旅に出てもいいですか?

 すみません、ちょっと旅に出てもいいですか?(笑)

 
 8月号を読んだら、オットにそう言いたくなったもので・・・・・・・ああ、薪さん。 理想的過ぎる。 あなたを探しに地の果てまでも行きたい気分です。


 以下、8月号の局地的な感想です。
 ストーリーや事件の謎に迫るものではありません。 また、個人的意見なので、これからの展開を考える上での参考にはしないでください。



 8月号を読んで、自分の考えが甘かったことに気付かされました。
 いえ、あおまきさん成立がどうとか、薪さんの死亡フラグがどうとか、そういうことではなくて、
 薪さんの愛は深いんだなあ、って思い知らされたというか・・・・・・・。

 8月号を読んだ後でも、ふたりが想い合っている、ということはわたしの中で揺らいでません。
 特に青木さんの気持ちは本物だったと思います。 信頼が強ければ強いほど、裏切られたと思った時の破壊衝動も強いから、むしろあれくらいで済んでよかった。 
 絶対的な亀裂が入ったように見えるけど、あれは回復するでしょう。 そうじゃないと話にならない。 
 でなかったら、何のために婚約解消まで持っていったんだよ。 雪子さんとも切れて、薪さんとも切れて、青木さんにどこへ行けというのか。 青木さんに淡路はちょっと無理でしょ。


 薪さんの愛と青木さんの想いは、方向は互いに向かっている。 それは間違いない。 
 でも、その大きさが違いすぎる。
 薪さんの愛は大きすぎて、全貌が見えない。
 例えるなら、常にその愛に包まれているわたしたちがこの地球そのものの姿を肉眼で見ることができないように、薪さんの愛は大きすぎて青木さんには見えない。 そこから派生する一部の現象しか見ることができない。
 
 でも、感じることはできると思うの。
 人間は自然から受ける恩恵に愛を感じる事ができる生物だから、きっと青木さんも感じることはできると思うの。
 薪さんが今までしてきたことを思い出したら、気が付くと思うの。 「都合がいいから」そんな理由で意味のない捜査を部下にさせるひとじゃない、ってわかると思うの。
 で、自分は彼の本当の気持ちを一度も知ったことなんか無かったことを改めて知るんだよ。 まずはそこからだよね。


 「青木に殺されたい」
 これは甘美だよね~。
 どうせ死ぬなら、愛するひとに殺されたいって解るな~。 もちろん、相手に自分と同じ十字架を背負わせる事が解っているから、薪さんはそんなことはしない。 でも、思うだけならいいよな、って感じだったんでしょう。 酔ってたし。
(そう、酔っててよかったよ・・・・・・・目隠しに行っちゃったらどうしようかと思っ・・・・・・失礼。)

 で、鈴木さんも、自分と同じ気持ちだったことに気付いた。(想像した)
 これが薪さんなりの、鈴木さんが残した命題 (どうして薪さんに自分を撃たせたのか) に出した答えだったんでしょう。  


 いつごろから薪さんは、青木さんに殺されたいと思っていたのだろう?
 わたしの好みを押し付けるなら、初めて出会ったときから、がいいなっ。 『エピソード・ゼロ』に書いたみたいに、自分を断罪するために神が使わした執行人だ、とか思ってたら萌える。 親友を殺して半年後、彼にそっくりな男が現れたら、そんな風に考えても無理はないんじゃないかな。
 その気持ちを、「ずっと否定し、閉じ込めてきた」のは、自分は許されてはいけないと思っていたから。 断罪が済んでしまうことを怖れたから。
 青木に殺してもらえたら自分の罪は浄化されるかもしれない、でもそれは青木を殺人者にすることであり、彼の安らかな夜を奪うこと、それが解っていたからずっと否定してきたのじゃないのかな。 形にしてはいけない、思うことも許されない、と思ってきたのじゃないのかな。
 そう思うと、「麻薬のような甘美な響きがして幸せな気分になった」薪さんに同調できる、ような気がする。

 それを形にしたと言うことは、この時点で薪さんは自分の死を覚悟しているとみた。 
 SPがつくようなエライひとと、何事か企てていたみたいだけど、それは薪さんの命の危険を伴う計画なんじゃないかな? 薪さんはそれが解ってて、だから射撃練習なんかしちゃってたんじゃないのかな?


 最初のお偉いさんとのやりとり・・・・・・・ああ~、やっぱり薪さん素敵~~。
 レベル5の情報の流出は、あのお偉いさんとの計画の一部なんでしょうね。 でないと、あのひと出てきた意味がない。 
 薪さんは、現在、姿を消しているのですよね? あのお偉いさんとの約束通り。 つまり、表面上は最高機密を漏洩させた上に逃走中。 で、発砲許可も出ている。
 いよいよクライマックスですねっ!
 青木さん、『明日に向かって撃て!』ごっこしたいなら、今がチャンスだよ!!

 あ、でも、薪さんは死なないと思うよ?
 「青木に殺されたい」なんていう薪さんを、その通りに殺してあげるほど、清水先生は素直じゃないと思う。 (←アンチか? アンチ発言になるのか?)


 とにかく、今回は、
 第九のため、愛する人のために自分が悪者になると言う、わたしの大好きな展開だったので (←どんだけSだよ) 魂が抜けた状態になってます。

 がんばれ、薪さん。 第九の未来のために。





 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Mさまへ

6/30にコメントいただきましたMさまへ

Mさま、こんにちは。
せっかくコメントいただいたのに、お返事が超おそくなってすみません、本当にすみませんっ!


8月号、すごかったですね。
6月号の浮かれた気分が消し飛びましたからね。(^^;
清水先生、さすがとしか言いようがないです~~。


> 薪さんの「青木に殺されたい」…きましたね。とうとう…。

ええ、衝撃でしたね。
自分はもう生きていたくない、それを初めて薪さんが認めた、と思いました。
薪さんは鈴木さんを喪ってから、ずーっと死にたかったのかもしれません。 でもそれを認めることはしなかった、自分にはまだ、この世でしなければいけないことがあったから。
第九が軌道に乗って、自分の役目は終わった。 これでようやく終わりにできる。
薪さんは、そんな風に考えたのかな・・・・・。


> 青木に生きる気力を持たせるために恨まれる…。

はい、本当に、どれだけ深い愛なんだろうって思いました。
・・・・・・・・・・・でもね、きっと青木さんは薪さんを恨まないと思うの。 真っ直ぐなひとだから。 逆に、凹んじゃうと思うの。 ヘタレだから。


> 青木!頑張れよ!!……なにに頑張るのだろう…私は青木が薪さんの気持ちを少しでも満たす言動をしてくれたら少しは満足します。

青木さん、頑張って欲しいです!
自分の闇に飲まれないように! 表面上のことに惑わされないように! でなかったら何のために今まで第九の捜査官やってきたんだーー!! ←いや、それは仕事だから。


> 清水先生は素直じゃないっていうのはアンチじゃないと思いますよ(笑)

あ、よかった。(笑)
ええ、ですよね、素直じゃないというより、Kですよね。 ←完全にアンチ発言。
だけど、そこがいいんですよね!! Sにはたまんないです、涙しながらもゾクゾクきます。 あれ、わたし本当はMなのかな・・・・・?


次のメロディ、本当に楽しみです!
これから年末まで、クライマックスですからね。 絶対に見逃せませんっ!
Mさまと一緒に、これからも薪さんを応援して行きたいです!!
ありがとうございました!(^^

Nさまへ

7/1 鍵コメントいただきました Nさまへ

Nさま、こんにちは。
復活したと言っておきながら、コメントのお返事が2週間後ってなに!!? <すみませんーー!! だって薪さんがなかなか見つからないんだもんっ(^^;


> 私の中でも、お二人が想い合っているという事、揺らいでいませんよ!
> 最早そこは危惧する必要のない部分になってます^^

ですよねっ。
もうそこはガチでいいと思います。 だから所詮、これは痴話げんかに過ぎないと。(え)


薪さんの愛の表現に賛同くださって、ありがとうございます。
わたしもNさまの、

> そして青木くんは…自然の恩恵を強く感じて誰よりも感謝できる人間だと思います。
> 自分がどれほど「当たり前」に思って見過ごしてきたか、
> どれほど小さな人間かと思い知る日が来ます。
> そしてそれで終わらず、愛を返す時がくるはずですよね。
> 今こそ青木の真価を・・

というお言葉に同意します!!
特に、「そしてそれで終わらず、愛を返す時がくるはず」。
そうですよ、それでこそ青木一行ですよ。 薪さんが惚れた男ですよ! ←これもガチだな。


> 薪さんが青木さんに殺されたいと思い始めたのはいつか?

きゃー、ゼロ、読んでくださったんですね、ありがとうございます。
でもすみません、あれはあおまきすとさん立ち入り禁止のお話なんですよ~~。(^^;
薪さんが青木さんに断罪を求めてて、青木さんの顔を見るたびに自分の罪を更新するなんて、そんなのあおまきさんの関係じゃない~~、これじゃ薪さん、青木さんに恋しようがないじゃん~~!!


> でも本当に…もっと罰を…と思っていそう。

原作の薪さんは、今現在、そう思っているのかもしれませんね・・・・・。

> 月日が経って絆が深まっているようでいて、薪さんは
> 青木の執行人としての期待を膨らませていて。
> 他の誰でもまして自分でもない、青木に殺されたい。漸く解放される。
> その時が来るのを言葉にした瞬間に、自分が死を望んでいる事(=断罪)を
> 認めてしまった瞬間…ああ、そら薪さんもうっとりしますよね。(痛)

ううう、辛いです。
薪さんがどうして自ら死を選ばなかったか、それは死んだほうが楽だったからですよね。 死ぬより生きるほうが辛いなら、自分はより辛いほうを選ぶ。 それが罰だと思っていたのではないでしょうか。
「青木に殺されたい」は言い換えると、「青木の手で楽にして欲しい」になるんでしょうね。


> 4巻泉鏡花のあれは、好きと言ってしまいやしないだろうかと心配してると思ってたけど、
> もう今となっては殺してと言ってしまう事を心配してたのかと見事に摩り替わりました。
> 「想う」って便利な言葉ですねぇ^^

!!!!
そ、そっかーー!! いや、マジでそうかもしれないですね!!
わたしも最初は青木さんへの恋心だと思っていたのですけど、カニバリズム事件が出てきてからは、なんだ、事件のことだったのかと・・・・・・(だって、大臣殺害の現場の画があったし。 あれってカニ事件の余波ですよね) 色気のない解釈をしておりました☆


> しづさんの雑記部分や作品を読んでいると、
> 自分の中の考えが色々変わっていきます。最早中毒です。

共感してくださってありがとうございます!
しかーし! しづに騙されてはいけません!!
そして、わたしの作品の一番の売りはギャグですので! 難しいことは考えず、笑ってくださったらそれが一番うれしいです。
笑えない話も多いですけどね☆ (←本当に笑えない)

コメントありがとうございました。
もう少ししたら、Nさまのブログにもお邪魔しますね。(^^

Oさまへ

Oさま、はじめまして。
コメントありがとうございます!


Oさまは、2巻発売の頃から秘密を読んでらしたと、
それでは大先輩です!! わたしは意外と秘密歴浅くて、はまったのは5巻を読んだ後なんです。
あ、でも、Oさまも青木さんと雪子さんの婚約があおまきに転んだきっかけなんですね。 
わかりますっ。 
もう、あの辺から切なさMAXですよね! イタイ薪さん好きにはたまりませんよね!! (←何気に失礼ですみません)


> しづ様のおかきになるなんだか、かわいいというか、可哀想というか若干残念な中年な薪さんが大好きです。

わはははは!!!
『若干残念な中年薪さん』!! もう、これ以上うちの薪さんをぴったりと表現する言葉はございません!! ありがとうございます、まさにその通りですっ!!


> 最近、こちらのブログであおまきに完全に目覚めました。

そ、そうなんですか?
こんなズレまくったあおまきさんで??
うちはギャグがメインだし、でろ甘なあおまきさんには程遠いですが・・・・・でも、気に入っていただけてうれしいです。 ありがとうございます!


で、『トライアングル』ですか?
きゃー、あれはあおまきすとさんは立ち入り禁止のお話なんですよー!! (←あおまきすとのクセにそんな話書いてすみませんー!!)


>なんか、変化する時という感じで、少しリアルで、それでいて薪さんならではのパラレルに鈴木と青木と同じようにではないけど、愛するような、難しいのですが平行的な感じが凄く好きです。
>その平行間に苦悩する薪さんが最高です。

うちの薪さん、鈴木さんにメロメロでしたからね~~。
ぶっちゃけ、良くあることだと思うのですよ。 
昔の恋人を今の恋人に重ねちゃうのって、ありえないことじゃないし、実際に二股掛けてるわけでもない。 だからそんなに悩むほどのことじゃないと思うのですけど。
そこはやっぱり男爵だから★


URLを残してくださったので、後ほどOさまのブログにお邪魔させていただきます。(^^
うれしいお言葉をありがとうございました!
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: