FC2ブログ

サインβ(1)

 こんにちは~。

 メロディ10月号、発売されましたね。
 読む前は怖かったんですけど、思ったより落ちませんでした。
 わたし的に、うれしいシーンもありましたし。
 こちらはまた後ほど。



 で、今回のお話なんですけど。

 ああ~、これ、どうしようかなあ。
 とってもエゲツナイお話なんですよね。 期間限定公開にしようかなあ。
 だけど、この時期にこれ入れないと、セカンドインパクトに間に合わないし。(←またそんな理由。『バースディ』も『スロースロースロー』もファーストインパクトのために書いたんだったりして)


 18歳未満の方は、ご遠慮願います。
 グロイRの苦手な方も、ごめんなさいです。
 



 

サインβ(1) 




 薪は言葉が足りない。
 捜査会議の時には過不足なく出てくる言葉が、ある特定の状況下に置かれると同じ人間だと思えないくらい不器用になる。

 それは主に、彼のプライベートタイムにしばしば現れる。だからと言って、彼が仕事のとき以外は口下手でつまらない男だという意味ではない。友だちみたいに楽しく喋っている場面では豊富なボキャブラリから捻りを利かせたジョークを発したりして、むしろ話し上手なほうだと思う。

 でも、これが恋人の時間になると壊滅的にヘタる。

 青木は自分の気持ちを言葉にすることにさほど抵抗はないが、薪は違う。嫌味や意地悪はぽんぽん出てくるくせに、肝心のことは言わない。甘い言葉どころか、して欲しいこと、本当は嫌なことも口にしない。
『愛してます』と囁けば目を伏せて黙り込んでしまうし、気分をほぐそうと少し下世話なジョークを言っても答えてくれない。女の子の猥談には喜んで乗ってくるくせに、我が身に降りかかると薪は究極の恥ずかしがり屋になる。

 特にあの時は苦労する。
 無言になってしまうのはもちろん、固く強張ってしまう身体をほぐすのに手間のかかること。
 しかし、それを面倒だと思ったことはない。恥じらいながらも薪のからだがゆっくりと快楽に満たされていく様子はものすごく可愛いし、苦労した分喜びも大きい。彼が恥ずかしがれば恥ずかしがるほど、もっと恥ずかしがらせてやりたくなる。ついついエスカレートして、本気で怒らせてしまったことも何回か。あとでゴキゲンを取るのが大変だった。
 
 生まれつきこちらの能力はあまり高くないのか、薪の身体はこの行為にさほどの興味を覚えないらしく、巷で漏れ聞くようなキスをしただけでそんな状態になったとか、自分から服を脱いで迫ってきたとか、脱がしたときにはもう爆発寸前だったとか、そういう彼にはお目にかかったことがない。
 一度でいいから見てみたいとは思うが、その希望は叶えられそうにない。というのも、薪はもともと性欲が薄くてなかなかベッドの誘いに応じてくれない上に、セックスの快感も薄いみたいで。なければない方がいい、と考えているのがミエミエだったからだ。

 青木の悲観的予測は、薪がバックの快感を得られないことに因る。感度が悪いわけではなく、もっと物理的な理由だ。つまり……薪のその部分は、小さすぎるのだ。指なら平気だが、というかすごく悦んでくれるのだが、肝心要の行為になると許容限界を超えてしまうらしい。特に最初の頃は痛みが酷くて、何度も中断を余儀なくされた。

 初めて身体を重ねた日から丸二年が経とうとしている現在、中断こそなくなったものの、青木の方が一方的に、ということは多い。欲望の大きさに隔たりがありすぎる恋人とのセックスに、若い身体は物足りなさを感じることもあったが、年齢的にも仕方のない現象だと諦めていた。精神的には充分に満ち足りていたし、青木は薪のそんな性癖を不満に思ったことはなかった。例え日常の激務に疲弊している薪が途中で眠ってしまっても、苦笑と共に許すのが常だった。
 めくるめくような官能の世界に憧れないこともなかったが、まあ、現実はこんなもんだ。そんなものがなくたって、薪と一緒にいられるだけで自分は幸せだし。

 すれ違いだらけの恋人とのベッドの内情を、青木はそんなふうに思っていた。



*****


 以下、メロディ10月号のネタバレです~。
 レビューではありませんが、わたし的にうれしかったところ、でございます。








 いらっしゃいませ~。


 10月号のメロディで、とってもうれしかったこと その1

 青木さんが泣きながら薪さんに電話を掛けて、「薪さんだけが」のシーン。

 ああ、やっぱり薪さんと青木さんの絆は健在だったのよ、とうれしくなりました。
 あのとき、薪さんは青木さんにとっての命綱で。 肝心なときに青木さんを救うのは雪子さんじゃなくて、やっぱり薪さんなんだな♪って。(青木さんの悲惨な状況に同情しなくてすみません)
 以前から、二人の強い絆を確認したい、と切望していたわたしにとっては、念願叶ったりのシーンでございました。



 とってもうれしかったこと その2 

 滝沢さんの言から、薪さんは幸せだったんだ、とわかったこと。

 コピーキャットに出てきた旧第九メンバーに囲まれた薪さんの笑顔は、実は心からのものじゃなくて、気を使って無理をしていた、という事実。
 これはあくまで滝沢さんの主観で、本当は違ったのかもしれないけれど、とにかく、
『今はずい分と楽しそう』『毎日安心して信頼する部下を怒鳴り散らしている』

 なんだ、そうだったんだ!
 薪さん、けっこう幸せだったんだ!
 よかった!!!
 
 薪さんが幸せなら、わたしはそれで満足なので~、もう何も言うことはないです。
 望みうる最高の幸せな状態にあるとは申しませんが、わたしが考えていたよりもずっと、薪さんは生きることに前向きで、自分の人生を楽しんでいらっしゃるとわかったのが、とってもとってもうれしかったです。

 なので、妄想も打ち止めかな。
 わたしの妄想って、薪さんが不幸であることの前提に立ってるので、そこが無くなれば必要もなくなるわけで。わたしなんかが妄想しなくたって、原作で薪さんが幸せなら。 それが一番なんです。

 現在、大変な事件が起きてるので、これから薪さんが信頼する部下たちとこの局面をどんな風に乗り切っていくのか、ただ見守ろうと、今はそう思ってます。

 薪さん、がんばれ!!

 


 

テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Aさまへ

Aさま、こんにちは。
拍手コメ、ありがとうございます。


薪さんの幸せについてですが・・・・・・・
『職場では幸せでも、プライベートは孤独』
確かにそうですね。 
カニバリズム事件の秘密を知ってしまったことから、薪さんは自分の人生に孤独を強いるようになったのですものね。 自分以外の人を危険に晒したくない、だから必要以上に親しい友人を作らず、飲み会にも参加せず、恋人も作らず。
なんて淋しい人生でしょう。

ただ、薪さんは自らそれを選んだのであって、そこには彼の強い意志と、前向きな力強さを感じるのです。
なので、そんなに案じることもなかったのかな、って。 

実は8月号を読んだとき、彼はこれまでずっと前向きに生きてきたんだ、と思ったら、ピタッと妄想が止まってしまったのです。
わたしの妄想は、
たったひとり自分の心の支えだった親友を他の誰でもない自分の手で殺めてしまって、喪失感と罪悪感で夜も眠れず、夜毎の悪夢に苛まれ自傷行為を繰り返し、殆ど気が狂いそうになりながら、自分には生きる資格も意味もない、早く死にたい、鈴木のところへ行きたいと切望し、それでも亡くなった親友の遺志を継いで職務に身を投じる、そんな救われない薪さんを救って差し上げたい、と思って生まれたものなので・・・・・・・・・・・(うちのお話はギャグですけど、根底にはこういうものがあったんです、信じてください!)

もうなんか、原点から間違ってたっていうか(笑)
おまえが手を出さなくても、薪さんはちゃんと前を向いて歩いてるよ!みたいな。
妄想の必要性が無くなってしまったというか・・・・・・・今はそんな気持ちなんです。

『妄想を止めないでください』とのお言葉、とってもうれしかったです。
わたしのこんなヘンテコな妄想を楽しみにしてくださる、それはすごく光栄なことです。 ありがとうございます。
でも、今は何も湧いてくるものがありません。
原作の展開がこれからどうなるかで、また気持ちも変わってくると思いますが、しばらくは充電期間に入りたいと思います。

まだストックが300Pくらい残ってるので、こちらの公開は続けます。
本編のほうは、最終話まで書いてあるので、中途半端に終わることはありませんので、ご安心ください。


Aさまの励ましがうれしくて、ついつい甘えたことを申し上げました。
お許しください。

Aさまには以前も、このブログがきっかけで秘密にハマり、メロディまで買うようになった、と、信じられないくらい光栄なコメをいただきました。
今回も、本当にうれしかったです。
ありがとうございました。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Sさまへ

Sさま、こんにちは~。
毎日暑いですね。 いかがお過ごしですか? 体調、崩されてませんか?

と思ったら、色々とプライベートが大変だったんですね!
ううん、心労が募りそうなことばかり・・・・・・どうか、Sさまのお体に障りがありませんよう。


> イヤイヤイヤ!ちょっと待って下さいよ、しづさん。
> 過呼吸気味でメロディを読破したところで、しづさんのこの御発言は?それに暑い!

あはは~。
追い討ちでしたかね(^^;


> 薪さんは部下に愛想がいいんだか、相変わらず顔色ひとつでびびらせているんだかよく分からない人物像が浮かび上がっておりますが、だがしかし!

昔の薪さんは無理して愛想を振りまいていた、ということでしょうか。
しかし、それは以前警視総監の言っていた『独善的で横暴な』という薪さんの上司像と掛け離れているような?
不思議ですねえ。


>そんなことより、ユキコが「赤子を二人で育てましょうよ~」などと言うのでは、とか、

ああっ、ありそう!
てか、絶対にそうする気ですよね?
お母さん一人じゃ、色々と無理がありそうだし。


>滝沢は薪さん狙いなのか(それは全然オッケー)とか、

オッケーなんですか!<げらげら。


>青木よなぜ薪さんよりユキコに先に電話をするのだ、とかいろいろ悩ましい事がありましょう?

わはははは!!
ですよねっ!
まあ、青木さんは室長室に直通で電話を掛けてきたのだから、薪さんが第九にいることは知っていたわけですよね。そうすると、より危険なのは雪子さんの方だと考えたのでしょうが・・・・・・・いや、あのパニックの中でそんな冷静な考えが浮かぶわけ無いか。 やっぱり許せませんねっ(笑)
ていうか、お母さんには連絡いれなかったのかなあ?
お母さん、ホテルに一人でしょ? お年だし、そっちの方がヤバイと思わなかったのかなあ??


>滝沢の言葉に騙されてはなりません。

そうですねえ。
あれは滝沢さんの主観かも知れませんしね。
事実とは異なるかも、って、いいえ!
わたしは薪さんが現在、幸せなほうがうれしいんですよ~。 だから本当であって欲しいです。


> 青木は薪さんの言葉に涙してはおりましたが、青木のことですからねえ、ユキコを目の前にしたらまた「せんせえ~」て寝返るんじゃないですかねえ・・・。あの「薪さんだけが・・」発言がなんだったんだよっ、てな感じにねえ?

青木さんはもう、狂った世界の真っ只中へ叩き込まれたような心地のところへ、マトモな世界にいる薪さんと電話で繋がることによって、ギリギリ支えられてる状態だったと思います。
だからね、正直に言うとあれは相手が薪さんじゃなくても、同じように『電話を切らないで』『あなただけが・・・・・・・(オレの狂気を止めてくれる)』と言ったんじゃないでしょうか。
もちろん、薪さん以外には務まらない役ですけどねっ(^^


> ところで「QED」の、ベッドで青木を挑発する高飛車薪さんは最高でした。そんで、実際ヤラれるとヘタる薪さんもね!

ありがとうございます。 
一度書いてみたかったんですよ~。 うちの薪さん、自分から誘ったことないですからね。
で、誘っておいてあの有様(笑)
・・・・・・・ラブコメですから!!(←言葉の意味を理解していない)


> こんなふうにしづさんのお話を余生の楽しみに生きている者もおりますことをゆめゆめお忘れなく!

だははははっ!!
「余生の楽しみ」って、ウケました!!

そんなふうに言っていただけて、本当にありがたいです!
そして、とっても申し訳ないです・・・・・・。
ううん、頑張ってみようかな。
てか、8月号以降に書いてたお話って、全部すずまきさんなんですよね。 ある意味、現実逃避ですね。


> (人間ドッグ如何でしたでしょうか。私はバリウム飲めない、てか吐くのでいつも内視鏡です。でもあれもつらい~)

人間ドックは、特に何もなく~。
血液検査もオールグリーンでしたよ(^^)←嫌になるほど健康。
そうですねえ、わたしも内視鏡の方がマシかな。 でも、下手な人に当たると地獄だって言うし。
いや、それよりも!
マンモグラフィですよっ!!
あれは凶器でしょう!? 
マジで、死ぬかと思いました☆☆☆
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: