FC2ブログ

ビアガーデン~あとがき~

 このたびは、法十のビアガーデンにご来店いただきまして、まことにありがとうございました!
 お礼に、うちの薪さんの投げキッスを!
 どうぞ、お受け取りください!!


 今回のビアガーデンでは、薪さんの困ったクセがまたひとつ、増えてしまいました。
 まったく、どんどん崩れていきますね、彼は。作者にも止められません☆
 第九の面々との楽しい飲み会や、竹内の煩悶状態を、笑っていただけたら幸いです。

 今回のメインは、やっぱり鈴木さんのお墓参りです。
 この話は次のお話の進行上6月なので、ちょっと早い月命日、ということだったのですが。

 去年は涙が止まらなかった薪さんが、今年は笑うことができた。
 それはやっぱり、陰にいるチタンフレームのメガネをかけた背高ノッポの存在が大きいかと。
 時系列でずーっとお話を続けていると、こんな風に薪さんが立ち直っていく様子を以前と比べながら書くことができて、それはとても幸せな気分になります。
 もっとも、うちの薪さんの場合、3歩進んで2歩下がるって感じですが。
 それでも。
 少しずつ、少しずつ、元気になっていく薪さんを、これからも書き続けたいです。


 さて、次のお話ですが。
 これは……100歩くらい、逆戻り? ていうか、ダ・カーポ?
 あはははは。
 
 何人かの方はお察しのようですが。
 核爆弾、投下します。
 核シェルターに避難をお願いします(笑)って、そんなに大げさなものじゃないと思いますよ。


 次回も、広いお心でお付き合いくださいませ。



テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
スパムメールの主犯のKです。
先日は驚かせてしまったようで、大変失礼致しました。

「ビアガーデン」終了、お疲れ様でした。
楽しく読ませていただきました。

薪さんのキス癖は私もハラハラドキドキ☆☆青木と気持ちは一緒でした。
自分はそういう目で見られたくないって言っておいて、これでは薪さんに溺れる人間を自分で増やしているのでは・・。

青木の思考を「黒い」とは思いません。
好きな人が出来れば、策士になるのは当然ですって。
もちろん「いい人」のままでいられる恋愛もあります。
でも、「負の思考(腐の思考じゃありませんよ)」に傾く恋愛だってあります。

是非青木にはその辺りも含めて頑張ってほしいです。
何しろここの薪さんは無防備過ぎますからね。
青木が少し位、策士になって周囲をけん制しないと、危なくて仕方ないですもの。
ここの青木には、色々な意味で、薪さんを守ってほしいです。

あ、でも、竹内は好きですね。
あおまきすとの私が何故彼は許せるのかと、自分でも不思議だったのですが、私はたぶん、間宮のように、薪さんが嫌悪を感じる電車の中の痴漢のように、薪さんの容姿にのみ惹かれ、薪さんを欲望の対象で求め、卑怯な手段に出る輩は許せないんですね。

でも、薪さんの精神に惹かれ、フェアな態度で近付くなら、ある程度までは許せるみたいです(あくまで「ある程度まで」ですが)

そういう点で、竹内の健気さと報われなさ(でも微妙に報われるのがかえって辛かったり)は、共感を覚えると申しますか、自分のオリキャラをちょっと思い出したりもするんですね。
薪さんに惹かれながら、現実を見て女性とも付き合ったりするところなんかも。
竹内の方が、精神的にも年齢的にも、うちのオリキャラよりずっと若いですが。
(何て書いていたら、久々にそのオリキャラが脳内に出張って参りました・・次は彼を書くことになるかも・・)

次は核爆弾投下ですか。

早く読みたい・・けれど、私も、次は完結してからお邪魔した方が良い気が致します・・・

かのんさんへ

いらっしゃいませ、かのんさん!
うちの薪さんの投げキッス、受け取ってくださいました?(笑)

> スパムメールの主犯のKです。
> 先日は驚かせてしまったようで、大変失礼致しました。

あははは!
はい、びっくりしました。でも、すっごくうれしかったです!!

> 「ビアガーデン」終了、お疲れ様でした。
> 楽しく読ませていただきました。

楽しんでいただけてよかったです。
これまでさんざん、泣かせたり叫ばせたりして、ごめんなさい・・・・。(阿鼻叫喚の拍手欄(^^;))

> 薪さんのキス癖は私もハラハラドキドキ☆☆青木と気持ちは一緒でした。
> 自分はそういう目で見られたくないって言っておいて、これでは薪さんに溺れる人間を自分で増やしているのでは・・。

ほんとにねえ。
うちの薪さんは、罪作りですね。
って、ちがいます。ただの酔っ払いです(笑)

> 青木の思考を「黒い」とは思いません。
> 好きな人が出来れば、策士になるのは当然ですって。
> もちろん「いい人」のままでいられる恋愛もあります。
> でも、「負の思考(腐の思考じゃありませんよ)」に傾く恋愛だってあります。

・・・・・・あれ?
かのんさんまで、そんな好意的な見方を・・・・?
うーん・・・・ここは、ちょっと反感を持ってもらった方が、次の話が面白くなるかも・・・・・。
あ、そうか。
こういう仕掛けは、生粋のあおまきすとには通じないんだ。なるほど。

> 是非青木にはその辺りも含めて頑張ってほしいです。
> 何しろここの薪さんは無防備過ぎますからね。
> 青木が少し位、策士になって周囲をけん制しないと、危なくて仕方ないですもの。
> ここの青木には、色々な意味で、薪さんを守ってほしいです。

はいはい。
うちの青木は、わりとちゃっかり者で、黒いです。というか、普通の人間なんです。
原作の青木さんみたいに、聖人君子だと動かしにくいです・・・・・・。

> あ、でも、竹内は好きですね。
> あおまきすとの私が何故彼は許せるのかと、自分でも不思議だったのですが、私はたぶん、間宮のように、薪さんが嫌悪を感じる電車の中の痴漢のように、薪さんの容姿にのみ惹かれ、薪さんを欲望の対象で求め、卑怯な手段に出る輩は許せないんですね。

かのんさんじゃなくても、間宮は許せないと思います(笑)(って、自分で書いといて)

> でも、薪さんの精神に惹かれ、フェアな態度で近付くなら、ある程度までは許せるみたいです(あくまで「ある程度まで」ですが)

> そういう点で、竹内の健気さと報われなさ(でも微妙に報われるのがかえって辛かったり)は、共感を覚えると申しますか、自分のオリキャラをちょっと思い出したりもするんですね。
> 薪さんに惹かれながら、現実を見て女性とも付き合ったりするところなんかも。
> 竹内の方が、精神的にも年齢的にも、うちのオリキャラよりずっと若いですが。
> (何て書いていたら、久々にそのオリキャラが脳内に出張って参りました・・次は彼を書くことになるかも・・)

かのんさんのところのフォスター氏は、それはもう、大人で素敵で。
有能で、薪さんを包んであげられる包容力も持ってましたよね。
わたしも彼のことは大好きなので、是非書いてください!

フォスター氏との大きな違いは、竹内が薪さんに徹底的に嫌われてるってところですね!(←鬼)
それに、うちの竹内は、ただの女ったらしです(笑)そんなに人格者じゃないです。
わたし、素敵なひとって、書けないんです。
根がギャグなので、どこかしらズッコケてないと、動いてくれないんです。(^^;

> 次は核爆弾投下ですか。
>
> 早く読みたい・・けれど、私も、次は完結してからお邪魔した方が良い気が致します・・・

はい、コハルさんもそう言ってました(笑)
多分、2週間くらいで終わると思いますので、そのころ覗いていただけるとうれしいです。(←アップをやめるつもりがないところが・・・・・鬼畜ですいません・・・・)

Aさまへ

Aさま、こんにちは。


原作の薪さんも、少しずつでもいいから元気になって行ってほしい、とのお言葉、胸に沁みました。

そうですよね。
青木さん、言ったら言いっ放しじゃないだろうなとかちゃんとフォローアップするんだろうな、とか、多少の不安はありますが。 互いが互いの傷を癒しあうように、二人で生きて欲しいですね。 


鈴木さんのお墓参りは、
どうなんでしょうね? 原作には出てきませんけど、特別編なら1コマくらい入るかもしれませんね。 最終話には入らないだろうな~、そんなセンチじゃないよな~。
個人的には最終話では、二人で鈴木さんの墓前に立って結婚の約束をして欲しiyr…… 虚しくなるのでやめます。
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: