破滅のロンド(4)

破滅のロンド(4)






 カラン、と氷の溶ける音がした。
 地下ビルのバーという場所でありながら、低音で流れるリストのピアノ曲の中では、その音は異質だ。それを証明するかのように、年季が入って艶を帯びたカウンターの内側でバーテンダーがこちらを振り返る。その視線から連れを隠すように、滝沢は細長い台の上に肘を付き、薪の方へと身を乗り出した。

「本当に変わらんな。あの頃のままだ」
「おまえはますます態度がでかくなった」
 亜麻色の髪に伸ばした滝沢の手を、薪は耳の横でパシリと払った。冷ややかに言い放ち、ロックグラスを傾ける。6年前より酒も強くなったらしい。

「岡部は副室長だが、鈴木ほど穏やかな性格をしてない。彼の前であまり僕にべたべたすると、投げ飛ばされるぞ」
「それは残念だ。おれはおまえのことが大好きなのに」
「そういう冗談もNGだ。何て言うかその……色々あって。彼は少し、過敏になってるんだ」
 薪の言う「色々」の具体的な意味は分からなかったが、彼が眉根を寄せた所を見ると、つまびらかにされるのは避けたいようだ。後で聞きだしてやる、と滝沢は心に決め、薪が嫌がると解っている猫撫で声で、
「冗談なんかじゃない。おまえのことは本当に好きだぞ」

 ―――― 殺したいくらい。

 あからさまに眉を顰める旧友に、滝沢は含み笑いをこぼす。
「6年間、おまえのことばかり考えていた」
 嘘ではない、本当のことだ。死んだ彼女を想うより、彼を身の上を想像する方が多かった。彼女には一筋の変化も見出せなかったが、彼には空想の余地があった。
 あれから彼はどうしただろう? 最後に見たときには死人のようだったが、生き永らえているだろうか。自ら命を絶ったとしたら、どんな方法で?
 あそこまでの絶望に叩き込んでやったのだ。浮き上がれるはずがない。彼女を失った自分が二度と昔の自分に戻れなくなったように、ましてや薪はその手で自分の半身を殺したのだ。まともな人生など歩めるはずがない。彼に比べたら自分はまだマシだ。
 そう思っていたのに。

 雇い主に渡された資料には、滝沢が予想もしなかったことが書かれていた。現在の第九メンバーと室長である薪との間には強い信頼関係が築かれ、見事な連携プレイによって幾つもの難事件を解決している。滝沢がいる頃はどちらかと言うと孤立気味だった警察内の立場も改善され、昨今では天敵だったはずの捜査一課や組対五課と協力し合って犯人を逮捕することも多くなってきた。長官賞、局長賞、警視総監賞など主だった賞はとっくに制覇し、第九の名声は室長の薪警視長の威光と共に日本中に轟くようになった。
 警察機構トップの検挙率を武器に、第九は現在も躍進を続けている。その頂点に君臨するのが滝沢の隣に座った小男だ。滝沢が与えた絶望は何処へやら、いつの間にか階級も上がっているし、順風満帆の人生ではないか。

 それを知って滝沢は、ひどく寂しい気分になった。
 自分が彼に施したものを、6年の間に彼は忘れ去ってしまった。自分は一時たりとて、彼を忘れたことはなかったのに。
 ―――― 思い出させてやる。

「おれはおまえに会えて、本当にうれしいんだ。以前のように仲良くしてくれ、薪」
「以前のように?」
 薪の顔が訝しげに歪んだ。おまえと馴れ合った覚えはない、と言いたげだ。
 よかろう。思い出せないなら、新しく関係を築くまでだ。

「薪、おれはおまえを恨んじゃいない。おれが精神を病んだのは、自分を過信したせいだ」
 相手の罪悪感を喚起するには、やさしい言葉が効果的だ。ストレートな非難を受けた人間が抱くのは反発だけ、反発心から人間が自発的行動を取ることはない。自分の首は自分で締めさせる、それが滝沢の戦術だ。
「おまえがあれほど無理をするなと言ったのに、限界を超えて貝沼の画を見続けた。おまえの言いつけを破って悪かった、でもおれは、少しでもおまえの役に立ちたかったんだ」
 滝沢が誠実な言葉を重ねるほどに、薪の瞳は憂愁に包まれた。
 薪は責任感の強い男だ。少々、過ぎる嫌いがあるくらいだ。鈴木のことはもちろん、上野や豊村のことも、室長としての自分の責任を強く感じていることを滝沢は知っていた。ならば当然、精神病院に収容された滝沢にも引け目を感じているはずだ。

「できるだけのことはする」
 予想通りの言葉が薪の口から零れて、滝沢は心の中で快哉を叫ぶ。
「おまえが病院に入らなきゃならなくなったのは、室長である僕の責任だ。許されるとは思っていないが、僕にできるだけのことはする」
「うれしい言葉だ。おまえは相変わらずやさしいな」

 お人好しめ、そんなことだから部下を全部殺されて、その上自分の手まで汚すことになったんだ。恨むなら自分の甘さを恨め。
 そう嘲笑う側から、否、根源はそこではない、と打消しの声が上がる。そうだ、忌むべきは甘さではない。愚かしくはあるが、それは罪ではない。憎むべきは彼の罪。的を一点に絞って、滝沢は心中で薪を罵倒する。
 上層部の言うがままに秘密を飲み込んだ、その汚い心根を恨め。

 言葉にならない呪詛を繰り返し呟きながら、滝沢は尊大に笑う。俯き加減にグラスに口をつける、明日から自分の上司になる男に向かって昂然と言い放った。
「おまえの誠意に期待する」



テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Mさまへ

Mさま、こんばんは。(^^


うふふ~、大丈夫ですよ~。
うちのブログが特殊なのかもしれませんが、創作の話題だけでコメントくださる方の方が少ないです。 原作と絡ませるのは基本技で、子供のこととか彼氏のこととか仕事のこととか、本当に色々なお話を聞かせていただいてます。 顔の見えない気軽さがあるんでしょうね。

わたしはプライベートのお喋りも大歓迎なのです。
気の利いたことも言えませんけど、何かありましたら遠慮なくどうぞ。(^^)
あと、具体的な言葉を出さないように気を付けてはいるのですが、
お返ししたコメントの中でMさんのプライバシーに障る部分がありましたら直ぐに削除しますので。 こちらも遠慮なくおっしゃってくださいね。


しづが銀行に勤めてた話。
いえ、すごくないですよ~。 わたし、高卒で銀行に入ったので。 就活とかしてないし。
「銀行」=「嫁の行き手に困らない」? いやー、それは人によるんじゃ。(^^;
あ、でも、言われてみれば、
わたしはお見合い結婚なんですけど、銀行のお客さんの紹介だったんですよね。 そういう意味では困らないと言えるかも~。
『4枚数え』は今でもやってますよ。 社員のお給料詰めるときとか、集金のときとか。 でも、銀行にいた時ほど頻繁にしているわけじゃないので、だんだんお札がきれいな扇形に開かなくなってきて……使わない能力は衰えるって本当ですね。(--;


Mさまの感じられたカルチャーショック、すっごく分かります!!
特に、
> マニュアルなどというものは無く、「あのへん」「だいたい」でまかり通る仕事。

そう! マニュアルがないんですよ!!
銀行には業務規程というマニュアルがずらっと並んでいて、業務に疑問があったときにはそれを読むんですけど、
それが結婚してこの会社に入ったら、マニュアルがない! 先人の知識だけ! えー、うそー、こんなんで事務ミスが防げるのかー!? と驚きました。 

そうそう、お給料も減ってね~。 仕事量はそれ以上に減った気がするので、仕方ないですけど。 
しかし、Mさまの旦那さまのお言葉には……すみません、失礼ながら爆笑しました。 ←本当に失礼!!
でも、勤務時間に自由が利くのは、いいですね! フレックス制なんですね。
何より、人間関係が良いのは最高だと思います。(^^) 正直、いくらやりがいがあってお給料の高い仕事でも、人間関係が悪かったら続けられませんものね。

仕事の方も、慣れると怖い、というのは分かります。
あのね、ナイショですけど、わたしも銀行に勤めてた頃、2千万くらい入ったATMカセットをまたいで歩いてました。(^^;
今考えると人様の大事なお金を預かっているのに、なんてことを~~!! と思うのですけど、オンライン為替締め際の銀行って超忙しくて(時間に間に合わないと減点になる)、周りを見る余裕もないと言うか、文字通り営業室を走ってたんですよ~。 もう、お金がお金に見えなくなるんですよね。 振り返って、反省してます~。



『緋色の月』 再読してくださって、ありがとうございました。
そうそう、夜だけどアオカンなのと、変態プレイのやつです! (我ながら、なんてものを書いてるのか)

> 10ヶ月も薪さんと青木さんはご無沙汰なんですね…。

あははは! わたしが覗いてないだけで、よろしくやってると思いますけど。 ずっと拒否られてたらどうしましょう。(笑)

Eさまの妄想コメントは、
面白いですよねっ。(>∇<)
いただくたび、わたしも大笑いしてて~。 本当に、ブログ開いてくださればいいのに!
残念ながら、今年になってからはコメントいただいてないのですけど、多分、読んでくださってるとは思うので。 そのうちまた、お声を掛けてくださると思ってます。(^^



その他のカテゴリは、
お知らせ記事が殆どですが、たまにプライベートのこととか、原作の感想とか入れてます。 でもわたし、レポート類は苦手なので~、ぐだぐだですみません。(^^;

『がけっぷちケーキ』は、
あははー!
わたしの親友は冗談大好きなので、これ贈った時ものすごくウケてくれましたが、真面目な人には贈っちゃダメですよ☆ 
旦那さまはもちろん、冗談が通じるタイプなのですね。 ぜひ、お試しあれ♪


運転が上手い男の人は、
えー、そうですか? わたしは安全運転の男性の方が、安心できていいと思います。
わたしは運転ヘタなので、はい、駐車場も遠いところに停めて歩きます~。 車庫入れも苦手。(^^;
だから逆に、飛ばされると怖いです。
今は年を取って落ち着きましたけど、うちのオット、若い頃は筑波山スカイラインをインフィニティQ45で飛ばしてたんですよー。 カーブとか、身体が浮くんです。 死ぬかと思いましたー。
上手な運転て、同乗者や周りを不安にさせない運転を言うのだそうですよ。 だから旦那さまは、運転上手だと思いますよ。(^^ 


小野田さん。
イメージ壊しちゃいましたか? 
あははー、でもほら、警視総監と薪さんの対比も、似たようなものじゃないですかー。(失礼)
医龍の岸部さんは、
すっごい役でしたよねっ! 相棒の小野田さんと全然違うの。 役者さんてスゴイですよね。

てか、原作の野口先生はもはや人間じゃないと思えるくらい凄まじい御仁ですものね。 あのくらいは当然ですかね。 
あれもスゴイ世界ですよね。 白い巨塔も真っ青の、どろっどろの医局に教授選。(@@;) 医大ってああいう所だと信じてしまいそうです。



で、お話の方ですね。

滝沢さんにエールをありがとうございます、て、
ちょっと待って、いいの!? 
いえ、他の方もみんなそうなんですけど(笑) なんてみなさんお心が広い、と感謝する一方で、みんなしづのドSに感化されてきたんじゃ、という不安が。(^^;)

しかし、これが萌えパターンとは、Mさん、実はS……げほごほ。


> 最初の4行、イイですねぇ。 何度も読み返しました。

お褒めに預かり恐縮です。
でもすみません、雰囲気とか心情とか、良いと思えるの、それは読み手の能力だと思います。 足りない部分、たくさん補完してくださってありがとうございます!! 
どう書いたら読み手に伝わるかな、と試行錯誤しながら書くものだと思うのですけど、わたしの場合はあんまり考えてなくて~、ほら、第三の脳に支配された第二の脳が書いてるから。(笑)

ところで、Mさま、ピアノ弾かれるんですか!
すごーい!! カッコいいー! 憧れます!!

リストの曲は難しいそうですね~。 ピアノの魔術師とか言われてたんですよね。
実はわたしクラシック音楽はからっきしで、曲を聴いても題名が出てこない残念な人なんですけど、この話では「滝沢さんはクラシック好き」という設定が必要だったので、リストの流れるバーカウンターを舞台にしてみました。 その状況を思い浮かべていただけたのは、やっぱり、
Mさまがリストを知っているからですよ! 知識が多い人ほど、映像化が容易いんだと思います。 わたしなんかクラシックも苦手だし、バーとか行ったことないからよく分からなくて~、言われて読み直しましたが、全然思い浮かびません。 ←書いてるくせに!! 

せっかく褒めていただいたのに、すみません~~。(^^;
わたしがもっと教養高くて都会的な素敵女子だったら良かったんですけど……うん、少しは教養を高めようと思って買ったクラシック音楽のアルバム、1回くらいはちゃんと聴こう。(10枚組で、まだ3枚しか聴いてない)


お話の続きを楽しみにしてくださってありがとうございます。 楽しみにしてくれる方がいる、と思うと、とっても励まされます。
まだ先が長いので、ゆったり構えて読んでいただけると嬉しいです。
ありがとうございました。(^^



プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: