タイムリミット(8)

 はい、サクサク行きますよ。
 さくさく、さくさく。




タイムリミット(8)




 青木の姿が消えると、美和子はすぐに薪の手を放し、ソファに腰を下ろした。マタニティドレスのお腹をそっと擦りながら、澄ました顔で強烈な皮肉を薪にくれた。

「あれがあなたに付きまとってるヘンタイ強姦野郎? とてもあなたが言ってたような人には見えないけど」
 美和子の協力を得るために、青木には泥を被ってもらっている。薪の計画には、彼女の力がどうしても必要だ。
「ていうか、あなたの今の顔が『ストーカーと縁が切れて清々している男』には、ぜんぜん見えないんだけど」
 痛いところを突かれて、薪は下を向く。彼女には、薪の本当の気持ちは伝えていない。

「すみません。美和子さんにまで嘘を吐かせてしまって」
「あら。わたしは嘘なんか言ってないわよ。あなたと婚約したのはホントだし、赤ちゃんがいるのも事実でしょ。あなたの赤ちゃんだ、とは一言も言ってないわ」
 さすが小野田の娘だ。機転も利くし、頭もいい。とりわけ、相手をミスリードする話術は巧妙だ。
「わたしたちは、共犯者みたいなものでしょ。わたしはこの子の父親が必要だし、あなたは父の後ろ盾が欲しい。そういうことでしょう」
「ええ。いい加減、お遊びは終わりにしないとね」
 そう、いつまでもゲームは続かない。そしてゲームの終局は、最初から決まっているものだ。

 ソファに座った美和子に手を差し伸べて、薪は彼女をエスコートしようとする。しかし、美和子は薪の手を取ろうとはせず、手を口元に当ててクスクス笑い始めた。
「あなたって、わたしの前では見事なポーカーフェイスだけど、彼の前に出るとボロボロなのね」
 ソファの背もたれに寄りかかり、悪戯っ子のような目で薪を見上げる。育ちの良い娘らしく、年齢の割に甘えの残ったその顔は、とても魅力的だった。

「覗いてらしたんですか?」
「人聞きの悪いこと言わないで。出るタイミングを見計らっていただけよ」
 差し出された手を取ろうとはせず、美和子は自力で立ち上がり、薪の顔を正面から挑むように見た。

「わたしはあなたに本当のことを話したんだから、あなたも本当のことを言ってくれないと。この先、上手くいかなくなるわよ」
 優雅に腕を組み、尖った顎を反らす。裕福な家庭に育ったもの特有の、自然で高慢な態度。
「父に気兼してるんでしょ? 彼にだけは、本当のことを言ってあげたら?」
 そのくせ、お人好しでやさしいのだ。彼女のことを、薪は決して嫌いではない。

「本当のことを言いましたよ。あなたと結婚するって」
「子供のことは?」
「嘘じゃありませんよ。僕の子として生まれてくるんですから」
 6ヵ月後にこの世に誕生する子供は、薪の籍に入る。薪は婿入りするから、戸籍上は小野田剛の子として生まれてくることになる。
「その子は、僕の子供です」
 すでに腹は決まっている。美和子の子供の父親としての世間的な責任は、きちんと果たすつもりだ。

「何度も聞くけど、あなたは本当にそれでいいの? わたしはあなたを一生、愛さないわよ? わたしが愛せるのは、この子とこの子の父親だけ。この子にも本当のことを話すわ。そうしたら、この子もあなたを愛さないのよ?」
 矢継ぎ早な尋問口調。妊娠時期の不安定な精神状態と未来への不安に駆られて、ついつい厳しい話し方になってしまうのだろう。
 彼女の声から感じられる、不甲斐ない男に対する苛立ちと怒り。その裏に見え隠れしている、一抹の憐憫。

「解ってます」
 簡潔に答えを返し、美和子の目を見る。
 同情は要らない。自分だって、彼女を利用しようとしているのだから。お互い様だ。

「だからあなたと結婚することにしたんです」
 彼女のためにドアを開けてやりながら、薪はにっこりと微笑んだ。



テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Uさまへ

Uさま、はじめまして。
(Sさま、だったらすみません)
丁寧なコメントいただきまして、ありがとうございます!



最初にご質問にお答えします。
FC2のコメント欄のメールアドレス、及びURLは入力しなくても差し支えありません。
(もしもUさまがブログをお持ちになった際は、URLを入力しますと、コメント欄のURLの表示からUさまのブログに飛べるようになります)
パスワード欄には、4ケタの任意の数字を入力しておきますと、送信後にコメントを修正できます。 
その方法は、「編集」をクリックし、入力した4ケタの数字を再度入力します。 するとコメント送信欄が開き、入力したコメントが表示されますので、修正の後、もう一度送信してください。

上手く説明できたかしら・・・・・
不明な点がございましたら、遠慮なく訊いてくださいね。(^^



初コメント、うれしいですっ。
ありがとうございます!!

そうですか~、Rさんのところからうちに、ってそりゃまた180度違う世界に。(^^;
ロマンチック街道ど真ん中のRさんに比べると、うちのはR系ギャグ小説ですから~。 きっと、なんでこんなに違うのー!? と思われたことと・・・・・すみませんでしたっ。

BLには免疫が無かったのですか?
そ、それは~、わたしの話、きつくて驚かれたでしょう。(^^;
Uさまの悪心を誘ってしまったら、てか、間違いなく吐きましたよね?! すみませんでした~!!

原作を読まれる前に、二次創作をお読みなられたのですね。 
しかも、BL初読と二次創作初読が同時。
なるほど~、と納得したのですが、
「秘密」と「あおまき」が業界用語って!!
すみません、爆笑しちゃいました!!(≧∀≦)


拙作をお読みいただいてから、原作の方を読まれたのですか?
きゃー、うれしいです! しづお手柄、読者増やしたー!
同時進行で読んでいただいたとのことですが・・・・・・混乱なさったことと思います、すみませんっ。
うちの薪さんは秘密コミュで一番原作から遠ざかっていると自覚しておりまして、原作のイメージを大事にされる方には、顔向けできないのです。(>_<;)

原作はBLに分類される作品ではありませんが、(BLを男性同士の恋愛、という定義にするなら)
要素はあると思います!
薪さんは、明らかに青木さんのこと好きですよね? 雪子さんがハッキリ言ってたし。
イケナイ描写は一切ありませんが、男性が男性に恋をしていれば、それはBLの要素と言ってもいいんじゃないかと。

妄想する余地がたくさんある、とのご意見、全面同意です!
ええ、あれは狙ってますよね!(笑)
思わせぶりに、進むかと思うと後戻りして、またちょっと触れ合ってすぐに別れて、という繰り返しに、あおまきすとの心は乱されっぱなしです☆ 清水先生、策士!!


うちの駄作を二度も読んでいただいたとのこと、
うれしいです、うれしいですけど~~、
あああああああ、アラがっ!! 矛盾が、辻褄が、キャラのブレがっ!! 読み直さないで~~!!! 恥ずかしいです~!
どうか読み捨ててくださいねっ!!


過去作品に拍手をくださってたの、Uさまだったんですね!
ありがとうございました~! 本当に、励みになりました!!

Uさまも、ブログを持ってらしたのですね。
そうですよね、読んでくださる方がいらっしゃる、それがハッキリとわかると、すごくうれしいですよね!
自分が嬉しかったことは他人にもしてあげようと、素直に思って行動できるUさま、とてもやさしい方なのですね。(^^

コメントは大歓迎です!
わたしはもともと、薪さんのことを語り合えるお友だちが欲しくてブログを始めたので、こうしてコメント欄で薪さんファンの方とお喋りできるのが何よりの楽しみで。
ですからご遠慮なさらず、気軽に話しかけてくださいねっ♪♪♪


Uさまの、今回の爆弾話の裏側予測につきましては、
はい、その通りです! Uさま、鋭いです! (←話が浅いんじゃ・・・・・)
まあ、その伏線にプロローグの2を入れたんですけどね☆

そして1年後、振り返っていたというのは、『ゲスト』のことですか?
きゃー、しっかり読んでいただいてて、本当に光栄です!! (作者のクセに、1年後って何だっけ?って思ってカテゴリ確認して解ったなんて口が裂けても言えません。)

それから、うちの薪さんの性質、
「二股かけるなんてできないし浮気も離婚もありえないって考えの薪さん」
見事に捉えてくださってます!
うちの薪さんは化石みたいに古臭い考えの人で~、特に恋愛のモラルに関しては固いです。 石です。 

お話の続きを色々と想像してくださって、嬉しい限りです。
そしてUさま、本当に鋭くていらっしゃる。 すっかり見透かされちゃってます~。(^^;


しづの作品の完成度・・・・・
ぎゃー、とんでもございませんっ、崩壊しててすみませんっ!!

あ、でもでも、Uさまのおっしゃる通り、
秘密の二次創作は、みんな完成度高いですよね!! 
なんかですね、秘密コミュの方って、教養の高い方が多いんですよ。 みなさん、たくさん本を読んでらっしゃるし。 音楽や美術にも造詣が深くて、英語とかも強くて、(わたしなんかカタカナの言葉さえ覚えづらくて大変なのに~~)
才女の集まりって感じです。
年齢も40歳前後の方が多いから人生経験も豊富で、だから素晴らしい作品が書けるのだと思います。
残念なことに、わたしだけ高卒のガテン系なんです。
当然、頭もあんまり上等じゃなくて~、読むのは漫画と推理小説が主だし~、だから皆さんに着いて行くのが大変なんですけど(^^;)

睡眠不足になるほど読んでいただいて、本当にありがとうございます! 
他の方のように格調高い文学作品ではありませんが、薪さんへの愛だけはみっちり詰め込んでいるつもりで、あ、でも、それならどうしてこんなS展開に・・・・・・? すみませんーーー!!!


最近のことは、
お気を使わせてしまって、すみませんでした!
浮かばないとか書けないとか、後ろ向きな発言をしてしまって、反省してます。 更新も滞ってしまったりして、Uさまがせっかく楽しみにしてくださってたのに、本当に申し訳ありませんでした。
こうしてお声を掛けていただくと、頑張ろう、と言う気持ちが湧いてまいります・・・・!!


あ、あの~、それで、コメントいただいた中で、ひとつだけ申し訳ないのですが、
ファンと言うのは、きゃー、すみません、やめてください~~。(^^;
わたしは、薪さんを好きな方は、みんなお仲間だと思ってます。 
同じ気持ちで薪さんの幸せを願う同志です。
なので、どうかお気楽に、楽しくお喋りしてってくださいね!

これからもよろしくお願いします!!
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
次のお話の予定
『ヒカリアレ』
書いてます。
60Pを超えました(笑)
7/18 推敲やってます。
あと20ページ。
7/20 推敲の結果、70Pになりました。←バカじゃないの。
2回目の推敲に入りました。
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: