FC2ブログ

岡部警部の憂鬱Ⅱ

舞台裏です。

表記の作品を書いたときの、わたしのこころの呟きです。お暇な方は、覗いていって下さい(^^

(覚書なので、乱雑な言葉で書かれています。
本編には関係ないので、スルーOKです。)







このお話は、お義父さんの葬儀のときに、喪服を着た経験から書いた。(喪主の妻なので)
着物なんか15年ぶりくらいで。
きついわ苦しいわ、足は痛いわ・・・・・地獄だと思った。
初めての草履は、マジで痛かった(><)

で、せっかくなので、薪さんにも着物を着せてみようかな、と。
(なんでもここに結びつけるあたりが・・・・・もう、昔のわたしには帰れないのね・・・・・)

原作ではありえないことを平気でやれるのが、二次創作の面白さだと思う。
女装しかり、Rしかり。
実際、原作であおまきが恋人同士でラブってたら、わたしはこの話を書かなかった。ていうか、読まなかったな、きっと。

わたしにとって、創作はリハビリみたいなもので。
原作で傷ついた薪さんを、癒してあげたいだけだから。原作の薪さんが幸せになってくれれば、書く理由はなくなるんだ。

M『の、割にはめちゃめちゃイジメてないか?』
・・・・・・・(言い返せない)


今回のハイライト。
着物姿の薪さんもいいけど、実は岡部さんと机の陰にしゃがみこんでコソコソしてる薪さんに萌え。(笑)




コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Aさまへ

Aさま。

着物は本当に大変ですよね。 暑いし苦しいし。
Aさまは結婚式ですか。 わたしはお葬式で。 義父と実父です。
義父の時には喪主の妻だったんで、めっさ大変でした~~(@@) 新しい草履が痛くてねー、帯はきついしねー、それでも立ち働かないわけにいかないしねー。 

清水先生もお着物でしたね。
あの緊張したお顔は、草履が新しかったと想像。(笑)


> 確かに、原作で青木が婚約して苦しい状態になったからこそ、薪さんに余計感情移入してしまったのですよね。

確かにあの頃は辛かったです。 でも、青雪さんに別れて欲しいとは思わなかったです。 秘密は男性同士の恋愛漫画じゃないから、仕方ないと思った。
でもほら、あんな別れ方(青薪さんの絆の強さに雪子さんが身を引いたように見えた)だったから。 本気で青薪さんの成就を願う気持ちが出てきてしまって、そしたら余計苦しくなりました。
途中、どうして叶うはずのない望みを抱いてしまったんだろうと自分を戒めましたが、最後は報われて、本当に良かった……! 
今は本当に満ち足りてて。 秘密読み始めて以来の穏やかな夏を過ごしています。(^^

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: