FC2ブログ

エピソード・ゼロ(1)

 こちらは、鈴木さんが亡くなった直後の薪さんのお話です。

 悲しい薪さんが苦手な方は、ご遠慮願います。
 イタグロが苦手な方も、ご遠慮願います。
 内容は薪×雪に近いです。 あおまき・すずまき派の方は、スルーしてください。


 ……あ、すぎさんしか残ってない。(笑)
 というわけで、すぎさんに捧げます。山本×薪のお礼です。





エピソード・ゼロ(1)




 蒸し暑い夏の夜。
 じめじめと不快な湿気が触手のように纏いつく空気の中を、薪は重い足取りで歩いていた。
 彼の頼りない胸の内側のポケットには、一度返された香典袋。両腕には、部下が好きだった白い百合の花束。
 薪が向かっているのは、死んだ部下の自宅だ。

 先週、地区の斎場で行なわれた彼の葬儀に、薪は出席していない。
 彼が亡くなった経緯はとてもセンセーショナルなもので、様々なメディアに取り沙汰された。事件の当事者である薪は、日夜マスコミの襲撃を受けていた。その事情を知る当家がマスコミに葬儀を妨げられるのを警戒し、薪の参列を拒否した。

 そんな事情でもなければ、ありえないことだった。
 親友の葬儀に参列できないなんて。

 ブロックの上に白い柵が回された塀の前で、薪は足を止めた。ごくごく普通の、二階建ての住宅。窓からは、部屋の明かりが漏れている。
 おずおずと、細い指が呼び鈴を押す。
 家人が出てくるまでの間が、ひどく長く感じられる。
 インターホンからは、何の音も聞こえない。家の人にドアを開けてもらえないなら仕方ない、今日はこのまま帰ろうか、と卑怯者が囁く誘惑に、薪は必死で耳を塞ぐ。

 薪がここに来るのは、ほぼ10日ぶり。
 そうだ、たった10日前だ。自宅療養中の鈴木を見舞い、彼の母親と話をしたのは。

 精神的に参っている状態だから、気をつけてあげてください、と言った薪に、鈴木の母親は気丈にも笑顔で答えた。
「大丈夫よ。今夜は克洋の好きな煮込みハンバーグを作ったから。明日は元気になって、仕事に行けるわ」
 多分、あの画像を見た後でハンバーグは食べられないだろうと思いはしたものの、それを口にすることはできず、薪は曖昧に微笑んだ。
「だから薪くん。克洋の仕事を残しておいてね」
 彼女の笑顔は、掃除したての蛍光灯より周囲を明るくする効果があった。その笑顔でいつも家族を元気付けている彼女は、自分の肉親にするのと同じように薪に笑いかけてくれた。
「鈴木の仕事は僕が引き受けますから。ゆっくり休ませてやってください」
「そんなのダメよ。薪くんの方が倒れちゃうわ。あなた、また痩せたみたいじゃない」
 その時の彼女は強引に、薪の手にハンバーグの入ったタッパを持たせ、玄関口まで薪を見送ってくれた。
「薪くんも身体に気をつけてね。あなたはわたしたちの子供も同然なんだから」
「ありがとうございます。塔子さん」
 無理をしてでも、食べておけば良かった。多分、彼女の手料理は、これから先は食べられないだろう。

 カチャリ、と金属製の音がして、玄関のドアが開いた。
 息子を亡くした母親が、無言で出てきた。
 彼女は、薪の顔を見ようとしなかった。ひたすら俯いて、足元に視線を落としていた。
 10日前とは別人のように憔悴して老け込んだ彼女の姿に、薪は胸を衝かれた。
 きちんと挨拶をしなければ、詫びの言葉を述べなければ、と思ったが、声を出すことができなかった。

「お母さん。だれかお客さん?」
 押し黙った二人の耳に、若い女性の声が聞こえた。声の主は、廊下の奥の方から玄関に向かって歩いてくる途中だった。
 母親の向こうに薪の姿を認めて、凍りついたように足を止める。
「薪兄……」
 薪のことを兄と呼ぶのは、この少女だけだ。

 彼女の名前は千夏。鈴木の妹だ。
 千夏のことは、ヨチヨチ歩きの頃から知っている。鈴木とはずい分年が離れていて、薪が鈴木の家を始めて訪れたとき、彼女はまだ3歳だった。薪はその頃から、料理修行と称して頻繁に鈴木の家に出入りしていた。
 幼児期の彼女に刷り込まれたのは、2人の兄の存在。もちろん、鈴木のほうが実の兄妹である分、結びつきは強かっただろうが、薪のこともよく慕ってくれていた。

「千夏ちゃん」
 言いかけて、薪は言葉を止めた。
 千夏は、薪が初めて見る表情をしていた。

「なんで? どうして薪兄が、洋兄を?」
 玄関口に立つ薪の顔をじっと見て、千夏のアーモンド形の瞳が音にならない呪詛を吐く。

 あんなに仲良しだったのに、どうして?
 どうしてお兄ちゃんを殺したの?
 返して、返して、返して。
 お兄ちゃんを返して。

「止しなさい、千夏!」
 塔子に厳しく叱責され、千夏は目にいっぱいに涙を溜めて、バタバタと自分の部屋へ駆け込んで行った。
「ごめんなさい、薪くん」
「いえ……千夏ちゃんの態度は当然だと……」
「ごめんなさい」
 塔子の様子がおかしいことに気付いて、薪は口を閉ざした。

 ちがう。
 この「ごめんなさい」は、娘の無礼に対する謝罪の言葉ではない。

 ごめんなさい。
 わたしたちは――。
 あなたを憎むことを止められないの。
 ごめんなさい、あなたが悪いわけじゃないことは、ちゃんと解っているの。それでも、心の中が荒れ狂って、あなたを責めたくなる自分をとめられないの。

 ――― 責めてください。僕はそれだけのことをしました。

 いいえ、いいえ。
 あなたに責任があるとかないとか、もう関係ないの。
 あなたを気遣ってるんじゃない。わたしたちには、そんな余裕はないの。
 ただ、克洋が泣くから。
 あなたを責めたら、わたしの中のあの子が泣くから。それがつらくて、でも、自分を抑えるのもつらいの。
 だから……二度とここへは来ないで。

 その会話は、一言も声にはならなかった。この先も、二人の口から洩れることはないだろう。

 やさしいひとたちだから。
 僕に向けるべき刃で、自分自身を抉っていく。そんなひとたちだから。
 もう、二度と会えない。

 本当の息子のように可愛がってくれた、慈しんでくれた。
 兄のように慕ってくれた、笑いかけてくれた。
 ずっと憧れていた家庭の温もり。それを与えてくれた彼らを、僕が不幸のどん底に突き落とした―――。

「わかりました。……鈴木さん」
 乾いた声で、薪は言った。
 それが鈴木の母親との、最後の会話だった。



テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Wさんへ

こんにちは、Wさん。


『壁→|言°)ジーっ』
このタイトルだけで、どなたからか分かりました(笑)

Wさんもお仕事大変だったんですね。
わたしは代理人として現場に行ってたんですけど、現場では邪魔になるばかりで、現場事務所に篭ってました。そこでこのお話を書いてたんです。
だから、きっとWさんのほうが大変だったと思います。


> 鍵コメにしたところでイニシャルでおおかたばれてるから、ほぼ無意味なのですがもはやコソコソしかできないのです。

え?なぜ、コソコソ?

・・・・・おかしいです、Wさん・・・。
面白すぎ・・・・はい、どうせバレちゃってますから、思い切って晒しましょう!(←掟破り)


> >悲しい薪さんが苦手な方は、ご遠慮願います
>
> 大丈夫ですよ
> 壁→|_@)
>
> >イタグロが苦手な方も、ご遠慮願います。
>
> 大丈夫ですよ~
> 壁→|。^)ノ
>
> >内容は薪×雪に近いです。あおまき・すずまき派の方は、スルーしてください
>
> お、おうっ!ちょっとびっくらこいたけど、大丈夫ですよ
> 壁→|_@;)
>
> >・・・・あ、すぎさんしか残ってない(笑)
>
> 無視すなや、ごらぁ!!
> 壁→|言°)


あはははは!!
さすがWさんのツッコミはお見事です!


> このお話のあたり一番キツイ時期かもしれません・・・。

ええ。
きっと、ここが彼の人生のどん底だったと思います。
正直、これに比べたら恋愛の悩みなんか、ってわたしが今まで書いたもの意味ないじゃん!


> そうそう、薪さんの料理の腕が披露されるたび、鈴木母はとってもお料理上手やったんやな~とおもてました。

はい♪
薪さんの料理の先生は、鈴木さんのお母さんですから(^^
鈴木さんを胃袋で捕まえようと頑張ったんですね。振られちゃいましたけど。


> そして鈴木も煮込みハンバーグ好きなんですね・・・。にんじんは・・?

鈴木さんは好き嫌いが多いんです。
野菜全般が苦手で、人参もピーマンも嫌いです。
お子ちゃまです(笑)


> ところで、部下Yさんとこもそうですし、ワタクシもなのですが鈴木は年の離れた妹が・・・っての多いですね(@_@;)わんすけイメージでは16歳差です。
> やっぱそういうオーラが出てるんですかね。

ですです。
鈴木さんはとっても面倒見が良い、というイメージが強いんです。
あの我が儘な男爵の親友をやってたくらいですから、お釈迦様のように心が広い方だったと。

Wさんのイメージでは、鈴木さんのご家族とは親しくないんですね。
いえ、それはWさんが薄情なわけではなく、やさしいからじゃないですか?
だって、ああなっちゃったら仲が良かった方が逆に辛いでしょう。親しかった人に責められたほうがキツイでしょう。
はっ、だからうちのは仲良し設定に!?無意識のうちに残酷な方を選択!?
・・・・・すいません、どこまでも鬼で・・・・。


> 続き楽しみにしております・・・・が、まぢで無理しないでください!!第九ばりに忙しいんですから!!!

ありがとうございます!
このお話、本当にすぎさんくらいしか読んでくれないだろうな、と思ってましたので。
嬉しいです(//∇//)


> 追伸・・・

こちらはWさんのブログへお伺いします(^^

ありがとうございました!


おう!これはまた..

痛そうな薪さんになりそうで、嬉しいです。

あんな変なお話で、こんな素敵なお話が釣れるなんて、エビでタイどころか、ご飯粒でクジラですね。

>あなたを責めたら、わたしの中のあの子が泣くから。それがつらくて、でも、自分を抑えるのもつらいの。

なんというか..とてもすんなり胸に収まる言葉です。
薪さんの存在自体が凶器であり、去ることが彼らの一番の慰めになるなんて。

そんな辛い薪さんが、こんなにも嬉しいなんて...
ああ、そんな私は人非人、それを書くしづさんは極悪非道の亡者ですね。

続き、楽しみにしています。


 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すぎさんへ

お待ちしておりました!

> 痛そうな薪さんになりそうで、嬉しいです。

すぎさん・・・・正直すぎ☆
ステキです!
このお話、多分すぎさんくらいしか読んでくれるひとはいないと思って書きました。もう、薪×雪というところで、みなさん拒絶反応が(笑)


> >あなたを責めたら、わたしの中のあの子が泣くから。それがつらくて、でも、自分を抑えるのもつらいの。
>
> なんというか..とてもすんなり胸に収まる言葉です。
> 薪さんの存在自体が凶器であり、去ることが彼らの一番の慰めになるなんて。

ある意味、一番残酷かな、と。
恨まれていれば、その恨みが薄れればまた歩み寄れるかもしれないですが、薪さんは彼らに拒絶されてしまいました。彼らの人生から締め出されてしまったのです。だから、未来永劫許されないのです・・・・。


> そんな辛い薪さんが、こんなにも嬉しいなんて...
> ああ、そんな私は人非人、それを書くしづさんは極悪非道の亡者ですね。

ちょっ、ちがっ・・・書いてるわたしとリアルのわたしは別人!・・・・と言っても、だーれも信用してくれないですね・・・・ははは・・・・。


> 続き、楽しみにしています。

ありがとうございます。
暗い話は自分でも嫌なので、さっさと終わりにしたいと思います。
よろしくお願いします(^^

Wさんへ

いらっしゃいませ~。

> よ~く~も~さらしたな~~  ヽ(^。^)ノΨ
> ・・・・・でございます。

ごめんなさい(笑)
だって、あんまり面白かったから、つい。
(面白さ優先の人生の中で、今まで何人の友人を失ってきたことか。少しは反省しろ、しづ)


> いつだか告られた男爵が(もはや定着)、『雪子さんにはとてもかなわない。だからお前は彼女と幸せに・・・云々』って言ってたあたりのことでしょうか。

はい、そうです。
このお話は、鈴木さんのことがあったのに、どうしてうちの薪さんは雪子さんと仲良しのままでいられたのか、という理由を書きました。これだけじゃなく、他にも雪子さんには学生の頃から色々とお世話になってまして。だから男爵は雪子さんに頭が上がらないんです。
さらに、これから先もまた・・・・もう、一生頭が上がらないですね(笑)
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: