4月号、読んで書いたよ!

 昨日現場で(←!!)書きなぐりました。


メロディ4月号 感想


 
 

 薪さん、手紙を返しちゃいましたね。返すってことはお断りってことですよね。読んだのに読んでない、って嘘吐いたんだから。察してくれってことですよね。
 でも、薪さんの本音はどうなんだろう。こうだったらいいな~。




*****







 夢中にさせて。
 特別なことはしなくていい。ただきみに夢中にさせて。
 いつもいつも心に重くのしかかる、不安やためらいを吹き飛ばして。
 明日なんか来なくていいと思えるくらいに。きみに没頭させて。


 僕はいつも色々なことを考えている。周りの人々のこと、仕事のこと。僕の過去、きみの未来、僕たちの現在。どれも大事なこと。
 それらすべてがどうでもよくなるくらいに。僕を夢中にさせて。
 世界は様々な事象で溢れているけれど、僕にとって重要なのはきみの存在だけ。それが正しいと思わせて。どんな時もきみだけを見ていたい。その我儘を叶えさせて。
 なにも見えなくていい、きみのこと以外。なにもなくていい、きみ以外。僕が大好きなきみの微笑みで僕を満たして。心も身体もきみでいっぱいにして。
 きみが好きだ。
 声に出したらきみは喜ぶかな。言わないのは意気地なしかな。
 でもわかって。僕の気持ちは複雑すぎる。
 名前の無い感情のまま受け入れて。きみの中に入らせて。
 そう難しいことじゃない。きみは花の名前を知らなくても、花を愛でることができるだろう。それと同じ。
 名もなき花のように。ただ感じて。
 僕を感じて。



*****




 まるで魔法にかけられたみたいです。
 あの日を境に人生が変わりました。知ったんです、人生のなんたるかを。
 あなたを愛すること。喜ばせること。慈しむこと。守ること。それが為せることのなんてしあわせ。
 あなたが笑う。春の木漏れ日みたいに。
 あなたが怒る。夏の雷雲みたいに。
 あなたが悲しむ。秋の枯れ葉みたいに。
 あなたが眠る。降り積もる雪のように。
 ころころ変わるあなたの機嫌に振り回されることの優越と幸福。だってあなたは心を許した人にしか本当の自分を見せないから。
 24時間×365日を、死ぬまであなたと一緒に繰り返す。それがオレの望みです。



*****




 罪に罪を重ねた挙句の落ち行く先は地獄だと、そこにきみを巻き込むわけにはいかないと、ずっと思っていたけれど。
 差し出されたきみの手の誘惑。それは僕にとって、エデンの林檎と同じ。手にしたらおしまい。分かっているのに。
 気持ちが先走る。正しいことが選べない。
 あの言葉を口にした時すでに、僕は林檎を食べていたのだ。声に出さずともきみに聞かせずとも。
 僕にはもう、自分を制御できない。止められない。
 僕にはもう、たった一つの道しか見えない。
 だから夢中にさせて。僕から思考も理性も奪って。愚かな子供に還らせて。


 彼を殺した右手で。僕はきみと手をつなぐ。



*****


 おしまいです。
 ……感想??




テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

はふー。

すっごい、愛してますね~( ;∀;)
涙出そうです。
薪さんも、青木くんも、かたちは違うけどほんとに相手のこと愛してますね。
こんな素敵な文章を…しづさん…現場で…
やっぱり神です。
ありがとうございました。
幸せな気持ちになれました。

なみたろうさんへ

なみたろうさん。

>すっごい、愛してますね~( ;∀;)

いやもう、こんなもんじゃないですよ~。
薪さんの愛は大きすぎて深すぎて、とても表し切れないです。言葉じゃ無理。
書くたびに言葉の壁と言うか、自分の限界を感じております。書ける人、うらやましい。


>しづさん…現場で…

わはははー!
下請けさんや監督員さんには内緒ですー!!
現場事務所で協議書作ってたことになってるの。見逃して(^^;


>幸せな気持ちになれました。

こちらこそ♪
なみたろうさんのブログのコメント欄でも申し上げましたが、「好きだよ」の薪さん、きれいでした~!
あんな素敵な薪さんが生まれるきっかけのカケラにでもなれるなら、現場のみんなも許してくれるよね!<おい。

デレない薪さんも萌えたぎりました。おヘソ。
いつも更新を心待ちにしております~!

Sさまへ

Sさま。

>そういうことなの?お断りってことなの?

え、違うんですか?
手紙を送り主に返すってことは、「ごめんなさい、受け取れません」てことじゃないの?


>薪さあん…病院から出てきた時の何か決意したようなお顔はどういう事なんでしょうか?

だからそういうことじゃないですか?


えへへへっ!
ゴメン、Sさん、意地悪言っちゃった!

でもね、Sさん。
わたし、最初から思ってましたよ。今回の話は、薪さんが青木さんのプロポーズをどうやって受け入れるか、って話なんだって。

わたしゃ、薪さんが青木さんの申し出を断ることなんか百も承知でしたよ。断らなきゃ薪さんじゃないとも思った。
それと同じくらいに、ここで食い下がらなかったら青木さんじゃないと思うの。
次回、青木さんは勝負に出ますよ。賭けてもいいです。


>まさか此の期に及んで自分ノ気持チハ恋愛トハチガフとでも言いやがるつもりではあるまいな?

ありえない!!
彼、もう27ですよ。立派な大人です。それが成人した他人を相手に「おれと家族なってください」と言ったんです。それ以外の解釈なんかできないですよ。
これは常識的な判断で、わたしたちが腐女子だからじゃないと思います。ノンケの男100人に聞いても100人がそう答えると思いますよ。

まあ、あの青木さんですから、無いとは言い切れませんが……
もしもそんな場面があったら、わたしもSさんと一緒にメロディーぶち破ります(笑)


>このままずっとすれ違いの二人を我々の目の前に

いや、だからあれは結婚フラグですって! 雪子さんの婚約指輪のエピソードに掛けてるの。
わたし、今まで1回も予想当たったことないですけど、今回は自信あります!

外れちゃったら慰めてくださいね☆


あやさんへ

あやさん。

>私は単純に「手紙読んだよ」という意味かと思いました。

そうとも取れますね。
ただ、その後、岡部さんが「読んでんじゃないですか」って言ってるし、青木さんも「読んでないなんてありえない」って思ってたし、それを今になって封を切った手紙で示した、と言うのも不自然ではないかと。
なにより、

>外に出て行く薪さん、2009のラストページとだぶります。一人で生きていくことを決意したような表情><

わたしもここ、2009の薪さんを思い出しました。なにか捨ててきた感じがします。
手紙と共に、自分の恋も置いてきたんだろうなあって思いました。

>本当はしづさんが書いた感想が本心だと思います。

だったらいいな♪
でも以前よりは、彼を想うことを自分に許し始めている、そんな気がしません? そうでなかったら(サイレントでも)告白したりしないと思う。

大事なのは此処だと思うんですよ。
エピローグの時、薪さんは、誰かを大事に思うことを自分に許した。そして今回、自分が誰かに恋をすることを許した。
その人と自分が結ばれることまではまだ許せていないけれど、少しずつ少しずつ、青木さんが命がけで自分に教えてくれたこと(自分を許すこと)を履行してるんだと思います。

>ああ・・もどかしいです;;

大丈夫! これ、絶対に結婚フラグですから♪
外れちゃったらまた押し入れに籠りますので(笑)、よろしくお願いします。
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
メロディ6月号、読みました。
一言感想 「どひゃー……」
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: