サインβ(6)

 ラストです。
 しつこくてすみませんでした~~。(>_<;)





サインβ(6)







 一息ついて身体を休めたあと、青木は薪を抱えて温めのお湯に身を横たえた。薪の胸や腹をやさしく撫でて、その肌を慈しむ。
「薪さん、ごめんなさい。無理させちゃって」
「べつに。そうでもない」
 薪のセリフは強がりではない。たしかに、いつもより元気に見える。終わった後の薪はたいてい青息吐息の状態で、気絶するように眠ってしまうことも多いのだが、今日はこうして普通に会話もできるし、指一本動かすのもかったるい、という有様ではない。

 高音湿潤状態の浴室での後背座位は、受ける側にとっては決して楽ではなかったはずだ。普段のベッドでの正常位に比べたら肉体的な疲労も大きかろうし、今日はいつもより時間も長かったのに。不思議なものだ。
 疲労感にはメンタル面が深く関係するから、時間の問題ではなかったのかもしれない。仕事で疲れている薪に負担を掛けたくない気持ちも手伝って、行為に掛ける時間は30分程度に抑えるようにしてきたのだが、こうして時間を掛けて彼の快楽を追及した方が、逆に薪の負担は減ったのかも。

「まさか、ここで最後までするとは思わなかったけど」
「薪さんに好きって言ってもらえて、とっても嬉しかったんです。だから、止められなくなっちゃって」
 ばしゃん、とお湯を蹴立てて、薪が身を起こした。びっくり眼の可愛らしい顔で、青木の方を振り返る。

「ちょっと待て。僕、そんなこと言ってないぞ」
「はい?」
「言うわけないだろ、そんな心にもないこと」
「え、だって確かに」
「言ってない。それはおまえの聞き間違いだ」
 照れているのかと思いきや、薪の頬は白いままだ。首筋も耳も、赤くなっていない。ということは、本当に記憶がないのだ。
 酒を飲んでも記憶を失くす人だが、セックスでも記憶が飛ぶのか。このひとの脳は天才かもしれないけれど、重大な欠陥も持っている。それでようやく人間のカテゴリに収まっているのかもしれない。

「じゃあ、初めてバックでイケたことも忘れちゃってるんですね」
 びくぅっと薪の身体が固くなった。首から上どころか、全身が薄赤く染まっていく。ユデダコみたいだ。
「あれは僕じゃない!!」
 薪でなかったら誰だと言うのだろう。
 無茶苦茶な応えを返してくる薪に吹きつつ、青木はハイハイと頷いた。覚えているならいいのだ。コツは摑んだ。この次は、ベッドの上で追い込んでやる。

「夢だ、あれは夢だったんだ、きっと。あんなことがあってたまるか、僕はヘンタイじゃない、普通の男なんだ、女の子が好きなんだ……」
 念仏を唱えるがごとくブツブツと口の中で繰り返し、薪は自分に暗示をかけているようだった。どうもプライドに触ったらしい。
「今日の薪さんは、とっても素敵でした。オレの人生で最高のセックスでした」
 ありがとうございました、とお湯の中で抱きしめれば、薪の亜麻色の瞳が嬉しそうにくるめいて、抑え切れない微笑がその口元に刻まれる。

「……本当に?」
「はい」
 青木の腕を振りほどき、薪はざばっとお湯から上がると、スタスタ歩いて浴室を出て行った。後戯が好きな青木としては、もう少しイチャイチャしていたかったが仕方ない。薪は醒めるのが早いのだ。
 彼を追いかけて脱衣所に出ると、早くも身体を拭き終えてサニタリーを出るところだった。バスタオルを腰に巻いて、このまま水分補給のためにキッチンへ直行するのだろう。青木の方を見ることもなく、ドアが閉ざされる。
 
 ドアのこちら側では青木が苦笑しつつも、今夜は泊まらせてもらえるかな、と希望的観測を抱き、向こう側では薪がリビングを横切りつつ独り言を洩らす。
 恋人の前では決して見せなかった素直な微笑みに、亜麻色の瞳を細めて一言。

「じゃあ、夢じゃなくてもいいや」


 ―了―


(2010.2)



*****


 もともと『サイン』はこういう話になるはずだったんですよね。
 それが、彩華さんが出てきた途端、ギャグに突っ走って行っちゃって、修正が効かなくなっちゃって。
 強烈過ぎるキャラクターは、時に話を暴走させるものですね。(--;

 αとβ、わたしはαのほうが好きですけど、皆さんのお好みはどちらかしら??



テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

どちらも好きですけど・・・。

しづさん、羞恥ぷれいお疲れ様でした~!
あ、曖昧な笑いなんて浮かべてませんってば!(笑)
みっひーだっていっつもこんなコメしてるけど、素はオトメですもん、わかってくれますよね~~~?
(ありゃりゃ?しづさんこそ曖昧な笑い顔・・・?)

サインαとβ、共通してるのは無意識状態の薪さんがとびきり素直だってことですね♪
(あんなに「好き」って言ってたのに「心にもないこと」って・・・ひど~いっ!)

う~ん・・・どっちが好みかなぁ?
みっひーもαのラストで薪さんが寝言で呟くシーンがとっても好きですよ~☆
薪さんが幸福感を感じながら眠りにおちていくところが素敵だから。

でも、βでは薪さん・・・「じゃあ、夢じゃなくてもいいや」と意識がある状態で素直に幸福感に浸ってますもんね☆
純粋に青木君の喜ぶ顔を見て嬉しかったんだろうな~と。
人が愛し合う意味って←(これは性愛的な意味だけじゃなくて)「相手の喜ぶ姿、笑顔を見ることによって自分自身も幸福になる」ということに尽きるんじゃないかなぁ・・・。

つまり「青木君が幸せ→薪さんも幸せ→薪さんが幸せならみっひーも幸せ♪」・・・ということで☆
(もちろん書かれているしづさんも幸せだったと思いますもん)
そういう理由でみっひーはβのラストシーンが心に残りました~♪

Cさまへ

Cさま、こんにちは。
お返事めっちゃ遅くなってすみません。(^^;

αとβ、どちらがお好きかしら、と言うしづの疑問に答えてくださって、ありがとうございます~~。
やっぱりアマアマがお好みなんですね(^^
さすがCさま、正統派! あおまきすとの鑑!!


>薪さんの勘違い暴走にハラハラする事もなく薪さんも青木もご満悦だったようで読んでるこちらも幸せになりました。

いつもハラハラさせてすみません・・・・・・(←思い当たることがありすぎ)
でも書いちゃう。 だって楽しいんだもん☆ (懲りない)


>そうか、普通の男の子じゃなくなっちゃうのか、薪さん、、可愛い、、、
>つか、男の子?子じゃないでしょう!40前にして(笑)

わははは!
これはあれですね、30年位前に3人娘の歌手が引退したときの決めゼリフ、
『わたしたち、普通の女の子に戻りたいんです!』 ってやつのパクリですね(笑)
やっぱり最後はギャグなんでした~。

みっひーさんへ

みっひーさん、こんにちは~。
お返事遅くなってごめんなさい。


> しづさん、羞恥ぷれいお疲れ様でした~!

はい~、恥ずかしかったです~。
途中で何度も下ろそうかと・・・・・・・って、いまさらAサイトが何言ってんだか(笑)


> あ、曖昧な笑いなんて浮かべてませんってば!(笑)
> みっひーだっていっつもこんなコメしてるけど、素はオトメですもん、わかってくれますよね~~~?
> (ありゃりゃ?しづさんこそ曖昧な笑い顔・・・?)

ですよねっ、わたしたち(たち?)、創作こそこんなんですけど、中身は清純な乙女ですよねっ!!
(そして二人とも曖昧な笑い顔(笑))


> サインαとβ、共通してるのは無意識状態の薪さんがとびきり素直だってことですね♪
> (あんなに「好き」って言ってたのに「心にもないこと」って・・・ひど~いっ!)

うちの薪さんは、理性が欠如した状態のときの記憶は完全に飛びますから☆
自分に都合の悪いことは特に(笑)


> う~ん・・・どっちが好みかなぁ?
> みっひーもαのラストで薪さんが寝言で呟くシーンがとっても好きですよ~☆
> 薪さんが幸福感を感じながら眠りにおちていくところが素敵だから。

あ、みっひーさんのツボはラストシーンなんですね?
わたしが気に入ってるのは、彩華さんが青木くんに迫ってたシーンです。 書いてて一番楽しかったです(^^


> でも、βでは薪さん・・・「じゃあ、夢じゃなくてもいいや」と意識がある状態で素直に幸福感に浸ってますもんね☆
> 純粋に青木君の喜ぶ顔を見て嬉しかったんだろうな~と。

はい~、あのシーン、薪さんはとっても幸せな気分だったんです~。
わざと表現は抑えたんですけど、感じ取っていただけてうれしいです(^^


> 人が愛し合う意味って←(これは性愛的な意味だけじゃなくて)「相手の喜ぶ姿、笑顔を見ることによって自分自身も幸福になる」ということに尽きるんじゃないかなぁ・・・。

みっひーさん、素晴らしい・・・・!
みっひーさんは、ご自分の根底にこういう素晴らしい信念を置いてらっしゃるから、だからみっひーさんの描かれるイラストを見ると、わたしたちまで幸せな気分になれるのですね。
創作には人柄が表れると、改めて思いました。


> つまり「青木君が幸せ→薪さんも幸せ→薪さんが幸せならみっひーも幸せ♪」・・・ということで☆
> (もちろん書かれているしづさんも幸せだったと思いますもん)

見事な幸せの連鎖ですね☆
そうなんですよね、薪さんが幸せなら、みんなが幸せな気分になれるんですよね。
秘密ファンの望みは、ただそれだけなのに・・・・・・(ちょっと原作ショックのぶり返しが・・・・・・)


> そういう理由でみっひーはβのラストシーンが心に残りました~♪

じゃあ、みっひーさんもβに1票ということで(^^
恥ずかしかったけど、公開してよかったです。
ありがとうございました。

Sさまへ

Sさま、いらっしゃいませ~。
毎度ありがとうございます~(^^


>そりゃβですわな。

うわはははっ! 当然のように言い切りましたねっ! さっすがSさま☆☆☆

も、萌えツボでした?
お風呂の後ろ抱きが?
きゃー、Sさまの ヘンタ いえそのあの、いや、書いてるわたしはもっとヘンタイなんですけど、ううううう・・・・・・・・。


>薪さんのうっとりしたお顔が目に浮かびます。
>ホントに何て可愛いんだ薪さん!8巻の眩しそうな薪さんと双璧で、思わずちゅうしたくなりました。

かわいいというか、エロさ爆発というか・・・・・(^^;
でも、Sさまに喜んでいただけて嬉しいです~~。


>ところで人間ドック異常なしで良かったですね。

ありがとうございます。
もう、元気だけが取柄なんで。 
あ、でもウエストが2センチ増えてて、(メタボ健診で計る)ものすごく哀しかったです(T∇T) 痩せねば!!


>マンモは拷問道具です。

ぶはっ!!
Sさまってば本当に面白いんだから~~~、でも同意です!!!

へえ、痛くないというマンモもあるんですか。
って、やっぱり痛かったんですね(>< ダメじゃん!) お察しします。
いくら痛くても、乳ガンの早期発見にはやっぱりマンモが一番良いそうなので、我慢するしかないですよね(^^;

あ、でも、マンモが痛いのは乳腺がたくさんあるからで、それは若い証拠だって技師の方が言ってました。
Sさま、本当はお若いんでしょう?


健診を受けて、健康で長生き。
そしていつまでも薪さんを愛し続けましょう♪♪

Kさまへ

鍵コメいただきましたKさまへ。

Kさま、こんばんは~。
コメントありがとうございます♪

仕事のこと、お気遣いくださって、ありがとうございます。
ええ、もう、わずか10日ばかりで真っ黒に焼けちゃいました。 役所の監督員さんにまで、「しづさん、焼けたんじゃない?」って言われちゃいましたよ(^^;


『変わらぬ潤い』なんて、きゃ☆
ステキな褒め言葉をいただいちゃいました。 Kさま、相変わらず言葉選びがお上手です~。

疲れているときのRは、身体を内側から元気にしてくれる、とのお言葉。 ありがたいです。
そうなんですか、よかったです~。
でも、ひとそれぞれですね。
わたしはえーっと、疲れてるときに自分のRを読み返すとその・・・・・・・・吐き気がします、ごめんなさい。(←そんなものを人様に読ませてるのかって、ますますごめんなさいっ!)

>文字サイズ・・大きいと、読むの、とっても楽ですね。

でしょう?
わたしもいい年なので、小さい字は疲れてしまって~。
あ、でもですね、このテンプレは一部の方に不評だったので、近々元に戻します。
その際には右側の欄で、文字サイズの中をクリックしていただくと、これと同じ大きさになると思いますので、どうかよろしくお願いします。
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: