23日目の秘密~天空の霊園~

舞台裏の呟きです。

ただの覚書なので、ぶっきらぼうな言葉で書いてあります。
ひと様に読んでいただくようなものではありません。スルーしてください(^^



プライベートの薪さんを、初めて書いた。
どんな生活してるのかな。
きれいずき?それとも、男の一人暮らしらしく、ぐちゃぐちゃ?
部屋は?キッチンは?寝室は?
とりあえず、部屋の見取り図を画に描いて、それを元に人物の動線を考えた。

お風呂大好きとか、風呂上りは素っ裸とか、3分間のインスタント自慰とか(笑)、はだかエプロンとか。(爆)
サカナ好きとか、アフォガードとか、(こないだ、わんすけさんのところで使ってもらった。ありがとう、わんすけさん。うれしかった!)新婚さんとか。
書いてるうちに、薪さんがどんどん身近に感じられてきて、すごく楽しくなった。
思えば、うちの薪さんは、ここから崩れたんだ。オフタイムを書いたのは、ずっと後だから。

青木くんが薪さんの思い人を知る、というのがこの話の主旨。
そして、薪さんが鈴木さんのことを、今も深く深く愛している、という事実。
白百合の花は、鈴木さんが好きだった花。(これに関しては、雪子さんもカンチガイしている。)
薪さんにとっては、鈴木さんの象徴とも言える花。そうとも知らずに、現在の青木が、薪さんにその花を贈り続けている、という皮肉。

次の「ビアガーデン」には、2年目のお墓参りが出てくる。
1年前と違う薪さんが、そこには、いる。
時系列で書き続けると、こんな違いも書けたりして、こういうところはいいかな、と思ったりする。まるで、キャラと一緒に1年過ごしたみたいだ。
早く、薪さんを幸せにしてあげたい。
ていうか、原作の薪さんが幸せになってくれれば、わたしがこんなの書くことなかったのに。
でも、そうすると、ブログ友だちも作れなかったのか。ううん、フクザツ・・・・・。



今回の薪さんの迷ゼリフ。
「言っとくが、僕はおまえの好きな雑誌やDVDは持ってないぞ」
彼のカンチガイの歴史は、ここから始まる(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

Aさまへ

Aさま、こんにちは!
こんな舞台裏の方にまで、ありがとうございます。
でも、こっちは小説じゃないので、読む価値ないですよ~。(いや、メインの方も価値があるとは言えないんですけど)
恥ずかしいのでスルーしてくださいっ。


雪、降りましたね~! 初雪初雪っ♪ ←子供か……。
雪は好きです。 きれいだし。 昨夜も廊下の窓から、わくわくしながら見てました。
あんまり手放しで喜ぶと、朝の5時から塩カル巻きに行ったオットにどつかれるので、表面には出しませんけどね☆

Aさまは憂鬱なんですね。 そうですよね、車の運転とか怖いし、雪かきとかしなきゃいけないし。 大人にはあまり嬉しくないですね。(^^;
うちの方は天気が良くて、午後には消えてなくなりそうです。  Aさまの所も、すっきり無くなるといいですね。



原作でも、薪さんの自宅は綺麗でしたよね。
ベッドルームもリビングも、きっちり片付いている。 というか、モノが少ないのじゃないかしら。 普通の人が持ってるゲーム機とかコンポとか、置いてなさそうな気がします。


>鈴木さんが生きてた頃はもっと生活感があったんじゃないかな(´`)

そう思います!
ゲーム機とか雑誌とか、鈴木さんが持ち込んだ遊び道具が置いてあったんじゃないかな?
で、将来、うちでもね、
薪さんが青木さんと一緒に暮らすようになると、雑多なものが増えていくんですよ。(笑) 



>もし、原作の番外編があるなら薪さんのプライベート部分が描かれたらいいな(^^)

読みたいですね! 室長の休日とか。
女の人とデートしてたらどうしよう、という恐怖もありますが。(^^;



>薪さんが幸せなラストって青木と両想いになる、もしくは青木を通して救われる。

後者希望です。
両想いは、もうわたし的には確立されているので。 6月号で充分です。
8月号でちょっと不安になりましたけど、その後、「薪さんが何を考えているのか知りたい」と青木さんが動き出してくれたので。
きっと薪さんの想いは伝わると、信じています。 


そうですね、納得のいくラストだったら、満足しちゃうでしょうね。
そもそも、原作の薪さんがあそこまで不憫じゃなかったら、こんな駄文を綴ったりしませんでしたよ。 
もう、可哀想で見てられなかったんです。 だってね、
たった一人の理解者を殺してしまって、生ける屍のようになっていた薪さんが、青木さんと出会い、惹かれ、やっと少し笑えるようになってきた矢先、青木さんは雪子さんにフォールインラブって。
どんだけだよ、って思いました。(--;

4か月後になってみないと、はっきりしたことは言えませんが。
未だ未公開の話もいくつかありますので、もうしばらくお付き合い下さると嬉しいです。(^^

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: