ファイヤーウォール(16)

ファイヤーウォール(16)






 一人になった薪が一番にしたことは、ベッドから離れることだった。
 ここで、あんな厭な目に遭ったのだ。このベッドに触れるのも嫌だ。
 身体は自由に動くから、さっきの麻痺は一時的なものだったらしい。少量の痺れ薬か、筋肉弛緩剤をあのクスリに混ぜたものと思われる。

 ソファに座って膝を抱え込む。ワイシャツの肩に爪を食い込ませて、本能を抑え込もうと必死になる。
 ローテーブルに、薪の携帯電話が置いたままになっている。メールの着信があるのに気付いて、震える手で画面を開く。メールは雪子からで『解毒剤は無いけれど、特効薬を送る』と書いてあった。
「特効薬……それまで何とか、我慢しろってことか」
 ここには誰もいないし、雪子の処方に従うことは間違いではないと思うが、薪にはプライドがある。
 薪も男だから自慰はするが、それは自分の意志でするものであって、こんな不自然な欲求からするものではない。全然そんな気はないのに、そこだけが快楽を求めて猛り狂っているなんて、自制心の強い薪には初めての経験だ。
 自分は間宮とは違う。下半身の欲求に汲みするなんて、絶対に許せない。
 しかし。

「だ、ダメだ、きたっ……!」
 二度目に深く塗りこまれた薬の効果は、絶大だった。
 指一本触れていないのに、薪の欲求はどんどん膨れ上がってズボンの前を押し上げている。下着がこすれて痛い。とても抑えきれる衝動ではない。堪らず、ベルトを外してズボンを緩める。下着の中に右手を滑り込ませ、屹立している自分自身を押さえ込む。
「あっ、んんんっ!」
 触れてしまったら、もう止められなかった。
 欲求の命ずるままに、薪の右手は意志とは関係なく快楽を得ようと動き始める。
「ちっくしょ……」

 くやしい。
 間宮に盛られた薬のせいで、こんなことをするなんて。あの男の思い通りに、自分の身体が操られるなんて。

 もし岡部が助けに来てくれなかったら、間宮の前でこんな醜態を晒していたことになる。それが目的の人間なら、一も二もなく飛びついてくるだろう。こっちだって、この状態じゃとても抵抗できない。誰かがここにいたら、男女構わずこっちから襲い掛かってしまいそうだ。

 ズボンと下着を膝の位置まで下ろしたみっともない格好で、薪はソファの上に横になる。奥歯を噛み締めて、せめて声は出さない。心の中は口惜しさと情けなさで、台風のような有様だ。
「―――― っ!」
 欲望を吐き出して、薪は荒い息をつく。クスリに負けてしまった自分が嫌になるが、やはりどうにもならなかった。
 とにかく一段落だ。気持ちを切り替えて第九に帰ろう。
 
「あ、あれ?」
 薪は思わず自分の手を見た。
 白くて華奢な手には、いま吐き出したばかりの欲望が付着している。ティッシュを取る余裕も無かったのだ。しかし、薪が驚いたのはそこではない。
 おずおずと下を見ると、薪のそこは未だ処方前の状態のままで、次の処置を待っていた。
 
「なんでだ!?」
 もともと性欲が薄い薪は、自慰もセックスも1度したらお終いだ。
 風俗の女の子が頑張ってくれたが、2度目はとうとうできなかった、という苦い経験もあるくらいだ。自慰もせいぜい1ヶ月に1度くらい。それもかける時間はものの3分。セックスにいたっては10年以上もご無沙汰だ。それでもなんら不自由を感じないほどに、薪はそちらの方面には興味が無いのだ。
 そんな自分が、こんなバカな。いくらクスリのせいとはいえ、イッたばかりですぐにまた欲しくなるなんて。

 いったん与えてしまった愛撫は、もう止めることができなかった。二度目の衝動は初めのものより遥かに強く、より深い刺激を求めて薪のからだを突き動かした。
「くそっ……」
 自分自身を罵りながら、薪は目を閉じた。
 くやしくてくやしくて、たまらなかった。



テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱり

特効薬って、、、Aのつく人ですよね、、、???
雪子先生ですものね、、?

おいたわしや・・・薪さん・・・。

しづさん、こんにちは!仕事の昼休みにいったん帰宅して読んでます。(職場は家から歩いて5分)

きゃ~~~!
薪さん!
襲われそうになった上、クスリまで盛られて×××。

おいたわしい・・・。
(・・・人のこと言えるのか?)

うう・・・。
続きが気になって仕事が手につかなくなっちゃうじゃないですか!
↑(人のせいにしてはいけません!)



またゆっくり参ります~~~!

さすが!(シーラカンスさんへ)

> 特効薬って、、、Aのつく人ですよね、、、???
> 雪子先生ですものね、、?

ご明察です!
さすが、シーラカンスさん。(てか、展開がミエミエ?)
でもここに、スガちゃん送り込んできたら大変なことになるだろうなあ・・・・・わたしが。
(°Д°;;;))))ブルブルガクガク

わんすけさんに、借りました。

そっくり返します(笑)

こんにちは、みひろさん!
いらっしゃいませ、って、昼間からこんなピンク劇場に来てはイケマセン。(笑)

> きゃ~~~!
> 薪さん!
> 襲われそうになった上、クスリまで盛られて×××。
>
> おいたわしい・・・。
> (・・・人のこと言えるのか?)

そっくり返します!と強く言い切りたいところですが、自覚がおありみたいなので(笑)
ていうか、みひろさんのとこのほうが・・・・悲惨じゃ・・・・・あ、また思い出して・・・・繰り返し繰り返し、わたしを悪夢が襲う・・・・夏がキライになりそう・・・・。
そんなときにはA面にジャンプ!ですよね!
でも、わたしに下着ネタはムリです(笑)

> うう・・・。
> 続きが気になって仕事が手につかなくなっちゃうじゃないですか!
> ↑(人のせいにしてはいけません!)

あははは!
わたしも以前、めぐみさんのところで似たようなこと言いました。
ここは、お仕事の邪魔をしてすみません、て謝るところなんでしょうね?
・・・・・うれしいです!(←もう、良識とか謙虚さとか、人間として大切なものを失くしてしまったようです)

> またゆっくり参ります~~~!

お待ちしてます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメいただきました、Dさまへ

・・・・・・・・よ、読まれてらしたんですか・・・・・(滝汗)
ご気分を悪くされたんじゃ・・・・・ていうか、ここからは引き返した方が・・・・ああ、もう手遅れかも・・・・。
しかも職場って・・・・まずいです、社会的抹殺の憂き目に遭いますよ!

えっとですね。
使われたクスリは、架空のものです。(バイアグラは健常者が用いても、わずかに血圧が下がるだけ、という実験結果があるみたいです)
ただ、バイアグラにシメリジン、エリスロマイシン、イトラコナゾールなどという薬品を混ぜることで、効果が高まるとか・・・何を調べてるんでしょうね、わたしは。(笑)
実際、覚せい剤を直腸に塗ると、4時間くらいその状態になるとか。でも、覚せい剤はさすがに使えないので、ありもしないクスリを登場させちゃいました。

「ロレンス」と「パーム」は、若い頃に、わたしも読みました。(獣木野生さんて、名前を変えられたのですね。昔は「伸たまき」だった。)
オススメは高村薫、ですね?本屋さんで探して、読んでみます。

・・・・・!!
うれしいです!ああ、これでDさんの薪さんがわたしのものに!!(←どういう理屈!?)
さっそく登録させてもらいます!

わたしのKYを快く許してくださって、ありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。
コメント、ありがとうございました。(あ、でも、ここから先は読まない方が・・・・・手遅れかな・・・・)

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: