原作について少しだけ

 
 わたしが今、原作について考えていることを少しだけ。

 こういう文章はとっても苦手なので、上手く伝わるかどうか不安なのですが、自分の気持ちの整理のために記してみました。
 なお、これは個人的な見解ですので、ご不快に思われましたらすみません。


 いらっしゃいませ。



 8月号でがっつり落ちて、少年漫画の世界へ逃避していたしづです。

 やっぱりいいですね、あちらの世界は。
 単純で、善悪がはっきりしてて、何の疑いもなく主人公を応援できます。どんな窮地に突っ込んでいく主役でも、死なないことが分かってるから。
 これが薪さんだったら・・・・・・あああ!キケンなことはしないでください!と制止してしまいます(それじゃ話にならんやろ)

 
 この先の展開って、薪さんと青木さんが巨悪と戦うみたいな感じになって、本来のわたしなら、とってもワクワクするはずなんですけど。
 どうしても薪さんの心痛や苦悩に眼が行ってしまって、楽しみにできません。むしろ、怖いです。
 発売日が待ち遠しいというよりは、恐ろしいです。 現場検査の日を待つみたいな気分です。


 この心理状態って、どう考えても普通じゃないですよね?

 かのんさんのお姉さんも仰ってらしたように、普通の読者は純粋に続きを待っているのですよね。
 清水先生も、そのおつもりでお話を作っておられることと思います。決してわたしのように、心配のあまり仕事も手につかなくなるような社会不適格者を量産したいわけではないと思うのです。
 (これが計画的だとしたら、ものっそい地道なテロ活動?)


 なので、
 普通の漫画を読む心構えで、秘密を読んでみようかな、って。


 ちょっと分かりにくいかもしれませんが、わたしは秘密を読むときは『読む』という意識ではなく、『薪さんにお会いする』という意識なんです。(ええ、もうバカと呼んでくださって・・・・・・) 
 で、普通の読者モードにスイッチを切り替えまして、楽しもう、という気持ちを自分の中に盛り上げまして、読んでみました。
 読んでみましたらね。


 薪さん、大きくなったなあって。


 わたしにとって、5巻は鬼門だったんですけど、その理由というのがあおまきすとの風上にも置けない、てか、薪さんファンとしてそれはどうよ、というような、つまり、
『5巻の薪さんの言動は手放しで賞賛できない』というものでした。(うう、とうとう暴露してしまった・・・・・・)
 雪子さんも雪子さんだけど、薪さんも薪さんだよな、って。彼女の非をあげつらったところで、彼の行動が正当化されるわけではないですからね。どっちもどっちだろ、って感じで。
 
 わたしはそれまで、薪さんのことを素晴らしい人格者だと思っていたし、4巻で青木さんと雪子さんの会話をジャマしないように、書類を第九のみんなに配っていた薪さんの健気さに惚れたくらいですから、5巻もこの路線で行くものだとばかり思ってて、その分、ショックも大きかったんですけど。
 でも、好きなひとを全部肯定できない、というのはとっても苦しくて、その苦しさから逃れるために、創作を始めたんです。


 2008年の8月から2年近く、ずっとこのことはわたしの心に棘のように刺さっていたのですが。
 先日ようやく、その棘が抜けました。


 5巻の薪さんは、人間的に小さかったと思うのです。
 それまでの薪さんがすごく優秀で完璧なひとに描かれていたから面食らいましたが、あれは薪さんが初めて見せた、ご自分のダメな部分だったと思うのです。

 それが2009の誘拐事件を経て、最終的には『雪子さんを幸せに』の穏やかなあのお顔。


 あの誘拐事件の折、医務室で青木さんの体温をその手に感じて、薪さんは何を思ってらしたのかな、とわたしはずっと考えていたのですが。
 『秘密のたまご』のみちゅうさんの記事(『薪さん、惚れ直したぜッ』)を拝読して、『正にこれだ!』と思いました。もう、目からウロコが落ちるようで・・・・・・やっぱりみちゅうさんは素晴らしいです。


 みちゅうさんの記事にあったように、『生きている。青木の命の、なんて愛しいことだろう』と、
 それが一番大切なことなんだと、あの時に薪さんはしみじみ思われたのでしょう。
 その想いで、エレベーターのドアが閉まるまで、じっと青木さんたちを見つめてらした。


 わたしはてっきり、あのときの薪さんは、
(青木はもう雪子さんの婚約者なんだ。でも・・・・・)という具合に、未練心から彼らを見つめていたのだと、せせこましいことを考えたりしていたのですが。(この辺に、みちゅうさんとの人間性の差が・・・・・(^^;) 

 あの凝視は、決してそんな後ろ向きな感情からではなく。

 好きなひとの幸せをこの目で見られることは、幸せなことだと。
 それ以上、何を望むことがある、とそんな高尚なお気持ちだったのかと。

 その後の雪子さんへの態度の変化は、(さりげなく褒めたりして、友好的に振舞ってた)
 こういった心境の変化からきていたのかな、って。

 そこに至るまでの葛藤や苦しみは察して余りあると思いますが、彼は確かに成長なさった、そして本当に大切なことが何なのか悟られたのだわ、と。

 そう考えると5巻の薪さんの、自分を制御しきれない彼の未熟の、なんて愛らしいことでしょう。
 薪さんが一段階上に行くために、あれは必要な躓きであったと、今やっとそう思えて、ようやくわたしは5巻の薪さんを心から愛おしいと思えたのでした。


 ・・・・・・・ナガカッタゼー!! (BY わんすけさん)



 そうして、これからの秘密を考えるに。

 『青木さんが生きて幸せでいてくれることが何より大切』と悟られた薪さんは、これからは自分の人生に必要な伴侶を探されるのかもしれない。だから青木さんへの恋情は、もう表面に出ることはない、と考えましたら。
 途端に、ヒューッと内臓が寒くなりまして。

 ・・・・・・・・・・・それは、イヤ。

 わたしはもともと、原作でのあおまきさん成立は望んでいなかったんですけどね。
 薪さんさえ幸せになってくれれば、それでいい。わたしは腐女子だけど、例え女性キャラと恋に落ちることになっても(あるいは既にお相手がいらっしゃったとしても)、それが薪さんの幸せならわたしは喜べるわ、むしろその方が障害が少なくて、薪さんにとっては幸せなんじゃない?とまで考えていたのですが。
 
 それはわたしの好きな薪さんじゃないわ、と叫ぶ自分がおりまして。恐るべし、腐女子の血と申しましょうか。

 報われない恋に苦しむ薪さんより、幸せな薪さんを見たい。本当に薪さんのことが好きなら、自分の趣向より彼の笑顔を願うべき。
 そう思い続けてきたわたしですが、いざ、薪さんが青木さん以外のお相手を探す可能性に思い至ってみると・・・・・・。


 それは絶対にイヤ!! 青木さん以外のひとはイヤ!!!


 わたしが好きなのは、青木さんに恋する薪さんなんだ、と痛感しました・・・・・・・。
 (↑ 結局、普通の読者目線になりきれない)


 ということで、今わたしが原作に願っているのは、一番にはもちろん、あの被害者がどうか清水先生のミスリードでありますように、お姉さんの脳を青木さんが見なくてはいけない、などという辛い展開になりませんように、ということですが、その他には。


 薪さんがあんまり大人になりませんように。<こら。
 例え報われなくとも、薪さんが青木さんへの恋心を失いませんように。<こらこら。
 願わくば、雪子さんとの結婚は白紙に戻りますように。<こらこらこらこら。

 例えばね、薪さんと雪子さんと、どっちかの命を選ばなきゃならないようなハードな展開になってしまって、そこにきて初めて青木さんにとっての魂の相手が誰か判明するとかね。
 そうしたら雪子さんいい女だから、身を引いてくれますよね?そんな感じで丸く収まるといいなって。(←雪子さんの幸せは・・・・・・?)




 ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
 色々と勝手なことを言いまして、すみませんでした。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

しづ様

こんばんは。

私も白状しますと、5巻をきちんと読んでいないのです。

てめーら、職場で何やってんだ! 薪さん!部下の前で言っていいことと悪いことがあるでしょう!!

しづ様が書かれたように、雪子さんが雪子さんなら、薪さんも薪さん。
二人のすったもんだの場面は、馬鹿馬鹿しいというか腹立たしいというか、読むに堪えなくて、すっ飛ばして読みました。(清水先生、すみません。)

『秘密』って、SFの犯罪捜査マンガだと思っていたんだけど…
薪さんたちにも私生活があるから、惚れた腫れたが出てきてもいいけど…
どうしてこんな低劣な言い合いをする展開になるんだーーーっ

しづ様がおっしゃるように、『秘密』は薪さんの成長物語でもあるのだと思いたいです。(青木クンのでもあってほしいです。)
であれば、「最後の晩餐」の苦難もきっと乗り越えてくれるはずですから。
(あ、先日の百折不撓は母校の校歌にあるんですよ。)

単行本派の私は、もうじきやっと8巻収載分の薪さんに会えます。
秘密ブログさまの「一期一会」以降のレビューを読ませていただいたところ、和解という表現が適切かどうかはわかりませんが、薪さんと雪子さんの関係は一応安定したものになった様子。
雪子さんのわけわかんない言動を、私なりに考えてみようかなあ、と思っています。

それにしても、しづ様の希望の展開って…あはは、いひひ、う腐腐、えへ…失礼しました。
雪子さんはウイルス事件を生き延びて、別の生き方を模索しかけていたところを、青木クンに引き戻されてしまった感があります。
事件が何らかの結末を迎えたとき、今度こそ雪子さんは変わり、本当の生涯の人に出会うことになるのかもしれない、そんな気もしています。

(えっ?しづ様のとこでは、薪さんが雪子さんにプロポーズするんですか!?まさかね。)

いつも勝手気ままに長々と書いてすいません。
おじゃましました。

サンショウウオさんへ

こんにちは、サンショウウオさん♪


> 私も白状しますと、5巻をきちんと読んでいないのです。

おお、そうでしたか!
わたしも3回しか読んでないんです~。 あまりに辛くて、開けなかったんです(;;)


> てめーら、職場で何やってんだ! 薪さん!部下の前で言っていいことと悪いことがあるでしょう!!

きゃー!! 
サンショウウオさん、男前!(←???)


> しづ様が書かれたように、雪子さんが雪子さんなら、薪さんも薪さん。
> 二人のすったもんだの場面は、馬鹿馬鹿しいというか腹立たしいというか、読むに堪えなくて、すっ飛ばして読みました。(清水先生、すみません。)

ああ、そうでしたか・・・・・・。
わたしはもう、ひたすら混乱しておりました。
あれっ!? 薪さんて、こんなひとだったっけ?! 雪子さんとは仲良し、あるいは鈴木さんのことがあるから、腫れ物に触るように気を使ってきたんじゃないの!? 雪子さん、なんでこんな愚かな女になっちゃったの!? もしかして、ウィルスのせいで脳が破壊された!?(←ちがう)
ああああ~~~???? という状態でした☆


> 『秘密』って、SFの犯罪捜査マンガだと思っていたんだけど…
> 薪さんたちにも私生活があるから、惚れた腫れたが出てきてもいいけど…

そうなんですよー。
はい、誤解を怖れずに申し上げますと、
猟奇犯罪とMRI捜査を舞台にして、深い深い人間ドラマを描いてきたはずの作品が、
あそこで突然程度の低いドロドロの昼メロになってしまったような・・・・・・。

1巻で、鈴木さんの深い深い愛情に感動し。
2巻で、絹子の凄惨な事件に慄きながらも、父親の死と、MRI捜査に対する迷いを乗り越えて青木さんが成長する様子に感動し。
3巻で、哀しい復讐劇の中、薪さんを支えます、と決意する青木さんと証拠を隠滅する薪さんのやさしさに感動し。
4巻で、カッコイイ雪子さんと、突っ走る青木さん、抜け目なくフォローする薪さんに喝采を叫びつつも、薪さんの切ない恋心に涙し。

それが5巻に来たら、
・・・・・・・・・・・・・昼メロ???(決して昼メロをバカにしてるわけじゃないです、とにかくカラーが違いすぎるだろう、と思ったんです)


> どうしてこんな低劣な言い合いをする展開になるんだーーーっ

そうなんですよね(^^;
薪さんが雪子さんに『想像力がないのは監察医として』云々、仰ってますけど・・・・あれは第九の室長に言われましても・・・・・・法一の上司や先輩に叱責されるならともかく、監察医の仕事をしたことがない人に言われても、素直に聞けないと思います。
でもって、その仕返しをまた、実にプライベイトなことで返す雪子さんも雪子さんで・・・・・・あれ?このひとたちって、こんなんだっけ? もっとカッコよくなかった??って。


> しづ様がおっしゃるように、『秘密』は薪さんの成長物語でもあるのだと思いたいです。(青木クンのでもあってほしいです。)

はい~。
そう捕らえますとね、あれはあれで納得がいくんです。
成長を描くために、ダメな部分を強調して描くこともありますしね。あそこで躓いて転んで、そこから学んだと思えば。
あ、秘密はもともと、青木さんの成長物語だと思いますよ。 主役は青木さんですよね。
新人で入ってきた捜査官が、様々な事件を通して成長して、最終的には室長になる。 そこまでを描くのだと思っています。


> であれば、「最後の晩餐」の苦難もきっと乗り越えてくれるはずですから。

ですねっ!
最近ですね、かのんさんのところの記事でコメントさせていただいたんですが、実は薪さんは前向きで強い方だったんじゃないかな、って。
だからこれからは、素直に『頑張って!』と応援しようと思ってます。


> (あ、先日の百折不撓は母校の校歌にあるんですよ。)

出典を教えてくださって、ありがとうございます。
難しい言葉の入った校歌なんですね~。 わたしのとこは、・・・・・・・すみません、憶えてません。(ばかだ・・・・)


> 単行本派の私は、もうじきやっと8巻収載分の薪さんに会えます。
> 秘密ブログさまの「一期一会」以降のレビューを読ませていただいたところ、和解という表現が適切かどうかはわかりませんが、薪さんと雪子さんの関係は一応安定したものになった様子。
> 雪子さんのわけわかんない言動を、私なりに考えてみようかなあ、と思っています。

はい! ぜひ!!
彼女の言動に納得のいく説明を付けることは、かなり難しいと思いますが、サンショウウオさんの考察が完成しましたら、ぜひお聞かせください♪


> それにしても、しづ様の希望の展開って…あはは、いひひ、う腐腐、えへ…失礼しました。

ええ、なんかですね。
せっかく薪さんが、ご自分の恋情を人間愛的なものに昇華されたのではないかという見解に達しておきながら、それをまるっきり拒絶するような・・・・・・だって~~、そんなに大人になっちゃったら、面白くないじゃないですかっ!
わたしは恋する薪さんが好きなんだもん!!(←ダメなファンの見本)


> 雪子さんはウイルス事件を生き延びて、別の生き方を模索しかけていたところを、青木クンに引き戻されてしまった感があります。
> 事件が何らかの結末を迎えたとき、今度こそ雪子さんは変わり、本当の生涯の人に出会うことになるのかもしれない、そんな気もしています。

そうですね。
最後の晩餐が終わったときには、3人とも、現在とは違う道を歩むことになるのかもしれません。別れるとかじゃなくて、目指すものが変わるとか。


> (えっ?しづ様のとこでは、薪さんが雪子さんにプロポーズするんですか!?まさかね。)

しますよ。
薪さんがタキシードを着て、ウェディングドレスを着た雪子さんに『僕と結婚してください!』って言うシーンがあります(^^
お楽しみに~~~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: