言えない理由 side A ~あとがき~

 薪さんの失恋話にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。


 うう、ツラかったです。青木くんと別れる話は平気で書けるのに(??)鈴木さんが相手だと、ものすごくイタイです。
 だって、鈴木さんには未来がないから。
 どんな幸せな話を書いても死んじゃうのが分かってるから、思い出にしかならないから、だから何を書いても苦しいです。 それでこんな、表面的に流して書いちゃったんですね~。 根性なしですみません。
 
 この話はsideAで、当然sideBもあるんですけど、そっちは鈴木さんの視点からの別れ話なんですけど、あまりに辛くて書けません。もう、薪さんの殉職話とどっこいどっこいのキツさで、勘弁してくださいってカンジです。
 でもこれを書かないと、鈴木さんがどれだけ薪さんのことを想ってたのか、分からないんですよね。きっと薪さん以上に相手のことを大事に思っていたはずなんですけど。
 なんて思いつつ、大して好きじゃなかったらどうしよう。 薪さんの一方的な片思いで、鈴木さん他に彼女いたらどうしよう。 そんなのやだー。(@@) 書いてみるまで本当にわからないんですよね、わたしの場合(^^;
 春になって気力が充実したら、書いてみようと思います。
 
 
 最終章の、薪さんのモノローグですが。
 とっても後ろ向きな考え方をしてるんですけど、この頃はまだ付き合い始めて1年くらいなので、こんなもんなんですね。ずっとこのままでいるわけじゃないですから、ご安心を。
 何年か後には「僕のためにおまえの親を捨てろ」と言い切るほど前向きになりますから。(←ヒトデナシMAX)
 



 次のお話なんですけど。

 痛いすずまきさんのお口直しに、甘いすずまきさんを。
 7000拍手のお礼の『楽園にて』を公開します。

 って、読み返してみたら、Rキツっ! なんだ、これ!?
 甘いんじゃなくて、エロいんじゃん!?
 ????
 

 どうしてこんなの書いたんだろうとプロパティを調べたら、初書きが2008年の10月だから『若いってこわい』を書いた直後でした。 薪さんが痛い思いしてかわいそう、じゃあ次はキモチイイ薪さんを書いてあげよう、とでも思ったんですかね?(1年半も前のことなんか、記憶にない) 


 本当は3部の地獄の初夜(笑)を公開しようと思ってたんですけど、あれはあちこち修正しなきゃいけないので~、もう少し、お時間をいただきたいと思います。


 ではでは、すずまきすとのみなさま、よろしくお願いします。
 あおまきすとさんは、もう少々お待ちください。
 



テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

狂喜乱舞‥した~いっ!

しづさん、こんにちは~♪
あおまきすとの‥ruruです‥(笑)

10日ほどお邪魔してなかったら‥すっかりendで
‥引っ込めてしまわれた記事は読めませんでしたが
他のは読ませていただきました。

可哀そう‥とか、なんでっ?!
とは言いません。
だって‥失恋しなければ青木との関係は
無かったし‥
心に痛みを抱えることで
甘ったれの独りよがりの部分が少しは人の痛みの分かる、
柔らかい心になっていくと‥思うから。
‥違うか‥薪さんは一筋縄ではいかないひとだった‥(笑)

しづさんは‥ほんとうに鈴木さんのことが好きなんですね‥
なんか、そんな感じが‥
そして雪子女子のことも‥
いいんです。しづさんの三好さんですからね。

原作とは違う‥違う‥違うんだ‥と暗示をかけて
読ませていただきましたから。

「僕の為に親を捨てろ」
私とお母さんのどちらが大事なの?!
と、問いただす嫁のような‥(笑)

捨てろ‥そう言われて、ハイ分かりました!
という青木と‥人としてそれは‥と言う青木だったら
どちらが薪さんの好みなんでしょう?

ああ、すみませんっ!
そのお話はまた今度書かれるお話ですね。
失礼しました。

執筆お疲れ様でした。
今度はあおまきすと狂喜乱舞のお話を
お待ちしています。

‥自分が狂喜乱舞したいだけ‥

それから‥隠していた記事‥
しづさんに申し訳ないような気がして‥
修正して出すかもしれませんが‥構わないでしょうか‥
今更ですが(^_^;)

Re: 狂喜乱舞‥した~いっ!

こんにちは、ruruさん。お返事遅くなってごめんなさい。
1週間ぶりの管理画面ですよ~、一昨日までずっと午前様だったんですよ。リアル第九(笑)

ruruさんも大変でしたね、ダンボールに囲まれて。
腰痛は治りました?
わたしも右膝が痛いです。ばばあですみません・・・・。



> 可哀そう‥とか、なんでっ?!
> とは言いません。
> だって‥失恋しなければ青木との関係は
> 無かったし‥

うひゃひゃ、あおまきすとならではの理由ですね(≧∇≦) ウケました!
鈴木さんは死んじゃうので、失恋しなくても青木くんと恋に落ちる可能性はありますが、そうですねえ、無かったでしょうねえ。


> 心に痛みを抱えることで
> 甘ったれの独りよがりの部分が少しは人の痛みの分かる、
> 柔らかい心になっていくと‥思うから。
> ‥違うか‥薪さんは一筋縄ではいかないひとだった‥(笑)

そうですよね、恋はひとを成長させるものですよね。
あらっ!? うちの薪さんて・・・・(TT)


> しづさんは‥ほんとうに鈴木さんのことが好きなんですね‥
> なんか、そんな感じが‥
> そして雪子女子のことも‥

え!?
違います、違いますよっ!
わたしが好きなのは薪さんです、薪さんだけ。あとのひとはけっこう、どうでもいいです。
あ、岡部さんは好きです、でもあとはどうでも・・・・すみません・・・・。


> いいんです。しづさんの三好さんですからね。
> 原作とは違う‥違う‥違うんだ‥と暗示をかけて
> 読ませていただきましたから。

ああ、これね・・・・・・。
じ、実は~~、
薪さんが雪子さんに『死ねばいいと思ってた』という辺りは、かなーり原作を意識してまして・・・・この話書いたの、5巻読んだばかりのころだったから。雪子さんを激しく憎む薪さんを見て、すっごい落ち込んだので、そのリハビリに書いたんですよね。
わたしがお話を書く理由は原作による凹みのリハビリなので、原作と似たような状況を敢えて作りまして、そこからハッピーにつながる展開に持っていくんです。謂わば結果のすり替えですね。ぜんぜん関係のない明るい話を書いても虚しくなってしまうので、こういうお話になるみたいです。


> 「僕の為に親を捨てろ」
> 私とお母さんのどちらが大事なの?!
> と、問いただす嫁のような‥(笑)

あはは、そうですね(笑)
愚問ですよね、あれって。だって、お母さんがいなかったら旦那さん生まれてないのに。


> 捨てろ‥そう言われて、ハイ分かりました!
> という青木と‥人としてそれは‥と言う青木だったら
> どちらが薪さんの好みなんでしょう?

薪さんの好み、ですかあ?
「わかりました」と言えば怒るし、「それはちょっと」と言えば泣くんじゃないでしょうか。(じゃあ、どうしろと?)


> ああ、すみませんっ!
> そのお話はまた今度書かれるお話ですね。
> 失礼しました。

いや、すっごい先のお話なんで。
公開するかどうかもわかんないです。だって、5年後だよ?それまでの話が400Pくらいあるし。って、書きすぎだよな・・・・。


> 執筆お疲れ様でした。
> 今度はあおまきすと狂喜乱舞のお話を
> お待ちしています。
>
> ‥自分が狂喜乱舞したいだけ‥

あおまきすと狂喜乱舞ですか?
どうだろう。3部に入ってからは、あんまり明るい話が無いからなあ。
恋心が募れば募るほど、展開が暗くなっていくんですよね(^^;
うう、やっぱりくっつけないほうが良かったかなあ・・・・最近、切実に思うんですよね~。どうもうちのふたりは、恋人になる前の方が幸せだったような気がします。
なんかね、原作でも薪さんの恋心が明確になる前の方が平和だったでしょう?あんなカンジ。書いてるほうは楽しいんですけどね。Sだから(笑)


> それから‥隠していた記事‥
> しづさんに申し訳ないような気がして‥
> 修正して出すかもしれませんが‥構わないでしょうか‥
> 今更ですが(^_^;)

はいはいはいはい!!!!
出してくださいっ!!てか、出すべきですよ、もったいない!ruruさんのはわたしのと違ってグロくないですから、美しいですから☆☆☆
みなさん、楽しみにされてますよ(^^
お待ちしてます♪

Aさまへ

Aさま、こんにちは。
お返事遅くなってすみません。


>「僕のためにおまえの親を捨てろ」言いましたねー!
>ここから長かったですね(笑)

言っちゃいましたね~。
まったく、なんてことを言うのか、もう最低でございます☆
長かったですねえ。 丸5年掛かりましたからねえ。 よくぞお付き合い下さいました。


>「仕事中だけでもいいから一緒に過せればそれを支えに生きていける・・」このセリフが原作の薪さんとダブって、今はそれすらも諦めていると思うと・・(тт)

この辺は、原作を意識しておりました。
きっとこんな風に思って、諦めてしまっているのかなあって。 
諦めているから、薪さんは自分からは絶対にアクションを起こさない。 だから、青木さんからアプローチして欲しいのっ。 踏み出せ、青木っ!


>死ぬ間際に愛してるなんて言われたら余計、青木が辛いじゃないですか。それはちょっと、自分勝手な気がします。予防線を張る気持ちは解るけど(´`)

そうですよね~。
「青木に殺されたい」と、どっちが身勝手ですかね?(笑)


sideBは、
バカ話をひとつ挟みまして、その次に公開したいと思ってます。
もう少々お待ちください。
年末年始に暗い話になっちゃうかもしれませんが、どうか広いお心でお願いします。

はじめまして

はじめまして。

最近「秘密」を読みまして、ネットでレビューなどをちこちこ読んでいるうちにこちらにたどり着きました。

たくさんのSSがあって、
しづさんの筆力に圧倒されつつ、すこしずつ拝読しております。

今の連載も楽しみにお待ちしております。

ところで、この言えない理由ABなのですが、とてもぴったりの歌があって、読みながらその歌が頭をぐるぐるしてしまうのです……
もしかしてしづさんはこの歌を知っててお書きになったのでは?!と思うほどなのですが、良かったら聴いてみてください……

https://www.youtube.com/watch?v=JSWnpl34QMk

突然すみませんでした!

また遊びにきます〜!

にゃんたろーさまへ

にゃんたろーさん。(かわいいHNですね!)
はじめまして。コメントありがとうございます。

最近、秘密に読まれたのですね。新しいファンの方が増えるの、嬉しいです(*^^*
わたしも昔はメロディ読了後、ブログさま巡りをしてレビューを読み漁りました。同意あり、反意あり、新たな発見あり、レビューって素晴らしいですよね。


うちの与太話、読んでいただいてありがとうございます。
やっちゃいました感が溢れてますけど、少しでもお楽しみいただけたら幸いです。


>ところで、この言えない理由ABなのですが、とてもぴったりの歌があって

教えていただいてありがとうございます。早速、聴いてみました。
山崎まさよしさんと言えば、「家政婦のミタ」の主題歌歌ってた人ですよね?(芸能関係疎くてすみません~~(^^;)
「全部きみだった」と言うフレーズが、まさに 薪さん→鈴木さん ですね。心の底では鈴木さんも同じだったと思いますが。
こんな風に、イメージ曲を持っていただけるの、とても光栄です。別れのシーンとか、バックに流れてたら素敵ですね。


どうもありがとうございました。
にゃんたろーさんの、またのお越しをお待ちしております♪

ありがとうございます

しづさん、お返事ありがとうございます!

ミタの方は斉藤和義さんですね。(似てるのでよく間違われているみたいです)
山崎まさよしさんは一番有名なのはSMAPが歌っている「セロリ」ですかね……
もともと好きでよく聞いていたのですが、「秘密」を読んだ後

One more time,One more chance
https://www.youtube.com/watch?v=BqFftJDXii0

が、1〜3巻くらいの薪さんにぴったりだなーと思い(4巻くらいから青木くん好きになっていっちゃうので)

僕はここにいる
https://www.youtube.com/watch?v=1ASyySFOA5Q

が、12巻のエピローグの青木くんにぴったり(「手を伸ばしても届かない場所にいる」とか「二人だけの約束を」とか「もっと君のこと知りたい」とか本当にぴったりです!)

とおもってアルバムを聴いてたら、そこに「全部、君だった」が入ってたのです(^^)

しづさんの鈴薪さんはお互いをとても大事におもっているのにどうしてうまくいかなくなっちゃったんでしょうね?切ないですね……。

お忙しいことと存じますが、「青木警視の殺人」も楽しみにしております!


にゃんたろーさまへ

にゃんたろーさま。


>山崎まさよしさん

間違ってしまってすみませんでしたー!
そうだわ、斎藤和義さんだわ。よく似て、て、似てませんよね(^^;



「One more time,One more chance」

これは薪さんだー! わたしの好きな薪さん。
「記憶に囚われて 次の場所を選べない」 とか
「夏の思い出が回る 不意に消えた鼓動」 なんてモロですよね?

じっくり聞いてみました。・・・音を取るの難しいです(^^;



「僕はここにいる」

こちらは青木さんソングなんですね。
本当にそうですね!
「溜め息だけが~の帰り道」 という状況も最終回にぴったりです♪


> しづさんの鈴薪さんはお互いをとても大事におもっているのにどうしてうまくいかなくなっちゃったんでしょうね?切ないですね……。

それはしづがあおまきすとだから。<おい。
その割には青薪さんより鈴薪さんの方が甘いんですよねw

思い合ってるのにすれ違ってしまうの、切ないですよね。・・・大好物です(笑)


プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: