FC2ブログ

23日目の秘密(11)

23日目の秘密(11)






 大きな公園が見渡せるアパートの一室で、青木は参考書をめくっていた。
 試験勉強など久しぶりだ。警察大学では定期的に試験があったが、卒業して1年も経ってしまうと、勉強する習慣などすっかりなくなってしまった。集中力が取り戻せなくて、どうも調子が出ない。
 日没後の公園には、人影もまばらだ。元気に遊んでいた子供たちも、とっくに帰ってしまった。かといって、恋人たちがここを訪れるにはまだ間がある。今はちょうどその中間の時間帯なのだ。
 薪と一緒に見た桜の樹は、緑色の葉を生い茂らせ、静かに佇んでいる。また来年の自分の出番に向けて、養分を蓄えている最中なのだろう。

……勉強が捗らないのは、さっき見た写真のせいだ。

 親友に抱きしめられて、うれしそうに笑う薪の写真。ふたりともスーツ姿だったから、きっと職場で撮ったものだろう。
 あんな薪の笑顔は見たことがない。
 楽しそうで、幸せそうで、この上なくきれいで。その笑顔が、後ろから薪を抱きしめている背の高い男の存在に起因するものだと、青木にはひと目でわかった。

 鈴木克洋。
 雪子の元婚約者で、薪が射殺した男だ。

 きっと、薪は鈴木を殺したことで、彼を忘れられなくなったのだ。それが辛くてあんな無茶をするのだろう。笑顔も楽しみも封印して、ただひたすら鈴木との思い出の第九に縋り付いて。自らを傷めつけるような過酷な生き方を自分に課して。
 これでは、どっちが殺されたのかわからない。今の薪は、生きながら死んでいるようなものだ。
 何とかしてやりたいが、今の自分では力不足だ。もっと薪を支えられる人間にならないと。
 それには、今回の昇格試験も大切だ。階級が上がればこなせる職務も多くなる。そうしたら、今より室長の役に立てる。

 気合を入れ直して、がんばるか、と思ったところにチャイムが鳴った。
 玄関のドアを開ける前に薪のことがちらりと脳裏を掠めたが、それはない。果たして、ドアの外にいたのは寿司屋の出前持ちだった。
「特上1人前、お待たせしました。」
 頼んだ覚えはない。
「薪剛さんのお名前で、お代頂いてますけど」
 掃除の礼に、今度はもっといい物を食わせてやる―――― あれはこういう意味か。
 少しがっかりしてしまう。
 薪が届けてくれたのは銀座の有名な寿司屋のもので、普段はなかなか手が出ない代物だったが、青木には薪とふたりで食べた冷凍物だらけの朝食のほうがおいしかった。不思議なものだ。きっと薪と一緒なら、コンビニの弁当だって美味しく感じるのだ。
 それでも、薪の気持ちは伝わる。自分のことを気にかけてくれたのだ。

『がんばれよ、青木』
 厳しい叱咤とやさしい心遣い。薪はやはり、理想の上司だ。
「ごちそうさまでした、室長」
 空になった寿し桶の前で手を合わせる。現金なもので、食べたら俄然、やる気が出てきた。写真のことが気になって昼食を抜いてしまっていたのだが、集中できなかったのはそのせいかもしれない。

 薪に認められるためには、この試験をパスすることだ。
 再び参考書を広げる。次第に、その内容にのめりこんでいく。目前の公園には恋人たちの姿もちらほら現れ始めているが、青木にはもう、周りの音も聞こえない。 
 東大法卒の第九の新人は、持ち前の集中力と根気を遺憾なく発揮し始めた。



*****

 鈴木さんと雪子さんが婚約していた、と言うのは、創作上の勝手な設定です。
『コピーキャット』を読むまで、ふたりは婚約していたのだとばかり思っていました。4巻の葬儀のシーンで、雪子さんが親族席にいたから、てっきり。自殺未遂までしたみたいだし。本当は、おなかに鈴木さんの子供がいたのかな~、とそこまで思っていたのですが。鈴木さんが亡くなったショックで流産しちゃって、絶望して、みたいな。
 でも、今の雪子さん(2010.8月号)を見ると……オレのと違うなあ(BY倉石)


 

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: