ラブレター(20)

 うちの設定って、本当に変わってるな、としみじみ思いました。
 雪子さんと岡部さんが、異常にカッコよくていい役で、主役のふたりが性格破綻者とヘタレって。 いいんでしょうか、こんなん書いてて。
 いや、書いてるほうは、すごく楽しいんですけど。(この展開を楽しいというのも、また問題が)

 まあ、いいか。
 自分が楽しけりゃ。(いや、ダメだろ、それじゃ)





ラブレター(20)








 品川にある雪子のマンションは、築5年の新しいものだ。
 立地条件と窓からの眺めが気に入って、売りに出されると同時に新規購入した。
 女がマンションを購入するのは結婚を諦めた証拠だ、と助手の女の子に言われてしまったが、毎月の家賃を払うなら、経済的には同じことだ。だったら払い終わったときに現物が残った方が得ではないか。
 もしも鈴木と結婚したにしても、しばらくはふたりで住みたいから、きっと彼がここに越してくることになったと思う。決して無駄にはならなかった筈だ。
 今は、菅井の言った通りになってしまったが。

「入りなさい。お茶くらい、ご馳走してあげる」
 雪子の腕力に恐れをなしたのか、みどりは逆らわずについてきた。
 おそらく、みどりは雪子にも興味があるのだ。憧れていた男性の恋人だった女性。鈴木のことで聞きたいこともあるに違いない。

「突っ立ってないで座ったら」
「……どこへ?」
 言われて雪子はあたりを見回した。
 めちゃめちゃ汚い部屋である。
 洋服が脱ぎ散らかされていて、床の色が見えない。何日掃除をしていないのか、埃があちこちに溜まっている。それに黒髪が絡まって、ものすごく見苦しい。部屋の隅に立てかけられた掃除機が活躍したのはいつだったか、雪子にも記憶がない。
「いつもはもう少し、きれいなんだけど」
「鈴木さんが、あなたといつまでも結婚しなかった理由がわかったわ」
 無礼な娘だ。

 雪子は台所へ行き、IHでお湯を沸かし始めた。電気ポットのお湯は、いつのものだかわからないから使えない。みどりは雪子と一緒にキッチンに来て、雪子の後ろに立った。
 雪子は料理が大嫌いで、キッチンにはほとんど立ち入らないから、リビングよりはずっとマシだ。だいぶ埃は溜まっているが。

 電子レンジの上に飾られている写真に目を留めて、みどりはそれを手に取った。
 雪子と鈴木と薪の3人で、鈴木の家の別荘に行ったときの写真だ。全員半袖のシャツを着ているから、夏のことだ。
 雪子が薪の後ろから細い肩に両手を載せて、その後ろからふたりをまとめて抱きしめるように、鈴木が長い腕を回している。
 3人とも、全開の笑顔で写っている。明るい笑い声が聞こえてきそうな写真だった。

 みどりは、食い入るように写真を見つめていた。
(鈴木さんが……鈴木さんだけが。あの頃のわたしに、こんな風に笑いかけて)

「やっぱり、許せない」
 写真を見たことで怒りが甦ったのか、みどりは篭った声で呪いの言葉を吐いた。
「こんなに仲が良かったのに。どうして薪室長は、鈴木さんを殺したの?」
「仕方なかったの。薪くんの判断は正しかったわ」
「よくそんなふうに割り切れるわね。わたしにはできない。あのひとを恨まずにはいられない。あんなやつ、めちゃめちゃに壊してやりたい」
「鈴木くんの恋人だったあたしが薪くんのことを恨んでないのに、あんたにそんな権利があるわけないでしょ」
 正論だと思ったのか、みどりは反駁してこなかった。

 乱雑にものが押し込まれた戸棚から、F&Mのダージリンを手に取る。これは、雪子のお気に入りの銘柄だ。
「鈴木くんのご両親でさえ、なにも言わなかった。薪くんがどんな人間か、わかってるからよ」
 薬缶から、カーカーという音がしてくる。紅茶は沸騰したお湯で淹れないと美味しくない。
「薪くんは、あたしの何倍も傷ついた」
 使いっぱなしでシンクの中に置いてあった、紅茶のポットとカップを洗う。来客用のマイセンは、この前菅井が来たときに割ってしまったから、みどりには普段使っているもので我慢してもらおう。
「あのひとは、本当にズタボロになったの。あのプライドの高いひとが、人前でぼろぼろ泣いたり夢にうなされたり。食事も睡眠もまともに摂ることができなくて、骸骨みたいに痩せ衰えて。
 あなたは、その薪くんを知らない」
 それを知っているのは、雪子と岡部だけだ。青木も他の職員たちも知らない。

「昔はそうだったかもしれないけど、今のあのひとは、鈴木さんのことなんかこれぽっちも考えてない。あの青木って男と、楽しそうに笑って過ごしてるわ」
「そんなことない。いまだに薪くんは、夢にうなされて夜中に飛び起きる。彼、昼休みには、必ず昼寝してるでしょ。あれは慢性的な睡眠不足のせいよ」
「昼間眠いのは、夜中にあの男と睦みあってるからでしょ」
「あのふたりは、そんな関係じゃないってば」
 今のところは、と心の中で付け加えて、雪子はため息をついた。

「あなただって、こうして写真なんか飾ってるけど、鈴木さんのことをどれだけ悼んでるっていうの?恋人を殺した男と楽しそうに話ができるなんて、わたしには信じられない」
 薪の心痛をいくら説いても、みどりは頑なだ。
 心の痛みは目に見えない。見えないものを信じるのは、人間の不得意分野だ。

 監察医らしく短く切った爪の先が、ブラウスシャツの袖のボタンを外した。左袖が、肘まで捲り上げられる。
 雪子は、夏でも白衣を着ている。その下には必ず長袖の服を着る。
 その理由をこんな女に知られるのは屈辱だが、他人の気持ちを推し量ることのできない小娘には、必要な講義だ。

「大切なひとを亡くして、平気でいられる人間なんか、いるわけないでしょ。みんなそれを表に出さないだけよ」
 雪子が差し出した左腕を見て、みどりの顔色が変わった。
 何筋ものリストカットの痕。これは鈴木が雪子に遺した傷だ。
 論より証拠だ。この娘も昔は警察官だったのだ。その精神は残っているはずだ。

「……あなたのことは信じる」
 しばらく黙り込んだ後、みどりは低い声で言った。
「あなたが薪室長を信じる限りは、わたしも信じることにする」
 みどりはひとつだけ、雪子の真実に気付いていた。
 埃まみれの部屋の中で、この写真だけが塵ひとつ付いていなかった。おそらく雪子は、毎日この写真を手に取っているのだ。

「ごめんなさい。それ、他人に見られたくなかったでしょ」
 みどりも女だ。その気持ちは解る。
 間宮に近付くという目的のため、みどりは持って生まれた素顔を捨てた。
 この顔になったときに味わったのは、異性からの賞賛と好意。同性からの微かな嫉妬。それはみどりにとって初めて味わう優越感だったが、反面、ひとの外見だけで態度を変える男たちが滑稽だと思った。
 男という生き物に幻滅していたみどりだったが、それでも、この顔が作り物であることを、他人には知られたくない。
 雪子たちには知られてしまったが、このひとたちは言いふらしたりしない。何故か、そう思える。
 それは、あの場に居た人間のひとりとして、みどりの昔の顔を知ったときに、その態度を変えなかったからだろうか。みどりが覚悟していた軽蔑や哀れみの色は、どの顔にも浮かばなかった。

「ごめんなさい」
 みどりがもう一度繰り返すと、雪子はニッと笑って、袖を元に戻した。不覚にも、みどりはその顔を美しいと思った。

「あなたが自分の秘密を見せてくれたから、わたしもひとつ白状する。薪室長は、わたしに指一本触れてない」
 雪子に言っておけば、青木にも伝わるだろう。
 別に、あのふたりがどうなろうと知ったことではないが、自分が薪と関係を持ったと雪子に思われるのもシャクだ。
「今日の昼、室長室でキスしてたって証言があるけど」
「あは。うまく行ったんだ。あの青木って男、ホントに単純ね。ノックの音が聞こえたから、眠ってる薪室長に口紅をつけただけ。それを見た誰かが、誤解すれば面白いと思って」
「やっぱりね。あの薪くんが、職場で昼間っからそんなことするはずないと思ったわよ。あっちのほうは本当にオクテなんだから。来たのが青木くん以外の人だったら、引っ掛からなかったかもね」

「あいつって、バカね」
「そうね。バカな男よね、ふたりとも」
 雪子の言動に、みどりは軽いデジャビュを感じる。
「不器用でバカで。救いようがないわ」
 面倒見きれないわよ、と言いながら、雪子の表情はとても楽しそうだ。昔、彼女の恋人が、親友のわがままをボヤきながら笑っていたときのように。

「さてと。ソファの上の服を退かせば、座るところができると思うんだけど。えーと、クッションはどこだったっけ」
 雪子はリビングに戻り、ソファの上からドサドサと、服やぬいぐるみなどを床に落とした。綿埃がもうもうと舞い上がる。
「わっぷ! ゴホゴホッ!」
 法一の女薪と恐れられ、仕事のできる女№1の称号に輝く雪子の情けないプライベートを見て、みどりは思わず苦笑した。
「お茶の前にお掃除ですね。わたし、お手伝いします」



テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Aさまへ

Aさま、こんにちは。

雪子さんの部屋、原作ではきちんとしてましたね。 料理もできるみたいだし、ちゃんと女の子してるんですよね。


> ウイルス事件の時は鈴木さんのことちゃんと想っていたのにいつから薪さんに?

雪子さんは4巻と5巻の間でサルベージされて別人になってるので、その時だと思います。<こら。
冗談はともかく、
薪さんを好きになったのは、鈴木さんが亡くなってからだと思いますけど。 雪子さんはそんなに複雑な女じゃないと思うし。
3人の男の間でゆらゆらしてる感じがありますが、ある意味、リアルな『結婚前の女性』だと思います。 必ずしも好きになった人と結婚できるわけではないし、思いも掛けない人から好意を持たれたりして、あっちこっちで迷うものでしょう?
でも、薪さんの抱えてるものがあまりに重すぎるので、比較として、誰でも持っている心の揺れが、「なんだかなあ?」って思えちゃうんですよね。


> 青木でさえ、薪さんの苦悩になかなか気づけなかったんですよね(´`)

ある程度は気付いていたと思いますが、実際よりは軽かったでしょうね。 
同じ位置に立たないと分からないと思います。 個人的な考えですけど、そのために、お姉さん夫婦は殺されたんだと思います。 あれで初めて、青木さんは薪さんと同じ層に堕ちたんです。 だから薪さんに手が届いた。 結果、薪さんを救うことができた。 
さすが先生、すごいこと考えるなー。(@@;

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: