感じながら、薪は思う。
 次の休みはサーキットでレーシング体験。多分また無理矢理乗せられる。来月の末にはモーターショーもある。拝み倒されて引っ張り出されるのだ、きっと。うんざりする。
 ガタガタと揺れる車の中で、薪はこれからの予定の多さに辟易する。しながら、微笑む。
 誰かと未来の約束が交わせる。なんて幸せなことだろう。

 車はゆっくりと砂利道を下りていく。頬杖をついた薪の左手に、渓流のきらめきが見えた。


(おしまい)



(2013.10) 

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Aさまへ

Aさま。

>青木、30代になったら渋くていい男になってそうですね!

原作の青木さんは27歳、今でも十分、イイ男でございますよ。
今回、「くそっ」が出ましたからね。舌打ちまであと1年と見ました(笑)


>素直でまっすぐなところはやはり変わらない

そうですね。
ここが無くなっちゃったら青木さんじゃないですよね(^^


>私は厳しい薪さんが好きです(^^)

わたしもです~。
他人には厳しく、自分にはもっと厳しく。ストイックさは薪さんの大きな魅力です。


>もっと警戒心もって欲しいです。
>原作でも一人で犯人かもしれない奴のとこ行っちゃうし。

ごめん、それはOK。面白いから。
でもって、タジクの後尾けてヤバイ場面目撃しちゃって殺されそうになって青木さんに助けられるといい。
「おまえ、仕事は」
「部下でいるのヤメロとか言うくせに説教だけはするんですね」
「助けに来いとか頼んでないし」
「手紙の返事もらうまでは死んでほしくないんで」
てなぐあいに、
ちょっと強気な青木さんと押され気味の薪さんの会話を妄想するとむっちゃ萌えます。


>薪さんの方が青木を好きな気持ちが強くなってる気がします

この話の二人は一緒に住んでますので。完全に、薪さん→青木さん ですね。
鈴木さんに心を残していた頃の薪さんが、遠く思えます……。


Sさまへ

Sさま。

>いいお話でしたね~。

ありがとうございます。わたしにしては平和なお話でした。←あれで!?

>途中青木さんがかっこよかったのは多分気のせいでしょう。

気のせいじゃないですよw
昔とは打って変わって青木さん大好きになりましたんで♪ 自然と力入りますね。


>トランクに素直に入る青木は悔しいけどカワイかった…。
>くそう青木め!無垢な小技をきかせおって。

ナイスガイとのギャップに、薪さんもメロメロでございます(笑)
新連載の青木さんも、ちょっと男っぽくなってきてますよね。薪さんがドキッとする場面、あったらいいな♪


>タジクと青木、似てませんか?なんか意味があるんだろうか…。

単純に描き分けの問題かと思ってましたが、言われてみたら背格好も似てるんですよね。身代りとか?
今、書いてる話がこういう話なんで、思わず連想しちゃいました~。

No title

こんにちは~。

今日も読み返してしまいました。
大好きなんです、このお話。
なんといっても薪さんの貴重なデレが見られる!
運転中の青木に見とれる薪さん、
心の中で「誰に聞かれるわけでなし」と言い訳する薪さん
「人前で抱きつけて嬉しかった」と思う薪さん、
ああ、可愛いなあ……。

もひとつお気にポイントがあって、
後部座席で薪さんが散々悲鳴上げてるのに
全然分かってない青木のとぼけっぷりが好きです。
「両親の顔が見えた」に対して返事が「良かったですね」
さ、最高……!(萌)
こういうところ、原作の青木っぽいですよね。
(1巻のヘリ降りてから薪さんは疲弊しきってるのに自分だけ晴れ晴れとしてる所とか
8巻の山本に対して岡部と小池が青ざめてるのに対して、一人ぽかーんって口開けてる所とか)
すごくすごく理想の青木です。

あー、本当にこのお話大好き……。

沈丁花さんへ

沈丁花さん。
お返事、ものごっつ遅くなってごめんなさい。


沈丁花さんの気に入る話があってよかったです(^^)
薪さんの貴重なデレw デレなのか、これはww
すべて薪さんの心の中だけのことなので、青木さんには1mmも伝わらない辺りがわたしの萌えツボでございます。


>すごくすごく理想の青木です。

そうなんですか~。
そう言えば、沈丁花さん、青木さんのこと好きなんですよね。
わたしも今は好きです。今は。(2回言った)

こういうピュアなところが薪さんを癒してくれるんでしょうね。
もっとしっかりしてもらわなきゃ薪さんを任せられないじゃない、と以前は考えてましたけど、それはまるっきり的外れと言うか。秘密って、薪さんが王子さまで青木さんがお姫さまなんですね。王子さまを癒すのが青木さんなのね。だから青木さんは天使くんなのね。
昔は青木さんの天使くんぶりが鼻について仕方なかったんですけど、(姉貴殺した人間の写真見て無反応なんて嘘だろ、とか思ってた)
薪さんは、過去も出生も、背負ってるものが重すぎるから、青木さんくらい天然じゃないと救いにならないんだろうな~、と今では至極納得のいく青木天使設定です。
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: