FC2ブログ

帰郷

舞台裏です。

表題のお話を書いたときの、わたしのこころの呟きです。
無愛想な言葉で書かれており、ストーリーには関係がありませんが、よろしかったら覗いていってください。


帰郷は、青木くんのお父さんが亡くなったときのお話。
しばらく第九を離れた青木くんを思う、薪さんの気持ちがメイン。原作の薪さんもこの時は、きっとこころを痛めたことだろう。

2度目のキスは薪さんの方から。
と思ったら、なんだか青木くんが押さえつけた形になっちゃって。(笑)
でも、薪さんもそれに応えてたから、まあいいや(^^

離れたことで、相手への気持ちに気付いたり、想いが深まったりすることは、よくあると思う。
薪さんも、青木がいない第九で自分の気持ちを顧みて・・・・・でも、その先に突っ走っちゃうところがやっぱりうちの薪さんで(^^;
ほんと、バカな子ほどかわいいよ(←親バカ)


今回の萌えシーン。
室長室で、L座りでキーボードを叩く薪さん。(デスノートのLの、あの格好。ぷくく)



*この下は、本当に個人的な呟きなので、スルーしてください(^^


このお話は、書いているとき、実はすごくきつかった。
実生活が、もろに内容と被ってしまったので。
うちのお義父さんは、去年の4月頃から入退院を繰り返していたのだけれど、このお話の最中に亡くなった。
当初、この話には青木くんのお父さんが亡くなるシーンや、お母さんたちの様子も盛り込もう、お父さんの遺影を前に、薪さんを思う青木くんのシーンも入れよう、と思っていたのだけれど、書けなくなってしまった。
いくら図太いわたしでも、亡くなった後、さすがに2ヶ月くらいは書く気が失せた。このお話を書き始めたのは多分9月か10月だと思うけど、書き上げたのは2月くらいだった。

わたしのお義父さんは、自分の子供が男の子しかいなかったせいもあって、嫁のわたしを、実の娘のようにかわいがってくれた。
からだが大きくて、見た目もいかつくて、土建屋の社長に相応しい外見のひとだったけど、こころの中はとてもやさしくて。みんな、怖い怖いと言っていたけれど、わたしにはとても甘かった。

外食嫌いで、家族のみんなが行きたがってるのに誘っても来ないとき、わたしが誘うと来てくれた。嫁だから気を使ってくれていたのかな、とも思うけれど、そこは楽天的なわたしのこと、お父さんに好かれてる、と思っていた。(←おめでたい)

亡くなる直前は・・・・痛み止めのモルヒネのために、正気を失ってしまって・・・・・家族のことも、よく分からなくなってるみたいだった。
すごくつらくて、苦しかった。
嫁のわたしがこんなに辛いのだから、血のつながった家族はもっと辛いと思って、必死に涙を堪えようとしたけど、わたしは元来泣き虫で・・・・・わんわん泣いてて、逆にお母さんやオットに慰められたりして、ダメダメな嫁だった。

わたしは、お義父さんもお義母さんも、オットも大好き。みんなから、いっぱいいっぱい、愛してもらってる。
こんなに幸せな嫁も珍しい、と自分で思ってる。

今年の夏は、そのお父さんの新盆。
精一杯、恩を返すつもりで、がんばる。


ああ、ブログに書くことじゃないな。
でもいいや、ここは独り言のページだから。

コメントの投稿

非公開コメント

大人が泣いたって‥いいじゃないか。

こんにちは、しづさん。

しづさんは沢山書いてらっしゃるので、

‥ごめんなさい!正直忘れてしまったりしちゃったりして‥ああっすみません。

脳が近頃やばいのですっ!

で、帰郷、もう一度読ませていただきました。

帰郷の13はやっぱり好き‥♡

見かけだけは大人な青木の涙は萌えますね…

しかし、なかなか敵?も手強い。

普通ほだされてしまって‥落ちます。自分だったら。

薪さんたら‥こんなときだけ大人なんだから‥。


それで思ったことですが…大人の涙はしょっぱ甘いでしょう‥

ということと、ばかな子ほど可愛いというしづさんの言葉。

それは痛いほど分かります‥。


コメべたでスミマセン…気の利いたこと書けなくてゴメンナサイ。

かえって迷惑じゃないかと、いつも大人なのに‥泣いてます。

ruruharuでした。

ruruharuさんへ

いらっしゃいませ~、ruruharuさん。ようこそ~!

>‥ごめんなさい!正直忘れてしまったりしちゃったりして‥ああっすみません。

いいんですよ!
わたしだって、もう覚えてないです(←おまえはダメだろう、書いた本人なんだから。責任持て)

> で、帰郷、もう一度読ませていただきました。
> 帰郷の13はやっぱり好き‥♡

あのキスシーンですね。
ありがとうございます。うちのふたりは、あのくらいが関の山でして。
ruruharuさんのところみたいに、早く大人の関係にしたいです(腐)

> 見かけだけは大人な青木の涙は萌えますね…
> しかし、なかなか敵?も手強い。
> 普通ほだされてしまって‥落ちます。自分だったら。
> 薪さんたら‥こんなときだけ大人なんだから‥。

いや、まだ、この時点の薪さんは、自分の気持ちがなんなのか、よくわからない状態でしたから。(^^

> それで思ったことですが…大人の涙はしょっぱ甘いでしょう‥

きっと、このふたりのキスはそんな味だったと・・・・うふふ。

> ということと、ばかな子ほど可愛いというしづさんの言葉。
> それは痛いほど分かります‥。

そうなんですよ。
もう、うちの脳内薪さんがバカなカンチガイをするたびに、かわいくてかわいくて。
すいません、親バカで・・・・・。

> コメべたでスミマセン…気の利いたこと書けなくてゴメンナサイ。
> かえって迷惑じゃないかと、いつも大人なのに‥泣いてます。

いえいえいえいえ!
コメをいただくのはすごくうれしいです。
ここに書いていることでもわかるように、わたしもあんまり、気の利いたことは言えないです。お話を書くときとは、使ってる脳が違うんだと思います(^^;)言葉遣いも、言い回しも違うし。

懲りずに、またいらしてくださいね~。

追伸
ruruharuさんのところの薔薇薪さん、すごくきれいでした~~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメいただきました、Kさまへ

Kさまへ

いろいろとお気遣いくださり、ありがとうございました。
やさしい言葉の数々に、とっても勇気付けられました。

Kさまは、荒波を乗り越えてこられているのですね。
悪気がないからといって、相手のすべてを許せるわけではないですものね。
大変だったんですね・・・・・・ご心痛お察しします。

義祖父さまが、素敵な方なんですね。
でも、ご高齢で・・・・ご心配ですね・・・・・。

ああ、Kさまはわたしを元気付けてくれたのに、わたしは上手にKさまのお気持ちを引き立てることができません(><)ごめんなさい、うまく言えなくて。
でもでも。
応援してますから。しづは、Kさまの味方ですから。
なにか、むきゃー!!と思うことがあったら、鍵でコメしてください!聞くだけしかできないかもしれないけれど、少しでも気晴らしになれば!

すいません、まとまりのないコメレスで。
けど、すごくうれしかったので。
ありがとうございました。

Mさまへ

Mさまへ

泣かせてしまって、ごめんなさい。
そうですね、これを読んで、他の方がつらい思い出を喚起される可能性を考えませんでした。
浅薄なしづを、お許しください。

ああ、でも、Mさまは、やっぱりわたしと境遇が似てるんですよ。
お義母さんと仲が良くて、みんなに愛されて。
愛をもらえば返したくなるし、想いを受け取ればさらに伝えよう、広げていこう、って、思いますよね。

詳しいことはここにはかけないので、つづきは、Mさまのブログにお邪魔します。


プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: