ジンクス あとがき代わりのお礼と言い訳

 ここまでお付き合いくださって、誠にありがとうございました。
 こんな長くてダラダラした話を読みきれる方は、薪さんの名前さえ出ていれば電話帳でも読める方だと思います。
 読んでくださった方々には、こころから敬服しております。
 書いた本人が推敲中に眠くなるくらい、長い長い。しかも固いわタルイわで。ガマン大会かっての。
 眠れない夜にぜひどうぞ。3分で睡魔が襲ってきますってなカンジです。

 長くなるのは文章力のない証拠。なんでもかんでも詰め込めばいいってもんじゃない、と叱られたこともありましたが……。
 正直なところ、岡部さんのマッサージとかカレー食べるところとか、最後のピザのところなんか、ないほうが話が締まるのは解ってるんですよ。
 でも、薪さんが絡むと、削りたくなくなっちゃうんです。どんなエピソードも大切に思えて。
 やっぱりわたしは薪さんのことが大好きなんです。……じゃあ、どうしてあんなに僕を泣かせちゃうんでしょう(笑)

 
 わたしの薪さんが言葉が悪かったり、ケンカが強かったりするのは、アニメの影響もあります。
 アニメでは結構「バカヤロー」とか言ってるし、柔道の心得もあるみたいでしたよね。その傾向が強まっていってしまった、というか。

 この調子で、これからもうちの薪さんは下品です。しかも、長い話ばっかりです。
 飛ばし読みで充分ですので、お付き合いいただけたらこれ以上の幸せはございません。


テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめましてm(__)m
初コメントさせていただきます。「ジンクス」すっごく面白かったので!!
エンターテイメントって感じで、主軸になるテーマは最初から最後までブレないのに、カレーとかその他のエピソードが効いててとても楽しかったです!!!(>_<)

他のお話も読ませていただいたのですが、斬新な設定ですね!!
青木が既に薪さんに惚れてることよりも、男っぽい薪さんよりも、雪子さんと薪さんの仲がいいことよりも、雪子さんと青木のツーショットを見た薪さんの『何やってんだ・・・あいつ、連れ込めよ(゜言゜)チッ』
が衝撃的でした!!!(笑)

怒涛のように更新されているので、最近すっかり夢中で読ませて頂いております(>_<)
乱文失礼しました。では。

Re: はじめまして

はじめまして、わんすけさん!
お褒めの言葉を頂いて、感激です。

> エンターテイメントって感じで、主軸になるテーマは最初から最後までブレないのに、カレーとかその他のエピソードが効いててとても楽しかったです!!!(>_<)

本当ですか?
ダレダレだと作者は反省してました。こんな風に受け取ってくださる方がいらして、ありがたいです!


> 他のお話も読ませていただいたのですが、斬新な設定ですね!!

・・・・そうなんです。
この設定、やっていいものかどうか、迷ったんですが。
書き始めたのがコミックスの4巻と5巻の間だったもんで、その設定のまま(つまり雪子さんがいいオンナのまま)書き続けてしまったのです。
仕方ないので、めぐみさんのコメントのお言葉をお借りして、斬新な設定で通すことにしました。

> 青木が既に薪さんに惚れてることよりも、男っぽい薪さんよりも、雪子さんと薪さんの仲がいいことよりも、雪子さんと青木のツーショットを見た薪さんの『何やってんだ・・・あいつ、連れ込めよ(゜言゜)チッ』
> が衝撃的でした!!!(笑)

なんてお心の広い!
こんなの薪さんじゃないです、と怒られるだろーなー、と思いつつUPしましたから。
わたしの脳内薪(原作の薪さんではございません)はこんなどーしよーもないやつです。これからますます問題発言しますので、その・・・ごめんなさい。先に謝っておきます。(だったら書くなよ)

面白かったです!!

今朝は「23日目の秘密~天空の霊園~」を読んでいたら、出掛ける時間に間に合わなくなりそうになり、夫から白い目で見られました(^^;
時の経つのを忘れて読みふけってます。

さて、帰宅してから「ジンクス」読ませていただきました♪
とっても面白かったです。
盛りだくさんなのに筋がきちんと通っていて…二次創作のレベルじゃないですよぉ、これはもうプロです!

薪さん、ついに青木に…これからどうなるのかドキドキです。
雪子も良いですねえ、ああ、こんな4巻のような雪子でいて欲しかった…。

原作薪さんのイメージを壊していないか云々のお話ですが、私も自分で書いていてよく不安になります。
でもよそ様の創作を読んでいて、確かにこれは原作ではないよな、と思える薪さんでも、不思議と受け入れられるし、違う!と思ったことってないんです。
そしてちゃんと薪さんだと思える…人の頭って意外と寛容に出来ているんだなと思います。

続いて「室長の災難」読ませていただきます。
寝る前に読む時間、あるかな~~~。

Re: 面白かったです!!

めぐみさん、ありがとうございます!

> 今朝は「23日目の秘密~天空の霊園~」を読んでいたら、出掛ける時間に間に合わなくなりそうになり、夫から白い目で見られました(^^;

あはは。
わたしも、めぐみさんのSLIPまとめて読んでて、朝食が手抜きになって夫にブツクサ言われました。お互い様ってことで!

> さて、帰宅してから「ジンクス」読ませていただきました♪
> とっても面白かったです。
> 盛りだくさんなのに筋がきちんと通っていて…二次創作のレベルじゃないですよぉ、これはもうプロです!

ううう、めぐみさんに言ってもらえると、すっごく嬉しいと同時に恥ずかしくなります。
めぐみさんの実力、存じ上げておりますから。


> 原作薪さんのイメージを壊していないか云々のお話ですが、私も自分で書いていてよく不安になります。

え!?
いや、めぐみさんの薪さんは、ばっちり薪さんのまんまですよ?
でもって笑える要素を組み込めるのがすごいなあ、と。

> でもよそ様の創作を読んでいて、確かにこれは原作ではないよな、と思える薪さんでも、不思議と受け入れられるし、違う!と思ったことってないんです。
> そしてちゃんと薪さんだと思える…人の頭って意外と寛容に出来ているんだなと思います。

・・・(泣いてます)
ほっとしてます・・。
かなり気になってたもので・・(だから始めにお読みください、にも入れたんですけど)

ああ、やっぱりこれは薪さんへの愛の大きさの為せる技だと思います。
わたし、今でもそうなんですけど、『薪』って言葉を文章に書き込むだけでもすごく幸せな気分になるんです。
最初の頃なんか、『薪』って呼び捨てで書くのが申し訳ないような気がして、ずーっと『室長』、って書いてたんですよ。バカですね。
でも、そのくらい原作の薪さんを大切に大切に、想っているんです。(じゃあ、この仕打ちは何なんだ?BY脳内薪)
だからこそ、そのまま書けなかったのかもしれません。別人格を生み出さなくては、恐れ多くて動かすことができなかったのかも。(単におまえの能力不足だBY脳内薪←うるさいなあ・・雪子さん、お願いします。)


> 続いて「室長の災難」読ませていただきます。

めぐみさんに読んでいただけて、本当に本当に、うれしいです。
うれしいんです・・けど・・・その・・・・。

こんなところで駄文読んでるヒマがあったら、SLIPの続き書いてください!!!
あそこで切るって、切るって・・うがーーー!
来週までなんて、待てません!これ以上、わたしの睡眠時間を削らないでください!気になって眠れないい!
お願いします・・・わたしを眠らせてください・・・。

NoTitle

本当に。
一杯色々と詰め込んであって、特に半ばの、薪さんが目を閉じて終わった回では、私が泣きそうでした。

でもこの薪さんは、お一人でも解決出来るのですね・・強い・・
でも、青木が駆けつけてキレてくれて、嬉しかったです(;▽;)
(あ、でも、そのせいで余計にことが大きくなったのか・・)

青木を雪子とくっ付けようとまで思っていた薪さんが、遂に・・(TT)
青木、良かったね・・・

そうなんです。
青木は鈴木さんとは違うんです。
だからいいんです。

色々あったのに、最後はやっぱり切ない静かな余韻で・・
上手過ぎます・・しづさん・・

Re: NoTitle

長い長いお話にお付き合いくださって、ありがとうございました。

> 一杯色々と詰め込んであって、特に半ばの、薪さんが目を閉じて終わった回では、私が泣きそうでした。

『すいません。ご心配おかけして』(岡部さんに謝ってる薪さんの口調で)

> でもこの薪さんは、お一人でも解決出来るのですね・・強い・・

そうなんです。うちの薪は青木より強いですから。
だからよけいに青木はヘタレなんです。

> でも、青木が駆けつけてキレてくれて、嬉しかったです(;▽;)

え?キレて?
・・・かのんさん、危ない男が好きですか?

> 青木を雪子とくっ付けようとまで思っていた薪さんが、遂に・・(TT)
> 青木、良かったね・・・

ついにって、べつに何もしてませんから!
(コメントで妄想広げてどうするんだ、わたし)

> 色々あったのに、最後はやっぱり切ない静かな余韻で・・

本当はこれ、最後にピザを食べる話は削ろうと思ってたんですよ。青木と雪子さんが話してた節で終。
そのほうが締まるな、と。
でもね。
薪さんが泣いたままだと可哀相なんで、蛇足しちゃいました!(><)ダメなやつ!
クオリティより薪さんのフォロー。(自滅)
ええ、ええ。これが腐女子の生きる道、ですよね(笑)

実は

連投すみません・・・実は私も薪さんが目を閉じたところでてっきり・・・。しかもどんくさいことに、次の2話(青木と竹内が来てくれるところ)を間違えて飛ばして読んでしまって・・・。
目を閉じる→げっそりして第九にご帰還だったので・・・・

・・・・・・(゜Ⅱ゜;;;)))ブルブルガクガク

・・・・・・・・・ま・・・まき・・さん・・・・・・?

いやああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・

って感じでした・・・。
いや後で読んで、青木の暴走にまた笑ったんですけどね!
でも本当に仕事や上下関係の背景までしっかりと書き込まれていて、素晴らしかったです!

Re: 実は(わんすけさんへ)

あははは。
わんすけさん、言わなきゃわかんないのに。正直な方ですね(微笑)

> 目を閉じる→げっそりして第九にご帰還だったので・・・・

ああ、そっか。
こうしておけばよかったんだ~。
んでもって、あとから青木がビデオに気付いて、再生してみたら背負い落しが決まってる、と。
そのほうが青木が苦しみますね。(ニヤリ)

> ・・・・・・(゜Ⅱ゜;;;)))ブルブルガクガク

> ・・・・・・・・・ま・・・まき・・さん・・・・・・?

> いやああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・
> って感じでした・・・。

なんか、命の危険にさらされたようなコメなんですけど・・・大げさだな、わんすけさん!
こんなんで騒いでたら、みひろさんのB面は読めませんよ!

> いや後で読んで、青木の暴走にまた笑ったんですけどね!

ほんと、うちの青木は空回りヤローですよね。
やることなすこと、ほとんど薪さんの役に立っていないという。
『他のブログの青木はいいなあ・・みんな有能で』(脳内薪、こころのつぶやき)

コメントいただくのって、本当にありがたいです。
自分の書いたものがだれかに伝わっている、という実感。ほんのすこしでも、だれかと思いを共有できている、という満足感。
ブログ始めて、ほんとうによかったあ。(バカなので、あちこちで失敗してますけど)
ああ、だんながいなかったら、タイムリミットを気にせず書けるのに!
(・・・いま、ちょっとだけ殺意が・・(゜Ⅱ゜;;;)))ブルブルガクガク)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Mさまへ

鍵付きコメいただいた、Mさまへ

ここでは一言だけ。
わたしは、とっくに愛してます。両思いですね!(笑)

つづきはMさまのブログにて。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Sさまへ

Sさま。


過去記事に拍手、ありがとうございますー。
読み返しとか本当に有難い、でも申し訳ない、あわわってなる。
Sさんのイラストもそうだと思いますが、文章も年月とともにこなれてくるんです。 この辺はまだ文がつながってなくて読み辛いですよね、すみませんです。


>竹内さんと青木さんの活躍と仕返しが痛快で楽しく大好きです。

痛快……あの下品な仕返しを痛快……。
Sさんて本当にやさしい。 涙でる。(;;)


この頃は未だ、青木さんの告白すらしていない状態でしたからね~。 懐かしいな~。

この時期のドキドキ感て、また格別ですよね。(〃▽〃)
そして、相手の気持ちに気づいてない故のギャグを書くのがまた楽しかった♪


ツイッターはですね、
アカウント自体は2年位前に取ったんですよ。 Mさんが作ってくれたbotが見たくて。

でも元来飽きっぽい性格で、みんなが集中する夜はオットに邪魔されて入れないしで、ほったらかしにしてたらアカウントなくなっちゃったんです。(笑)
でも最近、ツイッターに画像をアップされる方が増えたでしょう?
見たいな~、と思って再度アカウントを取りました。 今度は頑張って続けてみようと思います。
ツイッターを覗く時間は一日の中でせいぜい30分くらいで遅リプ確定ですが、Sさんもお気軽に絡んでやってくださいー。
あ、進撃のRT、ありがとうございました。 笑いました。 ジャン、不憫ww。


プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: