クッキング(10)

クッキング(10)





「で、相手は? どんなやつか知ってるか」

「オレもよくは知りませんけど。法一の同僚で、班のリーダーになってて、年は三好先生より5歳上。人格、将来性ともに良好、女性関係も心配なし。敢えて欠点を挙げるとすれば、少しだけ潔癖症のきらいがあるみたいです。 両親共に健在で、四谷の1戸建てに親と一緒に住んでます。好きな食べ物はエビのチリソース、嫌いな食べ物はオクラや納豆のネバネバ系。お酒はウィスキーやバーボン等の洋酒が好みで」
「……めちゃめちゃ詳しいじゃん」
 やや呆れ顔の竹内は、やっぱり俳優みたいにかっこいい。どんな表情をしてもサマになる、ハンサムは得だ。

「そっか。同じ職場で、5歳年上……顔は? いい男か?」
 青木は自らがシュレッダーに掛けて極細に分断した男の顔を思い出す。白衣姿がよく似合う、穏やかな紳士だった。
「イケメンの部類に入ると思いますよ」
「完璧じゃないか」
 なにやら難しい表情になって、竹内は右手の拳を唇に当てる。この春の連ドラで売れっ子のイケメン俳優が名探偵の役をやっていたが、彼より遥かにカッコイイ。薪は男性には興味がないはずだが、ここまでカッコイイ男が自分を好きだと知ったら気持ちが揺れるかもしれない、などと意味のない仮定をして青木は焦る。
 本当に薪が男に興味がなくて良かっ……待って、それだとオレにも興味ないってことになるんじゃ? うう、凹みそう。

「先生、プロポーズ受ける気なのか?」
 さりげない仕草が青木の不安を煽っているのに気付かず、竹内はあからさまな野次馬根性で質問を重ねてくる。その浅ましさに1割、残りは完全なやっかみで、青木は彼の質問を素っ気無く跳ね除けた。
「知りませんよ」
「なんで知らないんだよ。おまえ、先生と仲いいだろ」
「悪くはないですけど、別にオレ、三好先生とは何でもないし。てか、竹内さんには関係ないじゃないですか。なんでそんなに気にするんですか?」
「だから気にしてるわけじゃないって。受けるかどうか、そこが知りたいだけなんだ」
 両者の違いが分からない。青木にはどちらも同じことのように聞こえるが、気のせいだろうか。

「どうしてそんなこと、オレに訊くんですか? そんなに知りたきゃ本人に訊いたらいいじゃないですか。知らない仲じゃないでしょう」
 竹内は捜査一課、雪子は監察医。それなりに仕事上の接点もある。顔見知り以上の間柄ではあるのだから、自分で聞けばいい。青木がその程度の気持ちで言ったことに対して竹内が返してきた言葉は、少なからず青木を驚かせた。
「な……ち、違うからな! あれはそういうんじゃない、そういう意味で付き合ってるわけじゃないんだ!!」
「は? 付き合ってる?」

 鸚鵡返しに尋ねて、尚も青木は自分の耳を疑う。
 竹内が雪子と?何がどうしてそんなことに??

 びっくり眼で固まった青木に今度は竹内が驚いて、強張った顔で詰め寄ってくる。形の良い唇から弾丸のように放たれる言葉は、不自然なくらい強い否定口調。
「付き合ってない! ただ一緒に食事したり、酒飲んだり、休みの日に遊園地とか映画館とか、あ、プラネタリウムも行った。それから先週は水族館でホウジロザメを」
「それ、普通に付き合ってません?」
「だから違うって言ってんだろ! 先生とは、男友達みたいな感覚で」
 たしかに雪子は性を感じさせない女性だ。男に媚びないというか、男を男とも思わないというか。青木も雪子とは数え切れないくらいのプライベイトを一緒に過ごしたが、そんな雰囲気は生まれなかった。
 まあ、雪子は自分よりも12歳も年上だし、そういう対象には見てもらえないだけかもしれな……だから待ってくれってば、薪さんもオレより12歳年上じゃないか。やっぱりオレのことなんか……ダメだ、泥沼だ。

「それに」
 虚ろな目になった青木に頓着せず、竹内は言葉を継ぐ。普段は気配り上手な彼だが、今は自分のことでいっぱいいっぱいらしい。
「先生も俺のこと、男として見てないし。何度か誘いを掛けたこともあったんだけど、うまくはぐらかされちゃって」
「あの」
 なんだか恋愛相談みたいになってきた会話に、青木は休符を挟んだ。薪の怒り狂う様子が目に浮かんだからだ。
 薪は竹内が大嫌いだ。彼を嫌悪する最大の理由は、竹内が警視庁一のプレイボーイだからだ。察するに、10年以上も同じひとを想い続けていた薪には、竹内の行動は不誠実さの象徴のように見えて、自分の不器用さを思い知らされるようで、耐えられないのだろう。
 その一方で、亡き妻の忘れ形見の一人娘を盲目的にかわいがる父親もかくやという状態で雪子を大切にしている。そんな薪が、彼らが付き合っているなんて知ったら何をしでかすか。青木には薪の暴走を止める自信はない。

「竹内さん。もしかして三好先生のことを?」
「それが……自分でもよく分からないんだ」
 分からない? 警視庁一のモテ男で、恋愛経験は星の数ほどあるはずの竹内が、自分の気持ちが恋愛感情かどうか分からないなんてことがあるのだろうか。

「ときめかないんだ、先生といても。幸せな気分になったり、ウキウキしたり、手を握りたいと思ったりキスしたいと思ったり、そういう風にならないんだ。だからこれは恋ではないんだな、と自分では割り切っていたんだけど」
 竹内の主張はもっともだ。ときめきのない恋なんか恋愛とは言えないだろう。
 青木なんか、薪と一緒にいるときには心臓がドキドキしっぱなしだ。次はどんな意地悪をされるんだろうとか、いきなり別れるって言い出されるんじゃないかとか、て、なんか、これも恋のときめきとは別物のような気が……ああ、泥沼に底が見えない。

「じゃあ、どうして一緒にプライベイトを過ごしてるんですか?」
「楽だから」
 そりゃーまた、明確な答えで。

「とにかく、先生が相手だと楽なんだ。何にも飾らなくていいし、わけのわからない女性ファッションの話を聞かされることもないし、話を合わせるために雑誌を買ってその情報を仕入れておく必要もない。相手のチャームポイントを探して褒めなくてもいいし、高級なレストランとか行かなくてもいいから、金もかからないし」
「プレイボーイって大変なんですね」
「毎日が緊張と気配りと勉強の連続だ」
 自分には無理だ、と思いかけて青木は、薪と接するときには自分もまた強制的に竹内と同じ状況に陥っていることに気付く。でも、あれは薪が相手だから頑張れるのだ。それが不特定多数を相手取るとなったら、とても続かない。やっぱり竹内はすごい。

「そんな調子だったから、今まで先生の男関係なんか気にしたことなかったんだ。でも、先生がプロポーズされたって聞いて、だれか他の男のものになるかもしれないって思ったら、何も手につかなくなって……確かめずにはいられなくて」
 竹内の話を聞いて、青木は複雑な気分になる。
 竹内のことは友人として好きだし、優秀な先輩刑事として尊敬してもいる。しかし、彼は何年も前から薪に恋をしていて、青木の立場からは目障りな男だった。薪が竹内のことを嫌っているのは分かっていたから頭痛の種というほどでもなかったのだが、喉に刺さった小骨くらいには邪魔だと思っていた。だから彼に好きな女性ができるのは喜ばしいことなのだが、相手が雪子となると、そう簡単に首を縦に振ることはできない。

 雪子に恋愛感情はないが、今までさんざん世話になった恩義がある。だから彼女には幸せな恋愛と結婚をしてもらいたい。それは薪が切望することでもあるし、青木も心からそう願っている。
 竹内は、自他共に認めるプレイボーイだ。恋愛は上手かもしれないが、平和な結婚生活は望めないだろう。友人として付き合うにはいいが、恋人や夫にするには不向きな男だ。彼の妻になった女性は、女性関係の心配を一生しなくてはならない。
 はっきり言って、お勧めできない。

「竹内さん。真剣な気持ちじゃないなら、余計な真似しないでくださいね」
「まだ手は出してない」
「まだって、今から出す気なんですか?」
「出せないんだよっ、この俺が! 初めてだ、こんなこと」
 竹内には珍しく逆ギレされて、青木は口を噤む。オシャレでスマートで軽い恋愛が得意な竹内らしくもない。

 迂闊に手を出せないのは雪子の武勇を恐れてのことか、あるいは。
 大切に思っているから、簡単に手が出せないのか。

「そうだ、おまえ、俺に嘘の情報教えただろ。三好先生、料理めちゃめちゃ上手かったぞ」
「えっ。そんなはずは」
 ない、と言い掛けて、青木はその情報が他人からの伝聞だったことに思い当たる。実際に彼女の手料理を食べたことはないのだ。あれはむかし薪から聞いたのだが、さては冗談だったのか。薪が雪子を悪く言うとは思えないが、その場のノリだったのかもしれない。

「俺が食べたのは和食の弁当だったけど。今まで食った差し入れの中で、一番美味かった。聞いたら料理は得意で、和洋中なんでもござれだって言ってたぞ」
「そうですか。すみませんでした」
「ったく、ガセネタはカンベンしてくれよ」
 イラついた表情で腕を組み、抑え切れないため息を吐く年上の友人を見やり、青木は困惑するばかりだった。



テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Dさまへ

Dさま、初めまして。

うちのマイノリティなあおまきさんにお付き合いくださいまして、誠にありがとうございます(^^
通勤時間に読んでくださってるんですね。
・・・・・・通勤ってことは、朝もですか? ど、どうなんだろう・・・・お仕事の意欲を削いでしまったらすみません(^^;


えっと、
作品について、いっぱいお褒めの言葉をいただきまして、ひたすら恐縮しております。 こんなオババの腐った駄文にもったいないですっ(><)
スゴくも何ともないんですよ、ただの妄想なんですから(^^;

でも、電車の中で笑いを堪えるのが大変、というお言葉、とっても嬉しかったです。
基本的にギャグ小説なので、笑っていただけるのが一番嬉しいです。
それと、

> 私も幸せな気持ちを共有させていただいており、読んでいる時は現実を離れ、一緒の世界にいさせていただいています。

もう、この一文が。
涙が出るほど嬉しかったです! ありがとうございます。


で、この先のご相談の件ですが。

そうなんですよ~、
これ、わたしも困ってて、FC2さん(ブログ会社)に相談したんですけど、携帯電話の広告は消せないそうなんです。
携帯で読んでくださってる方には、本当に申し訳ないです。


以下、言い訳なんですけど、

うちのサイトは去年の5月に、記事の内容から青少年が読んではいけないブログだとFC2さんに判断されてしまいまして、結果アダルトサイトに強制変更されてしまいました。 これに関しては、無料で使わせてもらっているわけだから文句も言えないんですけどね。
で、元に戻したかったら、アダルトな内容の記事を全部削除してください、と言われまして。 それをやると、話が繋がらなくなるので諦めました。
残るは他のブログ会社への引越しなのですが、こちら、記事は持っていけても、いただいたコメントが全部消えてしまうんです。
コメントは、みなさまと交流させていただいた大事な記録で、元々秘密ファンの方々とお友だちになりたくてブログを始めたわたしには、どうしても失いたくないものなのです。

そんなわけで、ご迷惑を掛けて誠にすみません~~~!!!

勝手なことを申し上げましたが、
Dさまの広いお心で、また当ブログに足をお運びいただけると嬉しいです。
ありがとうございました。

Cさまへ

Cさま、こんにちは(^^
いつもお付き合いくださって、ありがとうございます。


>恋愛相談しつつ心の中は薪さんの事ばかり、、、という所が凄く可愛くて微笑ましかったです。

わはは、うちの青木くん、けっこうジコチューですね(^^;
単細胞なので、複数のことを同時に考えられないというか。 作者が投影されてます★


>あんまり竹内はスキではなかったのですが(薪さんと鈴木以外にイケメンはいらない)こう切羽詰まった所をみると応援したくなりますね。

ありがとうございます♪
薪さんと鈴木さん以外、イケメンはいらない。
賛成ですっ!
薪さんが一番きれいで、鈴木さんが一番カッコイイんです♪
・・・・・あれ? 青木さんは?(笑)


>今更ですがしづさんのSSは

きゃん、褒めていただいてありがとうございますっ、でも恥ずかしいです。 
決して上手ではないですが、できるだけ分かりやすく、あんまり難しい言葉は使わないようにしてます。(言葉を知らないだけじゃ・・・)

うちのSSは異様に長くて、いつも申し訳なく思っているのですが、読み手に負担をかけない書き方、とおっしゃっていただいて、救われる思いです。

個性豊かで可愛いキャラクター、とのお言葉もうれしいです。
てか、ホント、みんなバカばっかりで・・・・・・バカな子ほどかわいいって本当なんですよ(笑)

ありがとうございます^^

しづ様
Dでございます。
返信ありがとうございます。
相談させて頂いた件、了解致しました。色々とあるのですね。あの…気になさらないでくださいましね。
これからも楽しみにしております。

そうそう、勿論朝の出勤の時間もでございます^-^
私の元気の元ですから!
以前読んだものとかもあさりだして何回もアクセスしております。
混んでいる時は流石にガマンしておりますです。
では失礼致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

でんでんさまへ

でんでんさま、お返事ありがとうございました。

勝手を申し上げたのに、寛大にお許しくださいまして、恐縮しております。
よく考えてみたんですけど、
他社に引っ越したからと言って、このブログを閉鎖しなきゃいけないことは無いかも、という案に思い至りました。
記事だけ別のブログに引っ張っていって、こちらはそのまま放置状態。そうすれば携帯の方にご迷惑を掛けることも無く、わたしも過去にいただいたコメントを読むことができる。
でもそれって、やってもいいことなのかな・・・・・?
と、現在思案中でございます。



> そうそう、勿論朝の出勤の時間もでございます^-^
> 私の元気の元ですから!

ぎゃー、朝っぱらかですか(><)
朝に相応しくない内容のときはゴメンナサイですっ、てか、ほとんど相応しくないですね、R系のギャグですから(^^;
でも、元気になっていただいてるなら、幸甚でございます。 ありがとうございます。


> 以前読んだものとかもあさりだして何回もアクセスしております。

ぎゃん、読み直しに耐えうるような作品ではないです(><)
どうか読み捨ててください!


でんでんさま、
やさしいお言葉を掛けていただいて、本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

Sさまへ

Sさま、こんにちは!
コメントありがとうございます。


> 広告についてですが、私が先日まで使っていたケータイは、拍手はできないけど、広告領域は非表示にできるものでした。

まあ、そんな機能があるんですか。
いいですね、これ! 煩わしくないし、便利な機能だと思います。


> で、ずっと非表示で使っていたので、しづさまのブログがアダルトサイトに移っても、私のケータイの画面は変化がなかったんですよ。それで、読みにいらっしゃるのは腐女子の方々でしょうに、アダルト小説に分類されたからって、しづさま、何をそんなに謝ってらっしゃるのかしらって思っていました。すみません。

なるほど~。
実はわたしは個人の携帯を持っておらず、連絡には会社の携帯を使っていたのですが、それはiモードが使えなくてですね、自分のブログを携帯で見たことが無かったんです。
で、知らぬがホトケ状態だったんですけど(バカとも言う)
ブロガー仲間の方に教えていただきまして、オットの携帯を借りて見てみたら、げっ!!って。
やっぱりこれは抵抗がありますよね~・・・・。

先ほどでんでんさんにも話したんですけど、
引越しを検討してみようかと思います。
新しいURLをトップに張っておいて、そこに少しずつ記事を移そうかなって。
できることなら、読む方に気持ちよく読んでいただきたいので。
長い眼で見たら、その方が絶対にいいと思いますし。

わたし自身、アダルトサイトになって哀しかったこともありまして。
小説のランキングに参加できなくなったこととか、一切のジャンル変更を封じられてしまったこととか。
でも一番哀しかったのは、他の方のブログにコメントを入れるとき、自分のURLが残せないんですよ。 『不適切なURLが入力されています』ってエラーが出るんです。 これがかなりの疎外感でして。
不適切って何よ、わたしはこのブログの管理人さんに直接承諾をいただいてリンク張らせてもらってんのよっ!と竹内にからかわれる雪子さんばりに突っ込み入れてましたけどね(^^


> ところで、こちらの雪子さんも原作のように、ヘルメットヘアから薪さんヘアになったんですね。

はい。
原作の雪子さん、あの髪型になってからアカ抜けましたよね~。


> (正直なところ、雪子さんは自分のスタイルを持った人だと思っていたので、恋愛マスターとはいえ、菅ちゃんに頭のてっぺんから爪先までいいようにされ、言いたい放題言われるのが意外でした。)

うちの雪子さんが強いのは、仕事のときだけかもしれないですね(^^;
4巻の頃の彼女の服装やスタイルからするに、そんなにお洒落な女性ではなかったような気がします。 で、現在の雪子さんは一応竹内が気になっているので、そうなるとちょっとお洒落したくなるじゃないですか。(あれ?青木くんのときは??)
女子力に関してはスガちゃんの方が数段上だと認めているので、素直に言うことを聞いていたという感じでどうでしょう。


> そうすると、竹内さんが、元に戻してくださいよ、あれかっこいいから、とか言うのでしょうか。(笑)

言いません(笑)
竹内は原作の青木さんみたいに、オンナゴコロの分からないやつじゃな・・・・・あれ? 雪子さんの気持ち、分かってない・・・・・?
だめじゃん(爆)


> 反応が楽しみです。

ありがとうございます(^^
あ、でも、見惚れてぽーっとなったりしないです。 竹内がぼーっとなるのは、女装した薪さんだけです。


Aサイトについて、お言葉を掛けていただいて、ありがとうございました。
つい甘えて、言いたいこと言っちゃいました、ごめんなさい。

わたしも手間暇惜しまず、気持ちよく閲覧できるサイトを目指して努力しますので、
これからもよろしくお願いします!

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: