破滅のロンド(7)

破滅のロンド(7)




 昼休み終了の10分前。室長室にコーヒーを運ぶ青木を、岡部は呼び止めた。

「室長なら留守だぞ。午後から警視庁で会議だ」
「え。食事先から直行で?」
 午後からの会議のことは、青木も知っている。それでもこうしてコーヒーを運んできたのは、いつも薪は青木のコーヒーを飲んでから会議に赴くからだ。今日のように、昼食を摂った店から会議室へ直行というのは珍しい。ましてや。
「……また滝沢さんと一緒か」
 お供の部下と一緒に食事をして、そのまま出掛けるなど。

 ホワイトボードに書かれた各人の予定を見て、青木が低い声で呟く。表情には出さないが、面白くないのだろう。その気持ちは岡部も一緒で、多分、他の職員たちも同じだ。
 薪はとても公正な室長だった。部下の中で特に誰かを疎んじることなく、可愛がることはもっとせず、平等に厳しく、公平に叱った。職員たちの不満は室長に集中し、仲間内でいざこざが起きることはなかった。
 それが、滝沢にだけは違った。モニタールームに入って来るたび、彼に必ず声を掛けた。自分が外に出ることがあれば、常に彼を同伴した。まだ見習い期間中の滝沢は受け持ちの事件を持っていないから、と言うのがその理由だったが、青木が新人だった頃は一度も指名された覚えがない。

「よかったら」とカップを差し出され、岡部は隣に立った男を見上げた。椅子を回転させ、彼の真面目そうな顔を検分する。何処となく疲れて、元気がなさそうだ。
「薪さんも、どういうつもりなんだろうな」
 岡部はそれを、カマを掛けたつもりで訊いた。青木は薪の恋人だ。薪が滝沢に気を使う理由を、本人から聞いて知っているはずだと思った。ところが。
「オレには分かりません」
 力なく首を振る、そこまではあり得ることだった。薪は意地っ張りだ。自分の弱みを、例え相手が恋人といえども隠そうとすることは、充分に考えられた。しかし。

「もしかしたら昔、恋人同士だったのかも」
「ぶっ!」
 後輩の口から予想もつかない答えが飛び出して、岡部はコーヒーにむせる。何を根拠にそんな疑いを持ったのか、さては恋人の勘違い癖が伝染したのかと、岡部が咳き込みながらも青木の疑惑を否定すると、青木は何とも情けない顔になって、
「じゃあどうしてオレ、薪さんに振られたんですかね」
「はあ?」
 岡部はポカンと口を開け、間の抜けた声を出した。そんなわけは無い、自分は薪から何も聞いていない。薪が、青木の姉に会う直前の精神安定のために岡部を呼び出したのは4日前だ。この急転直下のラブストーリーをどう理解したらいいのか。

 岡部が日曜日の薪の様子を話してやると、青木は悲しそうに眉根を寄せ、岡部の隣の席に腰を下ろした。
「そうですか、そんなに嫌がって……オレ、薪さんの気持ち、全然分かってなかったんですね」
「いや、薪さんは別に嫌がってたわけじゃ」
「オレ、実はすごく浮かれてて。姉に自分の彼女を紹介するような気分でいたんです」
 それはそうだろう。薪は青木の恋人なのだから、どこも間違っていない。
「だけど、薪さんにはプレッシャーだったんですね。そうですよね。オレだって、もしも薪さんの両親がご存命でいらして、お会いする機会があったら、緊張で食事なんか喉を通らないかも」
「まあ、プレッシャーはあったみたいだが。薪さんは、おまえのためにそれを乗り越えようとしてだな」
 懸命に、薪は自分を奮い立たせていた。悲惨な未来図を思い浮かべながら、それでも逃げ出さず、立ち向かおうとしていた。そんな薪が青木を疎んじる道理がない。

「だから、薪さんがおまえを嫌いになったなんてことはない。滝沢の方を優先したのは、薪さんにも理由があって」
「理由ってなんですか。滝沢さんが此処に赴任した途端、オレと距離を置かなきゃいけない理由ってなんですか。仕事中は仕事のこと以外話しちゃいけない、プライベートでは近付いてもいけない理由って?」
「それは、おまえたちの仲が発覚するのを怖れて」
 苦しいこじ付けだった。それを危惧するなら、今までだって同じではないか。このタイミングで薪の警戒態勢がレッドゾーンに入った理由は他にある。

「岡部さん」
 縋るような瞳で、青木が岡部の顔を見た。岡部は第九内でただ一人、彼らの関係を知っている人間だ。困り果てた青木が他に頼る者はいなかった。
 迷ったが、話すべきだと思った。
 他の職員はともかく、青木は薪にとって特別だ。他人の過去、それもかなりの割合で推測が入る話だが、青木の気持ちを落ち着かせるのは大切なことだ。青木は大人しそうな外見からは信じられないくらい無鉄砲な男で、思い詰めたら何をしでかすか分からない。滝沢に詰め寄って直接問い質す、なんてことを平気でしてくれるからコワイ。

「滝沢は、貝沼事件の生き残りだ」
 えっ、と驚きの声を上げて、青木が背筋を伸ばした。貝沼の名前が出ただけで、ゴクリと唾を飲む。2065年の今でも、かの事件を上回る猟奇犯罪は起きていない。6年という歳月を経てなお、貝沼事件は日本犯罪史の頂点に君臨していた。
「当時の第九の職員は室長を除いて死亡したが、一人だけ、精神病院に入院した職員がいただろう。それが滝沢だ。6年間療養して、ようやく現場復帰することができたんだ」
「それで薪さん、あんなに気を使って」
 薪が滝沢から目を離さない理由を知って、青木は深く頷いた。薪の性格を知っているものなら誰でも察しがつく、室長として部下の精神的疾病の責任を感じているのだ。

「この話は、他の連中には黙っててくれ。下手に気を回されると、余計うまくいかなくなる」
 岡部が青木に秘匿を促すと、青木はもう一度頷いて、
「薪さんが滝沢さんのこと、気に掛ける理由は分かりました。薪さんらしいと思います。でも、だからってオレと別れなくても」
 多分、違うと思った。薪はポーカーフェイスが得意だが、こういうことはすぐにバレる。背中に張りがなくなったり、話し方が淡々とし過ぎていたり。ボーっとしたり、ミスが増えたり、人の話を聞いていなかったり。そういった兆候が一切現れていないところを見ると、別れ話は青木の誤解の可能性が高い。
 そう言って岡部が慰めても、青木は俯いたままだった。こと恋愛に関して、他人から告げられる恋人の好意は意味を持たない。希望を持たせようと耳に心地良いことを並べている、そんな風に受け取られがちだ。
 直接薪に確かめるのが一番良いのだが、プライベートでは会ってもくれない。電話ですら、仕事以外のことを喋ろうとすると切られてしまうと言う。何を考えているのか知らないが、そこまで徹底しなくてもよさそうなものだ。青木が落ち込むのも当然だ。

「折りを見て、ちゃんと説明するように俺が薪さんに話してやるから」
 最終的に、お人好しの岡部が介入を約束させられて、青木の悩み相談室は終わった。広い肩を落として自分の机に戻る後輩を、岡部は溜息混じりに見送ったのだった。



テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Cさまへ

Cさま、こんにちは~。

そうですねー、Cさまのおっしゃる通り、この二人の職場恋愛はダメですねー。 付き合う前も付き合い出してからも、仕事に影響が出過ぎですものね。(^^; 
青木のフォローもできないようなら薪さんは部下に手を出すべきではない、というご意見も、まったくその通りで。 てかこの人、自分の尻拭いすらできないし。
振り回される周りの人たちは、たまったもんじゃないですよねー。 特に職場で忙しい中、恋愛相談ばっかりされてる岡部さんは、善い人なだけに可哀想ですよねー。

……すみません、Cさんのご意見があまりにも正論だったので、そうですねとしか言いようがなく……。
でも今更書き直せないし、薪さんの性格設定を変えるわけにもいかないので、この二人はダメダメなままで。 Cさんにダメ出しされながら、ダメダメやっていくと思います。


それと、
「完璧な二人だとお話にならない」ことはないです。(かのんさんのお二人とか、完璧ですよね~。 理想的だと思います♪) 
ただ、わたしが書けないだけで。 力不足ですみませんー。

Aさまへ

Aさま、こんにちは。(^^


> 滝沢と恋人同士・・私も思わず吹きました! 薪さん、どんな趣味してんだ(笑)

えー、滝沢さん、いい男じゃないですかー。 ←棒読み。

わたしの好みではありませんが、滝沢さんは、大人で仕事がデキて頼りがいがある(ように青木くんには見える)、ので、そういうポイントも高いと思いますよ~。

原作の小池さんの嫉妬は、
小池さん、薪さんのこと好きなんだなー、って思いました。
でもって彼は、自分では悪口言っても、他人が言うのは許さないタイプだと思います。(笑)


> メンバー全員、守ろうとしてたんですね(><)

あれっ!?
どうしてこの章でそれが分かってしまったのでしょう?
薪さんが滝沢さんを特別扱いしているというくだりだけで、察してくださったのでしょうか? Aさま、すごーい、てか、うれしいです~。
そうなんです。 滝沢さんの目的が研究室の不和にあると、このときの薪さんには分かっていたので、滝沢さんを見張りがてら彼の言いなりになる振り(=滝沢さんをエコひいき)をして、彼を泳がせてるんですー。 でも薪さんの本当の目的は別にあって、実は滝沢さんを利用しているんですー。

わたし、あんまり頭よくないので入り組んだ話は書くの苦手で、だから今回の事件の裏事情が、読んでくださる方に上手く伝わるかどうかかなり不安なのですけど~、
苦手な科目に挑戦する小学生のように頑張って書きましたので。 どうかヌルイ眼でお願いします~。

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: