FC2ブログ

ファイヤーウォール

舞台裏です。

表題作を書いたときの、覚え書です。お暇でしたらどうぞ(^^


ヘンタイ間宮のピンク劇場。(笑)
読み返してみたら、すごいことやらせてるな、我ながら。
Kさんに泣かれたっけ。
あの時はごめんなさい、Kさん。m(__)m

間宮を書いてて楽しいのは、薪さんが自分を嫌っているとは夢にも思わないところ。
一回寝れば、かれは自分にメロメロになる、と妄想を重ねるところとか、書いてておかしくておかしくて。バカでえ、こいつ、と思いながらも、筆が止まらなかったっけ(^^;

まあ、それはそれとして。
薪さんが青木くんの肉欲を知ったときに、どんな反応をするかな?と思って書いたんだ、この話は。
いや、手錠プレイも書きたかったんだけど(笑)
問題の薪さんが青木をマンションから追い出すシーンは、始めは2パターン考えてた。
殴るのと、逆に薪さんがすごく傷ついた表情になって、罪悪感を感じた青木が身を引くパターンと。実際に書いてみたら、殴った方がうちの薪さんらしいし、ケンカも派手になって面白いし、岡部さんの出番も増えるしで(ここ、重要)、こちらのパターンに決めた。

『こいつは僕の嫌がることは、絶対にしない』
『僕がいつでもこいつの最優先なんだ』
『その立場はとても気分がいい』
青木くんにとって、自分がいちばん大切な人間であることを、うれしく思う薪さん。
傲慢な言葉で表しているけれど、本音はこれ。
うちの薪さんは意地っ張りだから(^^

今回の萌えポイント。
女王様の薪さんと、奴隷の青木くん。(笑)
このふたり、恋人同士になっても、このままの力関係なんだろうな。
それも、うちのふたりらしいや。(^^



舞台裏にこういうこと書くのも、ヘンだけど。

すぎさん、うちのヘンタイ間宮をSSに出演させてくださって、ありがとうございました!
すっごくすっごく楽しかった~~!!
実は今のわたしの萌えは、『青木くんの幸せを考えて身を引く薪さん』なんだけど、ああいうのは大歓迎です。ホントにうれしかった(^^
ありがとうございました!!

コメントの投稿

非公開コメント

Aさまへ

Aさま、こんにちは。

対間宮のご心配は、不要ですから安心してください~。
この話、基本がギャグなので、薪さんが取り返しのつかない傷を負うことはありません。 
え、ここまでで既に手遅れですか? そうですか……。


> そもそも、原作の青木は薪さんに肉欲を抱かないのがネックなんですよね(´`)

そうですねえ……神格化しちゃってるんでしょうねえ……。 
お釈迦様に欲望を抱く人はいませんからね。 そういうことなんでしょうね。
でも、
薪さんの方は青木さんをセクシャルな目で見てると思われる節があるので、読者は青木さんの信仰心を的外れに思ってしまうのですよね。


> でも、最終回の青木は薪さんに何度も赤面してます。今迄はしなかったので進歩してます(^^)

そうそう、やたらと赤くなってますよね。
て言うか青木さん、薪さんにあんな風に微笑みかけてもらったの、あれが初めてなんじゃないですか?(笑)



> 青木が舞ちゃんを愛しそうに抱くカラー表紙を見た時、青木は薪さんより舞ちゃんの方が大切なのかなと寂しく感じた。
> だから、舞に会えなくなってもいい覚悟で薪さんに走り寄ったのが嬉しかった!

大切なのは変わりなくとも、舞ちゃんは守るべき人で、薪さんは一緒に戦う人なんでしょうね。 だから、抱きしめて慈しむ気にはなれない。
けど、青木さんにはあの時、舞ちゃんよりも薪さんの方が大事だった。 それで満足しないといけないんでしょうねえ……。


> しづ薪さんは愛のままに我儘に太陽が凍り付いても僕と君だけは消えない薪さんでいて下さい(´▽`)

やん、うちの薪さん、そんなに我が儘ですか? (今更)
ちょっとカンチガイと思い込みは激しいけど、ちゃんと青木さんのことを考えて身を引く薪さんじゃないですか~。 何度も策を弄して、青木さんと雪子さんをくっつけようと、がんばったじゃないですか~。 (←でも悉く失敗)

原作の薪さんは、心から青木さんと自分以外の誰かの幸せを願える人で、
うちの薪さんは、そう思おうと努力して努力して、でも為せなくて、結局自滅しちゃう。 とても弱い人間、だからこそ青木さんの入る隙があるんですけど。
原作薪さんは強い人だから、その隙が無いんだと思います。 この人を放っておけない、オレがいなきゃ、って思えない。 
もしかしたら青木さんは、自分は薪さんには必要とされていない、と思っているんじゃないでしょうか? 自分の必要性を認められないことが、青木さんに気付きが訪れない大きな要因になっている気がします。
考えれば考えるほど、薪さんと青木さんは恋愛関係にならないような、そんな気がします……。

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: