FC2ブログ

鋼のこころ

舞台裏です。

本編には関係のない独り言なので、スルーOKですが、おヒマでしたらどうぞ♪




短い話だけど、書くのはけっこうかかった。
半年くらい、悩んでた気がする。

若い頃、書いたときにはこんなこと考えもしなかったけど、自分が結婚して周囲の人々に助けられて生きているんだ、ということがわかると、どうしても男同士の恋愛を手放しで肯定することができなくなった。最近流行の軽いBLが面白いと思えないのは、これが原因だな、きっと。
どう考えても・・・・・・親が泣くだろ、青木くん。
うちの薪さんの場合は両親はいないけど、親代わりだったひとはいるわけだし。

もちろん、わたしはあおまきすとだから。
周りのひとを泣かせてまで貫くほどに、彼らの愛は強かった、ってことにオチは持って来るんだけど。
それでも、こういうところはきちんと押さえておきたい。何も考えずに、相手を好きだって気持ちだけで動けるほど、ふたりとも子供じゃないはず。
考えた上で、やっぱりその人がいなきゃ生きていけない、と決意を固めて欲しい。


今回の薪さんの問題発言。
『×××が×××した状態で××××の間に挟んでもらって、×××を舐めてもらったら一発で天国に』
ありえないだろうな、と思いつつも、つい本音が。
飲み会のときに猥談のひとつもしない男なんか、この世にいねーよ。(←それはしづが知ってる男のレベルが低いだけ(笑))

コメントの投稿

非公開コメント

リアル BL‥

すみません‥しづさん‥こいつ、めんどくさい‥そう思われそう‥。

しづさんのこの記事‥じっくり読ませていただいて‥考えました。
私だって考えますよ‥ごくたまには‥

私は中一の春から少年愛(笑)いやー、懐かしい響きです。
それに毒されてから、こんな人間が結婚なんて出来るはず無い‥
したくもない‥などと思ってました‥しかし、それとこれとは別だったんですね。
BLしか読めない女が普通に結婚なんてできるんだ‥でもこれって‥欺まん?
いや、別に私が実は女の子好きで男と結婚した訳でもないし‥
まあ、いいのか‥色々考えました

しづさんのおっしゃること‥わかります。
なりふり構わず突っ走ってほしい気持ちもありますが‥
悩んで、悩んで‥というのも‥リアルでよいなぁ‥とも思ったり。

なので今市子さんの「いとこ同士」なんて好きだったりします。これ悩むBLですもの。
‥なんでもかんでもすぐくっつくBL‥そんなの多いですけどね(笑)

理想は‥悩んで、苦しんで、泣いて‥それでもあなたなしでは生きていても仕方無い‥。
そして逃避行‥二人は、うーんそうだな‥冬のニューヨークの五番街を肩よせあって歩いている‥
‥爆妄中‥暴走中‥

現実回帰‥以上ですが‥ヘンですか‥すみません(^_^;)

ほんとうに‥失礼いたしました。


Re: リアル BL‥

ruruさん、いらっしゃい♪

> しづさんのこの記事‥じっくり読ませていただいて‥考えました。
> 私だって考えますよ‥ごくたまには‥

あはは!
ruruさんの創作を読むと、かなり重いテーマを扱ってらっしゃいますよね。ヘンコメのときとは別人のよう(笑)
あっちが本来のruruさんなんだろうな、と理解してます。人格は文章に表れるものですから。(←持論)


> 私は中一の春から少年愛(笑)いやー、懐かしい響きです。

早っ!
わたしは・・・・・高校2年のときでした・・・・・・。

> それに毒されてから、こんな人間が結婚なんて出来るはず無い‥
> したくもない‥などと思ってました‥しかし、それとこれとは別だったんですね。
> BLしか読めない女が普通に結婚なんてできるんだ‥でもこれって‥欺まん?
> いや、別に私が実は女の子好きで男と結婚した訳でもないし‥
> まあ、いいのか‥色々考えました

あ、ruruさんもわたしと同じようなこと、考えてる!
そうですよ、それとこれとは別です。ruruさんは正しいです。
わたしなんかクラス公認の女の子の恋人がいたし(笑)バレンタインにはチョコレートが10個くらい届いたし(笑笑)実際、女の子を好きになったこともあるし。
結婚してからオットのお尻を見て、なんてオトコ好きしそうな尻だ、と思ったこともあります。(うちの薪さんのお尻のモデルは、実はオットなのです。ホント、きれいな形のヒップなの~~。土木作業って腰を使うから、見事に筋肉がついて締まるのよ~(←リアルでもヘンタイ)
それでも、こんなに仲良し夫婦。
そこが大事だと思います(^^

> なりふり構わず突っ走ってほしい気持ちもありますが‥
> 悩んで、悩んで‥というのも‥リアルでよいなぁ‥とも思ったり。

リアルはいいんですけど、こうなると答えが出ないんですよね(^^;
だからうちは、ずーっと日陰暮らしになりそうです。一緒になんて住めないし。新婚さん、させてあげたかったなあ・・・・・・。


> なので今市子さんの「いとこ同士」なんて好きだったりします。これ悩むBLですもの。
> ‥なんでもかんでもすぐくっつくBL‥そんなの多いですけどね(笑)

読んでみます。実は、最近のBLって殆ど読んでないんですけど(--;)
とにかく、知り合ってすぐにベッドに入っちゃうBLがあまり好きじゃないんですよ。これはわたしの個人的な好みで、そういうBLを否定しているわけではないです。誤解しないでくださいね(^^;
あ、だからうちのは、なかなかくっつかないのか・・・・。

> 理想は‥悩んで、苦しんで、泣いて‥それでもあなたなしでは生きていても仕方無い‥。
> そして逃避行‥二人は、うーんそうだな‥冬のニューヨークの五番街を肩よせあって歩いている‥
> ‥爆妄中‥暴走中‥

すいません・・・・・・これ、なんの話ですか?(あんまりBLに詳しくない。こんな話があるのかな?)
うちのふたりは逃げませんよ。
真っ向勝負です!

ruruさんのマジコメ、なんか新鮮でした~。
創作はマジだから、根は真面目なひとだとわかってはおりましたが(^^

絡みづらい記事にコメントいただきまして、ありがとうございました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

鍵ラブレター(笑)いただきました、Kさまへ。

プロポーズ受けてくださって、ありがとうございます。
Kさまの心配は、杞憂です。わたしが保証します。
あれにイチャモンつけるのは、うちの薪さんくらいです。ほら、薪さん、自分より彼がもてるもんだから、ヤキモチ妬いてるの(笑)

・・・・・・すいません、Kさまの頭の中のひとって、全部オリキャラなんですけど・・・・・・・。
うひゃひゃひゃひゃ!どうなってんですか?!(爆笑)

> それから、「最近のBL」について

ああ、やっぱり。
秘密ファンの方はこういう方、多いみたいですね。
そうです、批判ではなく、なんで?と思ってしまうのです。で、そこで一気に白けると。
特に、学園モノは鬼門みたいです(^^;)
わたしが年を取った、ということでしょうね。


>「最近はオープンになってきたよな。」って、笑って読んでる方ばかりではないと思います・・・。

ですよね!
むかしは陰でコソコソやってたものですが、今は書店の真ん中に堂々と置いてあったり、スペースも広かったり、『BL特集』とかイベントやってたり。背徳めいた感じなんか、どこにもないんですよね。
オバサンには理解不能です(><)

>そう思いながらも、10年ぶりに還ってきた「BL世界」に浸っている私もかなり矛盾した事言ってます・・・。

す、すいません。
わたしもそうです・・・・・・こんなん書いてるんですから、なにも言う権利はないです・・・・・・ごめんなさい・・・・・。

>・・ただ、どんなになっても、「この子にだけは不幸な人生を歩んでほしくない。幸せになってほしい。」と心の中では祈り続けていると思います。

同感です。
それがわかっているからこそ、彼らもまた辛いと思います・・・・・。


>次回のコメントでは「ブログでは話せない、・・・・

ああ、これ、聞きたいです!!
なんでブログで話せないんですか??
あ、ここがヘンタイブログだから?でも、記事を載せちゃったら、読んだことはバレちゃいますよ(笑)
実は、彼を好き、という方は何人かいらっしゃっても、明確にどこが好き、と言ってくださる方は少ないんですよ。記事の下の隅っこでいいから、書いていただきたいです(^^)もちろん、ムリにとは申しませんが。

Kさまのペースに合わせて、アップしてくださいね♪
楽しみにしてま~す!!

愛しさと切なさと心強さと(?)

こんばんは!しづさん!


私もそんな最近のBLというものは読まない・・・のですが・・・
BL論議(?)にお邪魔します!


実は、この前読んだ評論に、
JUNE、 やおい、 BLの違いは要約すると・・・
「愛しさと切なさと心強さ」(・・・って歌ありましたね!)の成分の比率の違いというくだりがあって、結構的を射た表現なのかとも思ったところでしたので・・・。
「抱いてもらえなくて寂しい・・・」から「抱いてもらえた!嬉しい!」への変遷・・・とも。

時代って変わるものですね!(笑)
(すみません・・・20年ぶりに腐界に戻ってきたものでまるで浦島太郎状態・・・)
あまり切なすぎるのも読んでいて辛いですが、やっぱり切なさ度合いが絶妙なものに惹かれます!

同性愛に限らず、周囲の人から認められない恋愛って世の中にはたくさんありますよね・・・。
何の約束もできなくて、一生日陰の身でもそれでも純粋に愛を貫く・・・というのに切ないけど、至高の愛というものを感じてしまうのかなぁ・・・。
(実際にはそんなのイヤですけどね!やっぱり現実と二次元は別物!)

あ、でも・・・
書く側としてのみっひーの場合は・・・
↑(誰も聞いてませんが)

愛しさ:5
切なさ:2
ギャグ(?):2.5
えろ(??):0.5

・・・くらいの配分がベストみたいです!(笑)
らぶらぶじゃないと癒されない!


しづさんの創作の配合比率はこれとはちょっと違う気もしますが、みっひーの好みと合致してるんでしょうね!
(あ・・・でもしづさんの場合はえろ成分も何割か増し・・・!?)←失礼でしたらすみません!


えっと・・・。
結局・・・。

何が言いたかったんでしょう・・・?

あ!
そうだ!
みっひーは・・・
だ~か~ら~!


しづさんの書く小説が大好きだってことです!


これからも楽しみにしていますね!


お邪魔いたしました!


Kさまへ

鍵拍手いただきました、Kさまへ

感激です(>▽<)
Kさまのブログに、お礼を述べさせていただきました!

それにしても、みーちゃんは鋭いな・・・・・。

みっひーさんへ

いらっしゃいませ~、みっひーさん♪

> 実は、この前読んだ評論に、
> JUNE、 やおい、 BLの違いは要約すると・・・
> 「愛しさと切なさと心強さ」(・・・って歌ありましたね!)の成分の比率の違いというくだりがあって、結構的を射た表現なのかとも思ったところでしたので・・・。
> 「抱いてもらえなくて寂しい・・・」から「抱いてもらえた!嬉しい!」への変遷・・・とも。

おお。
たしかに、そんな感じです。
昔はけっこう、片思いのBL多かったですね。

> 時代って変わるものですね!(笑)
> (すみません・・・20年ぶりに腐界に戻ってきたものでまるで浦島太郎状態・・・)

腐界!!
そうですね、オームならぬ腐女子が薪さんの切ない恋心に涙して赤い目になって、薪さんを追いかけるんですね(笑)

> あまり切なすぎるのも読んでいて辛いですが、やっぱり切なさ度合いが絶妙なものに惹かれます!

そうなんですよね。辛いんですけど、あの痛さがクセになる、ていうか。
わたしはギャグ人間なんですけど、切ないのも好きなんです。

> 同性愛に限らず、周囲の人から認められない恋愛って世の中にはたくさんありますよね・・・。
> 何の約束もできなくて、一生日陰の身でもそれでも純粋に愛を貫く・・・というのに切ないけど、至高の愛というものを感じてしまうのかなぁ・・・。
> (実際にはそんなのイヤですけどね!やっぱり現実と二次元は別物!)

そうですね。
形にならない、というところに惹かれます。結婚もできない、家庭も作れない、子供も作れない。
ふたりの間には、お互いへの気持ちしかない。そこにぐっとくるんですよね。


> あ、でも・・・
> 書く側としてのみっひーの場合は・・・
> ↑(誰も聞いてませんが)
>
> 愛しさ:5
> 切なさ:2
> ギャグ(?):2.5
> えろ(??):0.5
>
> ・・・くらいの配分がベストみたいです!(笑)
> らぶらぶじゃないと癒されない!

え!?
みっひーさんのSSって、エロ0.5なんですか!あれで!?
すいません。読者の印象としては、愛しさMAX、エロMAXって感じですが(^^;
失礼しました・・・・・・。

> しづさんの創作の配合比率はこれとはちょっと違う気もしますが、みっひーの好みと合致してるんでしょうね!
> (あ・・・でもしづさんの場合はえろ成分も何割か増し・・・!?)←失礼でしたらすみません!

うちは
ギャグ:5
切なさ:3
エロ:2
愛しさ:0
くらいですね!(なんてひどいあおまき小説・・・・・・愛しさゼロって、おい・・・・・でも、青木くんと薪さんで、プラスマイナスゼロって感じが・・・・・)

> みっひーは・・・
> だ~か~ら~!
> しづさんの書く小説が大好きだってことです!

そっくりお返ししますよ~~!
わたしこそ、みっひーさんのファンです!
これからも、ラブくてかわいいふたりを書いてくださいね(^^

Aさまへ

Aさま。

Aさまは、結婚後もお好きだったんですね。
わたしは20前には足を洗いまして。 それからは、とんとご無沙汰でございました。 
だから、ここ20年の間のBLには眼を通していません。 昔とは大分変ったのでしょうね。 現役の方々とわたしの感性にズレがあるのは、その辺が原因かもしれませんね。 


> 青木の「家族になりたい」という気持ちも単に精神的な意味合いで、

あの青木さんですからねー。 きっとそうなんだと思いますよ。 もともと秘密って、BLじゃないし。
原作はそれでいいと思います。 描かれないからこそ萌えるんですー。(〃▽〃)


Aさまの母親としての本音は、
あー、そうなんですかー。
なるほど、ずっと一人でいるよりは安心ですよね。 今はそれを隠さずにテレビにでてるタレントさんも多いし、けっこう、そういう考えのお母さん方、増えてるのかな。
薪さんたちの時代にはもっと考えが進んで、肩身の狭い思いをしないようになってるかもしれませんね。

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: