FC2ブログ

 最初のお話は、『桜』
 青木くんが薪さんに惚れるきっかけとなるお話。
 きっと、春に書いたんだろうな、と自分でも思っていたら、なんと秋に書いていた。

 そう・・・・・すでにわたしは最初から間違ってた。
 コミックスを4巻まで買って読んだのは、アニメが始まる前だから、冬のことだった。
 そのときは、事件そのものは面白いと思ったが、薪さんにそれほどの魅力を感じることもなかった。清水先生が描くひとにしては、地味だな。警察官だから、仕方ないか。髪型も普通だし、衣装も地味だし、なんて・・・。
 我ながら、なんてオロカだったんだろう・・・・・・。
 しかも、2007で薪さんが青木に、恋愛感情を抱いているらしきことを知ったとき。
 同人誌じゃあるまいし、なんでこんなの本誌でやるわけ?こういうのは腐女子に任せて、事件に専念して欲しい、とまで思った。そういう世界から離れて、20年も過ごしてきたわたしには、そうとしか思えなかった。
あの直前まで、薪さんは雪子さんが好きなんだと思っていたし、目隠しの相手は女性だと思っていた。

 2008年の7月にアニメで「来訪者」(コミックス1巻の話)を見て、「あれ?秘密ってこんなに面白かったっけ?」と思った。(貝沼役の声優さんが、とても上手だった。)
 で、読み直したら・・・・・。
 はまった!!

 なんで!?
 なんで最初に読んだとき、薪さんのこの美しさに気付かなかったの?こんなに健気で愛くるしいひとを、どうして見過ごしてしまってたの?
 わたしの眼は節穴!?こころが枯れてたとしか思えない!

 それからどんどんのめり込んで・・・・わたしは20年前の自分を取り戻した。
 机に向かって何時間でも、小説を書き綴っていた自分を。夢中になって2次元人に愛を語っていた自分を。
 卒業したと思っていた、いや、失われてしまったと思っていたのに、20のわたしはちゃんとわたしの中に残っていて。その事実に自分でもびっくりした。

 書きたくてたまらなくなって、室長の災難を書いた。アニメの女装ネタを膨らました話だった。
 そのときはそれ以上のものは書く気がなくて、書き終えた時点で『昔のわたし』は再び眠りにつくはずだった。

 ところが。

 5巻を読んで、これはちがう、と思った。
 ちがう、ちがう。
 薪さんも雪子さんも、青木も他の捜査員も、こうじゃない。
 薪さんは雪子さんに罪悪感を抱いてて、だからこんな態度を取ったりしない。4巻のように、陰から見つめて、そっと気遣ってあげて、自分が泣いてもつらくても、青木と雪子さんの幸せを考えて行動するはず。
 雪子さんは雪子さんで、鈴木さんのことを真剣に思っていたはず。鈴木さんの恋人だったけど、実は薪さんが好きだった、なんてことはない。
 青木は!(こいつが一番、頭に来た)
 青木は薪さんがあんなに哀しい顔をしてるのに、真っ直ぐに雪子さんに走りよったりしない!
 薪さんが、どうして薪さんが、あそこまでつらい思いをしなきゃいけないの?
 せっかく笑えるようになってきたのに・・・薪さんの幸せは何処にあるの・・・?

 で。
 しょうがないので、自分で書くことにした。

 ここは、わたしの世界。
 雪子さんは、薪さんの親友で、ふたりはとっても仲良し。
 薪さんは鈴木さんが好きだったけど、雪子さんのことも大好き。だから、雪子さんには幸せになってほしいと願っている。
 青木くんは、薪さんのことが大好き。
 薪さんは、鈴木さんのことが忘れられないけれど、だんだんに青木くんに惹かれていく。
 雪子さんは、そんなふたりを応援する。

 わたしの脳内だけでも、幸せにしてあげるからね、薪さん。

コメントの投稿

非公開コメント

女神さまっ

しづ様、こんにちは。

実は私はつい1ヶ月程前に初めてコミックを読んだ新参者なのですが、
一緒に読んだ友人との共通の意見が
「薪さんが幸せになる姿が想像できない」
でした。

事件にかかわる毎に、増えていく脳内の秘密…
そのせいで、いつか最悪なラストをむかえてしまうのでは、
という恐怖が時々頭をよぎります。
薪さんが「意外にモロい人」だということがわかってんなら支えてあげてよ!
と思う青木はあの調子だし……

薪さんが大好きなだけに、
続きが読みたいけど幸せでない薪さんは見たくない!
というジレンマに悩まされていました。
想像力も創造力も文章力も貧困なので自分では書けないし…

だから、しづ様のところの薪さんに出会った時は
「女神降臨!?」
と、思いました!
女神とはこの場合薪さんではなくしづ様のことです。
苦しむ私を助けるためにサイトを開いて下さったとしか思えません。
そして今朝見つけた、とどめの一行───

>わたしの脳内だけでも、幸せにしてあげるからね、薪さん。

……泣きました。
ありがとうございます!
しづ様のところに入り浸っていれば、私の脳内の薪さんもきっと幸せになれるはず。
これからも楽しみにしています!


先日の初コメで年の話をややこしく書いたせいで
なんだか戸惑わせてしまったようなので補足説明しときますね。
薪さんって2025年くらいの生まれなのか~、と考えてた時に、
2025年頃って、うちの息子は何歳?と計算したら
ちょうど結婚して子供が生まれてもよい年齢だったんです。
つまり息子は薪さんのお父さん世代 →→ 私はおばあちゃん世代!!
という意味でして、決して現在80いくつというわけではありません。
わかりにくくてごめんなさい。
ちなみにこの息子は
「風呂上がりにまっぱで出てくる小学生」です。

歓喜の歌さまへ

こんにちは、歓喜の歌さま。
こんな舞台裏の方までコメをいただいて、びっくりしてます。
というか、ここはひっそりと独り言を呟こうと思って、わざわざ日付を6月に設定して、表に出ないようにしたのに・・・・・・見つかっちゃった・・・・・恥ずかしいです・・・・。

> 一緒に読んだ友人との共通の意見が
> 「薪さんが幸せになる姿が想像できない」
> でした。

同感です。
なんて不幸の似合うひとなんだろう、と思いました。(ヒドイ・・)

> 事件にかかわる毎に、増えていく脳内の秘密…
> そのせいで、いつか最悪なラストをむかえてしまうのでは、
> という恐怖が時々頭をよぎります。
> 薪さんが「意外にモロい人」だということがわかってんなら支えてあげてよ!
> と思う青木はあの調子だし……
>
> 薪さんが大好きなだけに、
> 続きが読みたいけど幸せでない薪さんは見たくない!
> というジレンマに悩まされていました。

あ、これ、わたしもそうです。
特に5巻は苦しくて痛くて、2回目を読んだのが、なんと3ヶ月も経ってからでした。
現実を見なきゃ、と思いつつも、表紙を開くのがつらくて・・・・・・。
わたしもそのころは、ネットでこんなに「秘密」の世界が広がっていることを知らなくて、ひとりで悶々してましたから、時間もかかったのだと思います。

> だから、しづ様のところの薪さんに出会った時は
> 「女神降臨!?」
> と、思いました!
> 女神とはこの場合薪さんではなくしづ様のことです。

ち、違います、ものすごい誤解をしてらっしゃいます!
わたしはただの、ヘンタイです!(・・・・・自分で言ってて、カナシイです・・・)

> そして今朝見つけた、とどめの一行───
>
> >わたしの脳内だけでも、幸せにしてあげるからね、薪さん。
>
> ……泣きました。

な、泣かせちゃいました??
そんなつもりは・・・・ごめんなさい。

でも、この気持ちは、どのサイトさまも同じです。
みんなみんな、薪さんが大好きで、薪さんを幸せにしてあげたくて、創作をしているのだと思います。

> しづ様のところに入り浸っていれば、私の脳内の薪さんもきっと幸せになれるはず。
> これからも楽しみにしています!

・・・・・・・・・・あの・・・・・・・とってもとっても、言い難いんですけど、その・・・・・・。
はじめましてにもありますように、うちのはイタグロが出てきたりして、ですね・・・・・薪さんは、最終的には幸せになる予定なのですが、その過程は、かなりイタイというか・・・・幸せな薪さんだけが出てくるお話ではないんです。
ごめんなさい・・・・。


歓喜の歌さまは、どこら辺まで読んでくださったんでしょうか?
新人騒動にコメをいただいてたので、そこまで読んでくださったものと思っておりましたが、こんなふうに誤解をされているということは・・・・・あ、でも、オヤジ化には目をつむってくださってると・・・・??
これまでのお話を読んでくださったのでしたら、わたしがただのドヘンタイのドSだと、すでにばれてるはずなのですが。(鍵つきのところとか、ファイヤーウォールとか。)

すいません、すいません。
うちには、オヤジでお子ちゃまの薪さんしかおりません。
幸せで、原作のままにきれいな薪さんを見たいときには、かのんさんの「この世界を愛したくて」
ラブラブの新婚さんカップルを見たいときには、みひろさんの「晴れときどき秘密」
透明でピュアな薪さんを見たいときには、みちゅうさんの「秘密のたまご」
などが、お勧めでございます。(最後の二つはリンクから飛べます。ぜひ、どうぞ!)

わたし自身、ネットの世界に入ったのが、今年の5月でして。まだまだすばらしいサイト様があるはずですが、回りきれておりません。勉強中でございます。

> 先日の初コメで年の話を

あ、そうだったんですね!
わたしって、やっぱりおバカです。てっきり35歳のお孫さんがいらっしゃる方かと思ってしまいました。(笑)常識で考えれば分かるのに。この勘違いと思い込みが、うちの薪さんに現われているのです(自爆)

歓喜の歌さまのコメント、とてもとても、うれしかったです。
こんなズレまくったお話でも許していただけるのでしたら、どうかこれからもお付き合いください。

それと、できたら「様」は恥ずかしいので・・・・もう、呼び捨てでもけっこうですから。しづ、とお呼びください。
よろしくお願いします。

誤解

しづさん、こんにちは。
本当はつむじ風のコメントより先にこちらを書くつもりだったのですが、
長文は腰を据えないと書けないので遅くなりました。

はい、もちろん全部読ませていただきましたよ。
鍵つきのとこもこじ開けて。
でも私は、「どうしてここでわざわざこんなシーンが入るかなぁ?」
と思った覚えがないんですけど…
なにせ大量の作品をガ~ッと読んだのでどこでどう感じたかなど全部すぐには思い出せませんが、
イタそうなところもすべて、話の流れに必要なシーンだと受け取っていました。
酷い夢の場面は、こんな夢を見てしまうほど薪さんの心は傷ついているのかと心が痛くてたまりませんでしたが、最終的にはこんな夢は見ないくらい幸せになるんですよね?(←念押し)
いろんな人に襲われちゃう場面も、最後はきっと誰かが助けてくれるという安心感があるから、どきどきはするけど落ち着いて見ていられましたよ。

ただ、苦手なシーンは、ありました。
なんというかその……………薪さんがご自分でなさるシーン、です。
薪さんご自身も「仮面の告白(6)」で仰っているようにあれは他人が見るものではないです…よね。
薪さんも恥ずかしいでしょうが見てる(というか読んでるんですけど)方も恥ずかしい!!
故にここだけは見なかったことにして足早に通り過ぎました。

オヤジ化についても、朝から晩までずっとオヤジだったらそりゃ~嫌ですけど、
大部分はとても綺麗で優雅な薪さんじゃありませんか。
土下座が絵になる人なんて他にいませんよ。
しづさんは薪さんの美しさの表現がとてもお上手なので、私の中の「しづさんちの薪さん像」はいつもキラキラ煌めいてます。
だからたまに胡坐かこうが多少お言葉が汚かろうが全然平気。
竹内さんや青木のように、受け取る方の問題なのですね。
私はこちらの薪さんが大好きだから、どんな格好をしていても、どんなことを言っても「可愛いなぁ」と思えてしまうのです。
もうこのレベルになってしまうと、たとえ自分の許容範囲外のお言葉が飛び出しても、自動的にスルーできるようになりましたのでご心配なく。

と、いうことで、「私がしづさんのことを誤解している」というしづさんの誤解は解けましたでしょうか。
それから、設定のことなどでこれから時々質問してもよろしいでしょうか?
なにせ秘密初心者でわからないことだらけなもんですから。
どうぞよろしくお願いします。

※呼び方、さん付けにさせて頂きました(心の中ではしづ様と呼んでおります)。
私のことも「さま」は付けずにお呼び下さい。

歓喜の歌さまへ

こんにちは、歓喜の歌さん。ようこそ!

> はい、もちろん全部読ませていただきましたよ。
> 鍵つきのとこもこじ開けて。

うわあ・・・ありがとうございます。
量的にも相当だったと思いますし、読みにくくて意味不明で、さぞお疲れになったこととお察しします。本当に、ありがとうございます。

> でも私は、「どうしてここでわざわざこんなシーンが入るかなぁ?」
> と思った覚えがないんですけど…
> なにせ大量の作品をガ~ッと読んだのでどこでどう感じたかなど全部すぐには思い出せませんが、
> イタそうなところもすべて、話の流れに必要なシーンだと受け取っていました。

なんてお心の広い!
秘密ファンの方々の懐の深さには、いつも感服しております。

> 酷い夢の場面は、こんな夢を見てしまうほど薪さんの心は傷ついているのかと心が痛くてたまりませんでしたが、最終的にはこんな夢は見ないくらい幸せになるんですよね?(←念押し)

はい、最終的には。
しかし、その最終的、がやってくるのは、まだまだ先でして。
長い目で見ていただけると、うれしいです。

> いろんな人に襲われちゃう場面も、最後はきっと誰かが助けてくれるという安心感があるから、どきどきはするけど落ち着いて見ていられましたよ。

誰かが助けて・・・・岡部さんですね!
青木くんじゃなくて、岡部さん!(すいません、岡部さん大好きなんです・・・・・)

> ただ、苦手なシーンは、ありました。
> なんというかその……………薪さんがご自分でなさるシーン、です。
> 薪さんご自身も「仮面の告白(6)」で仰っているようにあれは他人が見るものではないです…よね。
> 薪さんも恥ずかしいでしょうが見てる(というか読んでるんですけど)方も恥ずかしい!!
> 故にここだけは見なかったことにして足早に通り過ぎました。

きゃああ。
とても純情な方とお見受けしました。
すいません、すいません、わたしは芯から腐ってまして・・・・・あの、冒頭にも謳っているように、R系のBL小説なので、そういうシーンはいっぱい出てきちゃいます・・・・・スルーしてください!

> オヤジ化についても、朝から晩までずっとオヤジだったらそりゃ~嫌ですけど、
> 大部分はとても綺麗で優雅な薪さんじゃありませんか。

そ、そうですか??
オヤジとお子ちゃまの薪さんしか、書いた記憶がないんですが・・・・読み直してみようかな・・・。

> 土下座が絵になる人なんて他にいませんよ。

うふ。
原作の薪さんの、天地の葬儀のときのお辞儀。きれいで優雅でしたよね。
何をやってもきれいな薪さん・・・・

> しづさんは薪さんの美しさの表現がとてもお上手なので、私の中の「しづさんちの薪さん像」はいつもキラキラ煌めいてます。
> だからたまに胡坐かこうが多少お言葉が汚かろうが全然平気。
> 竹内さんや青木のように、受け取る方の問題なのですね。
> 私はこちらの薪さんが大好きだから、どんな格好をしていても、どんなことを言っても「可愛いなぁ」と思えてしまうのです。
> もうこのレベルになってしまうと、たとえ自分の許容範囲外のお言葉が飛び出しても、自動的にスルーできるようになりましたのでご心配なく。

ありがたいです、すごくありがたいです。
けど、本当にわたしは、表現力も文章力もないです。すべて歓喜の歌さんの優れた想像力と、薪さんへの愛の成せる業です。

まずいところは自動的にスルーしていただいてるのですね。(ホッ・・・)
全編スルーされないように、気をつけます!

> と、いうことで、「私がしづさんのことを誤解している」というしづさんの誤解は解けましたでしょうか。

はい!
(でも、これから幻滅されそうで怖いです・・・・・。)

> それから、設定のことなどでこれから時々質問してもよろしいでしょうか?

ええと、これはわたしの小説の設定、ということですよね?原作ではなくて。
原作についても、この小説のことについても、わたしの分かる範囲のことなら、答えられることにはすべてお答えいたします。ガンガン質問してください。って、この小説はアバウトな設定しかしてませんけど(^^;)(ネタバレになるときには、ご容赦ください)

しづ と呼んでくださって、うれしいです。
こころの中では、ドヘンタイとお呼びください!(この理由は、すぎやまださんのブログの二次創作、『萌え』を読んでいただくと、お解かりになるかと・・・・・・リンクで飛べます。ぜひ、どうぞ!)

これからも、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

Aさまへ

Aさま、こんにちは~!

そうなんですよ、最初は純粋な事件ものとして捕らえていたんです。 恋愛要素は皆無だと思ってました。
それが4巻でシュピピーンてなって、5巻でドッカーンてなって、(すみません、察してください)
それで書き始めたんです。


Aさまはアニメから入られたんですね。
それは幸運だったかもしれません。 というのもあのアニメ、原作ファンの方々には、かなーり評判が・・・・・(^^;


>原作の薪さんはアニメより綺麗だなあとは思いましたが完璧にハマッたのはメロディ10月号の「岡部警部」と微笑む薪さんを見た瞬間かな(笑)

かわいかったですねっ!!
もー、この世のものとは思えないくらい可愛かったですよ!!
その直前まで岡部さんにケンカ売っておいて、あの笑顔。 ここまでツンデレを絵にしたようなひとは見たことが無い、と思いました。(笑)


>5巻の薪さんを見たら幸せになってほしいと願わずにはいられませんよね(;;)

そうなんですよ~・・・・・・
薪さんは、ちょっと意地悪なところはあるけど、心の中は正義感でいっぱいの人格者だと思っていたので、それが恋愛が絡むとあんなにグズグズに崩れちゃうのか~、と思ったらものすごく哀しかったんです。


>しづさんのSSでは青木の方が薪さんに片思いなところが小気味よく、鈴木さんがまだまだ薪さんの心を占めている。青木にも辛い思いをしてほしいかな(^^)

この頃はね、原作の青木さんが憎たらしくて(笑)
薪さんを泣かせるな、ばかー!と思いながら書いていたので、青木くんにとってはかなり悲惨な展開になってます(^^;
現状では、さすがに可哀想で。 青木くんを傷つけるような話は書けません。


>最近、原作でもそんな感じになってきたような気もしますが・・

そうですね。
ここにきて、薪さんが鈴木さんを青木さんにダブらせることが増えてきましたね。
青木さんも雪子さんに、「あなたの中につよし君の憧れているものがたくさん」と言われたとき、それは自分の中に鈴木さんを見ているからだ、と思ってましたね。
・・・・・・青木さん、鈴木さんじゃなくてオレを見てくださいって薪さんに言わないかな・・・・自覚はあると思うんですよね、あの時の沈んだ表情は、今の現状を良しとしていない、自分を見て欲しいと思ってるからこそですよね。
コピーキャットの件と合わせて、はっきりした解答が欲しいエピソードですね。 青木さんが、鈴木さんと間違えられることにどんな感情を持っているのか。
普通なら面白くないに決まってますけど、青木さんはほら、『自分の好きな人たちが仲良くしてくれると嬉しい』人ですから★

Lさまへ

Lさま、こんにちは。
こんな舞台裏にまで、コメントありがとうございます。


> なぜ、私はこんなにしづさまのお書きになる青薪さんが好きなんだろう…と思うたびに出てくる答え、それは幸せな薪さんを書いて下さっているから。

(;∇;)(;∇;)(;∇;)
うれしくて言葉になりません……。

うちの薪さん、幸せですよね? 
最終回を読んで以来、ちょっと疑問が生じていたのですけど、ちゃんと幸せになってますよね? よかった。

最終回の薪さんの選択も、幸せに近付く一つの道だと、やっと思えるようになって来ました。
色んなレビューに触れて、他の小説や漫画や楽曲にまでその答えを探して、ようやく、薪さんの恋心はなくなったのではなく、形を変えたに過ぎないのかな、と萌え要素を含む答えを見つけました。
後で記事にしようと思う、でも小説以外の文章は苦手だからSSになっちゃうかも。(笑)


Lさんは、その後、いかがですか?
薪さんのお気持ちを支持できるようになりましたか? もしくは、青薪的解釈が付けられるようになりましたか?
エピローグまでの2ヶ月、お互い気持ちを整えて、楽しみに待ちたいものですね。(^^
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: