室長の災難(19)

室長の災難(19)







 昨日から徹夜で取り調べ、もとい容疑者イジメに夢中になっていた竹内は、仮眠もとらないうちに一課の課長に呼び出された。
 いつも苦虫を潰したような顔をしている課長は、めでたく事件が解決したと言うのに、何故か今日はより一層機嫌が悪そうである。
 デスクの上に、自分が書き上げた報告書が置いてある。どうやらその内容に課長の不機嫌の原因があるようだ。

「竹内。なんだ、この報告書は」
「何か間違いがありましたか?」
「今回の事件は、うちの単独捜査だ。第九は関係ない」
 やっぱりそんなことか。
「今回の作戦の発案者はおまえだろう。第九はちょっと協力しただけだ。報告書にわざわざ載せるまでもない」
「しかし今度のヤマは、本当に第九の協力がなければ解決しなかったんです。
 薪室長がおとりになってくれなかったら、犯人グループを一斉に検挙することはできませんでした。室長だけじゃありません。曽我警部が尾行を完遂しなかったら、岡部警部が橋口巡査の線からあのビルを探り当てなかったら。たぶん薪室長は、今頃この世にいません。そしたら責任を取らされて、俺も課長もここにはいられないでしょう。それを考えたら、第九の功績を認めることくらい何でもないでしょう」
 凶悪犯もびびる強面の課長は、訝しげな眼で竹内を見上げた。反第九派の部下が、こんなことを言い出すなんて。
 不思議がられても仕方ない。昨日までは自分は、高らかに『打倒、第九』を訴えていたのだ。

「確かに尾行は撒かれたかもしれんが、発信機の線からこっちも橋口巡査の件には辿りついていた。第九のほうが現場への到着が早かっただけのことだ。時間の問題だ。第九なんかいなくても、うちだけで犯人を逮捕できたんだ。だいたい第九の連中だけじゃ、突入もできなかっただろう。あのいまいましい小僧を救ってやったのは、結局うちじゃないか」
「現場の詳しい情報をくれたのは第九の人間です。だから突入もあんなにうまく行ったんです。時間の問題とおっしゃいますが、突入がもう少しでも遅れていたら、薪室長は無傷では済んでいません」
 険悪な雰囲気を察して、一課の中が静まり返る。竹内が課長に反抗するなど、滅多にないことなのだ。
 
「失礼」
 涼やかな声が、重くるしい空気を破った。
「打ち合わせ中とは伺ったんですが、僕もけっこう忙しいもので」
 昨日の美女が、ダークグレイのスーツ姿で竹内の後ろに立っている。今の話を聞いていたのか、と課長の顔がますます苦くなる。
 自分より15も年下のクセに、肩書きは同じ警視正。課長は薪のことが大嫌いだった。
 異様に若く見える外見も女のような顔も、とにかく気に食わない。こんなのが刑事をやってていいのか、と疑問に思う。
「昨日お借りしたものを返しに来ました。ありがとうございました」
 それだけ言って竹内に紙袋を押し付けると、踵を返して去っていく。足を怪我しているのか、いくらかびっこを引いているようだ。昨日のことが原因かもしれない。いい気味だ。
 
「とにかく、書き直せよ、竹内」
 課長が薪の後姿から視線を元に戻したときには、捜一のエースは既にいなくなっていた。


テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: