ソング(7)


 こんにちは。

 先月からの続きもの(たった7回なのに、先月からって(--;) こちらでおしまいです。
 途中、中断してしまってすみませんでした。
 それでもお付き合いくださって、どうもありがとうございました。
 ちょっとでも楽しんでいただけたら幸甚でございます。




ソング(7)






「薪さんの歌、オレも聴きたかったです」
 駅までの夜道を並んで歩きながら、青木が残念そうに言った。ふと横を見れば、声音とは裏腹の満面の笑顔。どう見ても、金曜の夜のこの時間に職場に戻る人間の顔じゃない。「二軒目行くぞー」と気勢を挙げる通りすがりの酔っ払いより、遥かに幸せそうだ。
 おかしな奴だ、と心の中で嗤いつつ、でも同時にこそばゆいような感覚を覚えるのは薪が青木の本当の気持ちを知っているから。もっと正確に言えば、彼の気持ちが、いや、そこは正確に言っちゃダメだ、うん、やめとこ。

「べつに面白くないぞ。特別上手くも下手でもない」
「そんなことないですよ。薪さん、歌、上手いじゃないですか」
 おかしなことを言う。正直、カラオケで流行るような曲はあまり好きではなくて、だから飲み会でも一度も歌ったことはないし、当然この男に披露した憶えもない。
「聞いたこともないくせに」
「よくお風呂で唄ってますよね。洋楽が多いみたいですけど」
 うっかりしていた。定例会の時に薪は、食事の後、アルコールが入る前に風呂に入る。飲むと眠くなってしまうからだ。その時につい浮かれて、口ずさんでいたのを聞かれたのか。これは恥ずかしい。
 ――いや。ちょっと待て。

「なんで知ってるんだ」
「え。だからお風呂で」
「風呂場とリビングの間には脱衣所があって、ドアが閉まるから大声を出さなきゃ聞こえないはずだ。おまえはどこで僕の歌を聞いたんだ」
「そ、それはその」
「まさかおまえ。覗いたんじゃないだろうな」
「そんなことしてません! 洗濯したタオルを脱衣所に持って行ったら歌が聞こえて、気になって扉をほんの少しだけ開けたら薪さんが身体洗っててそれがあんまりきれいだったから思わず棒立ちになって気が付いたら時計の針が勝手に進んでて、痛いっ」
「それを覗きと言うんだ! このヘンタイ!」
「いいじゃないですか、今更。一緒に風呂に入ったこともあるんだし」
「ちがう! 一緒に風呂に入るのと風呂を覗かれるのではまるでちがう!!」
 とんだピーピングトムがいたものだ。純情そうな見かけに騙されて、彼の気持ちを知りながら家に上げた自分の甘さに腹が立つ。

「明日の定例会はキャンセルだ」
「そ、そんなあ。先週も仕事で行けなかったのに」
「覗き部屋にでも行ったらいいじゃないか」
「そんな冷たいこと仰らず。お願いします」
「い・や・だ」
 ベエ、と舌を出したら、青木が笑った。笑われて気付いた。職場に戻るのに、浮ついていた自分を反省した。

 口当たりが良くてつい杯を重ねてしまったカクテルのせいだ、と薪は思い、でも本当の理由は別にあると分かっていた。
 さっき青木の笑顔を見たときに感じた、こそばゆいような感覚が、ずっと続いていたから。



*****




「何か企んでるとは思っていたが。薪さんの弱点とはな」
 ぐい、と冷酒をコップで喉に流し込みながら、岡部は豪快に笑った。薪と青木が第九に戻り、成功報酬を手にした雪子がほくほく顔で帰途に着いた後のカラオケボックスである。

「そんなことも分からんのか、おまえら」
「岡部さん、心当たりあるんですか」
 思わず意気込んで訊いた小池を威嚇するように、岡部の三白眼に力が入る。その恐ろしさに、すみません、と震え上がる部下たちから眼を逸らし、岡部はその言葉をコップ酒に溶かし込むように呟いた。

「心当たりもなにも。バレバレだろうが」
「あ、いや。鈴木さんのこと以外で、です」
 弱点を知りたいのは薪を傷つけたいからじゃない。そう考えていたことが伝わったのか、岡部は、ふ、と顔をほころばせ、なのに余計に怖いのは何故。
「過去じゃない。今のことだ」
「なんですか?」
「それはだな」
 言葉を切ってコップを傾ける岡部を、部下たちが期待に満ちた瞳で見つめる。室長の腹心たる岡部なら、彼の苦手を知っている可能性は高い。もしかすると、それとなくカバーしてもらえるよう室長自ら打ち明けているかもしれない。

 やがて岡部は空になったコップを静かにテーブルに置き、にやりと笑って、しかし。
「教えてやらん。自分たちで考えろ」
「「「「ええ~」」」」
 緊張の糸が切れた直後のだらけた空気に便乗して、4人は不満の声を漏らした。室長派の岡部が、薪が不利になることを教えてくれるはずがないと思ったが、やっぱりか。

 うだうだとのたくりながらグラスを傾ける彼らに、岡部は目を細めて手酌の酒を注ぎながら、副室長らしく説教をした。
「つまらんことを考えずに、おまえらは自分の仕事を頑張ればいいんだ」
 コップに満たされた透明な液体の、表面の震えが落ち着くのを待たずに岡部はそれを取り上げ、
「それが一番、あのひとを喜ばせるだろうよ」
 そう言って、目には見えない相手と乾杯の仕草をした。

「そうですね……いや、ちょ、なに言ってんですか。喜ばせたいんじゃない、室長をぎゃふんと言わせたくておれたちはですね」
「ん? ああ、そうだったそうだった。言い間違えた」
「カンチガイしないでくださいよね。てか、室長にヘンなこと言わないでくださいよ」
「ああ。おまえらが室長を陥れようと目を皿のようにしてあなたの弱点を探ってますって報告しとく」
「「「「そ、それもちょっと」」」」
 薪の報復を予想して青くなる彼らに、岡部はもう一度、ガハハと笑った。


(おしまい)


(2016.3)

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お疲れ様でした~(*≧∀≦*)

お忙しい中、ありがとうございました!

カラオケという、原作ではあり得ない楽しい設定でおもろいお話かと思いきや、ラストで久しぶりの甘酸っぱい青薪さん…そうか時系列ではお付き合い前、青木猛烈アタック中だったんですね。
ああっ、薪さん可愛いっ。
キュンキュンをありがとうございました!

間もなくMelodyですね~(*´∇`*)
しづさんの大変な毎日に萌えをもたらすような内容でありますように…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Rさまへ

Rさま。

ご無沙汰してます~。
お元気でしたか?


>予告編を今日、初めて見ました。

おお~、そうなんですか。


>薪さんの頭から無数の電極!?

なんと、そんなことに?!
えー、なんだろ。わたしも分からないですー。

いやあのね、実は個人的に、映画はできるだけ情報入れないようにしてるんですよ。
メロディもそうなんですけど、先入観無しに観賞したいの~。

お役に立てなくてごめんなさい。
他のブログさんで、映画情報を追ってる方がいますので、ググってもらえると解明するかも~。
本当に、なんなんだろう??

なみたろうさんへ

なみたろうさん。


こちらこそ、読んでいただいてありがとうございました(^^)


>カラオケ

ないわーww
原作では絶対にないw

あ、でもさ、6月号の絡み酒のシーンで、
岡部さんがガンガン歌ってる横で目つぶって耳塞いでる薪さんとか、なんか想像できないですか?


>久しぶりの甘酸っぱい青薪さん

もー、ほんと、何年かぶりでこんな青薪さん書きましたよー。
身体中痒くなっちゃうわー(笑)


>間もなくMelodyですね~(*´∇`*)

明日ですよ!
予告では新しいMRIがなんとかって、(しかし予告通りの内容が掲載されるのは稀有)
あーもー楽しみだなああ!!

ありがとうございました!

しづさん、お疲れのところありがとうございました。

まだ2人が付き合う前のお話でしたけど、カラオケという原作では読めない設定で日常的で平和な感じが、私好きです!
最後に甘酸っぱさも味わえて…薪さんが可愛いくて。
年甲斐もなくきゅんとしました。

私、しづさんの書かれたお話で「そぞろ歩きのゆうべ」が大好きで何度も読ませて頂いてるんです。
日常のなんでもない感じが好きで。
あ。Rのお話も好きですよ 笑

お仕事はひと段落つきましたか?
役所仕事は書類作りばっかりですからね〜。
お手伝いに行きたいくらいですが、余計仕事を増やしてしまいそうなんで、遠くからですが応援してます(≧∇≦)

青木が風呂を…(笑)

覗いてたんですね?
あんまり綺麗なんで見惚れたんですね?
気持ち分かります!(←妄想だけで)

お仕事大変でしたのに、楽しい作品をありがとうございました。
薪さんの歌声…しかと聴かせて頂きました!これはもう本格的に薪剛リサイタルに行きたくなってきます…←真顔

そして、ほんわかラブな青薪に、凄く癒されました。やっぱり欲してます!こういうのを!

そして、全て分かってるしたり顔の岡部さんがカッコいい…\(//∇//)\

こんなにバラエティに富んだ作品を生み出されるしづさんってやはりすご過ぎです。(←今更?)いえ、改めて思いました!
次回作も楽しみにしています!(*^^*)

Eさまへ

Eさま。

>最後の岡部さん

ありがとうございます~(〃▽〃)
うちでカッコいいのは岡部さんと雪子さんですから(その代わり主役の二人がダメダメという)、
褒めていただいてうれしいです。


>そのこそばゆさが幸せだって一生懸命認めないようにしている、でもまんざらでもないこの頃の薪さんが可愛くて大好きです。

え、可愛いですか?
ものすごく自己中じゃなかったですか?
や、書いてるときは楽しかったんですけど、(と言うのもその時期は原作で青木さんが雪子さんとラブラブだったので、そういう妄想に逃げるしかなかった)
後から読み返したらえらく勝手なことしてますよね(^^;



Eさま、最初から読んでくださってるんですね。ずっと拍手をしていただいてたの、Eさまだったんですね。ありがとうございます。
続きを楽しみにしてくださって、光栄です。
レビューより、なんて何をおっしゃる!
わたしもそうですけど、Eさまのレビュー、楽しみにしてる方たくさんいますからね! サボっちゃダメですよ!←おまえが言うか!!


>「たとえ君が消えても」

そうなんですか?
あれって、昔の話読んでないと繋がらない話でしたっけ? ←自分が書いたものをきちんと記憶できない残念な脳みそ。

そうですか、これを読んだ後に最初から読まねばと、
ぎゃー! そんなことをされたらボロが出まくりにっっ、……いやその(^^;

どんな形でも、楽しんでいただけたらそれだけでうれしいです。
所詮、シロウトの書いた二次創作なんですから、気軽に読み捨ててくださいね。

そしてできれば、
再読は無しで!! アラが、矛盾が~~!! 
どうか鼻で笑って流してやってくださいねっ!

よろしくお願いします。

お疲れ様でした〜!

お忙しい中、ありがとうございました!

カラオケというリクエストのお話………うふふふふ、ありがとうございました!
第九メンバーがわいわいしているの見るの(読むの?)がとても好きなんです。

そして岡部さんがまさかのジャイアン設定!(でも確かに違和感ない)

そして青木くんがまさかの覗き……(笑)
薪さんに逮捕してもらってください………!!

本日はメロディ発売日ですね!新章楽しみです〜!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ばろんさんへ

ばろんさん。

コメントありがとうございます(^^)
お返事遅くてすみませんです。


>カラオケという原作では読めない設定

ナイでしょうねえ。
カラオケボックスは鈴薪さんが初めて出会った場所なんですけどね。
薪さんは行かないだろうなー。上司に強制連行されたとしても、スルーだろうなー。
マイク回されて「ホラホラ」とか囃し立てられて、ブチ切れて睨み返しちゃって全員石になっちゃって、それから誰も誘わなくなったってオチじゃないかしら。


>日常的で平和な感じ

平和な話って、うちでは希少ですからね(笑)

薪さん、可愛かったですか?
そうですねえ。今より大分若かったですからねえ。(現在、2069年の話を書いてるので、2061年というと8歳下ですね)
わたし自身、年を取ったらきゅんきゅんする話が書けなくなりました(笑) 


>「そぞろ歩きのゆうべ」

ありがとうございます。
あんな地味なお話ですのに、大好きと言っていただけて嬉しいです。

雑文はみんなそうなんですけど、自分で読み直した感想が、「だからなに?」(←いやホント、自分ではこうとしか思えないんですよ(^^;)なので、
人さまに気に入っていただけるとホッとします~。

そしてRは、
うん、やっぱり年取ったら書けなくなったね! イヤだね、年取るって!!



仕事への応援もありがとうございます。
今週の水曜日に、竣工書類の防衛省対策会議がありまして、それが済んだら完全に落ち着くと思います。
今月はお義母さんの病院が5回もあるんで、そっちの方が大変かも~。
でもばろんさんに頑張れコールいただいたんで! 元気100倍! がんばりますっ!


Aさまへ

Aさま。

そうですね。2061年の春なので、「ファイヤーウォール」の少し後くらいです。
警戒態勢がやっと解除されて、でもやっぱりなかなか進展しなかった頃ですね。
なんのかんの言って、それまでは友人としての付き合いだったから結構とんとん拍子に運んだんですけど、
そこからは、不可能を知りつつも友人でいたい薪さんと、身体の関係も含めた恋人になりたい青木さんの戦いになって行くのでね。結局薪さんが負けちゃうんですけどね(笑)


お風呂は、
うちのはともかく、原作の青木さんは見ても平気だと思うんですよ。
男同士なんだから普通でしょ、みたいなノリで、薪さんが風呂入ってるところに「石鹸持ってきましたー」とか、やりそうじゃないですか?
で、薪さんが一人でテンパって、怖い顔で睨むもんだから青木さんが青くなるとw


>青木も結構、上手そうですが。

わたしもそう思います。
歌って、慣れなんですよね。歌い慣れれば、みんなそこそこ上手くなる。
青木さんは友人が多いタイプだと思うので、場数を踏んでると思うんですよ。だから上手い。


>新章

よかったですよね!
季節的にも合ってるし、わたし、ああいう話大好きです。
もともと怪談好きなんで♪

事件の裏にどんなドラマが隠されているのか、今から楽しみです。

BON子さんへ

BON子さん。

>気持ち分かります!

分かるよね!?
てか、わたしたちだけじゃないよね? みんな同じだよね?
だって、扉の向こうで薪さんがシャワー浴びてるんだよ。すっぽんぽんなんだよ。
ドア、開けるでしょ?! (慎み? なにそれ、おいしいの?)


>これはもう本格的に薪剛リサイタルに行きたくなってきます…←真顔

毎週金曜日、薪さん宅の脱衣所にお集まりください♪
……困ったわ、行き方が分からないわ。BON子さんみたいに次元を超えられたらいいのにっ!


>ほんわかラブな青薪

法十では珍しい青薪さんですね~。
みなさん、お好きなの分かってるんですけどね。どうしてもSの血が(^^;


>全て分かってるしたり顔の岡部さんがカッコいい…\(//∇//)\

ありがとうございます。
岡部さんと雪子さんはカッコよく書いてるつもりです。
この二人がカッコよくないと、うちの青薪さん、くっつかないんで。ケンカしたらそれっきりなんで。(え)


>バラエティに富んだ作品

お褒めの言葉、ありがとうございます。
や、両極端なんですよね、うちの話。ギャクかSか、どっちかだもん。
物は言いようだなあ(笑)


BON子さんのブログ、
わたしがちょっと油断してる間に記事がたくさん更新されてて!
追いつくのに、少し時間が掛かりそうです。
大人しく読ませていただくつもりですが、突っ込みたくてうずうず……過去記事にコメント入ってたら、華麗にスルーしてくださいね(^^;

にゃんたろーさんへ

にゃんたろーさん。

読んでいただいてありがとうございましたー!
久しぶりに楽しい第九を書きました。楽しかったです~。


>そして岡部さんがまさかのジャイアン設定!(でも確かに違和感ない)

でしょう?(笑)


>そして青木くんがまさかの覗き……(笑)

ありえねえ(笑)
原作の青木さんは薪さんの裸を見ても平然としてる気がして、くそーと思って書いたもんだから、うちの青木さんはこんなヘンタイに。


>新章

面白いですよね、今回の話!
可視光線も面白かったけど、わたし、ホラーとか怖い話好きなんですよ。もちろんリングも最後まで読みました♪
あれはループまで読まないと、画面から貞子が出てくるだけの単純なホラーになっちゃうから、ぜひ読んで欲しいですね。薪さんは読んだのかな。


通りすがりさんへ

通りすがりさん。

>しづさんの男爵薪さんシリーズは、ワイワイガヤガヤで楽しいです(*^^*)

ありがとうございます~♪
そう、薪さんは「なんでもそつなくこなす」んですよ。できないこと無いの。
なのに男爵と言うギャップが楽しいんです☆

通りすがりさん、男爵推しますね(笑)
男爵だと青薪より、第九メンズと共演する方が合ってますね。
「待ってます」とのお言葉、うれしいです。また書きますので、よろしくです(^^)

Mさまへ

9/26に拍手コメントくださった Mさま。

あんな記事を上げた後でも、変わらずお越しくださって、ありがとうございます(^^



>しづさまが更新時に書かれた出来事まで

きゃー、なんか恥ずかしいです!
きっと、バカなことばっかり書いてる!


>偶然にも80000ポチの瞬間に出会えました!

まあ!
キリ番、ありがとうございます!

そおなんですよ~、8万ですよ。我ながらびっくりです~~。

お礼のSS書くつもりでいますが、(デキは保証できませんが)なにかリクエストありますか?
キリ番申告いただいたので、もしもよかったら、リクエスト受け付けますよ~。


>記念に写真

あはははは!(>▽<)
や、ごめんなさい。でも写真撮ったって話は初めて聞きましたww


>またしづさまが戻ってきてくださることを祈りつつ、しづさまの生活が穏やかになるのを祈りつつ、私がこんなに幸せにしていただけているので、しづさまも幸せな日々を過ごせたらと思いつつ。

いっぱい祈っていただいて、ありがとうございます。
おかげさまで、随分と穏やかになって参りました。

詳しい近況は、「ご心配おかけしました」の記事に追記しようと思ってて、そちらも少しずつ書いてます。文が書けるということは、落ち着いてきている証拠です。
もうしばらくお待ちくださいね。
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
毎日たくさんの拍手をありがとうございます。励まされてます。
おかげさまで、しづは元気で仕事してます。(10/28)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: