FC2ブログ

デート(7)

 前回、鍵付き部分の内容説明を書いてて、思ったんですけど。
 我ながら、怖かったです。


 ちょっと、余談ですが。

 わたしは小説を書いているときは、あまり意識がないんです。
 何も考えてないって感じで、書き終わった直後は自分が何を書いたのか覚えてないことが殆どです。
 だから後で自分で読んだときに、「うおっ、こんなこと書いてる!」とか、「へえ、ここはこうやってまとめたんだ」などと驚くことがよくあります。
 きっと小説を書かれる方は、みなさん味わう感覚だと思うんですけど。あれは何なんでしょうね?
 待てよ。もしかしてわたしの場合、頭が悪すぎて、書くそばから忘れていってるだけ?

 ということで、決してわたしが薪さんのあんな姿を望んでいるわけではありませんから!!
 ……信じて?






デート(7)





 薪からの電話は、朝の7時にかかってきた。
「今日は行けない」
 おはようの挨拶もなしに、薪はいきなりキャンセルを申し立てた。
 昨日はあんなに楽しみにしていたのに、急にどうしたのだろう。

 落胆を隠して、青木は穏やかに応えを返す。
「もしかして仕事ですか?」
 仕事以外で、このひとに急用ができるとは思えない。薪には彼女も友だちも、親兄弟もいないのだ。
「そうじゃない。でも行けない」
「声がおかしいですよ。体調が悪いんですか?」
「ちがう」

 ちがうと言うが、薪の声は、いつもの落ち着いたアルトではなく、鼻にかかった声だった。昨日めずらしく半袖の服なんか着ていたから、カゼをひいてしまったのかもしれない。
 残念だが仕方がない。今日はゆっくり休んでもらおう。

「シャチのショーは、毎月やってますから。来月の第4日曜に見に行きましょう」
「おまえとは行かない」
 ぶつり、と電話が切れた。

 青木は思わず、携帯電話を見つめる。
 薪が気分屋なのは心得ているが、昨日と今日でこれほど落差があるなんて。
 昨日とは別人としか思えない上司の態度に、青木はため息をついた。



テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

青木、、、

、、、夢の中迄は助けにいけないですからね、、。

現実で青木が薪さんを幸せにすればするほど、笑えば笑うほど薪さんは夢で泣く。辛い悪夢にうなされる。
そうやっていつもいつも幸せを感じた自分を恥じている、人らしく生きていく事を恐れている。その事実に青木がもし気がついたら、、、

普通の人ならおいそれと近づけなくなりそうです。この幸せになる事を拒んでいるような人を愛していくのは、薪さんの中の鈴木と対峙するのは果てしなく深い愛情と根気がいりそうです。頑張れ、、青木!と、エールを送りながら見守りたいと思います。


シーラカンスさんへ

いらっしゃいませ、シーラカンスさん。
鍵付きはスルーしてくださいましたよね?

> 、、、夢の中迄は助けにいけないですからね、、。

・・・・・読んじゃったんですね。やっぱり(笑)

> 現実で青木が薪さんを幸せにすればするほど、笑えば笑うほど薪さんは夢で泣く。辛い悪夢にうなされる。
> そうやっていつもいつも幸せを感じた自分を恥じている、人らしく生きていく事を恐れている。その事実に青木がもし気がついたら、、、

うちの薪さんの心理を理解してくださって、ありがとうございます。
そうなんです、うちの薪さんは、自分は人生を楽しんじゃいけない、と思い込んでます。
思い込みの激しい人ですから(^^;

> 普通の人ならおいそれと近づけなくなりそうです。この幸せになる事を拒んでいるような人を愛していくのは、薪さんの中の鈴木と対峙するのは果てしなく深い愛情と根気がいりそうです。

はい。
うちのヘタレには、荷が重いですかね・・・・。

>頑張れ、、青木!と、エールを送りながら見守りたいと思います。

ありがとうございます。
シーラカンスさんの励ましで、次回は青木が何か、行動を起こすみたいですよ(^^

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: