ロジックゲーム(5)

 すんません、マジすんません。
 昨日、下水の検査は終わったんですけど。 
 その後、12時まで別の現場の書類をやらされて、今日は朝からずーっと測量に駆り出され……鬼だよ、オット! 仕事になると鬼!!
 今も絶賛仕事中ですっ、明日ももちろん仕事ですっ!(←やけくそ)
 
 オットはね、普段はやさしいんですけど。 てか、殆どわたしの言いなりなんですけど。
 仕事のときは、あんなんでも一応社長だからね。 逆らえないのね。

 以上、コメのお返事遅れてることの言い訳でした。 ←見苦しい。


 ごめんなさい、明日は必ず!!
 メールくださった方も、待っててくださいねっ!!





ロジックゲーム(5)





 程なく他の職員たちも出勤してきて、青木の吉報は皆の知るところとなった。
 第九の職員たちは青木のことをとても可愛がっているから、執務室はちょっとしたお祭り騒ぎになった。普段ならそれを諌める立場の室長も、今日は何も言わなかった。部下の栄誉を祝う気持ちは、室長も同じだ。

「二次試験に受かれば、後は面接だけだよな? 青木は第一印象いいから、有利だな」
 面接でどんなことを訊かれるのか、事前に探りを入れておきたいところだ。そう思っていると、今井から四つ折りにした2枚の紙片を青木に手渡された。
「おまえなら受かると思ってたよ。これ、俺の友達が選抜試験受けたときの面接の質問内容」
 他の受験生にはナイショだぞ、とスマートに片目をつむる先輩に、青木は涙が出そうになるくらい感激する。第九の先輩たちはやさしいひとばかりで、自分はいつもみんなに助けられている。意地悪が売り物の室長とは大違いだ。

「今井さんのお友だちも、幹部候補生なんですか?」
「いや。そいつ、素行調査で落ちたんだ。キャバクラ通いがバレちゃってさ。おまえも今のうち、水商売の女とは手を切っとけよ」
「えっ!?」
 思いもかけない今井の言葉に、青木は驚く。素行調査と言っても、家族や親族に犯罪者がいないか、それくらいの調査だと思っていた。それが、アフターや休日の自由行動までが対象になっていると聞き、青木は不安になった。

「素行調査って、そんなことまで調べられるんですか?」
「当たり前だろ。監査課だぞ。交友関係は徹底的に洗い出されるさ」
「そんな」
「なに焦ってんだよ。身に覚えでもあるのか?」
 風俗店になど行ったことはない、いくら調べられても大丈夫だ。しかし。
 大学時代からの友人たちにさえ秘密の恋人のことを調べ上げられたりしたら、大変なことになる。
 そっと薪の方を伺うと、こちらの話は聞いていない振りで、署内報をめくっていた。が、亜麻色の瞳は一点に据えられ、次の記事に進む様子がないところを見ると、彼の心中も穏やかではないのだろう。

「あ、もしかしてあの女のことか?」
 重くなりかけた空気を破るように、小池の声が響いた。もちろん、小池の言う『女』に心当たりはない。
「ちょっ、小池さん。おかしな冗談言わないでくださいよ」
 チラッと薪の方を見て、青木が懸命に小池の言葉を遮る。薪はとても頭がいいくせに、時々とんでもないカンチガイをするから油断がならないのだ。
「隠すな隠すな。おまえ、今でも時々背中に爪痕と噛み傷つけてくるじゃないか。相手の女、ただものじゃない思ってたけど、やっぱりお水系……はっ!」
 ザーッと音を立てて小池の周辺気温が下がり、小池は寒さに身震いした。夏の最中でもこうして、第九は冷房が不要になる瞬間がある。

「小池。今夜から2日間、MRIのシステムチェック」
「なんでっ!?」

 誰もが嫌がる徹夜作業を唐突に小池に命じると、薪は執務室を出て行った。副室長の岡部に仕事の指示を2,3言い置いて、スタスタと歩いていく。
 自動ドアの向こうに室長の姿が消える直前、彼の行き先を気にする青木の視界の隅で、薪の肩がゆるやかに落とされた。



テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: