破滅のロンド(23)

 母の日ですね。
 母親に日頃の感謝を表す日。 愛と慈しみに溢れた一日です。

 そのよき日に、なんでしょう、この話。
 まあ季節感の無さとKYはいつものことなので~、すみません、見逃してください。








破滅のロンド(23)





「ありがとうございました。あなたのおかげです」

 この世のものとも思えぬほどに美しい顔で、彼は西野に礼を言った。
 すべてが明るみに出た今、自分の取るべき行動は定まった。西野はポケットに潜ませた手にぎゅっと力を入れて、奥歯を噛み締めた。

「罪状はとりあえず、病院の院長の自白が得られた診断書偽証教唆ですが。桐生や他の財界人の取調べが始まれば、腐るほど出てくると」
 突然の破裂音に、薪は反射的に眼をつむった。至近距離で聞いた銃声は薪の鼓膜を激しく震わせ、薪は思わず携帯を取り落した。かろうじて銃は手放さなかったが、そのことにあまり意味はなかった。血にまみれた男の体がこちらに倒れ込んできたからだ。

「た、滝沢……」
 滝沢の体に付いた血液が、薪の手を濡らす。今度は輸血用の血液ではない。

 重みに耐えきれず、薪は滝沢と一緒にその場に倒れ込んだ。その情けない姿に向けて、西野はポケットから出した銃を構える。
「形成逆転だな」
「こんなことをしても無駄だぞ。羽生氏は逮捕され、っ!」
 再びの銃声。薪の舌は上顎に張り付いて、悲鳴すら上げられなかった。
「羽生先生はおまえが言うような人間じゃない。死んで先生に詫びろ」

 二発目は威嚇だったが、三発目の銃口はぴったりと薪の額に向けられていた。薪がぎゅ、と唇を噛んだその瞬間。
 一発の銃声が轟き、西野の拳銃が弾き飛ばされた。飛来した弾丸は西野の右手の甲を撃ちぬき、西野は自分の手を押さえてその場にうずくまった。

 芝生の上を滑って行く拳銃に駆け寄り、それを取り上げたのは薪のボディガードだった。彼は二つの銃を片手で持ち、薪の傍らに寄って滝沢の体を慎重に持ち上げた。薪が滝沢の背中に銃創を見つけ、そこにハンカチを押し当てる。圧力が加わって、滝沢がうっと呻いた。携帯で救急車の手配をした後、青木はすまなそうに、
「すみません、ポケットに手を入れたままで銃を撃つとは思わなくて」
「どうしておまえが此処にいるんだ。岡部の応援に回るよう命じたはず」
 青木を見て、薪は言葉を飲み込んだ。青木は真っ青になって震えていた。

「すみません」
 青木はもう一度謝り、薪に向かって深く頭を下げた。緊張の汗が彼の額を濡らし、数本落ちた前髪を貼りつかせていた。
「オレ、人に向けて銃を撃ったの、初めてだったんです。こんなに怖いものだと思わなかった」
「銃ってのは元々人を殺すための道具だ。怖くて当たり前だ」
 薪は諭すように言い、青木の眼をじっと見つめた。青木は薪の瞳に何かを、薪自身にさえ見つけられない何かを見つけ出し、ふっと肩の力を抜いた。

「西野浩平を連行します」
 青木は立ち上がり、西野の逮捕に向かった。西野は芝生の上に放心したように座っており、抵抗する気力もないようだった。青木が彼の腕を取り、歩くよう促すと、素直に彼に着き従い、その場を離れて行った。

 薪はネクタイを解いて、止血用のハンカチの上に更に押し当てた。元々付いていたフェイクの血と混じって、どれくらいの深手なのか判断ができない。
「だから言っただろう。茶番はほどほどにしておけって」
「喋るな。けっこうな出血だぞ。まあ、おまえがこのくらいでくたばるとは思わんが」
 言葉を発せるくらい滝沢の意識が確かであることに安堵して、薪はようやく憎まれ口を叩くことができた。
 もう、誰の死も見たくはない。それが例え大切な仲間を殺した罪深き男であろうと。

「そんな顔しなくていい。おまえがおれを殺したいくらい憎んでることは知ってるさ。おまえと鈴木が創った第九を潰したのはおれだからな」
「おまえだって、僕を殺したかったんだろう。彼女が死んだ本当の理由を知るために、僕の脳を見たかったはずだ。なのに、どうして僕を庇った?」
 滝沢は西野がポケットに銃を隠し持っていることも、躊躇なく引き金を引くことも知っていた。滝沢が足を踏み入れてしまった世界では、それが普通だからだ。薪に予測できなかったのも無理はない。それは薪には想像がつかない世界であり、知って欲しくない世界だった。
「おれはいいんだ。やっとゆかりが笑ってくれたから」
「そうか。よかったな」

 ふ、と頬を緩める薪の甘さを、滝沢は嘲笑う。
 そうだ。おまえは一生甘ちゃんやってろ。おまえが甘ちゃんのままで生きられるように、おれが蛇を退治しておいてやる。

 瞬間、滝沢の大きな拳が素早く動き、薪の腹にのめり込んだ。
「……っ、た……」
 鳩尾に入れた拳をさらに押し込むと、薪は身体を二つに折って意識を失った。気絶した薪を丁寧に芝生の上に押しのべて、滝沢は彼の腰の辺りを探り、ホルダーにしまわれた自分の銃を取り戻した。
 当然のことだが、薪は滝沢のことを完全に信用したわけではなかった。だから銃も取り上げられた。これが手元にあれば、自分の身体を盾にするなんて鈍くさい真似をせずに済んだのに。

 疲れて寝ころんだ子供の様に芝上に手足を投げ出す薪に、自分の上着を掛けてやる。滝沢の上着は血で汚れて見るも無残な有様だったが、無いよりはマシだろう。乱れた髪を整え、頬に付いた血を拭い、息が苦しくないようにワイシャツの一番上のボタンを外す。
「悪いな、薪。これはもともと、おれのヤマなんだ」
 最後に、薪のスーツの襟裏についている発信機のスイッチをオンにして、滝沢は立ち上がった。
「自分の始末は自分でつける」



 

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Aさまへ

5/13に拍手コメントいただきました Aさま

Aさま、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。(^^


> このあたりは原作を彷彿としますね。薪さんは滝沢を赦し、滝沢は薪さんを庇って(原作も庇ってると思う)自分が撃たれる。

この話を書いたのは2月なんですけど、4月号ではこういう展開になるんじゃないかと予想しながら書きました。 そこかしこに共通点が見られて、嬉しかったです。(^^
原作は庇ったかどうかハッキリしませんけど、庇ってた方がより少年漫画っぽくてわたし好みなので、創作の方ではがっつり盾になってもらいました♪(←撃たれてるのに♪って……)


> 滝沢は薪さんを甘いと言いつつ、その人を信じる純粋さを失わないで欲しいと思う・・(;;)
> 青木とは違う意味で大人の男同士のいい関係だったと思います(^^)

どうなんでしょう?
原作の薪さんは、最後、滝沢さんの願いを聞いて彼の脳を破壊してましたから、最終的には彼を許したんだと思います。
が、うちの薪さんは一生滝沢さんを許すつもりはないと明言してますし、この二人、表面から見る限りものすごく仲悪いですよ。(笑) まあ、うちの連中はみんな嘘吐くのが上手なので、どこまでが本心なのかは読む方次第ですけど☆


> 青木、薪さんのことは薪さんから聞くと言ってたのに。エピローグで聞くのかしら・・

聞くと言ってもこの場合、薪さんのプライベートについてですよね? 事件について薪さんが抱えていた秘密は、全部明白になりましたものね。 
聞いてくれるといいですねえ、と思いつつ~、
青木さんに何を期待しても無駄なんじゃ、という投げやりな気持ちがむくむく湧いてくるんですけど、どうしたらいいですかね、この捨て鉢感。(笑)
例え聞いてくれたとしても、青雪さんが結婚した後では手遅れのような気もします。 秘密が失楽園になっても困りますしね。(ーー; 

Sさまへ

5/13に拍手コメントいただきました Sさま


Sさま、こんにちは。
コメントありがとうございます。(^^


> 素敵な作品をたくさん生み出してくださり、心から感謝しています。

こちらこそ、読んでくださってありがとうございます!
素敵なんて形容詞が付く代物ではありませんが、笑っていただけたら嬉しいです。


> 雪子の「好きだって言ってるのよ。やり直しましょう」は健康な女性を敢えて選ばすに薪さんを選ぶ、というための布石だと思っていました。

布石ですか~。
うーん、どうなんでしょう。 わたしだったら最終回に布石は置きませんが。
確かに、この布石を置いたがためのエピローグ、という可能性もゼロではありませんよね。 実際、青木さんが雪子さんのことを思っていたのは「やり直しましょう」と言われた時だけ、あとはずーっと薪さんのことを考えてて、そのままラストまで突っ走ってるんですよね。 Sさまの見方も、間違いではないと思います。


> 雪子と結婚して、昼は薪さん夜は雪子ってありえないんです。私の中では。

わたしもあり得ませんっ!
普通に二股じゃないですか、それ。
え、青木さんにセクシャルな気持ちはないから二股にはならないって? うーん、それはそうなんだけど、薪さんの恋情が絡んでくるからやっぱり辛くて、
え、薪さんは気持ちを昇華しちゃったから辛くないって?
ううーん……

Sさまへ

5/15にコメントいただきました Sさまへ



Sさま、こんばんは。

やはりあの記事はわたしのことだったんですね。
きゃー、照れます、さも素晴らしい所のように書かれてたし、ギャグサイトなのに、事実と違う~~。(^^;) 恥ずかしいのはわたしです~~。
でも、ありがとうございます。
本当に、Sさんにはたくさん心配していただいて。 申し訳なく思いながらもとても嬉しく、こんなに思ってくれる人がいて自分は幸せ者だと、大きく勇気付けられました。
エピローグで凹んだら、また慰めてくださいねっ! (←予約?!)



> ここにいる滝沢さん、もしかして薪さんの盾になってくれたの?

そうです。
2月号を読んだ時点で、こうなるんじゃないかなーって思って書いたんです。 ベタな展開、大好きなんです。


> 原作のたっきーもね、どんなにチャンスがあっても薪さんのこと殺せなかったと思うの。

そうですね。 実際、殺そうと思えばいくらでも殺せましたものね。 薪さん、のんびり気絶してたし。


> このお話は、原作の流れと同じような含みを持ちつつも、明らかに設定や人物像が違うでしょ?
> それなのに、あの仙台の場面が浮かんでくるのです。それでやっぱりあのハグを思い出して、そうすると、最後の青木くんのMRI画像のような記憶の中のラストを飾る、まるでラストカットのような薪さんの美しい微笑みがよぎるのです。

ありがとうございます~。
根っこは原作なので、そう感じていただけると嬉しいです。

薪さんの最後の微笑みは、本当に青木さんのラストカットだったのかもしれませんね。 青木さんの生死は関係なく、彼の人生の中で最高に幸福だったのが薪さんと過ごした2年半だった、ということで。
それは第九編を締めくくるに相応しい、ラストエピだと思います。



> 私は雪子さんが逆ナンしたみたいなところ、すごく嫌で、その後読み終わるまで、それを切り崩すシーンを必死に探しました。結局最後まで青木くんの態度は明確にはならなくて、多分それが作者さんの意図なんだろうとおもったの。
> いつものように、読者の好きな解釈できる玉虫色で終わらせたんだなって。

わたしもイヤでした。<雪子さんの逆ナン。
最初、雪子さんの明確さに引き摺られて青薪的に見ることができなかったのですが、落ち着いて深読みすれば読めないことはないのですよね。 P68の薪さんの表情の変化とか。
ハッキリと言葉にした雪子さん。 表情だけでそれを匂わせた薪さん。 
対照的なアプローチでしたが、エピローグでは結果が出るのでしょうか。


> エピローグがあるとわかって最初に思ったのは、やっぱりその後の薪さんと青木くんについてで、エピローグを描くならやっぱり青雪さんできちゃったかなって不安もあったんだけど、今はあまりそう思ってないのです。
> それ、きっとみんなが想像するから、それを望む人も望まない人も・・・
> 作者さんはもう少し意表をつくのが好きな方じゃないかとおもいます。私は清水先生のこと他の作品を含めて、ほとんど知らないので間違った人物像を持ってるのかもしれないけど。

なんか、ものすごく納得できるんですけど!!
確かにこれまでも、いい意味で、読者の予想を裏切り続けてきたんですよね、先生は。 こうきたかー、さすが清水先生っ! て、何度も思いましたもん。
それはエピローグでも変わらないんじゃないか……うんうん、尤もです!
それにしても、作者の性格まで考慮して先を読む漫画って。(笑) もう、どんだけハマってるんでしょう、Sさまもわたしも☆


> エピローグのタイトルが「一期一会」なのも気になるところですね。
> 「一期一会」って、婚約おめでとう飲み会で、青木くんが一緒に仕事したいって大泣きした話ですよね。前にしづさんに、あのベンチの画好きなのって話をしたような。薪さんはただ黙って横に座ってました。

気になりますねえ。 「一期一会」=「薪さんのプライベート」という刷り込みがありますよね。
そうそう、二人でベンチに座っていた、あの距離感が好きなんです。 べったりくっついてはいないけど、間に人が入れるほどでもない、半人分の距離感。 わたしは最後まで、この二人はこれでいいと思ってます。 互いにそれ以上近しい人はいない、という条件付きですけど。

また、あのベンチで話をするのかもしれませんね。
あの時は黙って座っているだけだったプライベートの薪さん。 今度はどう描かれるのか……エピローグには恐怖感しかなかったのですけど、ちょっとだけ楽しみになってきました。



> 結婚してる青木くんを出して何か意味あるのかなって思いませんか?
> ああ、やっぱりねって感じるだけ。結婚します報告の方がまだましだけど、結婚はしませんよって方がさらにいい。→当たり前(^▽^)

そうですよね~、匂わせるだけで充分ですよね。
青雪派の人はそれで満足するだろうし、青薪派の人はその先で何かしら読み取ればいいと。 そういうことなのかもしれませんね。

Sさまのご意見、「こだわりの餌食になってる」と言うのには、もーゲラゲラ笑いました(>∇<)



> それにね、雪子さん、もう青木くんのこと好きなのに、最初から始めましょうって言ってももう無理だよね。いろんなことありすぎて、知りすぎてる。鈴木さんと薪さんのことは抜きでってこと?今までの雪子さんを嫌いではなかったし、一方的な婚約解消は可哀想と思ってた分、あんなふうに告った雪子さんにがっかりしました。 

雪子さんの意志は、
「鈴木さんと薪さんのことは抜きで」というSさまの解釈で合ってると思います。
雪子さんにも、純粋に相手が好きだから婚約したわけじゃなかった、という負い目があったんだと思います。 だからそれを清算して(告白して)、一からやり直しましょうってことなんだと思います。


> まあ、青薪さんがloveくなっておしまいになる・・・とは思ってませんが、結局のところうちの娘が言ったみたいに、青木はずっと薪さんと仕事してりゃいいのよ!って匂いがプンプンしてたらいいなあ、と思います。
> え?それじゃ進歩がない?うん、確かに・・・

それが一番いいなっ!!
わたしも原作でがっつり青薪さんがデキちゃうのは望んでないんです。 ただ、互いが一番大事でずっと一緒に歩んでいく、という、恋人でもない、友人でもない、でもただの上司と部下ではない、という、言葉にできない微妙な関係のまま、原作は終えて欲しいんです。 その後は二次創作に任せて欲しいです。(笑)


> しづさんの創作のファンの方、私以外にもた~くさんいらっしゃると思います。だから、まだここ閉じたりしないでね。

ファンが付くような大層なもんじゃございません。(^^;
此処に来てくださる方はみんな、薪さんに心を奪われた方ばかり。 薪さんに惚れた者同士、お仲間だと思ってます。
Sさま始め、みなさん、本当にやさしくて。 
閉じないで、と仰っていただけて、本当に嬉しいです。 この先どうしようかな、って真面目に考えてましたので……。


> もし万が一6月末に、はあ・・・ってなったら、しづさんとこの青薪さんに癒してもらわなきゃならないもの。いつも癒してもらってばかりで申し訳ないのですが、これからもよろしくお願いします(^o^)

こちらこそ、よろしくお願いします。
これからも頑張ります。(^^

Rさまへ

5/15にコメントいただきました Rさまへ

Rさま、こんにちは。
コメントありがとうございます。(^^


> たっきー(そう、呼ばせてください)てば、いい人すぎます。本編のたっきーも最後は、いい人でしたけど。

そうですか?
こいつ、悪い奴ですよ。 旧第九の2人、殺してますし。 鈴木さんを狂わせたのもこいつだし。
原作の滝沢さんは国のため仲間のため、自分を殺して職務についていたものと思われますが、うちの滝沢さんは私怨だからな~~。(^^;) より悪人のような気がします。


> 薪さんてば、うっかりさんしすぎですよ。

ていうかね、この人がこんなに延々喋らなかったらこんなことにならなかったんですよ。 さっさと拘束しちゃえば良かったの。 計画もそう、自分と滝沢で大丈夫だなんて見栄張らないでもっと人数回してもらえば良かったんだよ。(自分で書いといて……)
でも、千堂大臣に事件の裏側を説明してた薪さんを思い出すと、このくらいやりそうな気がしたんです。 ごめんなさい。(^^;


> もうまたこれで、滝沢がとか悩みそうだし。まっ、そこが薪さんらしくて良いんですけどね。きっと今の薪さんなら、大切に思い又大切に思ってくれる岡部さんや青木や第9の皆がいてくれるから大丈夫と信じてますよ。

そう。
うちの薪さんは、自分を支えてくれる人がたくさんいる。 一人で立たなくてもいいの。(いや、ダメだろ、人として)


> たっきーには生きていてほしいな。

ありがとうございます。
原作でも生きてて欲しかったですけど、あれが彼の役目だったんでしょうね。 滝沢さんの脳を撃つことで、薪さんは第九の室長から素の薪剛に戻ったんですよね。 それを青木さんの前に曝け出すことができたから、青木さんも自分の命を顧みず彼に突進することができたんだと思います。
やっぱり、滝沢さんは二人のキューピットなんですね。(笑)

プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
おかげさまで8歳になりました(^^♪
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: