FC2ブログ

パートナー(4)

 こんにちは、ちょっと間が空いちゃいました、すみません。
 実は、実家のお母さんがウォーキングの帰りに骨折しちゃって。
 現在は、実家のお嫁さんが面倒見てくれることになったので大丈夫なんですけど、最初はわたしが通い家政婦にならなきゃいけない状況だったので、しばらくの間はバタバタしておりました。

 それと、
 後はあれよ。警視庁24時。(笑)
 期間限定で別記事に上げますので、お暇な方はどうぞ。





パートナー(4) 



 その晩はリビングに布団を敷いて、叔父たちにはそちらで休んでもらうことにした。
「薪さんもそちらへどうぞ。オレはナッシーと寝ますから」
 大人だけの家にあるのは不自然な人形、その事情説明を面倒がった薪のせいで、成人しても人形遊びを止められない男のレッテルを張られた青木は、薪の嘘を裏付けるとも皮肉ともつかぬ口振りで、薪に親子水入らずの就寝を勧めた。しかし薪は首を横に振り、いつも通りの寝場所を選んだ。「おやすみなさい」と叔母夫婦に声を掛けて、青木と一緒に寝室に入った。

 この頓狂な人形が薪の家に置かれることとなった春の事件の時も思ったが、薪は、青木と共に生きると決めたことを、堂々と主張するようになった。あくまで必要に駆られた時だけだが、それだって今までに比べたらえらい進歩だ。
 きっかけは何だったのだろう、と考えて、昨年の秋に起きた悪夢のような事件を思い出す。あの時、すべてを諦めて死を選んだ薪に、岡部が青木が滝沢が、それぞれの立場からそれぞれのやり方で、彼を生かそうとした。彼の人生に幸福が存在することを認めさせようとした。その中のどれか一つでも効果があったのなら喜ばしい限りだが、そういうことじゃない気がする。この人は、基本的に人の話を聞かない。耳を貸さないのではなく、他人に言われて自分のスタンスを変えるような人ではないのだ。だからこの変化はきっと、年を取ったら言い訳するのも面倒になったとか、そんな身も蓋もない理由だ。

 ダブルベットの左側に青木が、右側に薪が横になる。薪は頭の下に両手を組み合わせて、しばらくの間薄暗い天井を見つめていたが、やがてぽつりと言った。
「叔父さんが言うことは気にするな」
 薪との関係を否定され、青木の母親にダメ出しをされた。自分の身内がそれをしたことを、申し訳なく思っていたのだろう。彼の気遣いが嬉しかった。
「平気です。オレは何を言われても」
「大人のクセにあの人形はないだろうって、僕にさんざん言ってたから。明日、皮肉られるかもしれないけど気にするな」
 30過ぎても人形遊びが止められない男だと誤解させたのは誰ですか。
「薪さん。それはきちんと説明すれば」
「叔父さん、何をしに来たんだろう」
 薪に遮られ、青木の抗議は不発に終わる。とりあえず、薪は人の話を聞かない。
「かわいい甥の様子を見に来られたんでしょう。20年振りのサプライズってのがすごいですけど」
「いや。今までも4,5年おきに来てた」
 そうなのか、知らなかった。だったらその時、呼んでくれればよかったのに。そうしたらこんなグダグダなカミングアウトにならずに済んだのだ。――まあ、一緒に暮らす前の薪にそれを求めるのは無理だったか。
「でも、今回みたいな抜き打ち検査は初めてだ」
「ぷ。抜き打ちって」
 国税局じゃあるまいし。

「可愛い甥か……生憎、そんな麗しい親子関係じゃない。小さい頃はそうでもなかったけど、僕が警官の道を選んだ日から、あの人とはケンカばかりだ」
「そうなんですか?」
 青木の父も、第九に勤めることには反対だった。でも父は最後に――否、今際の際になって考えが変わったのではなく、もっと以前から認めてくれていたのだと、後で母が教えてくれた。改めて言葉にするのも気恥ずかしくて、それで伝えるのが遅くなっただけなのよ、と。
 海を渡って顔を見に来るくらいだ。薪の叔父も、そういうことじゃないのかと思いたかったが、あの言い争いを目撃してしまっては、それも難しかった。やはり、父親と叔父では見方が違うのかもしれない。そう言えば、青木の叔父も青木の仕事には懐疑的だった。

「最後に来たのはいつだったんですか?」
「確か、6年前だ」
 6年前と言えば、薪とは恋人関係にあったものの、現在のように一緒に暮らしてはいなかった。そう頻繁に彼の家に出入りしていたわけではないし、週末も薪が「今週はダメだ」と言えば、その理由を質すことはしなかった。その「ダメだ」の中のどれかに、彼らの帰国はあったのだろう。
「じゃあ定例訪問じゃないですか。今回はサプライズにしてみたってだけで」
 そうかもな、と頷いて薪は目を閉じた。納得したというよりは話を打ち切ったように感じられたが、そう返されれば青木も会話を終えるしかない。

 胸の内にある不安に寒気を感じたのか、すり寄ってきた薪の背中を抱いて、青木は彼の髪に鼻先を埋めた。
「おやすみなさい」と声を掛けるも応えはない、それはいつものことだったけれど。青木の背中に回った薪の手に、ぎゅ、と力がこもったのは、とても珍しいことだった。



テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

私の母も、春に足首を骨折し、いろいろ大変でした💦
足首の骨折は、骨折の中では軽い扱いなのですが、これまで怪我とかしたことない本人はもう大騒ぎ💦
しづさんのお母様は、うちよりお若いと思いますが、これから寒くなる時期なので、どうぞお大事に。

香さんへ

 こんにちは、コメントありがとうございます。

 あら~、香さんのお母さんもですか。足首では、うちの母と一緒で、立つことができませんよね。
 いやいや、わたしの母も、79歳になります。怖くて松葉杖が使えないそうです。若い人と違って、腕の力が無いからだって言ってました。
 ギプスが外せるのが、2カ月後だそうです。それまでに筋肉が落ちてしまうから、そこからのリハビリが大変だろうなあって。老齢になると、リハビリしても、なかなか筋肉が付かないんですよね。本人が頑張るしかないんですけど、寝たきりになってしまわないか、ちょっと心配です。

 香さんのお母さんは、もう普通に歩けるようになったんですよね? よかったですね。 
 雨の日など、傷跡が痛みませんように。お祈りいたします(*´ω`*)
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: