You my Daddy(22)

 最終章です~。
 コンスタンスに公開できなくて、すみませんでした。
 間延び更新にお付き合いくださって、ありがとうございました。




You my Daddy(22)




「今度という今度は自分が嫌になった」
 頭の上に黒い雲を載せて、薪は猪口の酒に深い溜息を落とした。今夜は長くなるな、と岡部は敏く先を読み、座卓の下でそっと母親にメールを打つ。先に寝ててください、とそれはいつもの決まり文句だが、これまで一度も履行されたことがない。
 新鮮な魚と日本酒が看板の小料理屋で薪と二人酒。今日は青木は甥の初節句だそうで、姉の家に泊まるらしい。

「なにをそんなに落ち込んでるんです? 今回も上手く治まったじゃないですか」
 途中すったもんだはあったが、それはもはや定例行事。終わりよければすべて善しと、岡部はそんな格言を引っ張り出して薪の気を引き立てようとする。いつもと立場が逆だ。
 いつもは薪が暴走して、自滅コースに突っ込んでいくから岡部が怒らなくてはならなくなる。したくもない説教を、それも明らかに聞き流す態度の相手にくどくどと繰り返すことの虚しさと言ったら。飼い猫相手に愚痴を零す方がなんぼかマシだ。尤も、岡部の家の飼い猫はちょっと特殊で人間の言葉を解するのだが、それはまた別の話だ。
 今回は、DV被害から母子を救い、偽りの精神鑑定で無罪になるところだった犯人に正当な罰を受けさせた。薪もそんなに危ないことはしなかったし、精神的に追い込まれたり傷ついたりすることもなかったと思う。青木が少ししょげていたくらいで、今までの事件に比べたら平和なものだ。
 しかし薪は岡部が見たこともないほど暗い顔つきで、好物の刺身にも、あろうことか猪口を持つ手まで止まってしまっている。これは聞き出すのに骨が折れると判断し、岡部は人間の口を軽くする最も手っ取り早い方法を用いることにした。すなわち。
「今日はミハルちゃんの快気祝いと行きましょう。ささ、薪さん、飲んで飲んで」
「うん……」
「この酒、美味いでしょう? 新潟の蔵元直送の限定品でね、店主に取り置き頼んでおいたんですよ」
 勧められるままに盃を重ね、猪口がぐい飲みになり、それもまどろっこしくなった岡部がコップに切り替えた頃、薪がようやく口を開いた。

「青木が言ったんだ。僕の子供を遺せないことを申し訳なく思ってたって。だからヒロミたちには感謝してるって、そう言ってた」
 さすがは青木。お人好しが底なし沼だ。
 彼女たちのせいで家を追い出されて、薪との関係が変わってしまうかもしれないと食欲が失せるほど悩んでいたくせに。
「薪さんの言う通りでしたね。あいつを見損なってたのはおれの方でした」
 さすがですね、と薪の洞察を褒めると「まあな」と薪は一瞬だけ普段の高慢な表情を取り戻し、でもすぐに弱気な表情になって、
「2、3年前のことだけど。青木に来た見合い話、僕が潰したことがあるんだ」
「えっ。青木の見合いの会場に乗り込んだんですか?」
 岡部が驚いて聞き返すと、薪は岡部よりも驚いた顔をしていた。
「おっそろしいこと考えるな、おまえ」
 潰したと言われれば普通はそう考えると思うが。
「雪子さんじゃあるまいし」
 雪子の武勇伝を聞いてみたくもあったが、今は薪の話だ。

「具体的に、何をしたんです?」
「青木にって預かった見合い写真を本人に見せずに返した」
 それは当たり前だろう。2年前にはまだ二人は一緒に暮らしてこそいなかったが、その関係はすっかり出来上がっていたのだから。
「そんな話を薪さんからしたら、青木が傷つくじゃないですか。見せなくて正解ですよ」
「分かってる。でも見せるべきだった。例え結果が分かりきっていても、青木の人生は青木のものだ。彼から選択肢を奪う権利は僕にはない」
 薪らしい考え方だと思った。冷静で理論的で、平等で潔い。しかし彼はそれを為せなかったわけで。
「すごく落ち込んで、もう二度とこんなことはしないと誓った。なのに、気が付いたらまた同じ間違いを」
 尻すぼみに語尾を弱めた薪は、ずるずると前のめりに体勢を崩し、
「僕ってダメだー」
 座卓に突っ伏して拗ねる様子に、思わず吹き出してしまった。自分の腕の陰から薪の眼が、恨みがましそうに岡部を見上げる。

 軽くいなして、岡部は尋ねた。
「青木は怒りましたか?」
 薪の瞳からマイナスの感情が消える。代わりに浮かんだのは熱っぽさを秘めた恥じらいの色。何があったか大凡の予想は付いたが、岡部は重ねて訊いた。
「話したんでしょう。あいつはなんて言いましたか」
 長い睫毛を伏せ、ついでに顔面も腕の中に伏せて、薪は小さな声で言った。
「僕がヤキモチを妬いてくれて嬉しいって。むっちゃテンション上がってた」
 だと思った。予想通り過ぎて相槌を打つ気にもならない。
「本当に薪さんは、青木のテンション上げさせたら世界一ですね。いっそギネスに挑戦しますか」
「そんなギネスタイトル、全然嬉しくない。青木のやつ、僕があれほどダメだって言ったのにその場で、……なんでもない」
 安心してください。道場でシメときますから。

「分かったでしょう? あいつの幸せの鍵は、あなたが握ってるんですよ」
 照れ隠しか或いは青木の狼藉を思い出して本当に怒っているのか、初鰹を頬張りつつ尖らせたくちびるをそのままに、薪はぼそりと呟いた。
「うん。知ってる」
 平気な顔で嘯く風情を、亜麻色の瞳の柔らかさが裏切る。とろけそうに甘い瞳をしている。「薪さんはときどき砂糖菓子みたいなんです」と得意のポエムを語りだした青木を岡部は大外刈りで転がしたばかり、でもあれはこういうことだったかと納得した。確かに、食べた記憶もない砂糖が口から出てきそうだ。

「子供のことは僕も随分考えたんだ。青木はともかく、親が泣くだろうなって。幸いあちらのお母さんができた人で、僕のことを息子だと認めてくれてるけど」
 さすが青木の親だ。常識に捕らわれないフリーダムな精神は、母親からの遺伝というわけだ。
「でも、青木も同じことで悩んでいたなんて知らなかった。子供の1人や2人、本当に作っておけばよかったかな」
 いたらいたで悩みの種になると思いますけど。

 そういうことではないのだ、と岡部は唐突に気付く。
 人生を共に歩む相手に互いを選んだこと、後悔する気はないけれど、心に棘のように刺さって抜けない負い目がある。自分は親から命をもらってこの世に生まれてきたのに、自分の子供を遺せない。次の世代に命を繋げていけない、人として責任を果たせない、そんな罪悪感。

 ――でもね、薪さん。
 おれは思うんですよ。

「子供なら、たくさんいるじゃないですか」
 岡部の言葉に、薪は不思議そうに眼を瞬く。どういう意味だ、と亜麻色の瞳に促され、岡部は少し照れながら言った。
「第九の連中は、みんなあなたの子供ですよ」
 血こそ繋がっていないけれど。
 あなたに見いだされ、あなたの背中を見て育ち、あなたの考え方と精神を受け継いだ。おれたちはみんな、あなたの子供です。

 キョトンと目を丸くした薪は、次の瞬間、何故か猛烈に焦り始めた。
「アユミちゃん一人じゃなかったのか……そんなに大勢の女性と、僕はなんてふしだらな男なんだー!」
「そういう意味じゃなくてですね、だいたい山本とおれはあんたより年上、てか他の連中も生物学的に不可能ですから!」
「今井なんかあなたが1歳の時の子供ですよ?」と岡部が全員の生まれ年を諳んじれば薪はくすくすと笑って、「室長らしくなってきたな」と岡部の努力を褒めてくれた。緊急時に備えて職員の生年月日と血液型は暗記しておけと薪に言われたことを、岡部は実直に履行していた。

 からかわれたと分かって、岡部はむっつりと酒を飲む。照れ臭いのを我慢して言ったのに、そういう返しってどうなの。ああやっぱり言わなきゃよかったといささか乱暴にコップに冷酒を注ぐ、岡部の手元に華奢な手がぐい飲みを差し出す。
 丁寧に満たされた冷酒がくいと持ち上げられ、置かれたままの岡部のコップの縁にコツンと触れ合わされた。
「乾杯ですか」
 なにに? と問うた岡部に、薪はふわりと笑いかけた。
「子供たちに」
 岡部の武骨な手がコップを持ち上げる。飾り気のない円ガラスの縁と、美濃部焼のぐい飲みがもう一度触れ合わされた。


―了―


(2016.7)

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

脱稿お疲れさま&ありがとうございました

今回のお話はもったいないことになみたろうの絵を使って頂いて、そして薪さんの可愛いところを見せて頂いて、ほんとにありがとうございました。
薪さんたら、薪さんたらもう、青木好き好きがダダ漏れてらっしゃって。たまらんです!

あ、「砂糖菓子みたい」はあの方のオマージュですね?( ・∀・)素敵ですよねええええ!

とにかくお忙しい中素敵なお話ありがとうございました!
これからもずっと応援してますヽ(;▽;)ノ

素敵なあなた

はらはら、ドキドキさせられたけど、とっても、とっても、素敵なお話でした。
ありがとうございます。
こんなふうに、想いを伝え合うことができたらと、心より感じます。

痛みを知っているからこそ、つまずいても、前を向ける。信じて、歩める。
そう思っていいんですよね。


しづさんの瞳に、乾杯!!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お疲れさまです。

今年は、しづさんの作品に出会えてすごく良かったです。仕事のあんなことやこんなことを、こちらで日々癒され中です。
すでにご存知かもしれませんが、ただいま本屋でたまたま芸術新潮を見ていたら、なんと薪さんが!
美少年特集でした(笑)

Mさまへ

12/20にコメントくださった Mさま。

お返事、遅くなってすみません。
年、変わっちゃいましたね(^^;)



>映画化されてからのファンかなとコメントにありましたが、私は8年前くらいから愛読していたんです・・・清水先生の作品が大好きなので。

そうだったんですか~。
8年前と言うと、あら! わたしと同じ、2008年組ですか? アニメ化された頃ですよね? 
あのクソアニメ(失礼)のおかげで、わたしは秘密にハマったんですよ~。アニメは酷かったですけど。ええ、あれに比べたら映画なんて可愛いもんですって。

Mさまは、二次創作の世界を知らなかっただけなんですね。
知らない方がよかったのかも、いやあのその(笑)

二次創作って、読むと、ヘンなハマり方しちゃうんですよね。思い入れが強くなりすぎて、フラットな目で原作を見られなくなっちゃう。
わたし、実は、第九編の頃、青木さんが薪さんを泣かせるの許せない、ってすごく青木さんを憎んだんですけど、多くの二次創作が語る薪さんと青木さんの幸せな世界を知らずにいたら、青木さんの事情をもっと慮ることができたんじゃないかと、今になって思います。


>秘密ートップシークレットーって、コミック派で通してきた私ですが、原作を読んでいて辛かったんですよ・・・

分かります、分かります。
「一度読んだら暫く読み返せない」という経験は、わたしにもあります。特に5巻は辛くって、3回くらいしか読んでません。


>一番辛かったのは、青木さんのお姉さん夫婦が殺された事件、あとは日浦あゆみさんの事件でした・・・

やっぱり、Mさんも5巻は辛かったんですね……。
青木さんのお姉さん夫婦が殺されたときは、さすがに青木さんが可哀想になって、悪口言えなくなりました。それまでは「天使くん苦手」とか、「(雪子と薪さんが仲良くしてくれると嬉しいとか)偽善者、嘘くせえ」とか、さんざん言ってたんですけど(ごめんなさい、今は青木さん大好きです)、あんなことになって、それでも懸命に舞ちゃんを育ててる彼を見たら、その健気さに何も言えなくなりました。雪子さんと結婚して、舞ちゃん育てるって結末でも仕方ないかって思えた。


>ハッ!これは、しづさまの素敵な小説のコメントをする欄なのにすみません。

あ、違いますよ。
うちのコメント欄は、自由にお喋りするところです。
基本的に話題も自由ですけど、薪さんに関すること、原作に関することだと、わたしが喜びます♪

もともと、誰かと薪さんの話をしたくてブログを作ったんです。周りに薪さんの話ができる人がいなかったので。SSは、そのオマケみたいなもんです。
わたしはメロディ派でしたが、青木さんが雪子さんと婚約した辺りからは、とても一人じゃ耐えられなくなって、ブログを通じて仲間を作ることで、みんなで一緒に耐えようねって励まし合ってきたんです。
なので、わたしにとってブロ友さんや、ブログに来てくださる方は、原作という荒波を一緒に乗り越えていく仲間、という意識だったんです。
現在は原作がそれほど辛くなくなったので、一緒に薪さんを愛でるお仲間、という意識に変わりつつあります。



>こちらの薪さんは本当に男爵様ですが

↑↑↑ 本当に男爵ってww


>愛らしくて、過去編にあった「あと何回僕を抱けるのかな~」とか、かわいいぞ!この!と突っ込みどころ満載です。

可愛いですか? あれ。 意地悪全開じゃなかったですか?
いやー、Mさん、もしかして青木さんと五分張るドM、いや、なんでもないです。


>青木さんはもう、奴隷すぎてもう!これ以上どうしようっての!って感じで。でも、「今日は手つないで寝ましょうね」とか薪さんに言うし、可愛すぎる!やっぱり好き!青木さん!

可愛いですか? あれ。 変態全開じゃないですか?
Mさん、オトコのシュミ悪、いや、なんでもないです。



>今回の章では、薪さんと青木さんが、お互いに相手を取られまいと奮闘?する姿が微笑ましかった。

二人して、おんなじこと考えてましたね(笑)
二人とも、伴侶として生きていくことを決めたものの、自分に自信がないんですよね。自己評価よりも相手の評価が高いので、自分よりも相応しい相手がいるんじゃないかと思ってしまう。
時間とともに自信も増えて、関係も落ち着いていくものですけど、まだ1年ですからね。これからこれから(^^)



>遅くなりましたがしづさま、お誕生日おめでとうございます!原作の青木さんと誕生日近いですね^^

ありがとうございます。
そうなんですよ~。青木さんと同じ星座です。
言われてみれば青木さん、マイペースなところありますよねえ(笑)

なみたろうさんへ

なみたろうさん。

12/20にいただいたコメントのお返事です。遅くなってごめんね(^^;


>今回のお話はもったいないことに

もったいないなんて、とんでもない!
全部なみたろうさんのおかげですよ~!

最近、リアルでも籠もり気味で、テレビもオットの付き合いでバラエティばかり見てるから、本を読む時間も減ってしまって、
創作のインスピレーションを受ける機会が非常に少なくてですね……
そんな中で、なみたろうさんのイラストは、すごく貴重です。


>薪さんたら、薪さんたらもう、青木好き好きがダダ漏れてらっしゃって。たまらんです!

ダダ漏れは薪所長のフレーズですよね(笑)
第九の頃はあんなに上手く隠せてたのに、どうして顔に出ちゃうんだろう! て思ってるんじゃないかしらww


>あ、「砂糖菓子みたい」はあの方のオマージュですね?( ・∀・)

はい(*^^*)
みちゅうさんはわたしの永遠の人です。一生好きだし、尊敬してます。死ぬまでずっと。

きこ さまへ

12/21にコメントくださった きこ さま。
お返事、遅くなってすみません。


>はらはら、ドキドキ

ありがとうございます(^^)
ハラハラドキドキは法十の売りでございます。


>こんなふうに、想いを伝え合うことができたら

ねえ。いいですよねえ。
原作の青薪さんも、ぜひ! という願いを込めて書きました。


>痛みを知っているからこそ、つまずいても、前を向ける。信じて、歩める。

実際は、痛みがトラウマになってしまったり、ひねこびる原因になってしまったりするものですが。
原作薪さんは、壮絶な過去を持ちながらもネガティブになることなく、限りないやさしさを持ち続けているのですよね。素晴らしいです。

うちの男爵の場合は~~、
周りに恵まれたんですね(^^;
岡部さんに支えられ、雪子さんの寛容に救われ、青木さんの惜しみない愛情を受け続け。
そこまでしてもらって、やっとのこと前を向けたと言う。情けない男でございます。残念☆

Sさまへ

12/21にコメントくださった Sさま。
お返事遅くなりまして、ごめんなさい。


>オトンとオカンと子供たち

このタイトルがww
でも第九って、正にこういう雰囲気ですよね(^^


>薪さんと岡部さんが飲んでるのが、青木とは別の意味ですっかり夫婦みたいでほっこりしました。

薪さんと岡部さんの関係、好きなんですよ~。
第九編ではずーっと、青木さんより岡部さんが好きでした。薪さん、青木さんには泣かされてばかりだったから。(←すみません、妄想入ってます)

恋人なんかいなくたって、信頼できる仲間と親友と、やりがいのある仕事があれば、人間そこそこ幸せだよ。薪さんもそれでいいじゃん、ってずっと思ってた。
青木さんが薪さんを追い掛ける展開になった今では、そんなこと爪の先ほども思いませんけどね☆


>薪さんたら家に帰ったら美人妻なのに、仕事場には女房がいるなんていいなぁ。

ちょ、ちがっ。
うちの薪さん、旦那さまですから。
青木さんが奥さんです。旦那より1回りも若い、幼な妻(笑)

でもそうすると、奥さんが二人になるのか。
アラブの王さまみたいっすねww



>どこに行ってもすっかりオカンな岡部さん

これ、にゃんたろーさんの影響が大きいですね。
にゃんたろーさんの岡薪シリーズを拝見してから、原作の岡部さんがオカンにしか見えなくなりました。
そのあと原作でも「おれ、お母さんみたいなこと言ってる」って認めてて、大笑いでしたw


Nさまへ

12/22にコメントくださった Nさま。

>「ごほうび」ありがとうございました!

ごほうびになるんですか、あんなん(^^;
繰り返しますが、保存しちゃダメですよ☆


>あんなに忙しいしづさんがちゃんと薪沼に浸かってらっしゃるのに!と励みにしてるんです。

ちょ、どういう励み方ですか(笑・笑)

最近はめっきり、遠ざかってしまいました。
逆に、Nさんのイラストのおかげで、沼に引き戻されたりするんですよ~。先日のキリリ薪さん、久しぶりに「キャー!」ってなりました。


Nさんのお仕事も、超神経擦り減りそうですよね。ストレス、すごいでしょう?
意識して気分転換してくださいね。仕事の時間が過ぎたらパーッと忘れちゃう、くらいの勢いで(^^)

Hさまへ

12/23にコメントくださった Hさま。
お返事、年が変わってしまってごめんなさい。


>今回も色々ありましたが、そのたびに二人の絆が強くなっていきますね。

はい~。
うちの二人はなんでもそうです。少しずつ、少しずつ、です。
ミルフィーユみたいに愛情ややさしさや思いやりを積み重ねて、絆を太くしていく――というのを書こうとしているのに、誤解と行き違いとケンカが重なって行くのはなぜ!(@_@)


>今回の岡部さんの「第九の連中はみんなあなたの子供ですよ」
>あぁ、岡部さん。さすが岡部さん。素敵なことを言ってくれました。

て言うか、このセリフは岡部さんにしか言えないでしょう! 青木さんには無理。
青木さんの手の届かないところを岡部さんがしっかりフォローしてくれる。うちの薪さんは、本当に幸せです。本人、分かってるのかどうかアヤシイですけど。




応援とお気遣い、いつもありがとうございます(^○^)
Hさんも、お風邪など召されませんように。お身体大事にしてくださいね。

KAORIさんへ

KAORIさんへ

コメントありがとうございます。
お返事、年が変わっちゃってすみません。


>今年は、しづさんの作品に出会えてすごく良かったです。

こちらこそ、読んでいただいてありがとうございました(^^)
読んでいただけるだけでもありがたいのに、こうしてコメントまでくださって。
本当にうれしいです。


>芸術新潮

美少年特集……(* ̄m ̄)ノ彡☆ばんばん!!

それ、いいですね! 雑誌の美少年特集に掲載されるアラフォー所長、面白そう!
今度書いてみようww

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: