FC2ブログ

新人騒動(1)

 作中では1年が経ちました。
 青木くんも2年目に入り、今年は先輩になります。

 厳しい上司と、やさしい先輩のもとでがんばってきた1年。
 今回は、彼の成長ぶりを見てやってください。





新人騒動(1)




 須崎武彦が第九に配属されたのは、2061年の4月のことだった。
 須崎は、とても優秀な成績で、国家公務員Ⅰ種試験を突破したキャリアだ。昔から学校の成績は誰にも負けたことがなく、エリートという言葉は自分のためにあると思い続けてきた。よって、超がつくエリートしか入れないと評判の、法医第九研究室への着任命令は、須崎の自尊心を満足させる人事だった。

 第九には、天才の噂も高い薪警視正がいる。
 聞くところによると、部下にはかなり厳しく当たるらしい。
 しかし、その心情は須崎には良く分かる。

 愚鈍な連中は、話していて本当に頭に来る。彼らには、須崎の言葉がまるで通じない。
 須崎の優秀な成績を知っている彼らは、試験前になると須崎の周りに群れを成したが、彼らに数学の解を教えてくれと請われて須崎がその説明をしてやると、自分ひとりで考えていたときより遥かに難しい顔つきになって、黙り込んでしまう。
 須崎にしてみれば、どうしてこんな問題が解けないのか、彼らのほうが不思議だ。
 彼らの頭の中はどうなっているのだろう?
 わけのわからない流行言葉や、くだらないアイドルのプロフィールはすぐ覚えるクセに、数学の公式が覚えられないのは何故だろう。きっと薪警視正も、一部の部下たちに、そんな苛立ちを感じているのだ。

 自分なら。
 自分なら、薪警視正の期待に応えられる。エリート集団第九の一員として、相応しい働きをしてみせる。親から貰った優秀な頭脳に幼いころから磨きをかけてきたその努力は、第九で報われるのだ。

 須崎は今も机に向かっている。
 机の上には脳科学に関する研究書。MRI捜査の事前研修で使った、解説書などが広げてある。新しい職場に着任する前に、基礎知識以上のものを身につけておこうとしているのだ。

 同期の連中には、これで差をつけてやる。いや、すでに自分が国家I種のトップ合格者だということは、みんな知っているはずだ。初めから差はついているのだが、キャリアの彼らでさえ自分の足元にも及ばない、ということをはっきりと見せ付けてやらなくては。

『みんな、須崎を見習えよ』
 昔から教師がクラスメートたちに言ったセリフを、薪警視正が口にする様子を想像して、須崎はワクワクする。あのセリフは、何度聞いても気分が良い。

 難しい本がたくさん並んだ本棚の隅に、須崎が尊敬する第九の室長の写真が飾ってある。それは今年の1月に、彼がテレビに出たときの録画から作成したもので、天才の名に相応しい理知的な瞳が魅力的なショットだった。
 須崎はふとその写真に目をやると、銀縁のメガネの奥から丸っこい目を細めて、ひとり呟いた。

「薪室長。待っててくださいね。僕があなたの右腕になりますからね」




*****


 質問  どうして性格の悪いキャラって、こんなに書きやすいんでしょう。
 解答  そりゃー、作者の性格が悪いから。


テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

いえいえ・・・

こんばんは 
いえいえ、何をおっしゃいます!?この子が薪さんに鼻っぱしらへし折られて、叩きのめされるのかしらとSっ気がウズウズしてるやつがここにいますよ!!!
「いぢめて下さい!!さあさあ」っていうやつに、わざわざ鞭を下してもつまらないですからね!!(外道)
・・・別に青木のことじゃないですよ・・・・・・?

あ、後いまさらですが・・・・・。青木はたしかにヘタレですが・・・つくづく性格はいいと思いますよ。

うわ~

おはようございます。しづさん♪

傲慢な新人くんが、どうなるのか・・・
ちょっと、成長した青木が、この子をどうやって教育するのか、楽しみですね(^_^)v

今回は、青木の成長物語ですか(≧∇≦)
頑張れ!しっかりやれば、薪さんに認めてもらえるぞ!!!
・・・ヘマッて眼鏡が飛ぶほどのビンタを食らったりして(°□°;)

続き、楽しみにお待ちしております(^_^)v


きゃっ(^_^;)
私に、お料理なんて・・・いつも単純なものしか作れません!

春キャベツと挽き肉でしたら・・・餃子!メンチカツ!←すみません!単純すぎますね(^。^;)
メンチカツは最後にトマトソースを掛けたら、青木好みかと♪

後は、春キャベツと鶏だんごのコンソメスープとか
鶏ハンバーグを茹でたキャベツで巻いて、和風ソース(またはポン酢)を掛けるとか。←岡部さん喜んでくれるかな?

・・・本当にすみませんm(_ _)m
私の料理なんて、こんな程度・・・
SSで数々のお料理のシーンが出てきていたMちゅう様か豊富な栄養の知識をお持ちなKのん様に聞いて下さいませ~(^_^;)

ぎゃ~。参考にならずに、すみませんでしたm(_ _)m

Re: いえいえ・・・(わんすけさんへ)

こんばんは、わんすけさん。いらっしゃいませ!
 
> いえいえ、何をおっしゃいます!?この子が薪さんに鼻っぱしらへし折られて、叩きのめされるのかしらとSっ気がウズウズしてるやつがここにいますよ!!!

期待されてる・・・・。
わんすけさんのS心を満足させられるように、がんばります。

> 「いぢめて下さい!!さあさあ」っていうやつに、わざわざ鞭を下してもつまらないですからね!!(外道)
> ・・・別に青木のことじゃないですよ・・・・・・?

ムチ・・・・なんか、べつのこと考えちゃいました。
これ、小池さんのことですよね!
わたし、原作の小池さんの言動は、こういうふうにしか取れません。薪さんにイジメテ欲しくて、やってるんですよ、かれは。確信犯です。薪さんにかまって欲しいの。(笑)

> あ、後いまさらですが・・・・・。青木はたしかにヘタレですが・・・つくづく性格はいいと思いますよ。

そうですか?
うちのはけっこう黒いところあるし、あちこち綻びてますけど。(笑)

原作の青木くんは、若いのに見事な人格者で。あの若さで、あそこまでひとにやさしくなれるなんて、すごいと思います。
わたしが青木くんやわんすけさんの年の頃なんて・・・・・よくこの年まで、他人さまに刺されることなく、生きてこれたもんです。

Re: うわ~(たつままさんへ)

おはようございます、たつままさん。お早いですね。
以前、だんなさまのお見送りが5時半とお伺いしましたが、こんな時間に起床されるんですね。すごいです。

> 傲慢な新人くんが、どうなるのか・・・
> ちょっと、成長した青木が、この子をどうやって教育するのか、楽しみですね(^_^)v

教育・・・・あはは。
青木ですからね。なんか、原作の青木くんが後輩を指導してるところって、想像がつかないんですけど、実際にはあってもおかしくない場面ですよね。ちょっと見てみたいかも。

> 今回は、青木の成長物語ですか(≧∇≦)
> 頑張れ!しっかりやれば、薪さんに認めてもらえるぞ!!!
> ・・・ヘマッて眼鏡が飛ぶほどのビンタを食らったりして(°□°;)

・・・・ありそうで怖いです。
てか、絶対にそうなりそうです・・・。

> 続き、楽しみにお待ちしております(^_^)v

ありがとうございます。どうか気長にお付き合いください。

> きゃっ(^_^;)
> 私に、お料理なんて・・・

とおっしゃいますが。
どれもこれも、みんなおいしそう!
メンチカツはたしかに青木くんの好みです。和風ソースが掛かった鳥ハンバーグのキャベツ巻き・・・・これは岡部さんの好みど真中ですね。
スープは薪さんの好みだし・・・・3人とも意見が分かれて、ケンカになりそうです。(他のことはともかく、食べ物に関しては、青木くんは譲りませんから)
その手のSSも考えてるんで、そこに使わせてもらいますね。

とても参考になりました!
ありがとうございました。
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: