ロジックゲーム(14)

 やっばい、このペースだと話の途中で年が変わっちゃう。
 すいません、ちょっと巻きますね~。




ロジックゲーム(14)




調査報告書2

M&Aに関する報告書(通話記録)

『話が違うじゃない。あんないい加減な情報じゃ、別れさせることなんかできないよ』
「そりゃあ、すまなかった。できるだけ正確な情報を送ったつもりだったんだけど。なんたって海を隔てたところからだからなあ」

『Aの身上報告はだいたい正しかったよ。単細胞でお人好しだって書いてあったから、薄幸な少年を演出したら、すぐに同情してきて言いなりになった。でも、その先は全然。
 1ヶ月以上も恋人に会ってないから、ちょっと誘えばすぐに落ちるって話だったじゃない? 落ちるどころか、説教されちゃったよ?』
「真面目な男だというデータは間違っていなかったわけだな。わかった、堅物という注記を加えておく」

『MはMで、『Aは部下だ』って言い張るし。Aと寝たって言っても平気だったよ? あのふたり、本当に恋人同士なの?』
「そのはずなんだけど」
『Mは正直だから顔に出る、とか言ってなかった? けっこうエゲツナイことも言ったけど、顔色ひとつ変えなかったよ』
「ううーん。仕事に関しては見事なポーカーフェイスだけど、プライベートになると途端に崩れるって聞いてたんだけどなあ。特に恋愛方面には弱いって……あいつの評価もアテにならないな。Mの方はデータ収集からやり直すか」

『それとね、Mの年齢欄が間違ってる。38って書いてあるけど、20そこそこだと思う』
「いや、それは……いいや、もう。ごくろうさん。報酬はいつもの口座に振り込むよ。協力者への礼金も、そこから払っといてね」

 男は電話を切る。時計を確認して、番号をプッシュする。

「悪い。失敗した」
『だからムリだって言っただろう? 2ヶ月くらい離れたからって、揺らぎっこないよ。青木くんは薪くんにベタボレなんだから』
「……なんで自慢げなの、おまえ」
『自慢なんかじゃないよ! 困ってるんだよ!』

「怒鳴らなくても聞こえるよ。とにかく、今回はデータ不足だ。ちゃんと情報収集しないと。と言っても、ロンドンじゃ限界があるけど」
『仕方ないな。じゃあ、こっちへ戻って来なさいよ』
「おや。官房長殿は、職務に関係ない人事はしないとか。いや、あれは自分の聞き間違えでしたかな」
『皮肉はいらないよ。来年、田端くんが退職するんだ。彼の代わりの首席参事官を決めなきゃいけない時期なんだよ』

「わかった。なるべく早く日本へ帰れるように、身辺整理をするよ。半年くらい、待ってくれないか」
『身辺整理って、そんなにかかるの?』
「かかるさ。今付き合ってる子だけでも6人いるんだよ。彼らと後腐れのないように別れ話をして、間違っても日本まで追いかけてきたりされないように、細心の注意を払ってだな。
 それと、試してみたいと思ってる子も4人くらいいるから、彼らと一度……もしもし? 小野田? 
 話の途中で電話を切るなんて、失礼なやつだな」

 ツーツーと無機質な音を立てる受話器を男が睨んで、今回のゲームは幕。




テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Aさまへ

Aさま、こんにちは~。


>なるほど、ハル君は刺客だったんですね。

そうなんですよ~。
彼は高校生でもなければ、ゲイでもございません。  『別れさせ屋』ってやつですね。 ただのビジネスです。

鈍いなんてことないですよ~。 素直に読んでくださって、うれしかったです(^^
ていうか、ハラハラしてもらいたくてわざわざあんな書き方をしてるんですからね、簡単に見透かされちゃってもねえ(^^;


>こんなハラハラする話も面白くて好きです(^^)私って単純なので。来年も楽しみにしています!

ありがとうございます。
ですよね、この程度のハラハラなら、かわいいもんですよねっ。
うちの場合、シャレにならない緊張感のある話が多いからなあ・・・・・・今年は気をつけよう、と思いつつ、間もなくセカンドインパクトだったりして(笑)


>あ、私もベットで泣く薪さんに色っぽいと思ったのも事実です・・鬼?

オニですねっ!!<おいおいおい。
しかも色っぽいって(爆)

わたしはですね、実は色気を感じる余裕はなくて、『あああ~~~~!!!』ってカンジなんですけど・・・・・・・この感情は何て表現すればいいのか、うまく言葉にならない・・・・・・(←言葉に不自由なSS書き)
胸の奥が、ガクガク揺れる感じ。 いつの間にか、息が止まってたりして。 苦しいんですけど、目が離せない・・・・・・そして何回も思い出しては、また息苦しくなる・・・・・・これがわたしの『萌え』の症状です。
この苦しさから逃れるためには、アホ話を書くしかないんですよ(笑)


ありがとうございました。(^^
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
次のお話の予定
『ヒカリアレ』
書いてます。
60Pを超えました(笑)
7/18 推敲やってます。
あと20ページ。
7/20 推敲の結果、70Pになりました。←バカじゃないの。
2回目の推敲に入りました。
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: