トライアングル~あとがきとお礼です~

 どろんどろんの三角関係にお付き合いくださって、ありがとうございました。
 途中、一部(いや、ほとんどかしら?)の方々に多大な苦痛を味あわせてしまって、申し訳ありませんでした。 追放されないように、しばらく大人しくしていようと思います。


 
 作中でも申し上げましたが、このお話は2009年5月に書きました。
 プロットができたのはもっと前、1月ごろだったと思います。ええ、婚約発表の直後ですね。 
 まさかすんなり婚約するとは思っていなかったので、かなーりショックで。 もう、木根屋のとんかつが頭の中をぐるぐる回っておりました。 
 まあ、5巻のショックに比べたらそうでもなかったですけど、それでも青木さんを恨みましたねえ。 薪さんが可哀想で。
 で、こんな話に。(←サカウラミ得意)
 徹底的に青木くんをいたぶる予定だったんですけど、どうしてかなあ。 青木くんが泣くと、薪さんがそれを上回るほど泣くんですよね。


 このお話で一番書きたかったシーンは、きっついR、じゃなくて~~、
(15)の『空に向かって青木くんの名前を叫ぶ薪さん』です。
 
 この薪さんを書きたかったんです。
 想いの限りを込めて、大声で愛する人の名前を叫ぶ、そういう積極的な薪さんを書きたくて。 でも、よっぽどのことがないと、うちの薪さんはそんなドラマティックな行動には出ないので、ちょっと追い詰めてみました。
(たったそれだけのために、レイプまでされるうちの薪さんって……)

 このシーン、イメージソングはアニメのOP『ココロフィルム』の2番でお願いします♪
 曲の中で『まだ遅くない』と薪さんに笑ってくれるのは、雪子さんだったらいいな、とずっと考えておりました。 あおまきすとなら、ここは青木さんで想像するべきなんでしょうけど、わたしは薪さんに赦しを与えるとしたら、鈴木さんの恋人だった雪子さんだろうな、と思っていたので。 10月号で微妙なことになってしまいましたが。


 それと、青木くんに言わせたかったのが、『あなたが誰を見ていても』
 そうです、5巻で雪子さんにプロポーズしたときのセリフです。
 あおまきすとで腐女子のわたしには、あのシーンはとっても辛くって~、リハビリをせずにはいられませんでした。
 以前も書きましたけど、創作はわたしにとってはリハビリであり、その手法は「同じような状況を作り出し、かつ、そこから薪さんを幸せにする」というものです。 で、こんな話になったんですね、多分。

 この後、うちのあおまきさんは恋人としてやり直すんですけど、ていうか、ここからが本当の恋人同士になるんですけど。て言うのもですね、薪さんが初めて自分から青木くんを欲するのはこの話なので。
 今までずーっと受身だったのが、初めてアクションを起こして自分から彼を追いかけ、彼の名を呼び、彼にキスをする。 
 青木くんが帰ってくるのを待ってるんじゃなくて、自分から取りに行ったんですよ、自分の未来を。 
 うちのスットンキョー男爵にしては、がんばりましたよね? 雪子さんに背中を蹴飛ばされてましたけど(笑)それでも頑張ったと思うなあ。

 
 この事件は当然、ふたりの間に禍根を残します。
 青木くんは異常なくらいにヤキモチ妬きになって、薪さんはベッドの中で自分を解放することにためらいを覚えます。(だからなかなか上手にならない) うちのふたりは色んな障害があるんですよ、内にも外にも。
 なんでそんな厄介な設定に、と言われそうですけど~、
 だって、ふたりで協力してそこを乗り越えて行く様子を書きたいんだもん。 

 心から愛し合ってて、ラブラブいちゃいちゃ、そういうのも書きたいんですけど~、うちの二人には向かないみたいです。 
 何よりもうちは、最初から強い愛情で結ばれているわけではないので。(もう、ここであおまきすと失格だな)

 年月が経つにつれて、段々に深まる二人の絆を書いていきたいです。 
 冷たい風に吹かれるたびに甘みを増す冬野菜のように、悩みや惑いにぶつかるたびに、危機に直面するほどに、相手への愛を深めていく。 最終的には、よそ様のあおまきさんに負けないくらいラブラブに~、でもそうなったら物語としては終わりかもしれませんね、うちの場合。


 そんなわけで、ごゆっくりお付き合いください。
 なお、これからもそんなに甘いお話はないです。 こんなにバンバン爆弾落ちるわけじゃないですけど、よそ様の甘いあおまきさんに比べたら、うちのは本当に未熟なので~~~、(ていうか、書いてる人間が未熟)
 すみません、甘さは期待しないでくださいね。


 



 はい、ここからお礼です。


 2010年6月14日、このブログが1周年を迎えました。
 これも、当方に訪問してくださる方々、さらには励ましてくださる方々のおかげです。 本当に、いつもありがとうございます。

 ブログを開設した当初は、こんなにたくさんの方々にご訪問いただけるとも、こんなに多くのメッセージをいただけるとも思っていませんでした。みなさまの懐の広さに、ただただ感謝するばかりです。
 また、『秘密』を通してお友だちになっていただいた方々との交流は、今やわたしの人生の唯一の潤いと言っても過言ではありません。 
 いえ、大げさではなく、本当に。
 わたしには子供もいないし、他に趣味もないので。(さびしい人生ですね、とか言われそうだ)

 この1年の間に、人生のタカラモノがいっぱいできました。
『秘密』のおかげ、そしてブログのおかげです。
 限りない寛容の心でお付き合いくださる秘密コミュのみなさまと、わたしがブログを開くきっかけになった『MAKI rulez』のめぐみさんに、改めてお礼申し上げます。 




 さらにですね。
 ファーストインパクトの最中に、拍手が9000を越えました!(喜!)

『トライアングル』もあんな鬼畜なお話だったのに、たくさん拍手をいただいて~、みなさん、やさしいです。
 特に、生粋のあおまきすとで、雪子さんと青木くんの接近にぷんぷん怒りつつ、『なのに何故わたしは拍手を押しているのか』と自問しながら拍手してくださったSさま。 ありがとうございました。
 もう、ユニークな方がたくさんいらっしゃって、笑い皺が増えちゃいそうです。



 それで、これからの公開予定なんですけど。

『斜塔の頂』 第3部の最終話です。『トライアングル』のフォロー話になってます。
『女神たちのブライダル』 お待たせしました、6000拍手のお礼です。 遅くなって本当にすみませんでした~~!!!
『天国と地獄』 9000拍手のお礼です。 リク投票5位でした。 
 こちら、男爵シリーズ(パラレル)で純粋なギャグになってます。 あおまきさんが二人してソープランドに行くお話です。(なんじゃ、そりゃ、と言われましても)


 引き続き、どうかよろしくお願いいたします。

 

テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Sさまへ

こんにちは、Sさま。
いつもコメントありがとうございます!

甘いあおまきさんがお好きなSさまを苦しめてしまって、大変スミマセンでした!
それなのに、最後まで読んでいただいて、拍手もコメもいただいて、Sさまのご厚情に頭が下がる思いです。
あ、でも、これからもきっと、こういうの出てくる・・・・・・だってもう、サードインパクトまで書いてあるし~~、ごめんなさい・・・・・・(;;)



>私は何も四六時中べたべたしろと申しているんじゃございません。ハイ、はっきり言ってそれはワタシの趣味ではございません。

でしょうねえ、だったらわたしのSSなんか、読めませんからねえ(苦笑)


>でも、でもですよ、何で今から最後の時を見据えていらっしゃるんですか、薪さん。

だ、だからこれは~~、
この後の話に掛かってくるから~~、
薪さんがあんまり前向きになっちゃうと、この後のお話が続かないんですよ~(^^;


>そしてそんな薪さんを本当に十年後に旅立たせようとなさってらっしゃる?し・づ・さ・ん?

きゃー、区切って名前呼ばれた!
こわい、こわいよ、Sさまっ(><)

はい、この予定は無くなりました!(あっさり)
実は4月に、このお話の最終話を書きました。薪さんはちゃんと生きていて、青木くんにプロポーズをしてました、てへっ。
『楽園にて』はパラレルなので、あれは本編とは切り離して考えてください。少なくとも、6年後の薪さんは青木くん一筋で、死んでも鈴木さんとああなるとは考えにくいです。 
ここだけの話、5年後の薪さんは夢の中で鈴木さんのキスを拒否するんですよ、青木くんが好きだから。 書いてるわたしもびっくりしました(@@)

てなわけで、ちょっと時間は掛かりますが、ちゃんと幸せになりますから♪


それと、8月号の雪子さんですかあ?
もう、あのひとはああいうひとなんで・・・・・・なんだろう、あのアッサリしたカミングアウトは・・・・・もしかして、恋愛感情だと思ってなかったとか・・・・・謎です・・・・・彼女の心の変遷が分かりません・・・・・・・。


>よしんば恐れ多くも私が薪さんの・・・・・

ぎゃははははは!!!
可笑しい、おかしいですよ、Sさまっ・・・・・! ひーこら、おなかイタイ・・・・!!!
お体の中心とか、宇宙まで吹っ飛ぶとか、もう、笑い崩れました(>∇<)

Sさま、マジでお怒りだったんだと思うんですが、選ばれる言葉や例えが実にユニークで、すみません、笑っちゃダメですよね、一緒になって怒るところですよね、だけど・・・・・・・
ごめんなさい、おかしいよーー!!!

はあはあ・・・・(息を整えている)

はい、Sさまの仰るとおりですっ。 それが好きということだと思います!

ありがとうございました!(^^

Kさまへ

Kさま、こんにちは。
コメントありがとうございます。


お祝いの言葉をありがとうございます!
はい、何とか1年続きました。 これも、Kさま初め、訪問してくださる方々のおかげですっ!!
拍手もKさまに沢山沢山、いただきました! ありがとうございました!!


>しづ様のブログに出会えた事は私にとっても何と言いましょうか・・・happyな(陳腐な表現ですみません)事でした!!

きゃあ☆ こんな幸せな言葉をいただいてしまってよろしいのでしょうか?
わたしこそ、読んでいただけて、こうしてコメントまでいただけて、(しかもこのドS話に!) とってもとってもハッピーですっ!



>そんなワケで、これからの作品の予定にはぜひ、カッコいい小野田さんをお願いします!


作者イチオシの小野田さんをコールしてくださって、嬉しい限りですっ!! 
ええ、書きますとも♪ セカンドインパクトは小野田さんが主役と言っても過言では・・・・・・あ、いや、主役は中園か? ある意味、間宮か?
あれもきっと、Kさまのお好みかと。 そのうち公開しますので、よろしくお願いします。


>8月号・・なんか、もう・・どうしていいのか|||||今は10月号の発売日を待つばかりです(早っ!!)

うううう、これは本当にわたしも狼狽してて・・・・・・なんかですね、2,3日、意識がはっきりしなかったのですよ。 事件の被害者が、あまりにもショックで・・・・・それでコメのお返事も遅れてしまって。 記事は予約投稿かかってたんですけど。
とにかくもう、暗い展開しか思い浮かばなくなってしまって・・・・・・・わたしもKさまと同じ気持ちです。 ひたすら、10月号を待ってます!

ありがとうございました!
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: