モンスター(22)

 今日はメロディの発売日ですね!
 夜は薪さんに会えるかな(〃▽〃)



 お話の続きです。
 うーん、今回もメロディ発売までにオワラナカッター。





モンスター(22)






 ジャックナイフの刃先が薪の首を撫でた。観念して眼を閉じる。
 何処からか金木犀の香りが漂ってくる。それを今生の酒代わりに肺腑に収めながら、ああやっぱり、と薪は思う。

 やっぱり僕にはこんな最期が待っていたんだ。そりゃそうだ、あれだけのことをしておいて。畳の上で死のうなんて虫が良すぎる。
 鈴木。
 待たせたな。ようやく会えそうだよ。

 あちらの世界できっと自分を待っているであろう親友の姿を心に浮かべ、薪は旅立ちの準備をする。
 鈴木はこういう時いつもするように、ちょっと困った顔をして、でもやさしく笑ってくれた。仕方ないなあと言いたげに、うん、ごめん。解ってるよ。これはおまえが望んだ死に方じゃない。
 ――だけどね、鈴木。
 僕にはこの道以外、選べないんだよ。

 鈴木の不満顔に薪が言い訳すると、鈴木は何を思ったか前髪を手で後ろに撫でつけた。それからチタンフレームのスクエアな眼鏡を掛け――、
 ちょ、なにしてんの、おまえ。それ、反則だろ。

『薪さん』と彼が薪を呼ぶ。
 僕が死んだら、青木は――。

 瞬間、荒木の手首を掴んでいた自分に薪は驚く。それは薪の初めての抵抗であった。
「なにか、訊きたいことでも?」
 荒木が促してくれた時間稼ぎに乗って、薪は尋ねた。本音ではどうでもよかったはずのことを、いかにも気になっていたかのように。
「どうして今なんだ。これまでに、いくらでも機会はあったはずだ」
 尤もらしい疑問だった。荒木が第九に来てから2ヶ月になる。これまでに何度も二人きりになる機会はあった。なぜもっと早く行動を起こさなかったと薪に問われ、荒木は静かに答えた。

「母が死んだんです」
 先週の日曜に、と荒木は言った。
「おかしなもんですね。母が生きてるうちはいくら繰り言を言われても、聞き流すことができたんですよ。おれはデキのいい兄がそんなに好きじゃなかったし。嫌いじゃなかったけど、母のように仇を討ちたいとまでは思わなかった」
 薪の首にナイフを当てたまま、荒木は訥々と話した。
「でも、母の死に顔を見たら。その安らかさにぞっとしたんです」
 母親の最後を思い出したのか、荒木の手が微かに震えた。その微動は刃先に伝わり、薪の首に浅い傷をつけた。うっすらと血が流れる。

「母は末期がんで、その苦しみ方って言ったら尋常じゃなかった。なのに、なんでモルヒネの投与を拒否してたか分かりますか。薬でボケたらあなたへの手紙が書けなくなるからですよ。まあそれも8割方、青木さんが弾いてたみたいですけど」
 モンスターを名乗って薪に手紙を書いていたのは、荒木の母親であった。それが命の期限を切られた彼女にできる、唯一の復讐だったのだ。病床に着いてからも彼女は手紙を書き続け、それを息子の荒木に託し続けた。
「おれが第九に入ってようやく、母の言葉はあなたに届いた」
 青木の陰の働きを、薪は知らなかった。知らずに安寧を貪り続けた。無知ゆえの罪。

「痛みと苦しみとあなたへの恨みで、母の容貌は化け物のようでしたよ。それがあんなに安らかに。おれが代わりに恨みを晴らしてくれる、そう信じて死んでいったんだと思うと……こうする他なかったんです」
 平凡な家庭の主婦だった荒木の母親を、幸せに暮らしていた一人の女性を、そんな風に変えてしまった自分の罪深さに、改めて薪は打ちのめされる。
 自分が貝沼を見逃しさえしなければ、その悲劇は起きなかった。
「自分でもダサいことやってると思いますよ。殺意の相続なんか、今どき流行りませんよね」
 薪は残った力のすべてを振り絞って、荒木の手首を握りしめた。その丸い頬を、つう、と自責の涙が伝い落ちる。

「死にたくないですか?」
 薪の涙を生への執着と取り違えた荒木が、嬉しそうに訊いた。
「あなたがそう思ってくれてよかった。これで母も満足してくれる」
 荒木は薪の首から少しだけナイフを離し、首筋に滲んだ血を、もう片方の手でそうっと撫でた。
「どうして母が、真相を知ってすぐにあなたを殺さなかったと思います?」
 この期に及んで質問は無意味だったが、そのことは気になっていた。滝沢の話では、彼女が情報を得たのは2059年の夏。なぜ彼女はその時、薪を殺そうとしなかったのか。第九が混乱を極めたあの季節、薪の処分も確定せず、現在のように薪を守る者もいなかった。何よりも、鈴木を亡くしたばかりの薪はボロボロだった。女の力でも簡単に殺せたはずだ。
 なのになぜ。

「あの頃のあなたが死にたがっていたからですよ。殺したら、あなたに喜ばれるだけじゃないですか」
 荒木の答えは当たっていた。当時の薪にとって、死は唯一の救いであった。それを彼女は見抜いていた。同じように愛する者を喪い、絶望を見た人間として。そして。
「だから母は待ったんですよ、あなたが立ち直るのを。もう一度、この世に生きる希望を見出すのを。そこで殺さなかったら復讐にならない。だって兄は死にたくなかったんだから!」
 希望していた大学に受かって、2年目の春だった。バンド仲間と作ったプロモーションビデオが審査を通過して、ライブカフェで演奏させてもらえることになったと夕食の席ではしゃいでいた。
 兄が貝沼の手に落ちたのは、その矢先だった。
 初ステージに向けて、毎日遅くまで貸スタジオで練習を重ねていた。帰り道、ひとりになったところを狙われた。貝沼はターゲットの生活パターンを調べ上げ、機会を狙っていたに違いなかった。
 兄は貝沼清隆に殺された。理由は、『薪室長に少し似ていたから』。

「たったそれだけの理由で! あなたさえこの世にいなきゃ、兄貴は死ななかった! 母さんだって、あんな化け物じみた死に方しないで済んだんだ!」
 襟元を掴まれて揺さぶられた。がくがくと揺れる頭蓋骨の中で、脳みそが溶けたアイスクリームのようにぐちゃぐちゃに混ざるのを感じた。
「もっと」
 ぽつりと薪の頬に水滴が落ちて、薪が流した涙と合わさった。雨かと思い、そっと瞼を開けると、そこには滂沱する荒木の顔があった。
「もっと幸せに生きて、毎日楽しく笑って、そうやってずっと暮らせるはずだったんだ。父さんと母さんと兄貴とおれと4人で、それを」
 自分が不幸にした人間は、この世にどれだけいるのだろう。貝沼の犠牲になった少年たちだけでなく、その家族や友人たち。その数を思えば自分が此処に存在していることすら許せない気がして、薪は何もかもを打ち捨てた清白の表情で眼を閉じる。
「あなたのせいだ!」
 振り上げたナイフの切っ先が、薄曇りの空に鈍く光る。薪の瞳はそれを映すことなく、その心臓は鼓動を止めようとしていた。

 最期の息を薪が吐き終えた、そのとき。

 ガッ、と音がして、荒木の呻き声が聞こえた。石の上に金属片が落ちる音を聞きながら、薪の身体は支えを失って倒れていく。
 石に当たった膝の痛みで、思わず目を開けた。目の前に、自分の人生に終止符を打つはずだったジャックナイフが落ちていた。
 何が起きたのか分からずに呆然としていると、誰かに抱き上げられた。そのままその人物の胸に身体が押し付けられる。
 大切なものを扱う手つき。愛おしさに溢れた抱き締め方。
 厚い胸板と逞しい腕。薪の大好きな日向の匂いと、髪の毛から漂う懐かしいハードワックスの香り。

「薪さん」と呼ばれて、やっと目を開けた。
 予想を違えず、そこには薪の恋人が、親友と同じような困り顔で、でもやさしく笑っていた。



テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

う~、うう~~( ;∀;)

しづさんが発売日までに薪さんを助けてくれた~( ;∀;)うっうっ。
良かった!

青木が鈴木さんに似てる、は公式設定ですけど、鈴木さんが青木に化ける、は新しいですね!!
「青木」で薪さんが生きようとするって。
やっぱりそうよね、そうじゃなきゃ。
ほんとに良かった…

私も夜には薪さんに会えます。
今夜しづさんにゆっくり時間がありますように。

なみたろうさんへ

なみたろうさん。


>発売日までに薪さんを助けてくれた~( ;∀;)

遅くなってしまってすみませんー。
以前は、
メロディ発売に合わせて一つのお話が公開を終えられるように段取り組んでやってたんですけどね。この頃、すっかり怠け癖が、いやその(^^;


>鈴木さんが青木に化ける、は新しいですね!!

うちの鈴木さん、お茶目なんで。
これくらい、やりそうでしょw

まあ、結局は薪さんの中の鈴木さんですからね。都合よく動くんですよ、きっと。


>「青木」で薪さんが生きようとする

そうなんですよ~。
ここまで追い詰められて、やっと誓いを思い出したんですね。
『たとえ君が消えても』の中で、「僕たちは一緒に死のうと誓ったんじゃない、一緒に生きようと誓ったんです」と中園に豪語してましたからね。忘れてもらっちゃ困ります。
とか言いつつ、
すぐにヘタレちゃいましたね。ダメなやつだな~。


メロディ、読みましたよ~。
今回も飴でしたよね♪

ただわたし、今回は桜木さんにがっつり持ってかれてしまって。
肝心の青薪家族計画に今一つ乗れなくて(^^;
そっちを消化してから、ゆっくり喜びを噛みしめたいと思います。

HMさまへ

HMさま。


>薪さんのことを青木くんが助けに来てくれて良かった。

はい~、お待たせしました~。
遅いですよね、しかも岡部さんのお供と言う(笑)


>「俺が青木になるなんていやだけど、薪のためだ。」(By鈴木さん)

本当にそう思ってそうですね。
うちの鈴木さんと青木さん、薪さんをめぐる恋敵だからww


>荒木の薪さんへの逆恨みは許せないけど、荒木も悲しく哀れな人間ですね。

そうですねえ。
哀れっちゃあ哀れですよね。死んだ兄の復讐をしろって実の母親に言われたら、やりきれないと思いますよ。若くして死んだ兄さんは可哀想だったけど、でもそれじゃおれの人生どうなるの? おれはおれで自分の人生生きるから、てなりますよ、普通。
母親の病気が、荒木にそれをさせなかったのでしょうね。


>しづ薪さんを助けてくれてありがとう。

いや、お礼言われるのヘン!
この状況に追い込んだのもわたしですから!
薪さんに気付いて欲しいことがあったからこんな話になったんですけど、なにもここまでしなくても、ねえ(^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Aさまへ

Aさま。

はい~、読みました。
とても良い内容でしたね(^^
桜木さん、やっぱりいい人だった。
青薪さんの行方は、薪さんの思惑無視して周りから固められて行ってるみたいなんで。なんか薪さん、もう逃げられない感じですね(笑)


>優秀なのに復讐で人生を棒に振るなんて。
>それを望む母親もどうかしてる。

まったくです。
むしろ母親は、それを止める側に回るべきでしょう。
「母親ではなく、鬼になっていた」
Aさまのおっしゃる通りかもしれませんね。


>鈴木さんが青木の真似してもあまり似ない気がするけど(笑)

もう、オーラがね、違いますもんねw
王子は庶民になれないってことで(笑)

HMさまへ

HMさま。

>やっぱりわたしってアホ。

や、そんな、ていうか、
わたしも経験あります~。
どなたのSSだったか忘れましたが、やっぱり薪さんがエライ目に遭ってて、すんでのところで助かって、Hさんと同じようにお礼を言ったら、
「この状況にしたのもわたしですから」って返された憶えがww
やっぱり自分に返ってくるんですね(笑)



新装版、7,8巻、入手されましたか! よかった(^^)
プロフは今井さんと宇野さんですか。やっぱり鈴木さんは最後なのかな。
うちの近所のセブンは、田舎のせいか、明日届く予定です。楽しみだな~。
宇野さんはアメリカ生まれのマセチューセッツ大だとか。
そう言えば、
清水先生の設定ノートでは、薪さん、マサチューセッツ工科大出身だったんですよ。シーズン0で京大、東大になってたから、設定変わったんだなと思ってたんですが、宇野さんに引き継がれていたんですね。道理で宇野さんが、微妙に特別扱いされてるわけです。

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: