FC2ブログ

23日目の秘密(4)

23日目の秘密(4







 青木は、胸をドキドキさせていた。
 室長の家に来るのは、これが初めてだ。住所は名簿からチェック済みだったが、外から確認したことがあるだけで、中に入れてもらったことはない。
 薪の清らかなイメージに合わせたような、白い清潔な建物だった。そう大きくはないのだが、外から見た限り一軒一軒の間取りは広そうだった。防犯のためかベランダはない。窓にはブラインドが降りていて、中の様子は見えなかった。

 室長の机は、日中どれだけ書類が山積みになっていても帰りには必ずきちんと整頓してあるから、きっと自宅もきれいにしているに違いない。先日雪子から聞いた話でも、薪はきれい好きということだった。
 きっとモデルルームのように掃除も行き届いていて、絵画とか観葉植物が飾ってあって、男の一人暮らしとは思えないような、そんな部屋を青木はイメージしていた。薪の外見から推し量ろうとすると、どうしてもそうなるのだ。
 が、息を止めていろ、と意味不明の指令とともに玄関の扉が開けられた瞬間。
 青木は吐きそうになった。

「なっ、なんですか、この部屋。臭っ!!」
 青木の悲鳴を無視して薪は窓に突進し、ブラインドを上げて窓を開けた。首を外に出して、口で息をしている。
「この季節に3週間以上も家を空けてみろ! おまえの部屋だって、絶対こうなる!」
 振り向いて怒鳴られた。
 6月の終わりから7月の半ばまで。薪の主張は間違ってはいない。が、とにかく臭い。
 段ボール箱は玄関口に置いて、薪に倣って窓の外に首を出す。外は直射日光がガンガン当たって目が回りそうな暑さだが、この悪臭よりはましだ。

「何がこんなに臭うんですか?」
「まあ、いろいろ」
 窓を開けたまま、薪は部屋の片付けにかかる。
 2LDKの1人暮らしにしては広い部屋。
 見ると、部屋の中はそう散らかっているわけではない。衣服が脱ぎ散らかされているとか、コンビニ弁当の残りが腐っているとかそういうことではなく、単に空気の入れ替えができなかったことによる悪臭、という事らしかった。

 インテリアは備え付けのものらしく、アイボリー系で統一してある。とても明るい部屋だ。
 ただ、家具は極端に少ない。背の高い本棚と机に回転椅子。大型の液晶テレビと来客用のソファ。広いリビングに置いてある家具はたったそれだけで、作り付けのサイドボードの中は殆ど空っぽだった。
 そのサイドボードの上に、写真立てと枯れた百合の花が置いてある。もちろん3週間前はきれいに咲いていたのだろうが、今は無残にも枯れ果てて、花瓶に残った水はヘドロのようになっている。これが悪臭の原因のひとつだ。

 花瓶を取る振りをして、薪がさりげなく写真立てを引き出しに隠したのを、青木は見逃さなかった。きっと他人に見られたくないのだ。
 もしかしたら、彼女の写真かもしれない。気になるが、隠そうとしているものを訊くわけにもいかない。

 薪は百合の花をゴミ袋に入れて、台所へ向かう。花瓶を洗うためだ。
「あ、オレやります」
「いいから、おまえは帰って勉強しろ」
「でも、岡部さんが薪さんの手伝いをしろって」
「僕は今日は仕事はしない。部屋の掃除をして寝るだけだ。いや、その前に」
 薪はそこできれいな顔を歪めて、亜麻色の頭をがりがりと掻いた。
「とりあえず風呂だな。もう3日も入ってないんだ。臭うだろ」
「そんなことないですよ。薪さんは良い匂いです」
「おまえ、耳鼻科に行ったほうがいいぞ」
 狭い車中で一緒だったが、べつに気にはならなかった。そういえば、少し甘い匂いがしたような。が、不快な匂いではなかった。

 風呂の準備のためにバスルームに行った薪が、すぐに飛び出してくる。窓に駆け寄って、大きく深呼吸。
 ……風呂場も臭いのか。
 バスルームも白を基調としたユニット式で、かなり大きな湯船が置いてある。薪なら楽々と手足がのばせるサイズだ。そのバスタブの中で、3週間前はただの水だったものが何か別の液体に変わり果てている。排水溝から流れて出してはいるものの、すさまじい臭気である。
「薪さん。風呂場が下水道みたいな臭いなんですけど」
「朝、風呂に入ってそのままだったんだ。急に岡部が迎えに来て、まさかこんなに帰れないとは思わなかったから」
 換気扇の目盛りを強にして、青木はその場を離れる。掃除をするにしても、もう少し臭いが抜けてからだ。

 リビングに戻ると、薪が窓枠にもたれてへたばっていた。先刻、眠っていた時より顔が青白い。
「大丈夫ですか?」
「昔から臭いがキツイの、ダメなんだ。気持ち悪い……」
「腐乱死体の臭いは平気だったじゃないですか」
「仕事だと思えば大丈夫なんだ。でも、うう……」
 そんなものだろうか。
 今日は体調も関係しているのだろう。極限まで疲れ果てた身体が食物を受け付けなくなるように、臭いや刺激にも弱くなるのかもしれない。

「オレ、掃除してきますよ。風呂場」
「……いいのか?」
 目が期待している。そんな室長はかわいくて、つい笑ってしまう。
「掃除はわりと得意なんです」
 軽い足取りでバスルームへ入ると、半月以上締め切っていた湿潤空間は、天井にまでびっしりカビが生えている。これを落とすのは一苦労だ。岡部の言っていた『人手』の意味がようやく解った。
 カビ取り用の洗剤を吹き付けておいて、青木は一旦風呂場を出る。背の高い青木は、実家でもちょくちょく窓拭きや電灯や風呂場の掃除をやらされていたから、要領は踏まえている。

 カビ取り剤が浸透する間に薪に冷たい水を持って行ってやろうと思い立って、青木は台所へ向かった。
 流し台は綺麗に掃除してある。が、食卓の上には食べかけの朝食が、これまたひどい状態になっていて、特に野菜サラダの変貌と言ったら新種の微生物が誕生してしまいそうだった。
 カビだらけのトーストと泥沼のようなサラダの残骸をゴミ袋に入れて、周りを見る。コーヒーメーカーの蓋を開けると、やはりカビの生えたコーヒーが入ったままで、それも捨てる。コーヒーのドリッパーと皿は漂白剤につけて、殺菌しておく。
 思いついて冷蔵庫を開けてみると、案の定魔窟になっている。無事なのはペットボトルの水と缶ビールくらいのものだ。特に野菜室は全滅だ。レタスもトマトもどろどろに溶けている。ものすごく、クサイ。

「知らなかった。野菜って溶けるんだ」
 青木はきれい好きという程ではないが、ここまでにしたことはない。そういえば、炊飯器にごはんを入れたまま半年ほど置くとカビが侵食して内釜に穴が開くそうだが、本当だろうか。
「三好先生……話が違います」
 冷蔵庫の中のものを次々とゴミ袋に入れながら、青木は筋違いの非難を呟かずにはいられなかった。


テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

ちょー面白いwww

しづさん こんにちは

すごく沢山アップされてますね。ずいぶん書き溜められたようで。
今、少しずつ読んでいるところです。

ところで・・・これ、この回、もう、めちゃくちゃ面白いです~。
4巻に出てきた薪さんの、モデルルームような綺麗なお部屋が・・・、泊まりが続いてこんなことになっちゃっていたとは・・・わはははは!

しかも、薪さんの慣れた様子だと、これが1度や2度ではないようですね(^^)

なんかもう、死体が転がってるんじゃないかって、近所から管理人に通報がいっちゃってるぐらいの腐臭を感じます。

 青木、背が高くて、風呂の天井が楽ちん掃除できますね。うちにもお借りしたいです~♪

 お邪魔しました。
 続けて読ませていただきます。

Re: ちょー面白いwww

いらっしゃいませ、第九の部下Yさん。
コメ、ありがとうございます!

> すごく沢山アップされてますね。ずいぶん書き溜められたようで。

はい。すでに33話まで書いてあります。
薪さんにハマってからはずっとそればかりで。その間、ドラマも他のアニメも見ない、という偏った生活を半年以上続けておりました。
(・・・キチガイだな、この女・・)

> ところで・・・これ、この回、もう、めちゃくちゃ面白いです~。
> 4巻に出てきた薪さんの、モデルルームような綺麗なお部屋が・・・、泊まりが続いてこんなことになっちゃっていたとは・・・わはははは!

ウケていただいて、うれしいです。
でも、ありそうだと思いませんか?漫画だから匂いがわからなかっただけで。
あのときも台所のシンクの中は山のように汚れた食器が重なってたかも・・・男のひとり暮らしなんて、そんなもんだと思います。

> なんかもう、死体が転がってるんじゃないかって、近所から管理人に通報がいっちゃってるぐらいの腐臭を感じます。

あははは。
さすがYさん!これ、サイコー!
きっと行っちゃってます。この後、近くの交番の巡査が乗り込んできたかも。

途中のコメは、すごくありがたいです。
読んでくださってる皆さんが、どこを気にいってくださった、あるいは不快に思われたか、はっきり解るからです。

これからも更新はガンガン行きます。
何故って・・・早くRに入りたいからに決まってるじゃありませんか(所詮、腐女子)
そこからがホンバンです。
でも、きっとギャグ好きの方はうちのRは気にいると思いますよ。うちのRは笑いがベースですから。



プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: