FC2ブログ

デート(8)

デート(8)




 ぽっかりと空いた休日に、薪はふて寝を決め込んでいる。
 血に汚れたシーツを洗濯機に入れて、新しいものと取り替え、風呂に入ったら、もうやることは何もない。

 今日は家から一歩も出ない。一日中、鈴木と一緒だ。
 今までは、ずっとこうだった。
 休みの日には、部屋の掃除と洗濯をして。たまに朝トレで岡部に会うと、朝食に誘ったりしたけれど、基本的にはいつも独りだった。

「独りじゃないか。おまえがいるもんな」
 ベッドの頭部から親友の写真を取り、枕の端に載せる。
 鈴木と恋人同士だった頃は、目が覚めたらこうして鈴木の寝顔を見つめていた。
 寝ても覚めても鈴木と一緒にいられることが、幸せで幸せで。鈴木と一緒なら、いつ死んでもいいと思ってた。
 あんな恋は、もう二度とできない。

「大好きだよ。鈴木」
 写真立てを寝せておいて、薪はそこに覆いかぶさってキスをする。むかし隣で眠っていた恋人にしたように、これは朝の挨拶だ。

 恋人同士の熱いキスの最中に、無粋にもチャイムが鳴って、薪は時計を見た。
 まだ8時前だ。日曜のこんな時間に他人の家を訪問するような礼儀知らずは、シカトするに限る。どうせロクなやつじゃない。新聞の勧誘とか、きっとそんなんだ。
 薪は来客を無視して、鈴木とのキスを続行する。しかし、訪問者はしつこかった。
 チャイムは鳴り続け、薪は癇癪を起こしてベッドから飛び降りた。

 まったく、常識を知らない最近の連中は頭にくる。
 リビングに走っていき、インターホンを取り上げる。カメラも見ずに、薪は来訪者を怒鳴りつけた。
「うるさい! 新聞なんかいらん!」
『新聞? それは買ってきませんでしたけど』
 聞きなれた部下の声に、驚いてカメラの映像を確認する。メガネをかけた黒髪の男が、百合の花束を抱えて立っている。
 びっくりしたら、身体が勝手に動いてしまった。気がついたときには、薪の手はドアのロックを外していて、早朝の来訪者の入室を許してしまっていた。

「あ、やっぱりカゼひいちゃったんですね? 早起きの薪さんが、今頃までパジャマでいるわけありませんものね」
 薪は、自分の目が信じられない。
 なんでこいつがここにいるんだ? 今さっき、約束をキャンセルしたばかりなのに。

「これ、お見舞いです。そこのコンビニのプリンですけど」
 まだどこの店も開いてなくて、と青木は言って、薪にコンビニの袋を手渡した。
「この花は昨日から用意しておいたんです。公園の花壇から盗んできたんじゃありませんよ」
 薪の注視の理由を花の調達先のことだと勘違いして、青木は必要のない言い訳をする。
「少し顔が赤いみたいですね。熱があるんじゃないですか?」
 大きな手が、薪の額に触れる。
 右手で邪険に振り払う。青木の手に薪の手が当たって、パシッと音を立てた。
 心配してくれている相手に、こんな態度を取るのは良くないが、薪にはこうすることしかできない。あの夢が二晩続いたら、明日は仕事にならない。
 手を振り払われたのがカンに障ったのか、青木はくるりと薪に背を向けた。
 そのまま、薪から離れていこうとする。その後姿が、夢で薪を見捨てた背中と重なった。

「あ……」
 夢を現実にトレースしたように、青木は白い百合を胸に抱いていた。夢では孔雀だったけれど、色は同じだ。今とそっくりに薪に背中を向けて、薪がどんなに叫んでも戻ってきてくれなかった。

 薪は夢中で手を伸ばした。
 現実には、薪を阻む鉄格子はない。一歩足を踏み出せば薪の腕は、青木を後ろから抱きしめることができた。
 しっかりした肉の感触が腕に伝わってくる。

 ―――― 行くなっ!

 大きな背中に顔を埋めて、夢で叫んだように心の中で叫ぶ。口には出せない激しい想いが、薪の中で渦を巻く。
薪の手に、大きな手が重なった。

「どこへも行きません。花を活けてくるだけですよ」
 青木の言葉は、薪を驚かせる。
 心で思ったことに返事をしてくるなんて、こいつの耳はどうなってるんだ。

 薄いシャツの背中は、ダイレクトに相手の体温を感じさせる。暖かくて、とても安心する。
「よかったあ。薪さん、オレと行くのが嫌になっちゃったのかと思いました。ちゃんと楽しみにしてくれてたんですね」
 唐突な話の展開に、薪は目を開ける。
 見ると、青木の視線はリビングのローテーブルに注がれている。
 そこには、今日着て行こうと思っていた洋服と、シルバーのバングルが置いてある。隣にはショルダーバックと水族館のパンフレット。完璧な証拠品だ。
 青木が何を根拠にそんなことを言い出したのかが分かって、見る見る薪の顔が赤くなる。顔が見えない位置関係で助かった。

「やっぱり来月、行きましょうよ。オレとふたりなのがマズイなら、岡部さんとか三好先生とか、誘えばいいじゃないですか」
 またこいつは、心にもないことを。
 こいつは僕のことが好きなんだから、ふたりだけの方がいいに決まっている。ふたりきりで過ごして、あわよくばそういう関係に持ち込みたい、と思っているはずだ。

 青木の背に顔を伏せたまま、薪は小さな声で訊いた。
「それでいいのか?」
「はい。薪さんが昨日みたいに笑ってくれるなら、オレはそれでもいいです」
 青木は薪の手を握ったまま、明るく言った。
「何なら、第九のみんなで行きましょうか? 署内レクリエーションみたく、予定組んじゃいましょうよ」
 冗談のように言うが、案外本気かもしれない。
 大の男が7人も揃って水族館をぞろぞろと歩いたら、それはきっと水族館の方もいい迷惑だろう。特に岡部のことは、小さい子供が見たら、泣き出しそうだ。

 薪は青木から手を放した。
 ベル式の目覚まし時計を見て、時刻を確認する。7時56分。

「薪さん?」
 薪はローテーブルの衣服を持って、クローゼットに向かう。
 用意しておいた半袖のシャツの代わりに、長袖のTシャツを着る。バングルはやめて、チョーカーをつける。昨日のように髪を整える時間がないから、ウエットワックスで前髪だけ流して、キャップをかぶることにする。

「行くぞ」
「え? あの、風邪は?」
「だれが風邪ひいたなんて言った」
「でも、あの」
「早くしろ! ショーの時間に間に合わなくなっちゃうだろ!」
「はい!」
 怒号一発で、部下は上司の言いなりになるものだ。

 青木は急いで花をバケツに活け、プリンを冷蔵庫にしまった。嬉しそうに薪の鞄を持つと、スニーカーを履いて玄関を出る。
 薪は出掛けに鏡を覗いて、身だしなみのチェックをする。
 チョーカーの飾りが中心にくるように位置を調整し、キャップのつばを動かして、一番オシャレに見える角度に合わせる。

 鏡の中の薪は、とても勇ましい顔をしている。強い目をして、眉をきりりと上げている。
 薪は、覚悟を決めた。

 例え今夜の悪夢が、僕の心臓を止めても。
 ……シャチのショーが見たい。

「行ってくるよ、鈴木」
 玄関の靴箱の上に飾られた写真にキスをして、薪は家を出た。



 ―了―




(2009.4)




テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

感想10

あ、前のお話にコメントをアップしたらラストが、、、やった!!

しかも薪さん、、、!!
うんうん、行くのね。そうだね。また悪夢を見ちゃうかもしれないけど、それより青木を選んでくれたんですね。前向きな薪さん、素敵です。
(どうか今夜はシャチにヤられちゃう夢なんか見ませんように、、、窒息しちゃいますから、、てかいろいろ無理ですから、、)

薪さんの中の鈴木に対する、殺された少年達への罪悪感が簡単に解決するとは思えませんが(相手はもう亡くなってますから、、)側に青木がいれば、2人で居ればなんとかなるような気がしてきました。この先の核爆弾もはじき返せるような気がしてきました。
う~~ん、やっぱここの青木君、いいです。好きです。あおき!薪さんは君に任せたよ!しっかりね!!


しづ神さま~~~!

こんばんは!しづさん!

1500拍手おめでとうございます~!

でででで・・・デートですが・・・!
鍵付きのところは目を覆いながら読みました。←(読めないじゃん)
体の痛さとかじゃなく・・・精神的な痛さが・・・辛いぃぃぃぃ・・・。
(すみません、まともなコメントできなくて)

でもそれくらい薪さんには重い出来事なんですよね。
何度も何度も悪夢をみるくらい・・・。
薪さぁぁぁぁぁん・・・・。


あ、そうそう!
しづさんが小説を書いてるときにあまり意識がないっていうの・・・わかりますよ~!
みっひーだって萌えの神様の代筆じゃなきゃあんなの書けませんって!
(しづさんにはSの神様がついてるんだ・・・きっと・・・。)
気がつくと自分でも驚く展開になってるときってありますよね!
(お仲間がいらっしゃって安心・・・ご・・・ごめんなさい!勝手に仲間にして!)


みっひーが青木君の寝顔をじぃっと見つめる薪さんのイラストUPしたあとに来てみましたら・・・。
しづ薪さんも過去に鈴木さんの寝顔を見つめる幸せなときがあったんですね・・・。
(・・・涙)


しづ神さま~~~!
幸せな薪さんが読みたいです~~~!

これはリクエスト・・・かな?
漠然としすぎ・・・ですが・・・。

返上致します

何をって?
ドSクイーンの座ですよ…鍵付きを読んで思いました。
クイーンはしづさんで決まりです。

薪さん、鈴木さんが本当に好きだったんですねえ。
こんなんじゃ、青木とラブラブになってからも悪夢を見るんじゃ…と思いましたが、最後に青木を選んだ薪さん&選ばせた青木を読んで、いや、こうして乗り越えていくのかと安心しました。

でもここだけの話。
酷い鈴木さんに萌えました~(^^;
だってあんなことを薪さんに言える・させられるのは脳内鈴木さんだけ!!

そうそう1500拍手、おめでとうございます♪

シーラカンスさんへ

こんばんは、シーラカンスさん。

> しかも薪さん、、、!!
> うんうん、行くのね。そうだね。また悪夢を見ちゃうかもしれないけど、それより青木を選んでくれたんですね。前向きな薪さん、素敵です。

はい。
薪さんはここで初めて、鈴木さんより青木くんを選びました。
よっぽどシャチのショーが見たかったんですね(笑)

> (どうか今夜はシャチにヤられちゃう夢なんか見ませんように、、、窒息しちゃいますから、、てかいろいろ無理ですから、、)

あはは。
うちの薪さんなら、見ちゃいそうですね。想像力、豊かすぎ(^^

> 薪さんの中の鈴木に対する、殺された少年達への罪悪感が簡単に解決するとは思えませんが(相手はもう亡くなってますから、、)側に青木がいれば、2人で居ればなんとかなるような気がしてきました。この先の核爆弾もはじき返せるような気がしてきました。

はい。
冬に悪夢を見たときと、今回は違います。
薪さんは、もう、ひとりじゃないです。そこが大事です。
核爆弾は・・・・・あはは。そんなに大げさなものじゃないですから。ホントに(←信じます?)

> う~~ん、やっぱここの青木君、いいです。好きです。あおき!薪さんは君に任せたよ!しっかりね!!

A 『ありがとうございます!がんばります!』

読んでくださって、ありがとうございました。

みっひーさんへ

こんばんは、みっひーさん!
みっひーさんのところの薪さんは、水遊びばっかりしてて、おなか冷えたりしてませんか?
え?体温が上昇してるから、冷えたりしない?
・・・・・・失礼しました(←何故か鼻血)

> 1500拍手おめでとうございます~!

ありがとうございます♪
本当に、みなさん、こんな腐ったブログに・・・・もったいないです。

> でででで・・・デートですが・・・!
> 鍵付きのところは目を覆いながら読みました。←(読めないじゃん)

やっぱり読んじゃったんですね・・・・・。

> 体の痛さとかじゃなく・・・精神的な痛さが・・・辛いぃぃぃぃ・・・。
> (すみません、まともなコメントできなくて)

お気になさらず。
書いてる人間も、まともじゃないですから(笑)
ええー、でも、これは夢ですよ??現実の過去として書かれたみっひーさんのB面より、ずっと甘いかと・・・・(まだ言ってるよ・・・・しつこいですね、すみません)

> でもそれくらい薪さんには重い出来事なんですよね。
> 何度も何度も悪夢をみるくらい・・・。
> 薪さぁぁぁぁぁん・・・・。

きっと、原作の薪さんも悪夢は見ると思います。
そんなとき、みっひーさんの青木くんのように、彼がそばにいてくれれば・・・・・。

> あ、そうそう!
> しづさんが小説を書いてるときにあまり意識がないっていうの・・・わかりますよ~!
> みっひーだって萌えの神様の代筆じゃなきゃあんなの書けませんって!
> (しづさんにはSの神様がついてるんだ・・・きっと・・・。)
> 気がつくと自分でも驚く展開になってるときってありますよね!
> (お仲間がいらっしゃって安心・・・ご・・・ごめんなさい!勝手に仲間にして!)

やっぱり~~!!
みっひーさんは、このタイプだと思ってました。
わたしのカンでは、みちゅうさんも、たぶんコレです。
かのんさんとめぐみさんは、もしかすると冷静に組み立てるタイプかもしれませんね。かのんさんはよく下調べをしてらっしゃるし、めぐみさんの文章は無駄がないので。
ああ、Yさんとすぎさんも、冷静タイプかなあ?今度、機会があったら伺ってみたいです。

> みっひーが青木君の寝顔をじぃっと見つめる薪さんのイラストUPしたあとに来てみましたら・・・。

見ましたー!
後でまた、コメに伺いますが、青木くんたらどういう夢を見てるんだか(笑)
あの格好も、いってらっしゃいのキスも、現実では難しいと思います。あ、でもなあ・・・・・みっひーさんのとこの薪さんなら、ありか?いやいや、ムリでしょう(^^;

> しづ薪さんも過去に鈴木さんの寝顔を見つめる幸せなときがあったんですね・・・。
> (・・・涙)

はい。
うちのすずまきは、大学時代に1年くらい、恋人同士でした。ちゃんと、からだの関係もありました。
薪さんは鈴木さんにメロメロで、別れてからもその思いを、15年間引き摺ってきてます。

> しづ神さま~~~!
> 幸せな薪さんが読みたいです~~~!
>
> これはリクエスト・・・かな?
> 漠然としすぎ・・・ですが・・・。

はい。お受けします。
幸せな薪さん一丁!
えーっと・・・・
温泉に入って、吟醸酒飲んでゴキゲンの薪さんじゃ、ダメ?(笑)

Re: 返上致します(めぐみさんへ)

いらっしゃいませ、めぐみさん♪

> 何をって?
> ドSクイーンの座ですよ…鍵付きを読んで思いました。
> クイーンはしづさんで決まりです。

いりません(笑)
ヘンタイクイーンの座なら、喜んでお受けします(^^
って、鍵開けちゃったんですね。あんなに注意事項を並べたのに(笑)
でも、これは所詮、夢なので、現実にイタイ目にあわせてるめぐみさんの方が、やっぱりクイーンではないかと。(なんか、押し付け合ってる(^^;)

> 薪さん、鈴木さんが本当に好きだったんですねえ。
> こんなんじゃ、青木とラブラブになってからも悪夢を見るんじゃ…と思いましたが、最後に青木を選んだ薪さん&選ばせた青木を読んで、いや、こうして乗り越えていくのかと安心しました。

はい。
うちの薪さんは、大学の頃からずーっと鈴木さん一筋で、15年も想い続けていたのです。
それと、めぐみさん、鋭いです。
恋人同士になったことで、悪夢がピタリと止まる、というわけにはいかないです。それと、鈴木さんへの想いも。きれいさっぱり忘れるには、15年の歳月は長すぎるかと・・・・・。

> でもここだけの話。
> 酷い鈴木さんに萌えました~(^^;
> だってあんなことを薪さんに言える・させられるのは脳内鈴木さんだけ!!

うひゃあ!
やっぱり、めぐみさんこそドSクイーンですね!
わたし、自分で書きはしましたけど、萌えてはいません(^^;
あんなヒドイ鈴木さんを書いたのは、多分、わたしだけだと思います・・・・反省します。

> そうそう1500拍手、おめでとうございます♪

ありがとうございます。
めぐみさんこそ、40000HIT、おめでとうございます!
わたし、40004だったんです・・・・惜しかった・・・・・キリバン、狙ってたのに。

ありがとうございます

この度は私事のワガママを聞いて頂きありがとうございました
一つの作品として掲げているものを、細切れにさせてしまうなんて(>_<)!
本当にごめんなさい
お心の広い対応に感激です
無事「聖夜」を読む事が出来ました
素晴らしいです
今まで、薪さんを苦しめる鈴木さんの存在がちょっと苦手でしたが、少し見方が変わるかも?!です
引き続き、楽しませて頂きます(*^-^)b

むぅさんへ

いらっしゃいませ、むぅさん。
早速読んでくださったんですね。ありがとうございます。

> 一つの作品として掲げているものを、細切れにさせてしまうなんて(>_<)!

すいません、謝るのはこちらの方です。
とにかく、このブログは6/14に開設したばかりで、わたしはド素人でなにもわからなくて、携帯にダウンロードする容量に限りがあることなど、思いもよりませんでした。
あれはもともと、あそこで切れてるんです。
分けるのが面倒で、いいや、このまま、と載せてしまっただけなのです・・・・・(サイアクや、わたし・・・)

きっと、むぅさんみたいな方は、他にいらしたかも・・・・・ううう、申し訳ないです。
教えてくださって、本当にありがとうございました。

> 今まで、薪さんを苦しめる鈴木さんの存在がちょっと苦手でしたが、少し見方が変わるかも?!です
> 引き続き、楽しませて頂きます(*^-^)b

そうですね。
聖夜で鈴木さんの気持ちを押さえておかないと、薪さんの夢の中の鈴木さんは、ただの悪魔ですね(笑)(←ヒドイ)

ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Mさまへ

詠んでくださって、ありがとうございました。

お返事は、Mさまのブログにお邪魔いたします。
ここでは、一言だけ。

>しづさんのお書きになるものはみんな拝見したいから……(恋?)

そうだよ、それは恋だよ。
待ってておくれ、オットとは必ず別れるから・・・・・みたいな会話を、高校生のとき友だちと良くしていました。あの頃から、R系のギャグが大好きだったんです、わたし(笑)


Aさまへ

Aさま、こんにちは♪


> めげない青木、本当にえらいよ!ついてくるなと言われてもついてくる原作の青木らしいですね(^^)

青木さんって、本来こういう人ですよね?
薪さんの中に無理矢理入って行って、彼の殻を内側から壊すの。 1巻で、薪さんに鈴木さんの脳を見せた青木さんの勇ましいこと。 あの無鉄砲さは彼の一番の武器だと思います。



> 薪さん、前向きに一歩踏み出した感じ。シャチのショーのためじゃないよね!?

はいっ、踏み出しました。
シャチのショー、よっぽど見たかったんですね。(笑)

Aさまご心配の悪夢は、えーっと、見ましたね、多分。 最終話の『ラストカット』まで、延々見続けますね。
あのねっ、この話、本当は2部の『ラストカット』で完結してるんです。 あの話で薪さんが救われて、終わりなんです。 3部からは蛇足って言うか、本当にただのやおい小説で。 
わたしが一番重要視してるのは、青木さんとの恋愛じゃなくて、鈴木さんを殺めてしまった苦悩から薪さんが解き放たれることなんです。 それは『ラストカット』で書き終えていて、だからその後は萌えのままに。(笑)

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: