ハプニング(19)

 ラストです。
 ここまで読んでいただいて、誠にありがとうございました。




ハプニング(19)




 食事の後、軽く飲みに行くという小池たちと別れて、薪と青木の二人は帰途についた。
 自分たちから疑いを招くような真似は決してしない彼らだが、今日は岡部が「青木、悪いが薪さんを送ってやってくれ」とさりげないフォローを入れてくれて、心の中で照れながらも、それに甘えた。
 真実こそわかっていないが、二人の間に何かがあったことは、おそらく第九の全員が気付いている。だから薪が元の溌剌さを取り戻した今日は、お祝いに付き合ってくれたのだろう。

「ったく、あいつら。奢りと聞いた途端に群がってきやがって」
「またそんな言い方して」
 お得意の皮肉で仲間の好意を否定する薪を嗜めようとして青木は、滅多に見られない彼の表情を見て口をつぐむ。
 幸せそうな、素直な笑顔。薪にもちゃんと分かっているのだ。

 辺りはすっかり夜の帳が落ちて、街灯や店の明かりが眩しく輝いている。通り過ぎる車のライトに目を細めて青木は、先日の出来事を思い出していた。

 日曜日のモニタールームで、二人は初めて自分の身体とキスを交わした。互いの指を絡ませた両手を肩の横に置き、何度も角度を変えて重ね合わせた。
 しっかりと絡んだ舌の甘さに酔いしれたとき、それが起きた。ジンと頭が痺れるような感覚がふたりを襲い、ライトに照らされたように辺りが明るくなった。目を開けたら、互いの姿が見えた。
 ふたりとも、何故か驚かなかった。それを不思議とも思わなかった。
 ああ、戻ってきた、と思っただけだった。

「これで鏡を見なくても、あなたに会える」
 薪は珍しく、うん、と素直に頷き、ふたりはもう一度、甘いキスを交わした。

 薪の舌の甘さと濡れたくちびるの感触を思い出し、青木は彼が欲しいと思う気持ちを止められなくなる。幸い、周りには誰もいない。信号待ちで立ち止まった彼の小さな耳にくちびるを寄せ、青木はこっそりささやいた。
「あの。今夜、いいですか?」
「ダメだ」
「オレ、もう1月もお預け食ってるんですけど」
 即決で返ってきた拒絶に、青木はつい非難めいた口調になる。
 短い間とはいえ青木の身体で生きてきた薪には、彼の気持ちも逼迫した状況も良く分かっていたが、ここはもう少し我慢させないといけない。薪にも考えがあってのことだ。理由は言えないが。

「どうしてですか? せっかく元に戻れたのに。昨日も、もう少しだけ待てって。いつまで待てばいいんですか」
「7月29日の午後14時34分22秒までだ」
「……なんでそんなに明確なんですか?」
 この日時の49日前に、彼女の死亡が確認されたからだ。

 あれは自分の脳が作り出した幻だったと、薪は確信を持っているが、それでも念には念を入れておくべきだ。
 青木には言えない。彼女と交わした会話は、青木には秘密だ。
 だから薪は、また小さなウソを吐く。

「キスで元に戻ったんだぞ? セックスなんかしたら、また入れ替わっちゃうかもしれないだろ。この不安定な細胞が全部生まれ替わるまで、おあずけだ」
「そ、そんなあ……」
 青木警視の苦悩の日々は、つづく。




―了―




(2010.6)




テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Rさまへ

リンクの件、承知いたしました。

ブログ名、さっそく変更させていただきました。
ブログの雰囲気に合ったブログ名ですね! 
Rさんのかっとばしコメントには、前の名前のほうが合ってましたけど(笑)、Rさんの作品群にはこちらのほうが合ってると思います。

それと、いろいろご心配いただいて、ありがとうございました。
わたしは元気ですから、大丈夫ですよ(^^
お手紙のお返事は、後ほどメールで。

Sさまへ

Sさま。

>北川嬢の件でこちらのお話に舞い戻って来ましたが、

ありがとうございます。
Sさんに「面白かった」と言ってもらえると、感激もひとしおです(^^)
以前読んだ時より、と言うのは多分、
最近の話は二人がすっかりできあがっていて、薪さんの切なさがいま一つだからですよ。特に一緒に暮らし始めてからは、妻の座に胡坐をかいたみたいになってますからね。以前のような不安定さとか、それゆえの必死さが無いんです。
安定してた方が幸せに決まってますけど、昔の話の方が、恋愛に真摯で面白かった気がする~。うちの二人は危機に陥らないとダメなんですよね。またバクダン落してみようかな。←え。


>薪さんと青木のお互いを想う純粋な気持ちに触れることが出来てとても嬉しいです!
>こんな美しい関係が他にあるか?しづさんありがとう~

原作の薪さんと青木さんも、超思い合ってますよね! そして二人ともむっちゃ純粋。相手のことしか考えてない感じ。バクダンのスイッチ押さえてたかもしれないのに、青木さんが倒れたらそれを忘れて駆け寄っちゃうってどうよw
青木さんも。これまでは雪子さんや他のことで、脳内の薪さん占有率は30%くらいに減ることも多かった気がするのですけど、最近は仕事中まで薪さんのことを考えてしまうと言うへたれっぷり! いいぞいいぞ、それでこそ青木さん! (いや、ダメだろ)
個人的にはジェネシスのダメダメ青木さん、むちゃくちゃ好みです♪♪♪


プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: