FC2ブログ

告(6)

告(6)






「うーん。難攻不落ってカンジね、それ」
 作戦会議は、次の日のランチタイムに行われた。場所は研究所の近くのハンバーガーショップである。
 協力してもらうのだから、もう少し値の張るものでも良かったのだが、この店を選んだのは雪子だ。ここのオリジナルソースがおいしいのよ、と彼女は気さくな笑みを見せた。まだ社会人1年生の青木の懐具合を考慮して、わざとそうしてくれたのだろう。さりげない気遣いができるところは、さすがに大人の女性だ。

「そうなんですよ。相手にされてないって言うか」
 声のトーンを落として、雪子は青木にだけ聞こえるように喋る。話の内容が内容だからだ。
「ま、そうでしょうね。薪くんて別に、ゲイじゃないから」
「だってこの前の事件のとき、クスリのせいとはいえあんな。とても経験がないとは思えませんでしたよ。それにその……」
 鈴木との過去にそういうことがあったらしい、と教えてくれたのは雪子本人である。
 雪子と鈴木が付き合い始める前のことだというから、10年以上も昔の話だ。しかし、薪は鈴木への思いをずいぶん長いこと引きずっていたようだった、と雪子は語った。
 
「克洋くんは特別。ていうか、克洋くん以外の人間は、男も女も眼中にないって感じ?」
 それは薪自身が、とびきり優秀な人間であるからだろうか。
 東大の法学部を首席で卒業。警察庁に入り、6ヶ月間の警察大学を経て捜査一課に配属されると、それまで迷宮入りとされてきた難事件を次々と解決して、エリート街道を驀進。27才のとき異例の早さで警視正に昇任。2年後に発足した第九の室長に任命されて現在に至る。
 観察眼の鋭さと洞察力、総合的な推理能力は天才とまで称される。
 見た目は華奢だが、鍛錬はしている。空手と柔道はともに2段の腕前。相手が3人くらいなら余裕で倒せる。そのうえあの容姿。普通の人間に魅力を感じないのも、仕方ないかもしれない。
 その薪が一番信頼し、恋までしていた相手が、雪子のかつての婚約者だった。

「鈴木さんて、すごいひとだったんですね」
「どうかなあ。わりと普通だったと思うけど。薪くんが人並み外れてたから、そばにいる克洋くんが普通に見えたのかもしれない。でも、とにかくあったかい人だったの。一緒にいると、すごく安らげるの。薪くんもきっとそういうところに惹かれてたんじゃないのかしら。
 ま、克洋くんはあたしにゾッコンだったけどね」
「薪剛に勝った女、ですか」
「他のことは何ひとつ敵わなかったけどね。薪くん、きれい好きだし料理もうまいし。克洋くんがよく冗談で『雪子じゃなくて薪を嫁にもらう』って言ってたけど、マジでシャレにならないわよ」
 本当に「できないことなどない」のだ。これでは自分が相手にされないのも無理はない。
 
「オレ、自信ないです。大学は一応薪さんの後輩ですけど、そんなに成績良くなかったし。仕事もまだまだ半人前で、あの人の足引っ張ってばかりだし。やっぱりオレには『高嶺の花』ですよねえ」
「そう思って告れない人、多いと思うわよ。でも薪くんが望んでるのって、仕事ができるとか頭がいいとか、そういうことじゃないわよ、きっと。
 ほら、人って自分にないものを求めるじゃない? 薪くんに無くてあなたにあるものって、なんだと思う?」
 薪にはできないが、自分にはできるもの――― そんなものがあるのだろうか。

 ひとつだけ確実に勝てるとすれば。
「身長?」

 やっぱりダメかも―――― 青木の答えに、雪子は思い切り脱力して大きく嘆息した。


テーマ : 二次創作(BL)
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

タイムリミット~~~?!(@@;

23時

くはぁ!!!時間切れくわぁ!!!
なんだこの焦らしプレイはぁ!!!
青木~~~早く告れよ~~~!!!

あぁ、今なら青木の気持ちがわかる・・・
しづさん・・・お願いします・・・
・・・続き・・・早く・・もう耐えられません・・・
これのレスは結構なんで・・・ ← そこまで。笑

このままじゃ仕事も原稿も何もかもが手につかない・・・orz

じれったいな、青木め・・・

こんばんは
青木に、根性出せと伝えてください・・・。

ひひひ…

苦しめ、青木!(笑)

薪さんの有能さに萌えます♪
1人H…そういう時もあるよね、うん。

腐腐腐orSSS

おはようございます。しづ様(^_^)v

告白★告白★
あらっ青木~!
気合いが足りない!!いけいけ!Ψ(^▽^)←後ろから追い立てる♪

悩める青木・・・若いっていいなぁ(^_^;)←ちょっと苛めたくなりますね♪

青木は、薪さんに
『悩みがある』
と相談するしかありません。
『それは・・・』
と襲ってしまえ~←暴言を失礼しますm(_ _)m

あっ。薪さんは、恐ろしく有能な上に、お強いのですよね(≧∇≦)
投げ飛ばされるかも(^_^;)

こちらの雪子、本当に好きです。
こんなふうに、青木の片思いを応援してくれる薪さんの友人がいてくれると、安心して私はS(青木限定)になれます♪♪♪

続き、楽しみにお待ちしております(≧∇≦)

腐腐腐でSSSのたつままでした♪♪♪

Re: タイムリミット~~~?!(@@;(コハルビヨリさんへ)

おはようございます、コハルさん。
また来て下って、うれしいです。

> 23時
> くはぁ!!!時間切れくわぁ!!!

・・・・・どこまで細かく読んでらっしゃるんですか?
うう、滅多なことは書けないな・・(汗)


> なんだこの焦らしプレイはぁ!!!

あはは!焦らしプレイ!
放置プレイにならないように、がんばります!

> あぁ、今なら青木の気持ちがわかる・・・

この話って、R系ギャグじゃないので、コハルさんにはウケないかな、と思ってたんですけど。
読んでいただけて、うれしいです。

> このままじゃ仕事も原稿も何もかもが手につかない・・・orz

だ~か~ら~!!
こんなもの読んでるヒマがあったら、夏コミの原稿、書いてくださいよ!(仕事しろ、とはいわない)
M 『BL小説のひとつやふたつ!夏コミのほうが大問題だ!!』
A 『びっ・・?夏・・?はあ?』
ほらほら、うちのMも、楽しみにしてますから(笑)

Re: じれったいな、青木め・・・(わんすけさんへ)

ぶははは!

いい!この一行コメ!!

わんすけさんのイラついたお顔と、握り締めた拳が目に浮かびました!
早速、青木に伝えますね。

S 『わんすけさんから、根性出せってさ。応援してくれてるよ』
A 『はい!ありがとうございます、わんすけさん。身長だけなら負けません!』

・・・・ダメみたいです。
わんすけさん、すみません・・。

Re: ひひひ…(めぐみさんへ)

こんばんは、めぐみさん。
腐った世界へようこそ!(自爆)

> 苦しめ、青木!(笑)

あっはっは!
なんてストレートなご意見!
よーし、もう容赦しないぞ。覚悟決めろよ、青木!

> 薪さんの有能さに萌えます♪

はい、うちの薪さんは(原作でもそうですけど)天才なんです。
仕事はすごいのに、日常生活では・・というギャップが書きたいので、優秀さを強調してます。

> 1人H…そういう時もあるよね、うん。

読まなくても話は通じるって書いたのに(笑)
ここは、行為そのものよりも、薪さんの鈴木さんへの思いを書きたくて、こうなりました。
『ウソつくな。腐ってるだけだろ、おまえ』
・・・はい、すみません、警視正。

Re: 腐腐腐orSSS(たつままさんへ)

おはようございます、たつままさん!
いつも来てくださって、うれしいです!

> あらっ青木~!
> 気合いが足りない!!いけいけ!Ψ(^▽^)←後ろから追い立てる♪

応援団ができそうな勢いですね(笑)
うちの青木は幸せ者です。

> あっ。薪さんは、恐ろしく有能な上に、お強いのですよね(≧∇≦)
> 投げ飛ばされるかも(^_^;)

間違いなく、半殺しの目に遭います。
だから迂闊に手が出せないんです。
・・・設定、ミスったかな。。。(腐)

> こちらの雪子、本当に好きです。

雪子さんを褒めていただけると、本当にうれしいです。彼女にはリキ入ってますから。
うちの雪子さんは、これからもっといい女になりますので、乞うご期待!

> 腐腐腐でSSSのたつままでした♪♪♪

認めちゃいましたね?
FSクラブでも作りますか(笑)

NoTitle

青木の馬鹿・・・

早く告白しなさいっ!!

君の気持ちや気後れや迷いはもうどうでもいいからっ!
薪さんが君と雪子のことを誤解して苦しんでいることから解放させて・・(TT)

私、薪さんのソロ活動は、決して嫌いじゃないんですけど、幸せな気持ちとかでしてほしいんです(あるいは単なる処理?)
悲しい思いで、叶わない想いや、過去にとらわれた、そんな思いでするお姿は見たくないんです・・(TT)

こちらの雪子は、何だかしづさんご自身が「ハイハイしょうがないね」と青木の相談に乗ってあげてるみたいですね。

私も、夫が居る時は、あまりパソの前に長時間座っていられません。
「秘密」ブログのことは全て夫に公(♂同士のRを書いてることまでは言っておりませんが)にしており、認めてくれてはおりますが、それでもあまりそちらにかまけてる姿を見ると、快くは無いらしいので・・
何とか夏に抜け出す為にも、夫の気分は損ねないようにしないと・・

Re: NoTitle

> 青木の馬鹿・・・
>
> 早く告白しなさいっ!!

『ご、ごめんなさい、かのん姉ちゃん・・・』(・・・個人的に、青木は「姉さん」て呼びかけのほうがイメージに合うんですけど・・)

> 君の気持ちや気後れや迷いはもうどうでもいいからっ!
> 薪さんが君と雪子のことを誤解して苦しんでいることから解放させて・・(TT)

あははは!
ホント、薪さん至上主義なんですね!アッパレです!

> 私、薪さんのソロ活動は、決して嫌いじゃないんですけど、幸せな気持ちとかでしてほしいんです(あるいは単なる処理?)
> 悲しい思いで、叶わない想いや、過去にとらわれた、そんな思いでするお姿は見たくないんです・・(TT)

すみません、哀しい気分にさせて・・・って、ちょっと待った。
・・・・。
このセリフは、このまま返させていただこうかな、と。
かのんさんの、あの詩(愛撫)のほうがよっぽどつろうございました・・・(号泣)

だんなさまのことですが。
やっぱり、似たような境遇ですね(笑)
みんな苦労してるんだろうな。

あああ、夏にオフ会、やるんですね!?
くっそー、新盆さえなきゃあ絶対に行くのにいいい!
わたしのような新参者に参加資格があるとは思いませんけど、こっそり見るだけでもしたかったよー!
プロフィール

しづ

Author:しづ
薪さんが大好きです。

2008年の夏から、日常のすべてが薪さんに自動変換される病に罹っております。 
未だ社会復帰が難しい状態ですが、毎日楽しいです。

しづの日誌

法医第十研究室へようこそ!
10万拍手ありがとうございます!
いつの間にか9歳になってました。( ゚Д゚)
文字サイズをお選びください
最新記事
最新コメント
拍手のお返事
いつもありがとうございます!

最新拍手コメのお返事はこちらです。

過去の拍手レスの確認は、該当記事の拍手欄を押してください。
鍵拍手コメのレスは、記事のコメント欄にお返しします。
月別アーカイブ
カテゴリ
詩 (1)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター
こんにちは(^^
現在の閲覧者数: