青木警視の殺人(4)

 午前中、雨に降られて現場から帰ってきました~。
 
 先日の記事に「取り残され感がハンパない」とかネガティブなこと書いちゃってごめんなさい(^^;) お気遣いのコメントありがとうございました。
 更新ゆっくりでも待っててくれる方がいる、本当にありがたいこと、うれしいことです。わたしは幸せなブロガーです(〃▽〃) 
 更新、がんばりますねっ。

 幸いなことに、今年の下請さんは大当たりで、安心して仕事を任せられる分、去年よりストレスが少なくて済んでます。この道40年というベテラン職長が指揮を執ってくれてるので、とても心強いです。
 実は、今年の現場は車がバンバン走ってる県道を作り直す工事なので、すごく大変なんです。安全管理と交通渋滞緩和対策だけでも頭イタイのに設計屋がトンチキで工期開始から4ヶ月経った今でも横断図が上がってこないと言う……設計図無しにどうやって工事をしろと?
 下請さんに相談したら、
「キャンバーの位置だけ役所にOKもらえれば、後はこちらで現場合わせで施工します」
 ……かあっこいいっ!
 もう設計施工の状態ですよ! 右勾配と左勾配がキャンバー(道路の中央が高く、左右が低くなっている形状のことです)を境に逆転する難しい捻じれ道路なのに、それを施工班で測り出しから全部やるって言うんだもの、大したものよ! 監督員さん、評価点上げてよねっ!

 下請さんがしっかりしてると代理人の苦労は格段に違いますのでね。その分、ブログに向ける気持ちの余裕も生まれてきます。更新できるのも優秀な下請さんのおかげ。
 今日の午後はあったかいコーヒーを差し入れてあげようっと。




青木警視の殺人(4)





 水曜日の第九は、ちょっとしたパニックに襲われた。

 朝礼で、副室長の岡部から紹介された彼女の姿に職員たちは息を飲み、次いで互いに顔を見合わせた。青木に個人監査が入ることは告知があったが、監査官が女性だとは思いもしなかった。しかも、この顔は。
「薪さんが二人」
「よく見ろ。スカート穿いてるぞ」
「薪さんだって穿くだろ、っとお!」
 曽我の右耳を切り落とさんばかりのスピードで疾走したプラスチック製のバインダーを、後方にいた今井がパシリと受け止める。黙って隣の宇野に差し出すと宇野はそれをに青木に手渡し、青木はまたそれを岡部に送り、最終的にバインダーは岡部から持ち主の手に戻った。

 その様子を見て、美しき監査官は口元を押さえる。奥歯で笑いを噛み殺し、丁寧にお辞儀をした。
「北川舞と申します。本日からひと月に渡り、青木警視の監査を担当させていただきます。お忙しい中を恐れ入りますが、課内聴取にご協力をお願いします」
 やわらかな物腰の挨拶に職員たちは好感を持った。例え自分がその対象でなくとも、監査官を前にすれば誰もが緊張する。それを上手に解され、みながホッと肩を開く中、小池と曽我のコンビが、
「やっぱり女の人だなあ。同じ顔で同じこと言っても、薪さんの場合は、なあ」
「ああ。しかもあの人の場合、丁寧になればなるほど脅されてる気が、すわっ!」
 再びバインダーが飛ぶ。学習しない連中だ。

 繰り返される騒動に、北川はクスッと笑いを漏らした。手持ちのファイルで顔を隠すまでの数秒、職員たちの眼に映った彼女はすこぶる美人であった。薪の笑いから皮肉を取ったらこんなに愛らしくなるのか。それは意外な発見であるとともに、普段から薪がどれだけ損をしているのかを彼らに慮らせる。薪がこんな風に笑う人間だったら、氷の室長なんて渾名を付けられずに済んだだろう。
「聞いての通りだ。青木の監査期間は一ヶ月を予定しているが、皆の協力によってスムーズに監査が進めば短縮が望める。仕事の効率を図るためにもできるだけ監査を優先させて欲しい。僕からは以上だ」
 再度岡部に渡されたバインダーを開いて室長の言葉を述べる薪は、完璧なポーカーフェイス。魅惑的な口元に笑いを残した隣の女性とのギャップに眩暈がしそうだ。顔の造りが一緒でも、表情と雰囲気でこんなにも差が出るものか。笑顔って本当に大事だ。

 朝礼が終わり、北川は早速最初の聴取に入るため、室長の薪と一緒にモニタールームを出て行こうとした。そこに、男の控えめな声が掛かる。
「あの」
 彼女を引き留めたのは宇野であった。彼は、お気に入りのネクタイのバラの色に負けないくらい頬を紅潮させ、眼鏡の奥の瞳を少年のように輝かせていた。
「何かあったら遠慮なく言ってください。俺で役に立てることなら何でもしますから」
「ありがとう」
 にっこりと微笑まれて、ますます宇野の顔が赤くなる。バラ色を通り越してユデダコ状態だ。そのままぼうっと彼女を見送る宇野の異変に、気付いた曽我が首を傾げる。
「なんだ、宇野のやつ」
 隣で小池と今井がニヤニヤと笑っている。曽我と違ってこの二人はカンが良い。

「宇野はもともと薪さんタイプが好みなんだよ。女装した薪さんクラスじゃないと食指が動かないって言ってたくらいだから」
「薪さんと同じ顔で女性だからな。一発で参っちゃったんだろうな」
「これだから、女に免疫ないやつは」
「おまえだってないだろ」
「ヒドイですよ、今井さん。彼女持ちがそれ言ったらシャレにならないです」
「そうか。すまん」
「謝らないでくださいよ。よけい惨めになるじゃないですか」
「どうしろって言うんだよ?」
「「交通課の彼女に頼んで合コン設定お願いします!」」
 合コンと聞けば飛んでくるはずの宇野は、今回ばかりは見向きもしなかった。頭数が足りなくては合コンは開けないと今井に渋られ必死で周りを見回せば、見るからに座を白けさせそうな既婚者の山本と、見た目はいいけど女の子が同席する飲み会には絶対に顔を出さない室長命の青木。岡部は論外だ。岡部の顔を見たら女の子がみんな逃げてしまう。諦めるしかなさそうだった。

 美人監査官の来訪に浮足立つ第九で、当の青木は黙々と仕事に取り掛かる。見れば、いくらか元気がないようだ。朝っぱらから小さくため息など吐いて、ほんの少しだが眼も充血している。監査に対する緊張で、昨夜はよく眠れなかったのかもしれない。
「おまえもツイてないよなあ、青木」
「ええ、まあ」
 気配り上手な後輩は、小池の声に一瞬で憂鬱を消し去り、いつもの素直で明るい笑みを浮かべた。その笑顔に癒される。だからかな、と小池は思う。
 今回の監査が青木の警視正昇任に係るものであろうことは察しが付いている。青木は小池たちと同じ警視で、でも後輩だ。先輩より先に昇進話が来たら、普通はやっかまれてハブにされる。特に岡部と今井は複雑だろう。次の室長は二人のどちらかだと、皆が思っていたのだから。
 ただ、こんなことは警察では珍しくない。むしろ一般的だ。第九は完全な実力主義を採っているから目立ってしまうが、現場に出たこともないキャリアがどんどん出世して、仕事ができるノンキャリアが安い給料で膨大な量の仕事をこなす。そんな現実がまかり通っているのだ。
 皆はそんな理不尽を知っているし、室長の薪は絶対に公私混同はしない。それを承知していても出世競争における男の嫉妬は凄まじいものがある。が、そこはやはり青木の人柄だ。誰も彼を妬ましく思う者がいない。皮肉屋の小池ですら青木をリラックスさせ、彼が監査にベストの状態で臨めるようにと声を掛けたのだ。

「監査ってイヤですよね。緊張しちゃいます」
「そうじゃなくてさ、やりにくいだろ。薪さんそっくりの監査官なんて」
 青木が薪に首ったけなのは第九公認の事実。その薪と同じ顔をした監査官の前で、平常心を保てるだろうか。大切な監査なのに――小池は青木の憂鬱をそんな風に察したが、当の青木は不思議そうに眼を瞬いて、
「薪さんと北川さん、似てますか?」
「似てますかって……おまえ、眼鏡の度、合ってないだろ」
 そんなことないですよ、と返す後輩に小池はややムキになって、
「何処から見ても瓜二つだろ。双子と言ってもいいくらい」
「言われてみれば髪型と背格好は少し。でも、他は全然ちがいますよ。薪さんの髪は絹糸みたいだし、薪さんの方が眼は大きいし睫毛は長いし、鼻はかわいいし頬は瑞々しいし、くちびるは朝露に濡れたバラの花びらみたいで」
 しまった。青木に室長の話を振ったら延々聞かされる。髪の毛から始まって足の爪の甘皮まで語り倒される。
 ボディガードとして薪の家に住むようになってから、もとい、薪との仲が皆に露見してから、青木はあからさまに薪を称えるようになった。関係を秘密にしていた頃、薪がどんなに素晴らしいか口にできなかったストレスの反動らしい。そんな色ボケ男の戯言を聞いているほど小池も暇ではない。早々に逃げ出して、コンビを組んでいる曽我の元へ戻った。

「おれにはあいつの見えてる世界が分からん」
 ぼやく小池に曽我は人懐こく笑って、
「きっと、青木の目には薪さんが神さまみたいに映ってるんだよ」
「だよなあ。そうでもなけりゃ、あの人と一緒になんて住めないよなあ」
 納得して小池は、先刻の青木のため息は、監査官の手前、必要以上に薪に近付けなくなるこれからの1ヶ月を憂いてのことかもしれないと、少々乙女チックなことを考えた。



テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Mさまへ

12月17日にコメントくださった Mさま。

コメントのお返事、めっちゃ遅くなってしまってすみません。
実写映画化の件、教えてくださってありがとうございました。


>スゴク複雑です(;_;)

実を言うとわたしも最初、「やだー」って思っちゃいました。薪さんのイメージ崩されるの、怖いですよね。もういっそ、薪さんはCGでいいんじゃないかと(笑)
監督さんが優秀な方なので、お話の方は期待できそうですよね。骨太の作品になるといいな、と今は思ってます。

Mさまへ

Mさま。


>男爵(薪さん)、お誕生日おめでとう♪

男爵の誕生日、覚えててくださったんですね。わー、うれしー!
去年はクリスマスSS、書けなかったんですよね。落ち着いたら書きたいです。
青薪さんがクリスマスの夜を一緒に過ごす話、いいですね。例え仕事でも(笑)

オットとは、はい、翌日になりましたけど、男爵のバースディパーティに無理やり付き合わせまして。クリスマスケーキの残りにロウソク立ててね、強制的にバースディソングを歌わせました(笑)
叔母が亡くなったばかりで、事故もあって、とても陽気な気分にはなれなかったのですけど。でもやらなきゃいけないことが山積みになってたから、落ち込むのは後回しにしようって、二人で励まし合いました。
きっと2014年のクリスマスは、ずっと記憶に残ると思います。

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
毎日たくさんの拍手をありがとうございます。励まされてます。
おかげさまで、しづは元気で仕事してます。(10/28)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: